FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]140926 ~グローリアス~
▼例によってついったー経由で。
 「くだらない悲劇 空母「グローリアス」の沈没」(前編後編)が素晴らしく興味深かったのでご紹介など。
 いやまぁ、ひとことで感想を述べるなら、ひでぇ話だな、いろんな面で、で済むっちゃ済むのではありますが、考えてるとさらに気分アレになってくよなぁ、と。
 まず、そういう人事が行われ、てしまったことはまぁ、しょうがねぇ。でも、そんな、誰も幸せじゃない(槍玉の人物も幸せだったとは思えない)状態が、決定的な事態に至る(あ、これで当該事態におけるドイツ側当事者は幸せになったのか?)まで、しかも、最重要艦ではないっぽいとはいえ空母つークラスの艦で、そのままにされてたってのがまぁスゲェわな。で、その緊急電を受信し、黙殺した、までは事情を鑑みれば不当ではないにせよ、その後も沈黙を続けたデヴォンシャーもすげぇし、さらに戦後もえんえんと公式見解に執着し続けた軍、政府側もすげぇ。いやいや、体制が隠そうとし続けることを暴くのはまったく容易ではないし、その後でも体制側は認めはしないし、これだけのことを明らかにしてみせた研究者の根性と能力に感服仕りました。関係各位における海軍のみなさまに主にお勧めするべく張っておいてみる次第。
 ま、フィクション読むときの脳のチューニングで読むと、「アーデントとアカスタがカッコよすぎる熱すぎる! 駆逐艦万歳! つうか空母随伴駆逐艦万歳!」みたいな病んだ感想しか出てこなくなるけどねー。
2014/09/26 (Fri)
* Top *