深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]140430 ~8.1 の悪夢~
▼ふと思い立って、我らが SurfaceRT を 8.1 にしてみることに。
 うん、後悔とまでは云わないまでも、やめときゃよかった、というのが正直なところ、かのう……。
 てか、3 時間もあれば終わるだろうと思ってたら 6 時間がとこかかったのは仰天でありました。先に云えーっぼけーっ!
2014/04/30 (Wed)
[日々のいとまに]140429 ~シブースト始動~
▼でー。
 稼動開始からひと月半とかが経過しつつあるこの時期になって、ついに本格的にシブースト遊んできたり。本格的っつっても数回ブランチ行ってきたってだけですが。でも対戦会がはじまる前はこんくらいが普通に本格的だったよなぁ……と懐かしく思ってみたりも。
 てことで、気になってた機体とか、使ってた機体とかをダーラダーラと試運転してきたのでご報告など。
 GP02: まぁ問題も文句もなく強力な感じ。新装備は使うかどうか悩ましいところ(根がバルカンバカなので、見られてないときはバルカンを撒いておきたい次第。見られてるときに溜めて、アラートが外れたときに撃つ、とかがよさそう?)ですが、F とかあれ何なんすかね。殴ってるこっちもコンボが安定しなくなるとかもどうなのか。すげぇバクチ状態が出現しがちであります。ま、慣れれば変わるだろうけどさー。とりあえず、また対戦会文化でも生まれるまではあんまし使う予定はない方向性で。今さらこれで進撃してもつまらん。クリア目当てのプレイだとボス戦がつらすぎるのでな……。
 MS-06S: 今回最も楽しみにしていた機体で、実際相当面白そうだったのですが、きわめて個人的な理由で、結論としては、がっかり、としか云えない感触に。こいつさあ、特格に虹かからないんだよねぇ? 何度か試して、というか、「特格の特殊移動からは虹」てのがもう体に染み着いてるので、ほとんど毎回やってたんじゃないかと思うんですが、成功した記憶がないので……。そして、 GP シリーズに乗る身としては、「特格に虹がかからない」機体に、これから慣れることはおそらく可能にせよ、「慣れてはいけない」と思うんだよねぇ……GP シリーズのカンが鈍る……。ってことで、こいつは封印です。もしまた内輪長寿ゲーになって、終盤使う機体がなくなるぐらいになったら、また考えてみてもいいかも、な……。
 ストライク: なんかちょっと調べたら、こいつ、以前はバルカンなしだったの!? そ、それはありえん……。とはいえ、実際触ったのはバルカン装備後だったので、問題なく動けました。相変わらずよい機体であります。CPU の格闘反応が(これまでもおかしかったけど、それ以上に)おかしい、ってのは内輪で散々っぱら云われてることで、GP-02 ぐらいに特殊挙動で振り回せる機体ならまだしも他は実際きつい、というのも実感しましたが、ソードストライクのアホ判定は相変わらずそれなりの安定感を示してくれました。てことで、そこそこ使ってく予定。
 ストライクフリーダム: 相変わらず使ってると堕落しそうな予感がバリバリする安定機。以前に比べてメインを切らしがちになってしまったのは、ブランク長くて撃ちすぎになってるせいでしょう。要リハビリながら、今回も CPU ルート本気突破用で活用予定。
 アリオス: これがコスト差というものかぁー! やってることは同じでも、ブースト量に余裕があることが効いてか、あるいは火力が単純に改善されたか、持ってる道具がより使い切れる感じになったというか。変形中の味噌撒き→サブ、までが前作では限度でしたが、味噌前後での立ち回りの自由度が増し、変形解除後も着地前にもう 1 手挟める(変形サブで転がしそこねた相手にメインひと刺し、とか)のが上々。あと、サブマシンガンがきちんと武器として機能するようになった感が。これは単なる体感なんかなぁ? 3000 が使えない編成での CPU ルート突破用にいけそうな予感てとこでひとつ。
 GP-04: とくに特筆すべき感想まではわからんものの、近距離での CPU の虹ゴリ押しがより極端になった感のある今作においては、虹ゴリ押し狩り機のこいつの使いどころも増えたのではないか感など。レバーアシストが 2 機になったのも強みっぽい感じ。優先順位は低いにせよ、使っていく機体になることでありましょー。
 GP-01: そしてー! ワンオヴ本命、という感じで使ってみた、帰ってきた無印 GP-01! がまぁ……さすがにどっちかっつーとどうなの、という感触に……。NEXT と比べて、コストは高いのにキースは奪われてる、ってどうなの! という……。いや、いいんだけどね、挙動についてはこれはこれで! ただ、どうにも火力が不足しすぎで、時間との戦いがメインになる CPU ルートでは実用は厳しい感触でしょうか。フルバーニアンになるぐらいならこれ使う意義がないしさぁ。対戦時代になったらどうだろう、となると……まぁ、火力がその頃に体感でどのくらいの感触になるか、かなぁ。
 ガンダム(G メカ): で、ひっかかりはありつつも、やっぱ当面の今作メインは GP-01 かなぁ……とか思ってたところに、ふと使ってみて。やられたのが! この機体でありました。ん? なにこれ、こんなんおるん……? と触ってみて――あまりの珍挙動にフォーリンラヴですよセイラさん。何これこの珍生物! お、面白すぎる……強いか弱いかはまだわからんけど、ヘンな動きが楽しすぎる! 今こそ云おう! 「ブルブルブル~!」 うむ、実用にはまだ時間かかりそうですが、がんばる甲斐はちょうありそうです。着替えも連邦制服のアムロってことで上々。問題は、これぞというナビが今のところいないって点ですが、まぁそこは当面ララァでなんとか。なぁ、ヒ山さん!
 つうことで、まずは G メカ(って名前のダッセェ感がまた……)で GO! ってなあたりで方針表明して初動の挨拶とかえさせていただきます。ジーク!
2014/04/29 (Tue)
[須賀鎮航海日誌]140428 ~1 周年記録~
▼てことでー。
 本鎮守府にも記録上の 1 周年が訪れましたので、軽く記録など残そうかと思います。
 以下、無味乾燥なリストにつき水面下に。
2014/04/28 (Mon)
▼ふと思い立って、「ケルベロスの肖像」と「輝天炎上」の、単行本の刊行日時を軽く調べてみたり。
 アマゾン情報で、ケルベロスが 2012年7月6日、輝天が2013年2月1日。
 ……昨夜は云いすぎました。文庫はまだ頑張って寄せてたんだな……。
 まぁでも、それはそれとして、なんでこの、単行本を年単位で先行して出すって文化、健在なんだ? 本気でワケがわからんのですが。
 文庫版同時発売できねぇの? 同じ値段でいいからさぁ。今回の 2 冊だと、高いほうの輝天が 1,728 円。文庫としては高いけど、高すぎはしないよねぇ? 全員とは云わないまでも、半数は文庫版買うと思うんだけどなぁ? いや、さすがに無理だってんなら、1,500 円ぐらいまで下がれば、もう八割は文庫行くっしょ?
 わっかんねぇなぁ?
 あれですか、不動産屋の陰謀? 本を早く読んで所有しておきたいなら家賃を払えって?
 やっぱ日本は不動産一強すぎねぇ?
 まぁ、日本に限らないと云われりゃそれまでですが。
 にしても、出版業界までこんな媚びへつらい方してるのはおかしいだろ?
2014/04/27 (Sun)
[日々のいとまに]140426 ~輝天炎上~
▼海堂尊「輝天炎上」読了。
 うむ……疲れました……。
 まぁ、なんだ。純粋に、これに対する感想をと云われたら、「駄作未満」、というか……そもそも作品として成立していない、という印象、と云わざるを得ないところでありましょう……。
 もしこれ、ケルベロスと同時、または直後に出てたら、印象全然違ってたと思います。まぁ、オレが出遅れてるってのはあるにせよ、文庫の出たのがふた月近くズレてるってのはズレすぎだよねぇ? あと、最低限、帯には「ケルベロスの副読本」とデカデカ明記すべきだったはず。ケルベロスの副読本として、であれば、文句なく、絶品、であったことでしょう。ま、もうあっちの細部の記憶は薄れてしまっており、まさにその細部のための副読本であった今作を満喫するだけの下地はとっくにオレの中から失われてしまっておりましたが。
 ケルベロスのほうはねー、今作によって補完される余地は充分にあったというのは、今作を読めば明らかだし、当時の印象でも「(仕込んだネタを)食い尽くせてない」感があったわけで、実際に副読本を必要としていた、とも云えば云えるとは思うものの、あれはあれ単独で充分にすぐれた一篇だったと思うのです。が、こっちは、こっち単独では、まぁ、無理、でありました。あ、螺鈿はさすがに読んでないとキツいのは当然ですが、あっちの印象は薄れてても大丈夫だったところではあります。この本が要する螺鈿の要素は「幹」だったわけなので。さすがに幹ぐらいは覚えてるぜ。
 ……まぁ、いつか、このシリーズが全て出揃ったら、また全部イチから読み漁る、ってのはアリなのかもなぁ?
 いつの話だよ、てのはあるし、実際、けっこう時事に寄ってるこのシリーズをあとから読んで満喫できるんかねぇ、ってのも、ないではない、のではありますが。
2014/04/26 (Sat)
[Life as a Half Drow]有利な特徴、不利な特徴
▼ここんとこ、ちょっと、GURPS 関連のつぶやきを目にする機会が多いような気がしてたり。
 こちらとか。
 ああ、うん。「不利な特徴」ね。
 あれ自体は、最悪の発明だったと思う次第です。ま、実際、それに影響されたとされる後代の例においては、ああいう有害度の高い(あ、当然ですが個人の感想です。以下同じ)面は(これまた個人の感想ですが)削られてってる感があるわけで、今さら云うようなことじゃないとは思いますが。
 あれさぁ、結局のところ、「ポイントのために強力に不利な特徴を取って、それが実際にはプレイに実害与えないようにいかに口先でゴマ化すかという試み」か、「破滅的な方向を指す不利な特徴を取得して、それを持っていることを盾にゲームを破壊しようという試み」か、どちらか(または両方)を助長するだけのブツにしか、わたしには、見えなかった次第であります。
 ってことで、妖魔夜行の「デフォでポイント大量にあげるから、「放火魔」をどう運用するかがゲームの軸だというふうに考えないでいいよー」ってのは素晴らしい方向付けだったと今になって思ってみたりする次第です。あのくらい、相対的に「不利な特徴で得られるポイント」が小さくなれば、本当に味付けとして使える、使いたいと思える、もののみ取得するという「自由」の要素として働きうるからねー。
 えー、重ねて申し上げますが、あくまでも個人の感想であります。
 実際のプレイ? 1 回(またはテストラン的な 0.5 回?)だったかな……?
 まぁ、たくさんキャラ作る根性もなかったので、夢の島の隆盛にはあまり貢献してない、かな……?
2014/04/25 (Fri)
[日々のいとまに]140424 ~通勤電車の中で~
▼ついったー経由で「通勤電車の中で何をしている? 年収によって違い」なる記事を知りまして。
 あー、自分? だいたいケータイ(ガラケーだよーもちろん。最新の!)でついったーのログを回収して、残った時間は読書(95% は文庫の小説。残りは新書の小説か新書の小説)とかかなぁ? とか思いつつ、ケータイで記事読もうとして。
 読めなかった!
 ……うむ、スゲェ。いや、「そもそも読めないようにしてあるもんなんだなー」とかなんとか、あんまスジがつながってはいないような気もしますが、そういうぼやっとした感想が生まれてきたのでありました。
 あ、新聞読んでる数については、「年功序列ってまだ生きてるんだなぁ」ぐらいの感想しかなかったです。年齢上がるほど(紙の)新聞を読む比率はそりゃ高いだろうなぁ、程度の。
2014/04/24 (Thu)
[須賀鎮航海日誌]140423 ~1 周年(仮)~
▼なにやら稼動 1 周年とのことで、おめでとうございますー。
 オレ自身は、稼動当日からスタートしたわけではない――なかったと思う――ぐらいのアレでして、そこまで強いお祭気分かというとまぁ、そこまでではないぐらいのアレな感触ではありますが。(でも日記での最初の言及が 4/28 であり、実際の生活を日記に反映するのには数日を要することも少なくないことを考えると、けっこうスタート早かったっぽい、とは云えるのかなぁ。もちろん、正式稼動後組としては、ということですが)
 で、そんな中。
 雪風が 99 になってしまいました。
 ……まぁ、いつかは来る事態だってことはもう、論ずるまでもないことではあるのですが、まだ 4-4 を突破しないうちに、ってのはちょっと予想外だったぜ。羅針盤に南西に蹴られまくりでな……。苦戦しているという実感はないんですが。
 ってことで、急遽オリョールに突入して(いや、無人の野を征くが如きでありました)書類強奪してきて署名など。
 ……なんか、執務室が常春になってしまった……。
 で、最初のレベル上限突破艦は雪風、ってのはまぁ、確定だったわけだし、まぁ、ここまではいいのですが。
 問題は、ほかの主力艦隊構成艦たちでな……。
 残り 5 隻も、あまり時間的猶予がない、ような……。
 いや、結局のところ、最終的な結論としては、主力艦隊 6 隻は全部指輪課金必要になるとは思うんですが、その、急には来ないでほしいなぁ、というか……。
 悩ましいところだぜ。
 というか、雪風はどうせいつか丹陽が来るだろうと思うと、もう 1 隻育てておく必要があるのかなぁ……とも思うところだったりもするんだよねぇ。
2014/04/23 (Wed)
[日々のいとまに]140422 ~シドニアの騎士 2 話~
▼アニメ「シドニアの騎士」2 話視聴。
 尿は 2 話で言及。うむ。
 そして星白が実にイイ感じで、紅天蛾への期待が着々と盛り上がってきております。よしよし。
 ……まぁでもしかし、「やっと会えた!」はさすがに今だとギャグにしか聞こえなかった、ぜ!
2014/04/22 (Tue)
▼さて、今回もセッション後はいつもの店で二次会となったわけですが。
 いろいろと重なった結果、想定外の展開が発生してみたり。
 すなわち、いつも胃袋的貢献度の大きい artemis が欠席していたこと。それを踏まえて行われた第一次注文の到着が遅く、ついつい追加注文を入れてしまった「遥か後で」第一次注文(の一部、だけどねーもちろん)が到着したこと。さらに、その後の段階で、ラストオーダーでみんなが残戦力を計算し直して注文入れた後に、他テーブルが(おそらくは同様に注文はとっくにしてあったけど到着が遅すぎて)帰ってしまって余った料理が「余っちゃったのでどうぞ」と回ってきたこと。しかもそれがかなりオイルパワーの炸裂したブツ(いや、美味いんだけどさ!)であったこと。ラストオーダー前にひとりが入れた蕎麦の注文がちゃんと入っているかどうか訊いたら「入ってないです」と云われて改めて蕎麦を注文したところ、実際には入っていたらしく、蕎麦がひとつ余計に来たこと。などなど。
 の結果、誰もが胃袋的にキャパシティーオーバーになる事態が発生。
 オレ自身も、酒量についてはかなりの精度でコントロールに成功したものの、食量については若干のオーバーを余儀なくされ、なかなか苦しい感じで帰路に着くことになったのでありました。
 いやー、参った参った。それぞれの条件、ひとつひとつはリカバーできたであろうものだったのにね!
 こんなこともあるんじゃのう……という感じの二次会でありました。
2014/04/21 (Mon)
[Life as a Half Drow]Queen Saga ReEmbody #1
▼4 版キャンペーン「クイーン・サーガ」再起動回、遊んできましたー。
 再起動回、ってもまぁ、べつに改まってやらんでも、普通に続きから再開でいいんじゃね? と正直思ったところではありましたが、DM 的に、これまでのおさらい、いわば「総集編」をやっておきたい、ということらしく、そういう話に。
 といっても、PC は最新状態(装備もあり、レベルは 8)で、PC の、話の内容に関する記憶、キーアイテム等のみリセットで、駆け足で再開、ということな模様。最初のうちは、記憶はないわけではなく、まだ知らないフリぐらいしとけばいいのかなー、ぐらいに思ってましたが、どうも違う模様。で、話の中身も微妙に違ってるってことらしく、これからはこっちが正史とせよ、というような話でありました。
 つうか、重要なキーアイテムをほぼ占有状態で持っていた(それに伴って実質主役状態だった) PC のプレイヤーがどうも当面参加困難そうっぽいということで、そのあたりをやりなおしたい、ということもあったようです。
 以下、簡単にメモを水面下に。
2014/04/20 (Sun)
[日々のいとまに]140419 ~肩アーマー盛衰~
▼例によってついったー経由で。
 「80年代-00年代『JJ』におけるリクルートスーツの変遷」がかなーり面白かったのでメモなど。
 いや、何がすごいって、肩幅が!
 てゆか、最初のほうの写真が、なんか眺めててこれ頭身のバランスとかおかしくねぇ? とか思ったわけなんですが、よく見りゃ肩幅だよなぁ……。
 で、当然のこととして、男版も見てみたくなったのでありました。
2014/04/19 (Sat)
[日々のいとまに]140418 ~ガンダムビルドファイターズ(全)~
▼てことで、勢いで全話視聴。
 満喫しました。
 以下、ネタバレにつき水面下。
2014/04/18 (Fri)
[日々のいとまに]140417 ~半パン魂~
▼それはそうと、GBF の 2 期 ED ヤバいっすな。
 ヒャダインって実のところ初めてちゃんと聴いたんですが、なかなかのモンだなと感服。いや、プライマリーな功績は作詞作曲編曲のほうとは思いますが、パーフォーマーも欠かせない要素でありましょうし。
 相当な火力でございました。こういうのは実はけっこうガード不能なタチでな……。
 うーむ……さすがに OP、ED はちょっと悩みますが、サントラぐらいは買ってみてもいいのか? あ、サントラ単体売りがあるのなら、ですが、もちろん。
2014/04/17 (Thu)
[日々のいとまに]140416 ~クロスボーン・ガンダムゴースト 6 巻~
▼長谷川裕一「機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト」6 巻読了。
 うむ、さすがにそれは「バクテリア」の範疇に入らないだろ! という感じはしなくもないですが、ルールが明記されてれば問題ナシです。いや、「ガンダムもの」としてではない SF 系の話だったら、さらにこの「宇宙生命体」についてバクテリオロジー的感性も盛り込まれた大ネタも期待できるんじゃないか、とかつい思ってしまいますが、ってか「ガンダムもの」でも可能だとは思いますが、さすがに、その先の時代も(ある程度)閉じてる宇宙世紀じゃ厳しいかのう。
 いや、単に道具として見ても強力だとは思いますけど。
 ……いや、どうかなぁ……強力すぎて、さすがにそれを、今巻後半の流れで充分に密閉しておけるというのは、ちょっと、厳しすぎるように、(元)病原微生物屋としては、思わなくもないところでは、ありますが……。
 まぁ、今回語られたことが全てとも限らないし、今後に期待で!
2014/04/16 (Wed)
[日々のいとまに]140415 ~ナニワ・モンスター~
▼海堂尊「ナニワ・モンスター」上巻読了。
 ……と思ったら上巻じゃなくてこれが全部だったぜ……。というのがまぁ、正直なところではありました。や、これが新しいシリーズの幕開け、って意味ではむしろ喜ぶべきところなのかもしれませんが!
 ってことで、全般にすげぇ面白くなりつつあるというのは実感したものの、それが充分に回収されたかというと疑問符、という感じの、このシリーズでは若干珍しい感じの感触に。とはいえ、ラストの二択にああいう結論の出し方する描写とかの部分にも、これまでのこのシリーズでは珍しい熱量があったので、新境地に期待、の方向性で。
2014/04/15 (Tue)
[日々のいとまに]140414 ~ガンダムビルドファイターズ~
▼そして、溜まってたビルドファイターズをほけーっと消化など(まだ途中)
 今さら逐話感想とか書いてもアレなので、とりあえずひとこと。
 「男の子の意地」とか書いてるときの黒田洋介の輝き方は流石のひとことであることよなぁ、とかそんなアレで。
 まぁでもしかし、こうして観てると、だいたいのネタは知ってたよなぁ、ということがしみじみ思われてくることもまた事実でありました。それがまぁ、(準)リアルタイムで観なくなってた理由のひとつなんだよなぁ。わざわざネタバレ感想を読みに行かなくてもついったーの TL を普通に追ってるだけで、いろいろわかっちゃう、という。で、ネタバレそれ自体が嫌かというとべつにそこまでではないというか、感想のほうだって基本的にはネタバレとしてのダメージのデカいものをは避けているとも思うんですが、どうもそこじゃないっぽいんだよなー。「今さら急いで見ても、どうせもうリアルタイムじゃないし」的なアレが生まれてしまいまして。ちょっと前ならねー、ネットで感想眺めるにしたって、帰宅して、何時間か遅れで観て、それからそのサイト見に行くって感じだったわけですよ。それが今じゃ、ふつうに周辺の民の動向を眺めるついでに流れ込んでくる、という。
 難しいものじゃぜい……。
2014/04/14 (Mon)
[日々のいとまに]140413 ~シドニアの騎士 1 話~
▼アニメ「シドニアの騎士」1 話視聴。
 うむ、繰り返し観たくなる 1 話、ということはなかった感触ではありますが、文句はない感じ。続きを楽しみに待つ方向性で。
2014/04/13 (Sun)
[須賀鎮航海日誌]140412 ~牧場経営の危機~
▼画像搭載につき水面下に。
2014/04/12 (Sat)
[須賀鎮航海日誌]140411 ~三熊の時代~
▼けぇかーほぉこくー。
 大鳳はその後ロックだけかけていちども出撃させずに死蔵しているわけですが、大建は最小レシピで細々とトライを続けておりました。
 てことで最近の結果を以下に。
 榛名、まるゆ、最上、伊勢、熊野、熊野、熊野、利根、筑摩、まるゆ。
 い、いや……レアリティという意味では熊野は悪くないんだろうが……何スかこの熊野 3 連星!?
 わけがわからないよ……。
2014/04/11 (Fri)
[日々のいとまに]140410 ~人喰いの時代~
▼山田正紀「人喰いの時代」読了。
 ……うん、2 篇目ぐらいでうすうす感づいて、その後それは確信に近づくばかりだったのですが。
 やっぱこれ、既読だったな……。
 いや、買う時点でも、読んだことあったかどうか、まるで(どっち向きにも)確信が持てず、まぁ、迷ったらゴーです、ということで購入してみた次第でした。
 山田正紀の昔の、とくに SF のくくりではない本って、欲しい欲しいと思って常に探してて、でも、必ずしも容易には手に入らない、ってことが多かったため、買おう買おうと思ってた本を実際に買ってたかどうかがわかんなくなりがちなんだよなー。
 で、今回のように、新規再販されると、まぁ、買っとくか、となって、こういう事態に、と。
 んまぁ二度目でも面白かったのでよしで!
 ……新作も早く文庫に落ちて来ねぇかなぁ……。でかい本は置き場がない(あと持ち歩きが大変)なので買えないんだよな……。新書ならなんとか大丈夫なんで、新書なら新書でも!
2014/04/10 (Thu)
[日々のいとまに]140409 ~機種変更顛末~
▼ふと思い立ってケータイを機種変更(あ、もちろんガラケーです。今回は防水の!)してきてみたり。
 いや、近いうちにやろうとは思ってたんだけどねー。シブースト用のパスの確認もできたし、ということで敢行。
 そして、シブーストにつないでみて鼻水フイたのでした。
 非対応機種!
 いやいやいやいや! 最新ですから! 非対応とか意味わかんねぇから!
 ま、まぁ、保険はかけてあるので、致命傷には遠いんだけどさ……。
 想定外ではあったのでした、やれやれ。
2014/04/09 (Wed)
▼なんかオレ的には普段基本的に出入りしない界隈を眺めていてこんな記事に流れ着いてみたり。
 自分自身が醸し出している空気感を「マイオーラ」と名付けました。俗っぽい言葉で表現すると、「らしさ」です。
 ちょwwwww逆だろwwwww 「マイオーラ」wwwww いや、その言葉を作るセンスじたいを笑うつもりはありませんが、それを「らしさ」にくらべて「俗っぽくない」と位置づけるセンスは笑うぜ。狙って俗っぽい(アホっぽい?)言葉を作ってつけた、ってんなら、上手いモンだぜ、と感心するところですが。
 ん? 中身っすか? 「らしさ」とは無関係な内容でした。これ説明するための造語という意味に限ってみても、「マイオーラ」はべつにそこまで悪いセンスじゃないと思うけど、やっぱり「らしさ」の引き合いの出し方はおかしいよなあ? という結論はそのままで。
2014/04/08 (Tue)
▼ついったーめも。
 いや、ついったーのほうのお気に入りに入れて、必要なときに参照しよう、と思ってたものどもなんですが、新しいのが積み上がる速度早すぎて、どんどん埋もれてくのでな……。
 TRPG 関連です。
 朝見 陽 師による 4 つ折りキャラシー
 D16師によるマップ方面
 anachro師による 4版 DM 関連
 D16師による NEXT バード関連。かな?
 Sir Mortor によるフィギャー台関連(ところで、Sir がついてる方には敬称を別途つけるのはおかしい……よね……? 失礼だったらゴメンナサイです)
 朝見 陽 師によるマップ関連
 朝見 陽 師によるマップ作成関連、かな?
 蝉丸P 師によるヴァイキングダム
 楯野恒雪師による1923年の日用品総合カタログ
 楯野恒雪師による銃のオーナーズ・マニュアル
 RAP 師によるマップジェネレータ
2014/04/07 (Mon)
[日々のいとまに]140406 ~Surface 実用化計画~
▼いや、実用してますが。
 なんかねー、SurfaceRT(って RT に限らないだろうけどさ)ダブルタップで拡大かかる機能があるんですが。
 あれがもう、ウザくてウザくて。
 べつに艦これ用として、ってわけではなくて、というか艦これではむしろ大して実害ないんですが、ふつうのブラウズにおいてなぁ。ウザくてウザくて。主についったーとか。
 ってことで、殺害方法を探索など。
 そして艦これ絡みの話題として発見するなど。
 一気に快適になりました。同じ悩みをお持ちの方は是非。
 まぁ、いるとも思えんがな!
2014/04/06 (Sun)
[日々のいとまに]140405 ~蜜の島 2 巻~
▼小池ノクト「蜜の島」2 巻読了。
 うむ、いいんじゃないでしょうか! テーマ的なところとか舞台環境とかを文字で云うとどう考えても 6000 のほうがオレ好みなハズなのに、より「じわじわくる」感のある怖さがこっちのが好みかもしれん。これで「辺境の島に封印された歴史。「日本」と「日本人」の原風景が男たちを襲う」なる帯の文言から容易に想像されるようなものだったらねー、きっと「ああ、これ系はべつにオレが読まなくてもいいかな」てな感覚になりそうな気がするんですが、オレ的には、違う、と思うわけでして、そのあたりがとてもいい感じで。いや、その上でちゃんと、帯の文言もあってると思うんだけどねー。
 以下、ネタバレにつき水面下。
2014/04/05 (Sat)
[日々のいとまに]140404 ~かつての精神病院に関する古写真~
▼例によってついったー経由で発見。
 「かつての精神病院に関する古写真」がすげぇインパクトだったのでご紹介など。
 ……つうか、実際コメントがねぇな……。
 部分的に色のある写真が入ってるのがまた違う種類のインパクトというか、これ、ほかのも一色じゃなく色つきで見たらどのくらい、どのように、印象変わってくのかなぁ……。ってまぁ、これは、写真が一色だった時代の史料見てると、分野を問わずに思うことではありますが。
2014/04/04 (Fri)
▼諸事情により銀行の窓口に行く必要が生じ、平日休を費やしてみたり。
 っつうか、実際に手続き完了する日付が 1 日押してもいいから、せめて 18 時ぐらいまで受付してくれんものかなぁ、と、毎度しみじみ思う次第。
2014/04/03 (Thu)
[日々のいとまに]140402 ~現代中国悪女列伝~
▼福島香織「現代中国悪女列伝」読了。
 ぜってー面白い、ということは確信してたのですが、まぁ、正直なところ、一番長い、一番最初の第 1 章(谷開来)はちょっとばかしツラかったです。が、その後はもう全部やたらと面白く、しかもそれぞれに毛色の違う面白さで、停滞することなく読み切ったのでありました。
 個人的にしびれたのは、彭麗媛と湯燐の対比、とかで。
 それぞれもスゲェんですが、この姉妹分とされるふたりを並べて眺めるとだな。こう、SEED 感というか、SEED DESTINY 感というか、そんなような……いや、マクロス感? いやいやいや。あ、ちなみにオレ、種も種死もマクロスもマクロス 7 もマクロス F もろくに見てねぇです。プラスは見たけど、あれはちょっと違うかなぁ?
 まぁしかし、「現在において」こんな世界をやってる連中であることだなぁ、ってのは理解しておく必要のあるところなのであろうなぁ、とかそんなコナミ的感想を書いてシメとしておく次第です。いやぁスゲェスゲェ。
 ……いや、もちょいまともな見方であっちの方角を見ようとしてらっしゃる方にはおそらく、谷開来こそがもっとも興味深かったんじゃないかにゃあ?
2014/04/02 (Wed)
▼仕事方面でなかなか困った感じの政策が降ってきまして。
 まぁ、来ることはわかってたので、上に政策あらば下には対策があるんだろうな、と、自分とこの上のやりようをお手並み拝見ぐらいに待っててみたわけですが。
 率直に申し上げて、予想以上の下品さ、という印象で、唖然、でありました。
 ……急場対応ってことでもあり、さすがにこのままで行くとも思えないので、もうちょっとはマシなことになってくんだろうなぁとは思うのではありますが、正直つらいものがあったりも。
 あれだ。知らないこととも云えないが、片棒担いだ覚えもない、ぐらいの気分に……。
 うん、実際のところ、担いでないとも云えないんだろうけどさ。
 やれやれ。
2014/04/01 (Tue)
* Top *