深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
[日々のいとまに]131130 ~あくむのために その 1~
▼どうでもいいことではありますが、連想でひとつ。
 最近のソロ作業はもちろん GP-02 を☆ 5 にして「ソロモンの悪夢」を手に入れることなわけですが、このテの☆稼ぎ作業は殺人的に退屈な作業(または殺人的に不安定な作業)になりがちなため、テーマを設定するのは基本となっています。
 で、かつてストフリやノワールを☆ 4 にする作業のときに設定したのと同じテーマを今回はちょっと狙ってまして。すなわち、僚機を「突撃」にして、各ステージ「無被弾クリア」を目指す!
 ……いや、実際より向いてたはずのストフリやノワールではなかなかできなかったのに、GP-02 だと案外取れるんだよなーこれ。回避性能そのものはもちろん高いのですが、リスクを取らないとダメージ取れない機体という点では不利なはずなのに。
 もちろん対戦と単純には比べられませんが、その成果もないわけじゃないんだろうなーとか思ってたりもしたりしなかったり。
スポンサーサイト
2013/11/30 (Sat)
[日々のいとまに]131129 ~Nonsense Armor Class~
▼ところで、先日ご紹介の「Koダイヤモンドは砕けない」に何やら仰天の記述があったのを思い出してちょいチェキ。
 ……どうやらマジのようですな、「FC 版のウィザードリィでは AC が機能していない」ってのは。
 いやまぁ、FC 版はほぼ完全にノータッチなので、特段の感慨もないのではありますが、へぇー、そうなんだー、ぐらいには思ったのでありました。
2013/11/29 (Fri)
[日々のいとまに]131128 ~Vaccination~
▼インフルエンザのワクチン打ってきましたー。
 ……とりあえず、接種後 6 時間を経過して特段の問題も生じてないので、まぁ、大丈夫だったかな……?
 いや、子供の頃は定期接種だったわけで、その頃とくに大問題を来した経験とかもないことを思えば、今回も大丈夫だろう、と思うのではありますが、重度ではない発熱とか程度もないだろうと確信できるわけでもないんでなー。
 仕事にハデに穴あけるのもアレだよな、というのが主たる動機で打ってるわけで、これで体調崩したらそれはそれでアレなわけであり、このまま何事もなく乗り切って免疫獲得といきたいものです。
2013/11/28 (Thu)
▼作業に出撃し、3 周でゲンナリして終了など。
 つーかまぁ、GP-02 が作業向きの機体じゃないってのはあるとは思うんですが、それを差し引いても、なんともなぁ……。
 とはいえ、さすがに「ソロモンの悪夢」は手に入れておきたいので、ちょうどプレイ日数キャンペーンもやってることですし、ちょいと(うん、ほんのチョイだけですが)気合入れてみるかのう……。
2013/11/27 (Wed)
[日々のいとまに]131126 ~長歌行 4 巻~
▼そして、夏達「長歌行」4 巻読了。
 すげぇ。
 しびれた。
 中盤の胃が痛くなるような逃げ場ナシ感といい、終盤のいっそ清々しいまでの雌伏感といい、たまらん。
 どちらにしても、「新しい」という印象ではないんですが、「王道」ってのも、やっぱ、くるモンがあるよなぁ、という感じで。
 「この時期」が終わった後の長歌がどれほどの化けっぷりを見せてくれるのか、実に楽しみであります。つうか、そろそろ 1 巻から読み返すべき時期だなこれ。
2013/11/26 (Tue)
▼速報:少佐になりました。
 い、いや、意味がわからないのですが……。先週は「よく降格危機が点灯しなかったな」ぐらいの負け越しだったのに、今日は初頭で昇格間近が点灯とか……。さすがに点灯状態は全力全壊で行った(そして奏功した)ので、そこから昇格に至ったことは不思議ではないんですが、「そこまで」がな……。何でだ?
2013/11/25 (Mon)
[Life as a Half Drow]Against The Storm over Neverwinter #1
▼つーことで、「ネヴァーウィンターに迫る嵐」第 1 回セッション遊んできました。第 1 回っつーか、8 遭遇で終わるらしいものの前半 4 遭遇、というのが正確な云い方かもですが。
 以下、簡単に水面下に。
2013/11/24 (Sun)
[日々のいとまに]131123 ~ガンダムビルドファイターズ 6 話~
▼……そろそろ認めねばならないようだな……オレはストライクのデザインはけっこう気に入っているらしい、と……!
 つーことで、ビルドストライク退場は寂しいものではありますが、最後に見事にひと華咲かせてくれたので納得であります。つーかストライクはバルカン機! とかそういう面でもよい働きでありました。……イフリートの味噌をバルカンで完封とかできたらどんだけ楽じゃろうか……。
2013/11/23 (Sat)
[Life as a Half Drow]Composing Bladesongs
▼つーことで、目の前に迫ったセッションに向けて水面下にメモなどー。
2013/11/22 (Fri)
▼週末に向けて、NWCS 眺めつつ新 PC 考えたりしてるわけですが。
 まぁ、末期、って感じはしみじみあるよなぁ、とか思ったりも。
 もちろん、継続してすべての本を買い続けてきたわけではないですが、ブレイドシンガーとか、最初のほうのに比べて、明らかに世界の法則が違うよねー、という感触が。初期→エッセンシャル系、のときとも、ある種比肩し得る感じの違いというか。
 実際のところこれがどんくらい面白くなるのかはいまいちなんとも想像がつかないところではありますが、違うものになってるのは確かだなぁと。
 そして、そんだけ違うものになってなお、「アタックロール当てる」が本質であるという、あんまし堅持することに強い情熱を感じない要素だけはがっちり保たれてるんだなぁ、なんてなこともちょっと思ったり。
 本としては、たぶんとてもこれ、面白いんだけど、だからってどうしうるもんでもないかなぁ、というようなことも感じずにはいられないところもまた末期感、ではありました。
2013/11/21 (Thu)
[日々のいとまに]131120 ~長歌行 3 巻~
▼夏達「長歌行」3 巻読了。
 ……4 巻が出てるの見て「あれ、3 巻まだだよな?」と気づいて買ってきたという……。どんだけ本屋に縁の遠い、非文化的な生活を送っているかをしみじみと再認識する次第です。
 てことで 3 巻ですが。
 やー、ある意味期待してたのとは違う方向性ではあるんですが、すげぇ勢いで面白くなってきてますな。最初はあれだ、もっとこう、ワイヤーな感じの方向性とか期待してたんですが、話の規模としてはむしろバリバリ天下を左右する勢いのレイヤーに突き進みつつあるのと同時に、個人のアクションみたいな解像度では、どっちかっつーと地面に足が近づいてきてるような……?
 そして「まったく…/考えてなかった」に鼻水フくのと同時にゴロゴロ転がってみたり。つーかそこまで若かったんだっけ、主役……。それこそまったく考えてなかった、てか、意識してなかったぜ。
 で、陰謀の裏側も垣間見えはじめて、しみじみと、これは「漢人の女の物語」なのだな、というような感慨が生まれてみたり。
2013/11/20 (Wed)
▼仕事関連でちと正気度が減る事態に遭遇など。
 あ、いえ、直撃ではないんですが。
 でもまぁ、「至近弾です」ぐらいのアレではありました……。怖ぇ怖ぇ。学んでおかねば……。
2013/11/19 (Tue)
▼ついったー経由で、ケータイで眺めはじめたブツが、「なんかこれキングドラゴン師のテキスト思い出す味だな……」と思ってたら御本人であらせられた件について。
 てことで、「Koダイヤモンドは砕けない」ご紹介でございます。
 まぁ思うところはいろいろありますが、仰天だったのが「厳密には、AD&Dではマイナス10までは死亡しないが」でございました。そ、そうだったの!? 3 版からだとばっか思ってた、ぜ……。つーか、これこそクラシックをバリバリ遊んでた頃に知ってたら世界を革命する力(ローカルルール作るときの参考資料)だったのになぁ。
 まぁ、屋上屋的な部分は 3 版の少し前ぐらいの時期からいろいろネット渉猟して情報集めてたので、むしろ尖った部分の知識は集まってたんですが、根っこの部分「こそ」が、オレにとっちゃあまったくの霧の向こうだったんだよねー 2nd 以前の ADnD って。
2013/11/18 (Mon)
▼対戦会に出撃など。
 やー、近年稀に見る大負け越し大会でありました。
 実際、体調もけっこうアレだったので、そのへんの影響はあった、と思うのではありますが、わかってんだから、「それでもいける機体」中心でいけばいいものを、快調のときに快調をフルに活かして勝つのが楽しい機体とかをガンガン使ってしまったのがアレだった、ということで……。
 まぁ、降格危機とかついたわけでもねぇので、今回はこんなもんでよかったんだろうっつーことで……。
 いや実際、クロック落ちてるときにストライクとか GP-04 とか無理! ストフリとかアイオスとかなら(普段よりはさすがに落ちてるだろうにしても)充分いけるんだから、そっちにしとくんだった、ぜ……。
2013/11/17 (Sun)
[日々のいとまに]131116 ~Ground Zero~
▼「SHOOT BOXING BATTLE SUMMIT - GROUND ZERO TOKYO 2013」観戦行ってきましたー。
 ……うん、すいません、今回ばかりはコメントはひとことで済まさせてください。
 「長い! 長するぎ!」
 終了 23 時オーバーというのは無茶でしょう……。
2013/11/16 (Sat)
▼認めざるをえんようだな……「どうやら風邪っぽい」と……。
2013/11/15 (Fri)
[日々のいとまに]131114 ~蒼き鋼のアルペジオ 6 話~
▼そしてアニメのほうを視聴など。
 ……うん、この順序(原作 8 巻→アニメ 6 話)は我ながら、偶然ながら、素晴らしい、ギリギリのタイミングでありました。
 いや、実際、アニメのほう、限られた尺で、閉じた作品として完結させる、つう縛りの中で、かなり完璧な仕事をしてるんじゃないかなぁこれ、とは思うわけですよ。んがなぁ……その縛りはそもそも必要なものだったんかなぁ……? とかなぁ、ついつい思ってしまうのも正直なところではあるのでありました。
 ってとこでひとつ。
2013/11/14 (Thu)
[日々のいとまに]131113 ~蒼き鋼のアルペジオ 8 巻~
▼ようやく読了。つーか、手近な本屋では置いてなくて出遅れたぜ……。
 今巻は殴り合い成分少なめながら、会話分が相当な密度で、これはこれで大満足でありました。つうか……まぁ以下はネタバレ水面下で。
2013/11/13 (Wed)
[日々のいとまに]131112 ~NWCS~
▼そくほう:NWCS 買ってきたー。
 ってことで、次回最有力候補はブレイドシンガー(制御)となりました!
 ……いや、クレリックのドメインもあるんだけどねー。さすがに指揮ならバードでいいと思うので……。
2013/11/12 (Tue)
[日々のいとまに]131111 ~今日は何の日?~
▼チンアナゴの日、ですって!
 うむ、云われてみればなるほどって感じですな!
2013/11/11 (Mon)
▼いよいよ E3 に出撃→概ね問題なく突破!
 ……まぁ、問題はなかったものの、時間はかかりまくりでありました。戦力じたいはなー、たぶん E4 までは突破できるんじゃないかと思うんですが、張り付いて遊ぶ根性を欠いているので、まぁ、さすがに諦めかなぁという感触で。
 来週末あたりの時点で根性が復活してたらまた考える方向性でひとつ。
2013/11/10 (Sun)
[日々のいとまに]131109 ~カゲとガケ~
▼そしてちくちくとツクールで遊んでるわけですが。
 以下、画像ありのため水面下に。
2013/11/09 (Sat)
[日々のいとまに]131108 ~学会を追放~
▼いつものようにほけぇーっと日経メディカルオンラインを眺めてたわけですが。
 「日本医学会が主任研究者と所属118分科会に異例の勧告」なる記事読んで鼻水出ました。
 日本医学会は11月6日、バルサルタン(商品名ディオバン)に関する臨床研究で論文を撤回された主任研究者に対し、所属する学会の役員を辞任するよう勧告した。主任研究者が所属する学会に対しては、会員資格を停止するよう勧告した。
 ちょ! こ、これは……!
 もしかして、かの伝説の「男と生れたからには一度は学会から追放されてみたい」の実例!?
 ……まぁ、捏造とか関連の「会員資格停止」ぐらいなら珍しくもないのかなぁ?
2013/11/08 (Fri)
▼つーことで、アルペジオのアニメも観てはいるわけですが。
 まぁ、完結もしてねぇものを、たぶん長くはないシリーズでやろうと思えば、そりゃあ容易ではないってことはわかるわけで、白鯨オミット(あと 2501)は納得したわけですが、ハルハルのローレンスとの会話はやっぱ……原作準拠で聞きたかったなぁ、と思ってしまったところではあったのでした。や、トータルでの品質としては充分だと思えばこそ、とも云えるのだろうとは思いますがー。
 つうか、8 巻が! まだ! 手に入っていないとか!
 ……本屋が平日通勤系路上にないってのはツラいものじゃぜ……。
2013/11/07 (Thu)
オフトゥングの呼び声が面白すぎて鼻水出たのでご紹介など。「父なるダミン」とか「ネゴト写本(Pnegotic Manuscript)」とか、響きが素晴らしすぎる。
 てことで、讃えましょう、スヤ・スヤ・オフトゥング!
2013/11/06 (Wed)
[日々のいとまに]131105 ~ガンダムビルドファイターズ 5 話~
▼つーか 1 話ごとにキレ味がおかしくなっていくというか、やっぱこれオッサン狙撃だよねぇ、という実感がさらに深まってみたり。
 そして予告で鼻水フイたのでした。あまりの違和感のなさというか違和感というか、なんかよくわからないインパクトがスゲェ! つーか親父は子安じゃなかったよな……? というかこの作品、このノリで今後も貫くんなら、子安出ないってことはもはやありえんよなぁー! どんな役で出てくるか、楽しみすぎるぜ!
2013/11/05 (Tue)
▼肉を食うついでにちょちょいと☆を稼ぐべくゲーセンにお立ち寄りなど。
 で、E のボス撃破に成功! 初、でこそなかったようですが、気分的にはかなり初な気分だったっつーか、ミスティックじゃなくなってからは初かも? な勝利! しかも GP-02 で! ということで、このゲームの CPU ルートとしては久しぶりに達成感のあるプレイでありました。ま、最終面については核直撃→一度は核から出たボスが再度核の火球に突っ込む、という椿事のおかげであり、ただのラッキーだったわけですが、そこまでのルートは(ラスボスは諦めるにせよ)それなりに歯応えのあるルートを選んでいってるわけで、そこまでがいい感じで楽しかったのに加えて通しでクリアまで降ってきたのは嬉しかった次第です。つうかファンネルタイプ、核では狩りやすい方か? もしかして? 地上(近く)で動きとめる瞬間が多いからなー。
 そしてその後は、いい気分でもうちょい☆稼ぐかー、とあいてたシャッフル台でソロスタート(GP-02)してみたところ、速攻で乱入されるという事態に――3 連勝のチャレンジもクリアするという珍挙に。ただまぁ、3 戦目ぐらいですでにかなり集中力は落ちてきてるのが自覚でき、そこはギリギリ競り勝ったものの、4 戦目とかまったくひどい有様になったあたり、「(同一機体での、というか、「イベントモードではない」条件下での)連勝」にホント慣れてないよなぁオレ、というのをしみじみ感じたことでありました……。
2013/11/04 (Mon)
[Life as a Half Drow]A Nightmare in Rose Garden
▼4 版単発セッション「廃園の薔薇姉妹」遊んできましたー。
 予定では、3~4 Lv スタートのエンカウンターズシナリオを遊ぶ予定だったんですが、DM が体調不良で倒れるという事態に至り、急遽 DISK が Hobby Japan のサイトから同レベルで遊べるシナリオを拾ってきて代打ちマスターやることを買って出てくれた次第。
 わたしとしては、今回はチェンジリングの指揮役、ってのはほぼ最初っから既定で、バードで行くかアーティフィサーで行くかを迷ってたところでしたが、試運転ができるならやったことないクラスを試しとこうかねぇ、ということでアーティフィサーに決定となりました。編成は、PHB ハーフリングファイター、エルフローグ(PHB + 武勇)、ヒューマンバーバリアン、PHB2 ドルイド(種族何だっけ?)、でわたしがアーティフィサー。
 いろいろ想定外が重なった(たとえば、当初は「国境の城塞」から PC 続投を予定していたプレイヤーが、キャラシーを DM に預けていたのが DM 欠席で使えなくなったり)結果、全員現場でキャラメイクからのスタートとなり、実際にプレイスタートとなった時点ではけっこう時間が押してしまっていたこともあり、なんだかすごい駆け足気味な一本道セッションになったのですが、ある意味、それが妙な味になって、なかなか楽しいセッションとなりました。
 個人的には……アーティフィサーはまぁ、合わないかなぁ、という感じで。強い弱いを云うならかなり強くありうると思うんですが、「準備と管理」が重要な面が他指揮役(ってもそんなにはやってないけどねー)に比べて多く、「準備と管理の楽しさ」という意味では 3.x 版で充分に楽しんだし、「準備と管理」を楽しむという意味ではやはり 3.x 版にはどうも、及ばないのではないかという気がする、という感触。いや、システムがいい悪いと云いたいのではまぁ、なくて、キャスター隊(とくに儀式持ち)でしっかり話し合って、セッション当日以前の準備もじっくり煮込んで、「4 版だけど準備と管理をずっしりやるゲームにするよ」という方針を言明するなどの覚悟も決めてキャンペーン突入すれば全然可能だとは思うんですが、そこまでの覚悟は自分について考えてもできないし、直近の予定が今度もエンカウンターズものであることを考えるとたぶん向かないものになると思われるわけで、とりあえず、今回は見送りかなぁ。
 てことで、次回はやっぱりチェンジリング・バードかな、と思ってるわけですが、せっかくネヴァーウィンターっぽいことも思うと、ネヴァーウィンター CS 買ってきて検討してもいいかなという気分にもなってたり。
 ……しかし、最近の Hobby Japan のサプリ紹介って抜粋紹介ページがないっぽい? うーん……手を出すのはちょっとぐらい中身を見てからにしたいところではあるんだけどなぁ……。
2013/11/03 (Sun)
▼今月の月額課金支払い~。
 艦隊枠が 160 隻になりました!
2013/11/02 (Sat)
▼で、キララがガーベラテトラを使った、ということを起点にキララのシーマ性(ってなんだ?)を思った昨夜のオレだったわけですが、劇中世界では順序が逆なんだよな。誰かが先にそこに着眼して、キララの乗機としてガーベラテトラを選んだハズなわけですよ。
 誰だ、それ?
 キララ自身? 実際のガンプラ製作者らしいあのふたり? あのふたりだけではなくファン投票とかがあった? それとも所属事務所とか?
 そのへんが実に興味深いのではないかと思う次第です。
2013/11/01 (Fri)
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。