深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]131031 ~ガンダムビルドファイターズ 4 話~
▼うお、キララカッケェじゃん!
 ……と思ったんだけど、乗機がガーベラテトラっつーことを考えると……けっこうまんまシーマさまなんじゃねこいつ? という疑念が……。
 うーむ……認めたくないものだな、「シーマさまカッケェじゃん」などと思ってしまう、などということは……。
 つーかラルさんの出現能力はチート級ですな!
2013/10/31 (Thu)
▼さんざっぱら迷ったのですが、結局「VX Ace」買ってしまいました。
 いや、迷ったのはねぇ、実際、これでゲーム作ることないよなぁ、と思うからであって。
 主要な理由はウィンドウサイズが致命的な欠陥になってるってこと(いや、実はものすごく重要な理由があるんだろうとは思うんですが、正直まったく想像できない……)ですが、まぁ、ほかにもいくつもこまごまと。XP とは結局一長一短ではあるんですが、XP に手を入れるほうがまだしも道が近そうってか、さすがにある程度慣れてきてるわけではありまして。
 んでもねー、便利機能がやっぱいろいろあるのと、絵素材はやっぱり魅力的なのが多いのと、さらにはけっこう時間経ったけど全然値段落ちてねぇ、ということを考えると、しょうがねぇ、潮時か、という気分で突入してみた次第。
 ってことで、早速、本命機能のひとつを使ってみたので水面下に。
2013/10/30 (Wed)
▼秋葉(てか末広町?)のなかたまご(何故か変換できない)に行こうと思ったら滅びてた事案が発生。ぐぬぬ。
2013/10/29 (Tue)
[日々のいとまに]131028 ~極北ラプソディ~
▼海堂尊「極北ラプソディ」読了。
 うむ、ノンストップでした。
 っつーかこう、ふだんの舞台を離れた場所(ってのはこっちはこっちで重要かつワンオヴ主要な舞台にすでになってる以上、不当な云い方ではありますが)で、こんだけ絢爛たるメンバーが惜しげもなく脇役に投入されてる感みたいなものって、なんつーか、けっこう、特有、とまでは云わないにせよ、けっこうなものだと思う次第です。たぶん、月姫と Fate 空の境界と、あのへんの連中が「同じ世界」にいるよーもちろん、というのと同じ方向性のおおおお感なんじゃないかなー。つーか、脈絡もないっちゃないんですが、隆慶一郎ワールドもこういう方向性になってればなぁ……みたいなことを毎度のように思ってみたり。
 このシリーズに絞って、そういうおおおお感を軸に云うと、これまた毎度の感想な気もしますが、こう、登場人物どもが本格的に化け物じみてくるにつれて、逆に、あの珍異名群がどんどん影を潜めてきてるよねー、ってのも面白いつうか、まぁ、そうなるよねぇ、と思うところだったり。や、異名のセンスについても全部が全部気に入らないってわけではないのも毎度云ってることな気もしますが。でも、もう、そういう単語とかで外連を貼る必要がないぐらいに、そこまでに積み上げられた描写だけで、それこそキャラクターたちの、異名、ではなく「本名」だけで「うげぇ」ってなインパクトを与えられる世界になってきたことであるよなぁ、と。
 しかしまぁ、世良の着地点については、あ、あれ、それでいいの? ともちょっと思わなくはなかったり。いや、全然いいとは思うんですが、「シリーズ全体」を編む糸としてのかれの役割を思うと、いいのだろうか、とな、ちょっと思わなくはないところだったり……。
 そして、読み終わって書泉のカバーをはがして帯を見て大笑いでありました。「救急医療に全力を尽くす将軍・速水とともに外科医・今中は医療格差の現実に立ち向かう!」って! ……あの、そんな話、なの、これ?
2013/10/28 (Mon)
[須賀鎮航海日誌]131027 ~Modelgraphix 12 月号~
▼なんかすげぇらしい、ということでまたしても買ってきました普段買わない雑誌!
 今回も感服仕りました。つーか、前回の雪風とかも、云うまでもなく「感服」だったわけですが、今回の「雷」「響」は「仰天」でありました。な、なんだこれ……。「Masterpiece!」とか口走るしかねぇ。
 で、「摩耶」がまた素晴らしくてため息。こちらは模型そのものもですが、光の当て方とかもなのかなぁ、とか思ったり。下が海模様ってのも効果出てますな。カッケェわ。
 そして重雷装艦の怪異っぷりにヘンな笑いが。
 やっぱ模型そのものを自分の手で作るってのはハードル高いですが、こうして模型写真を眺めてると思うのは、実際の歴史上の写真やら図面やらをいくつも眺めてその姿を分析し鑑賞し云々、というところまで気合を入れるなら別ですし、それが本道だろうとはいうものの、そこまでやる根性はさすがになぁ……というヌルいファンな身には、こうして明るい光の当たっている、ある時点での完成形としての、全貌のディーテイルをじっくり見られる模型写真ってのは偉大なんだなぁ、というようなことでもありました。もちろん模型そのものを見れればなお、とは思いますが、それはなかなか難しいわけだしねぇ。
 ホントは一番欲しいのは、いろんな角度から吟味できる「3D データ」だったりもするっちゃするのではありますが、こうして 1 枚 1 枚写真としての見栄えを詰めたものってのも、やっぱ美しさの面でしびれるものがあるなぁ。
 つうか、いずれ艦船模型のモデグラ作例写真集とか出たら買いそうだ。今号ぐらいの感じの簡単な史実解説とかあればなおよしで!
2013/10/27 (Sun)
[日々のいとまに]131026 ~海老たちの祝祭~
▼エピオン実装記念(?)対戦会、行ってきました。
 2 時間の予定で開始して、2 時間の時点で 20 勝 10 敗。まぁ、若干勝ちすぎたか? そゆとき追加が入ると、たいていいい按配で派手に負け越してトントンになったりするのが最近の調子であり、今回もその後、延長 1 時間となったんでヤベェかなー、と思ったわけですが、最終的には 25 勝 16 敗となり、それほどの事態とはならず。まぁでも、やーそんなに勝ち過ぎてはないですよーとか云ってみたけど、これはちょっと勝ち過ぎではあったか……なぁ……? まぁ、海老祭で戦果が荒れたのはお互いさまだし! 体が海老になった(他機体でも格闘が妙にレバガチャになったり)なんてものねー。
 今回の(自分が関わった)最笑い試合は、相撲のユニヴァースにフォビでレイダーを合わせてみたところ、謎のノーダメ押し合いが発生してた場面でありました。なんじゃありゃ。
 で、総括的なところとしましては、どうもオレ、相当に GP-04 が性に合ってる、ような……? つうか、どんだけ時限換装バカなのか、という気がしないでもない、ような……。V2 はダメなんだけどねぇ。ストライクとかブルーとか……。ブルーは時限換装ではないのですが、覚醒で武装の性質からして換わるっつーあたり、「時限換装機的な」爆発力になるなーという感触があるので。GP-04 は、1 機目の時限換装と 2 機目の時限換装、2 機目の全覚、と、3 度の時限換装を駆使する感覚で振り回してるというのが体感的なところです。これに加えてやたら個性的な武装が揃ってることで、相性はものすごくあるものの、実に楽しい機体になってます。V2 にしても、ダメってのは結果が出せないってことであって、楽しいは楽しいからなー。
 以下、水面下にちょろっとヨタ画像などー。
2013/10/26 (Sat)
[日々のいとまに]131025 ~人類資金 3~
▼福井晴敏「人類資金」3 巻読了。
 う、うむ……つまらない、ということはないし、読みづらい、ということもないんですが、微妙に読了に時間かかってしまった、とかそんなような結果でございました。うーん……。
 が、今巻ラストの急展開にうおおおお! とまた燃え上がってみたり。
 ……どういうことなのかについては考えないでおく方向性で。
 しかしなんですな、映画はもう始まってるのね! 小説のほうはまだ半分ってとこだってのに! まんまってことじゃないんだろうとは思いますが、何なんだかなぁ、とちょっと思わないではなかった、ってのも正直なところではありました。モフン。
 とりあえず今回はクトゥルフ準備で本断ちしてたりなどもあって今の時点で次巻が出てるので、間を置かずに買える、ぜ。
2013/10/25 (Fri)
[日々のいとまに]131024 ~鯵!~
▼鯵! いただきました!
2013/10/24 (Thu)
▼しかし 10 月にこんだけ台風が立て続けに来るとかやっぱなんかおかしいよねぇ? そしてこの時期に「野分」が来てないってのは、まさかこの異常気象を予想しようもなかったとはいえ惜しい話だと思ってしまうのではありました。
2013/10/23 (Wed)
[日々のいとまに]131022 ~ジェットストリームアタック~
▼仕事で使ってたボールペンのインクが使い切ったので替芯交換など。
 ……いや、それってわざわざ記録するほどの重大事件なのかと問われるとアレですが、オレ的にはほぼ人生初に近いイベントだったので! つーか、校正的な仕事で赤ボールペンならさんざっぱら使いましたが、黒のボールペンをこれだけフル稼動する仕事ってなかったよなーという感じで。赤ボールペンについてはペン軸ごと消耗品という感じだったので替芯とか使わなかった、のかなぁ?
 まぁよくわからんが、けっこうな椿事だったので記録しておく方向性で。つーか、替芯使おうって思えるくらい、実際に使ったってのと同時に、それなりに気に入ってもいた、ということでもあるかなぁと思います。いけるぞ、もう一度ジェットストリームだ!
2013/10/22 (Tue)
[日々のいとまに]131021 ~ガンダムビルドファイターズ 3 話~
▼第 3 話視聴。
 MADLAX かよ!
 ……いや、初回のレイジ登場時(つうか対ギャンで突如現れたとき)の第一印象が「ファイトクラブかよ!」だったわけで、これって、ある意味、第一印象に戻っただけ、か……?
 そしてラストのヴェスパのイエロージャケット(違)に鼻水フいたりもしたのでした。
2013/10/21 (Mon)
▼あれ? なんか 1 日書き忘れてる……?
 まぁ、概ね引き篭もってたようなアレなのでとくに何もなかったっつーことでひとつ。
2013/10/20 (Sun)
▼対戦会に出撃など。
 2 時間→飲み、は予定した通りでしたが、その後 1 時間の対戦が入ったのは想定外だった、ぜ……。
 ってことで、最初の 2 時間で 21 勝 16 敗、最後の 1 時間で 6 勝 11 敗という事態になり、トータルでは五分。まぁ、酔っ払ってアチョーで暴れるのもたまには楽しいのぜ! ということで!
 まぁしかし、またぞろ「この機体をがんばる」なのがなくなりつつあるのが悩ましいところではあるのう……。GP-04 は楽しいんだけど、そろそろ、ここのところの集中投入ペースは終わりかなぁ、という感触ではあるので。いや、前寄りの機体を増やしたかったところに完璧な機体特性だったんで、今後も主力のひとつにはしていくつもりですが。
2013/10/19 (Sat)
[日々のいとまに]131018 ~ガンダムビルドファイターズ~
▼「ガンダムビルドファイターズ」2 話まで視聴。
 うむ、誰かが云ってたけど、こりゃ明らかに「おっさんも楽しめる子供向け」ではなく、「子供もたぶん楽しめるおっさん狙撃作品」だな、という印象。
 とりあえず 1 話終わった段階で、「レイジどう考えても親父の隠し子じゃねぇか。こりゃあ修羅場の予感が……!」とか思ってたわけですが、2 話のラストでどうにもそれどころじゃなくなった、ような……。こいつ親父本人(過去からタイムスリップまたは英霊召喚)じゃねぇの?
 ま、有り得んだろうから吠えておくぜ!
 で、ここまで観て生まれた一番強い感情は、「会長/部長! そのヘアスタイリング剤、どこ行けば買えるのか教えてくれ!」でありました。いや、会長状態から戦闘状態への変形はわかるのよ。問題はその後、速攻でもとのスタイルに戻るところが! あれこそオーヴァーテクノロジーの極みだぜ!
2013/10/18 (Fri)
▼んで、クトゥルフ準備のために、出てるのは把握していつつも購入先送りにしてたマンガをほかにも何冊か読了など。
 うむ、クトゥルフの準備はホント毎回かなり POW 投入してる感じです。不可逆に、とまでではないと思うけど、消耗は 1 晩や 2 晩では回復しない程度には。
 ま、そんくらい魂込めるのも楽しみのひとつだぜ。高頻度にはできなくなりますが、オレにとってクトゥルフはそんくらいでいいんだろうなーというあたりでひとつ。
2013/10/17 (Thu)
[日々のいとまに]131016 ~はやて×ブレード 18 巻~
▼林家志弦「はやて×ブレード」18 巻読了。
 つーかラストが「……最終回?」な感じだなーどうなってん? と思ったらホントに完結だったよ! や、シリーズが切り替わって続くようなので、衝撃ってほどではなかったといえばなかったのではありますが。
 ここらで仕切り直し、ってのは正解かなぁ、というのは納得という気もするところです。黒組が登場して、というか、黒組があまりにも一気に大群で登場したことで、当の黒組の印象が薄れてしまってる印象があったんがなぁ。再度「シリーズ序盤」として速度落とし気味で描写してくほうがよさそうなんじゃないかなー的な。
 てことで、続編にも当然大いに期待していくところであります。
 水面下にちょびっとだけネタバレな感想などを。
2013/10/16 (Wed)
[Life as a Half Drow]#4 Inventories
▼てことで、今回までに PC たちの手に渡った神話的または非神話的だが非合法っぽい物品ズのリストなどを水面下に。メモがわりに。
2013/10/15 (Tue)
[Life as a Half Drow]Backstage of Mythic Fungi
▼てことで、今回の軸ネタは次回以降に続編ったり続きが語られたりする性質のものでは、まったく、ありませんので、軽くネタバレ解説などしておきます。ん? 興味ない? だと思ったぜ。
 以下水面下にー。
2013/10/14 (Mon)
[Life as a Half Drow]Darkness, your name is. Session #4 Better an open enemy than a false friend.
▼クトゥルフキャンペーン「汝が名は暗黒 ~Darkness, your name is」第 4 回セッション「Better an open enemy than a false friend (獅子身中の虫)」マスターやってきました。
 今回の舞台は 2012 年 11 月上旬ぐらい。前回からリアル時間連動を切っています。
 ……うん、前回、ね……。
 結局、レポは書けてないってか、書けなかったというか……そんな感じで……。
 細々とは書いてて、大詰めまで到達、はしたんですが、そこでの展開が……詳細に思い出せなくて……。
 ……つーことで、今回は轍を踏まないように、レポなどというものを書こうなどとは考えず、簡単な記録を残すにとどめようと思います。自分用および内輪用備忘録。
 以下、水面下に。
2013/10/13 (Sun)
▼そしてクトゥルフのマスターに出撃!
 やー、せっかく SurfaceRT とかもあるし、風景表現とかで参考映像とか表示とかやってみたいなーとかそういう野望もあったんですが、もちろん仕込む時間なんぞなし。文字通り、シナリオ書いてるときに脳内イメージ作るために参照してたネットで見つけた画像をそのまま積んでくのがやっとでありました。ま、道具としての試行にはなるだろ! ということで!
2013/10/12 (Sat)
▼セッション前日にして帰宅が見込みより 1 時間ほど遅れる事案が発生。
 うん、無理!
 つーことで、シナリオ本編の詰めは現場の勢いに任せることにして配布物ってか提示物だけ先行して作ることにしたぜ!
 そしてそれだけ割り切っても就寝時間が予定より 10 分がとこ遅れたぜ!
 ……うむ、今回も難産でありました。が、やっぱ提示物とか、プレゼンテーション資料的な形がとりあえずまとまればなんとでもなりそうな気がしてくるもんですな。このへんは、ある種の「プレゼン慣れ」のおかげっつーことだろうなぁとは思うわけですが、同時に、この、ある種の「プレゼン慣れ」は TRPG のマスター慣れによって培われてるという実感もあるわけで、実に鶏と卵な感じだぜ。
2013/10/11 (Fri)
▼暑さがつらい日々が続いております……。
 つうかさぁ、暑いと窓開けなきゃならないじゃないですか。
 すると、部屋ン中でガンガン音楽鳴らすわけにいかないじゃないですか。いや、閉めててもガンガンはアレだけどさ。
 となると、音楽でテンション切り替える習慣のあるオレとしては実につらいことになるわけです。なかなか切り替わらないので、仕方がなくヘッドホンかぶって音楽鳴らしてシナリオ書いたりしているわけですが、それやってると耳痛くなってくるんだよねー。
 困ったもんだ……。
2013/10/10 (Thu)
▼今回のシナリオで重要な役割をお願いする予定の某クリーチャーさまの重要な武装について、充分なデータ(命中率とか)が存在していないことが判明。
 どうすんだこれ……。まぁ、本気で殺し合いになってもらう予定はないっちゃないのではありますが……。
2013/10/09 (Wed)
▼ようやく喉の調子が概ね、喋る分にはほぼ問題ないかなーという感じまで回復。歌えと云われるとまだまだ厳しいですが。
 よし、これならマスターできそう、かな?
 シナリオの準備がまだまだすぎますが。
2013/10/08 (Tue)
▼今回はある熱帯の国の出身の NPC が登場する予定です。
 で、毎回、NPC については外見イメージのイラストをカード形式で提示しております。切欠となったのは、今回のキャンペーンの第 0 回用としてシナリオを使わせていただいた「ひきだしの中身」さまの NPC イラストが素敵だったので、それをカード形式に印刷して提示したのが好評を得たことでしたが、その後はいろいろなところから NPC の表現としていけそうなのを探してきては使ってきました。もちろん、見る人が多ければ著作権的に実によろしくない使い方ってことになるわけですが、内輪のプレイグループで遊ぶだけだしべつに気にすることないよねーぐらいの感じで。
 んがまぁ、今回はなかなか強敵だぜ……この熱帯出身者を表現するのに向きそうなイラストが……見つからねぇ……。
 どうしたもんかのう。
2013/10/07 (Mon)
▼何故か対戦会にお立ち寄りなど。
 17 勝 14 敗。うん、結果は大した問題じゃねぇ。3 日連続とかなってるということ、自体がッ!
 わけがわからないよ……。
 あ、シナリオ方面の問題は小さいです。どうせメシ食う時間は必要だったし、気分転換はアリだしなー。
2013/10/06 (Sun)
▼何故か対戦会にお立ち寄りなど。
 な、何を云っているのかわからねーと思うが……。
 25 勝 16 敗、とかそんくらいだったかと思います。まぁ結果は大した問題じゃねぇ、ぜ……。
2013/10/05 (Sat)
▼何故か対戦会にお立ち寄りなど。
 戦果はなんか、参加した 4 人全員が 11 勝 11 敗、というなんか異様な景色でありました。こんなことってあるんだねぇ。
2013/10/04 (Fri)
▼今度のシナリオに登場させるべく、クトゥルフサプリの「ミスカトニック大学」を購入するなど。
 ……そして、当然のごとく使えないことが判明してがっくりなど。
 や、現代なんですよキャンペーン舞台が。で、このサプリは云うまでもなく 1920 年代なんですよ。
 ……現代のミスカトニック大学のデータってどこにあるんかなぁ……。まぁ、もちろんまんま使用ではなくて、いろいろ手を入れることにはなると思うんですが、そもそも「現代の合衆国の大学」ってのが想像できねぇんでな……。
 なんて、日本の大学だって、自分がいたことのあるところ以外なんてほっとんど何もわかりゃしないのではありますが。
2013/10/03 (Thu)
▼職場の飲みに出撃。
 ……体調全快ではなくシナリオ書くので忙しいとか云っておきながら酒は飲むのか! 飲むんだよ! つーか、旧世代の人間なので酒席のコミュニケーションは重要なのです! すでのな!
 ってことでひとつ。
 あ、酒量は当然抑制方向で。
2013/10/02 (Wed)
* Top * Next