深度 、急速潜行~
▼てことで、年末年始休暇に入ったので一時帰国します。
 ド年末年始はたぶん更新は途切れるかと思います。みなさま、よいお年をお迎えください。
2012/12/30 (Sun)
▼そして、やはり、というべきか、年内最後の対戦会が発生してみたり。
 今回はちょっといろいろ考えて、勝率がかなり下がるような試合が増えてみたりしました。あとまぁ、いろいろ体が忘れてたってのもあるというか、実際のプレイ頻度はそうそう減ってないんですが、生活が変わると覿面に忘れるなぁ、とちょっと驚いたりも。てかブルーの忘れっぷりが我ながらひどい有様でございました……。
 もちろん民のレベルがガリガリ上がってることは大きいです。今後は主力機もっとガンガン使ってきたいところ。
 ……ブルーも主力機のつもりだったんだけどね……! 後半は持ち直しましたが……。前半は実際ひどい有様だったぜ……。
2012/12/29 (Sat)
[日々のいとまに]121228 ~弾道と衛星軌道~
▼ついったー経由で、「誤解だらけの北朝鮮・衛星打ち上げニュース、7 つの疑問に答える」なる記事にたどりつきまして。
 うん、まぁ、そうだよねぇ、と。打ち上げ以来、断片的な情報を拾い読んでた今は納得といえば納得な記事でしたが、当初の知識だったら何もかも目ウロコだったんじゃないかってぐらいのものでございました。
 ……てか、「事実上のミサイル」ってやっぱよくわからなかったんだよなー。オレは「誘導弾=ミサイル」という単純かつ偏った理解を今も頑なに維持してますので、「つまり、衛星軌道に誘導したからミサイルなんか?」ぐらいの気分でいたわけですが、もちろんそんな話ではないのではありました。
 つーかさぁ、正直、今回の打ち上げ以来の各地での情報の断片の収集以前の段階では、わし、「弾道ミサイルのほうが仰角が上」ってのまるで理解してなかったよ! てか、このへん、常識(わかってる人にとっての、ではなく、たとえば空母から B-52 を飛ばすというような発言に反射的に「は?」と思わないような種類の人々にとっても)なんかなぁ?
 ……てことは、モビルスーツで衛星軌道上で敵衛星を破壊するミッションとかを日常的にこなしてる連中からすれば、頂点付近の弾道ミサイルぐらい余裕で狩りに行ける、とかそういうことなんか……? うーん、まだちゃんとわかってねぇな、オレ……。
2012/12/28 (Fri)
[日々のいとまに]121227 ~アニメ「新世界より」BD 1 巻~
▼そして一緒に購入した新世界よりのサントラ(初回特典で 1 話の映像を収録したブルーレイがついてくるやつ)がまたイイ按配に上出来で。
 収録曲の 1 曲 1 曲が絶賛級に好みというわけではないんですが、アルバム通しての味わいがかなり絶賛級でして。Game Battle #1 の場違い感は実際に劇伴として聴いたときは何じゃこりゃと思ったモンですが、こうしてアルバムに入ると「番外」としていいアクセントになってるなぁとかそんなことまで思ったり。まどかマギカのゲーセン BGM と同様の印象でしょうか。
 曲単位では、「Sign of Juryoku」、「Strange Feeling」、「Time Lapse」あたりが前頭葉に来ました。わかりやすい趣味だなぁ我ながら。
 ……うーん、とくに気に入るエピソード収録の巻と、サントラがつく巻だけ買う方針ってのもアリかなぁ? これまでだと 11~12 話とかは買いたい水準に達してたしなぁ。
2012/12/27 (Thu)
[日々のいとまに]121226 ~ありのままにアマゾン~
▼ヨルムンガンド 2 期のサントラが到着ー。
 あまぞんに注文していたわけですが、昨日、あまぞんから発送メールが来まして。で、その発送メールに続いて、あまぞんからオススメ商品としてヨルムンガンド 2 期サントラをプッシュするメールが来まして。
 な、何を云っているのかわからねーと思うが……。
 いや、だから! それ、あんたんところで買ったって! しかも注文したのはつい先日!
 ……あまぞんが顧客個人情報を集めて云々という警鐘がいまいちピンと来ないのは、毎度のようにこういう最高に見当違いな情報の使い方(てか使えてない)をしてくるからでもあり、あまぞんが商品購入履歴等の個人情報を大量に収集したところで使い方が間抜けすぎて無害じゃね? と油断させるための戦術だとしたら予想以上の効果を上げているぞ!
 いや、無害云々はまぁ冗談っちゃ冗談ですが。
 もうちょっと、こう、なんとか……。
2012/12/26 (Wed)
[日々のいとまに]121225 ~日本シミュレータ~
▼島国大和さまの「日本シミューレータ」というネタがなかなか面白かったので。
 つーか、それ「蓬莱」(今野敏)できるよ! ヘタすりゃ実用に供するより娯楽ゲームに仕立てて売ったほうが儲かるんじゃないかってぐらい素敵に思えますがどうか。
 ……現実の分析を目指して作ったとして、それをフェアで面白いゲームにする、ためにはずいぶん道のりは長そうな気がしてしまう(とくに前者の条件)のがアレですが……。
2012/12/25 (Tue)
[日々のいとまに]121224 ~めりぃ~
▼めりぃ、ユールの日。
2012/12/24 (Mon)
▼年内最後の予感がする対戦会に出撃。
 ちょっと勝ちすぎた気もしますが、体感で「狩った」感が薄いのは、やはり全体のレベルが上がってきてるからであろうなぁ、と思ったり。ほぼ全力で戦えてはいるからなー今は、対戦会がはじまった頃とは違って。さすがに GP-02 やストライクあたりだとシャッフル運など次第では狩り寄りの結果になってしまったりもしますが、それら以外だといいバランスになってきてるんじゃないでしょうか。GP-02 は逆に狩られる構成もあるので、結果だけ見ればいいバランスなんじゃないかにゃー。ま、ああいうザンギエフな機体は勝敗の結果だけは好バランスになっても、相手からすると勝っても負けてもつまんねぇことも多いよなぁってのはザンギエフ相手でさんざん実感したので、申し訳ないところもないとはいえないのではありますが……(だからこそ、避けられない野良対戦に直面することがあれば、主力にしようと思ったという経緯も当初はありました)
 今回はちょいとウィングゼロを練習してみようと決めて行き、まぁ、それなりに手応えを得てきました。特格をうまく使えるようになりたいなぁというのが最初はあったんですが、あれなぁ……変形したとき必ず敵の方向いちゃうような? これでは……ちょっと……使いづらいなぁ……という感触で。が、それ以外はそれなりにやれる感じになってきたかなぁ。まぁ、主力機のひとつにしていこうとまではまだ思いませんが。
 ……企画流した段階ではねー、年内最後になるんじゃないかなんてまるで思いもしなかったりしたわけですが。どうも日々の感覚がおかしくなってるな。ベトナム行きを決意してから、とも云えば云えそう……なのかなぁ……。
 まぁ、平日開催でも状況次第では顔出せると思いますんで、企画が出た場合は声かけてやってくだされば幸いです。最低発動人数に数えられるのは無理ですけどー。
2012/12/23 (Sun)
▼なんとなく所用で「東京ソラマチ」なる場所に立ち寄ってみたり。
 いや、不思議な感覚の場所でした。異界感、とは云わないですが、異国感、のようなものを感じるというか。なんか熱帯から亜熱帯の国の、そのテの多様店舗収用型大規模建造物を思い出すというか。
 いろいろ考えまして、これぞという理由は見出せなかったんですが、なんとなーくこういうことかなぁと思った要素がいくつか。
 そのいち。通路が広い。通路が直線的でなく、区画の切り方が碁盤目準拠ではない。どれかひとつなら異国っぽくまでは感じないかなぁと思うんですが、揃うと見慣れない感が増す、ような……。
 そのに。店内案内図が希少で、そのクォリティが微妙。そのいち(碁盤目非準拠)と合わさらなければ、それほどつらくもないんですが、合わさると目指す店舗がどこにあるんか実にわかりづれぇ。海外ではよくあるストレスですが、国内では最近はあまり出会わない類。
 そのさん。匂い。「食品のではない」匂い、ね。国内の大型で複数フロアを持つ多様店舗収用建造物だと、「別フロアに分けられている」ことが多いと思われる類の異業種が同フロアに同居していがちであるのかなぁ? なお、匂いの種類そのものも、なんとなく馴染みの薄いものが多かったように思いますが、それはふだんほかでそのテの建造物に立ち寄る場所が偏っているせいかもしれんのでなんともいえんです。
 ……こんなところかなぁ。
 ああ、もしかしたら天井の高さとかもあったかもしれん。ちょっとちゃんと観察しなかった部分なのでわかりませんが。
 フードコートは逆に実に「日本の」フードコート、って感触で、値段が張り目(耐えられないってほどじゃない)なことに目をつぶればいろいろ食べれる感じで、よさげでした。
 またそういう所用が生じたら行ってみるかなー。
2012/12/22 (Sat)
▼アニメ「新世界より」12 話がまた絶品で……。や、今回は榊原良子補正も相当なものでしたが、やっぱ全般に仕上がりはなかなか上々だったよなーと。
 いやホントに返すがえすも 5 話が惜しかったよなー。10 話はあれはあれでアリだと思いますが、5 話はなぁ……。話と切り離して手法の是非だけを云うなら、まぁ、その実験じたいを否定するようなものではないかもですが、明らかに向かない話な回だったよな、ということで。
 つーか! ここ数話のクォリティで! けっこう欲しい気分になってきてる(音楽面ももちろん含みます。全巻にじゃないけどサントラがつく模様ですし)のに強力な購入抑制がかかるんだよ! あれがあると思うと!
 ぐぬぬ……。
2012/12/21 (Fri)
[日々のいとまに]121220 ~早起きに 100 円の投資を~
▼ベトナムの朝は早い。
 というわけで、100 均で目覚まし時計を購入してみた。試しに鳴らしてみて、ちゃんと鳴ることを確認して、起床時間ちょい後にセットして就寝。
 翌朝は常用のアラームで目覚め、しばらく朝の支度をしつつ新しい目覚まし時計の鳴動を待ってみたものの、セットしたはずの時間になっても鳴った気配なし。あれ?
 支度で動き回っていたので、その瞬間を目撃していない可能性は充分にあるが、止めていない以上、目覚まし時計というものは鳴り続けているはず……そう思っていた時期が私にもありました……。
 再度見張りながら鳴動確認してみたら、鳴り始めはしたものの、たぶん 30 秒も鳴らずに沈黙しやがったぜ、この目覚まし時計……。
 ありえん……スヌーズ機能がついてますとか説明書に書かれてたけど、このクソ短い鳴動時間でスヌーズ操作ができるぐらいの意識レベルになってたらスヌーズするまでもなく起きてるって! せめてノータッチだった場合は自動的にスヌーズ、というんならまだしもと思いましたが、それもなし。ノータッチだと、ただ単に、あっというまに鳴り止んで終~了~。
 あ、ありえん……なんだこれ……こんなものが「アラームクロック」を名乗るとか……いくら何でも……。安いものに多くを期待したわけではありませんが、この有様はさすがに想定外だった、ぜ……。何の追加機能もないけど愚直に電池切れまで鳴り続ける、とかそういう方向性を期待してたんですが……斜め上を行かれたか……。
2012/12/20 (Thu)
▼ベトナム従軍初休暇。
 ……って早!
 まぁ、戦場がどんくらいタフなものかわからなかったので早めに休みを入れてみたんですが、そこまで体力的に来るものではなかった、かな、といった感触で。ま、今のところ頭を使うことはしていない(新兵なんでにゃー)わけで、休むよりも詰めて慣れたい(主として頭的に)ところではあるんですが、休みを先送りすることができるわけでもねぇし、上は上でそこらへんそう簡単に破らせるわけにもいかんだろうし、こんくらいが妥当なのかねぇ……。
 なお、前夜ちょいと深酒してしまったので、最初の休日は半日寝て終わりました。ま、最初はこんなもんでよしとしよう……正直、たった 1 日のために私生活方面に脳を切り替えてしまう余裕は(今はまだ)ない感触なんでな……。
2012/12/19 (Wed)
[日々のいとまに]121218 ~血界戦線 6 巻~
▼内藤泰弘「血界戦線」6 巻読了。
 とりあえず今巻は「チェインカッケェ!」ってとこでしょうか……。あとプラントのみなさんはなかなかイカしてますが、まぁ、今後の出番は期待できねぇだろうな、ってとこで……。
 しかしそろそろ HL を舞台にした自由度高いネトゲとか企画されないもんかね! と思えてきたね!
2012/12/18 (Tue)
▼ベトナム従軍初日。
 パリスアイランドに入るのは後日ということらしく、いきなり最前線ですよ。まぁ、鉄砲撃つ仕事ではありませんが。
 任務の実際についてはまぁ秘密ということで、それ以外でちょちょいと。
 ……なんか持ち場への移動経路が小学校の通学路になってて、時間帯も登校時間にかぶってるらしく、信号ごとに黄色い旗持った人が立っててイリーガルなダッシュが効かなそうなことが判明……。こりゃ寝坊が過去に例を見ない致命傷になるぜ……。
 とかそんな感じで。
2012/12/17 (Mon)
[日々のいとまに]121216 ~休暇は終わりぬ~
▼Goodbye my sweetheart, hello Vietnam.
2012/12/16 (Sun)
[日々のいとまに]121215 ~マンガ「新世界より」2 巻~
▼何やら出ていたので即決で購入、読了。
 なるほど、独自色の出し方としてはアニメよりこっちのがイカすんじゃねぇの? という感じ。まぁ、アニメは独自っぽくしてる部分は悩ましいものの、素直に動く挿絵をやってる部分は最近なかなか好感触でもあるわけですが。
 てか、話ここまで進んでおいて、まだ図書館に会ってないんだよな……スゲェわ……なんてなこともしみじみ思ったり。
 この先も期待します頼むぜ!
2012/12/15 (Sat)
[日々のいとまに]121214 ~予告犯 2 巻~
▼筒井哲也「予告犯」2 巻読了。
 相変わらずの熱量でございました。熱量というか、緊迫感というか、そういうものもではありますが、今回の前半戦はなぁ……こればっかりは「熱い」と云うほかないものでありましょう……。しびれるぜ……。
 後半戦はいろいろと「えーそれはどうなんだ?」という感じの予測が作中各方面から飛んでおり、おそらくそれは裏切ってくる、のでしょうが、どう裏切ってくるかはまったく想像がつかないあたりが見事です。
 前巻に引き続き、「今すぐ続きが読めなくてクソつらい」という方向ではないながらに、続きが気になってしょうがない引きでした。……いや、そりゃ、早く読みたいって気分はあるけどさ……どう考えてもツラい話になってくしかないわけでもあってさ……。
2012/12/14 (Fri)
[日々のいとまに]121213 ~アニメ「新世界より」11 話~
▼そして、ニコに落ちてくると同時に 11 話を数回リピートしてしまう有様に。
 ぐおおおお……なんでこう……クォリティが極端に……。
 うーん……欲しい、かなぁ……サントラ期待って意味もあるしなぁ……BGM 的には、正直なところ、全面絶賛ではないのではありますが、今回は選曲面でも減点ナシな感じだったんだよなぁ……。
 ぐぬぬぬぬぬぬ……!
2012/12/13 (Thu)
▼で、今度は絶品じゃねぇか。
 どんだけ枚数の配分極端なシリーズなんだ……。
 さらにここで榊原投入とか!
 ああちくしょう。毎話このクォリティだったら欲しくなるよ!
2012/12/12 (Wed)
[日々のいとまに]121211 ~軍靴のバルツァー 4 巻~
▼中島三千恒「軍靴のバルツァー」4 巻読了。
 予想外の方角ではありました。が、すげぇ熱量だったぜ。
 少佐(って字にするとサイボーグっぽくてスゲェな)の手回しのよさとか戦争準備の抜かりのなさとかは軍国士官だから、という意図なのかなぁと思ってたら軍国士官でもそうでもない者もいたりで、なるほど、その若さでその抜擢されっぷりは伊達じゃないんだなぁ、というのも再認識という場面もなかなか。とはいえ……ちょっと大ピンチすぎる気もしますが!
 番外編も、感染症屋(元、になりつつありますが)としてはなかなかに興味深い仕上がりでありました。細菌感染はいいよねー抗菌薬投与一発(耐性屋の云うことかぁー!)だから……とか「ちゃんとお薬も」のあたりで思ったわけですが、よく考えたらこのモデルになってる時代だと、まだ抗菌薬なくねぇか……? ど、どんな治療したんじゃろ……。や、そのへんはこの世界ではすでに実用になってるという可能性も充分ありますが。
 なお、購入したのは限定版でした。手帳もなかなかカッケェですが、せっかくだから実用でも遊んでみようか、と思うにはちょっと版形がデカいかのう……。
2012/12/11 (Tue)
[日々のいとまに]121210 ~中国「反日デモ」の深層~
▼福島香織「中国「反日デモ」の深層」読了。
 日系ビジネスの連載はけっこう愛読寄りで読んでおりますので、大半は一度は読んだ話ではありましたが、まとまった形として興味深く読みました。
 なんせ相手が相手ですので、びしっと裏が取れる話がほとんどなく、「この視点に乗り換える」のはどうかと思いますが、「この視点を追加で持つ」ことにはとても意味がありそう、と、そういう感じで。
2012/12/10 (Mon)
▼つまりあれなんだよなー。オレは「オレの「イエス」を議事堂に運んでくれる代議士(候補)」ではなく、「オレの「ノー」を議事堂に運んでくれる代議士(候補)」に期待し、投票してるわけですよ。なので、「自分の「イエス」を議事堂に運んでくれる代議士は誰だろう!」という議論は見ててもなんつーか……燃えないというか、身近で発生すると、首突っ込んで「ノー!」と云いたくなりがちであり、困ったものなのです。
2012/12/09 (Sun)
[日々のいとまに]121208 ~火の鳥 鳳凰編~
▼手塚治虫「火の鳥 ヤマト・鳳凰編」読了。
 ああ、これだ、以前ちょっと触れたことのある「火の鳥」の断片は。
 これ全部に触れたんだったらまた違ったでしょうが、これの断片に触れたに過ぎず、正直、子供心に我王の人格があまりにも支離滅裂だろうよ、と感じてしまい、遠ざけてたんだよなー。
 で、その印象は、歳食った今になっても、部分部分においては同じでした。ただ、全体を通して読むと、全然違った味わいが湧き上がってきて、ああ、これはちゃんとまとまって読まなきゃだめだったんだな……という感じで納得。
 しかしまぁ、茜丸の最終的な処遇は苛烈というか、過酷というか、どうなんだろう……という気なんかもしてみたり。実際そういう運命を課す、というだけでなく、それを火の鳥が言明するというのは、なかなかに相当なものなんじゃないでしょうか。
 異形編もそうでしたが、「ただ殺そうとして殺す人々」よりも、「何かしら情状酌量の余地がありそうな理由を持って殺す人々」に辛く当たってる印象があるよにゃー。そこに込められた意図みたいなものも……あるのかなぁ……などとも思うところです。
2012/12/08 (Sat)
▼地震のときは地下(地下鉄の駅)にいました。で、全然気づかなかったぐらいだったんですが、なんか、来た電車が「地震のためしばらく止まります」との放送が入り、地震? あにそれ? などと思いつつついったー見たらなんかけっこうな地震だったっぽいつぶやきが大量で仰天してみたり。
 その後、帰宅してみたら、本のタワーが 3 棟ほど倒壊しておりました……。まぁ、危ないなぁ、と思いつつ補強を延ばし延ばししていたタワーたちだったので、仕方ないっちゃ仕方ないけどね!
2012/12/07 (Fri)
▼あめじん「なんか C-5 面でマカフィーって奴にやられてゲームオーバーになった」
 わし「……マフティ?」
 あめじん「それだ!」
 いやいやいや……。ときどきラフティとか云いたくはなりますが! マカフィーは想定外だったぜ!
2012/12/06 (Thu)
▼うーん……駄目、ではないんだけど……。
 絶妙に、何かが、ズレてる、ような感触が……。
 動作のつけ方とか、表情のつけ方とか、背景のエフェクトとか、というか、それら自体というより、それらのタイミングとか……なのかなぁ、とは思うんですが……。
 村瀬歩(知らなかった名です)がいい仕事したなぁ、ということで、今回は是としておくかー。
 んが、欲しい、という感情にまでは、ならない回だった、かなぁ……。
2012/12/05 (Wed)
▼ついったーで、「自己肯定感の弱い人は自分の支持した候補が落ちると自己肯定感を傷つけられるのが怖いので勝ちそうな候補にしか投票しない」なんて言葉を発見しまして。
 うわー、なるほど……自分にはさっぱり理解できない心理だけど、そういうこともあるのかもしれんなぁ、とか思ったり。
 オレなんかだと、「勝ちそうな候補に投票して、その候補が十分に楽に勝った」なんてことになると、「ああ、この候補には俺の票はべつに必要なかったんだな」という気分になってむしろ自己肯定感が傷ついてしまうのですが。
 といって、まるで当選の見込みもないような候補に投票するのもがっかりするっちゃするわけで、そのあたりは小選挙区制のつまんねーところ、かなぁ……。
 優れたリーダーとは、優秀な才能によって人々を率いていくだけの人間ではない。率いられていく人々に、自分たちがいなくては、と思わせることに成功した人でもある。(「ハンニバル戦記」)
 なんてことも思い出してみたり。ぜんぜん違う話ではありますが。
2012/12/04 (Tue)
▼なんか妙に高頻度になりつつある対戦会が発生など。
 以下、水面下に統計情報を。
2012/12/03 (Mon)
[Life as a Half Drow]The Keep on The Borderlands #2
▼当初の予定は別だったのですが、マスター予定者が急に参加不可能な事態となり、急遽、vabo 先生に打診してみた(もともと補欠に位置づけられてはいましたが、さすがに前日に交代が降ってくるとまでは思ってなかったと思われます)ところ、快諾いただき、「国境の城塞」2 回目、遊んできましたー。
 市販だから準備なしでも遊べる、ってほど簡単なものではないですが、DM の入れ替わりが頻繁であることの想定されているエンカウンターズ用であること、また、そのあたりをプレイヤーも全員承知で汲みつつ遊んだこともあってか、いい感じなセッションに。
 ていうか、時間的には前回より余裕気味だった……? パーティーが連携等の点で慣れてきたことも効いてたかもです。
 今回は実際にエンカウンターズで参加させてもらった遭遇が 2 つありましたが、どちらも全然違う展開になりました。エンカウンターズのときはエッセンシャルキャラクターだったのに対して今回はアリアリで組んでる、という違いはありますが、それ以上に、イニシアチブの違いで全然展開も変わってくるのう、としみじみ思ったりも。
 うん、やっぱ公式はよくできてるんだなぁ、なんてなことも感じたことではありました。ふだん、システムが何であれ、あまり既成シナリオを遊ぶことのないプレイグループで、いつも遊んでるそれぞれの自作シナリオについて、とても「うちのプレイグループ用として」満足しているわけで、それゆえに、たまに「うちのプレイグループ用ではない」ものとしてよく仕上がっているものを遊ぶと、なるほど、こっちはこっちでイカす世界じゃん、と、そういう感触、でしょうか。
 そしてまた、自分の世界を作り込みたいという情熱も沸いてくるのでありました。
2012/12/02 (Sun)
[日々のいとまに]121201 ~アドルノF尺度~
▼なんかこんなんがあったのでやってみたー。
 ……新しいもの、ではないようです。もしかしたら、オレ自身、以前にもやったこと、あるかも……? とも思うのですが、まぁ、覚えてねぇし、現状に即したものが気になるよねー、ということでやってみたー。
あなたのF尺度 は:
2.8666666666666667
あなたは『自由主義者』です。 自己中心的、相対主義、即時志向、感覚主義、快楽志向が特徴です。

 うん! 自覚してるよ! ……即時志向だけはさほどでもないと思うんだけどなー。んがまぁ、その傾向がないわけでは決してないことは認めるぜ。
2012/12/01 (Sat)
* Top *