深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
▼5 話。
 いや、今話をもってこのシリーズがダメだとは云わんけど、今話そのものについては、もうちょっとどうにかならなかったんだろうか、と思うのはオレだけじゃろうか……。
スポンサーサイト
2012/10/31 (Wed)
▼突如、ケータイの充電ができなくなる症状が発生。
 充電器側だったら買えばすむけど、本体側だったらきついなぁ……と思いつつショップに行ったところ、本体側らしいことがほぼ確定。ぐぬぬぬぬ……なんかここんトコいろいろ壊れすぎなんじゃが……。
 充電できそうな端子が別途存在し、そちらはクレイドル買えば使えそうということなので、そちらの手段を選択、しましたが、ショップ在庫はなく、まぁさすがに新しいとはいえない機種なので量販店にもなさそう、ということで、注文に。
 到着予定日は明後日! もってくれよ、電池……!
2012/10/30 (Tue)
▼いろんな意味で内輪もフルブ全盛になってる昨今、まだ、だからといって、今日でやめよう、という区切りもなくダーラダーラと続けているガンダム VS ファイトが、なにやら土曜あたりから鯖死亡状態になっておりまして。
 どうしたもんかのう……と思ってたら今日は復活の模様。
 ううむ、どうなのよ。何日放置! さすがに過去すぎるのかこれ?
 ……まぁ、それでもすっぱりやめるほどの契機かというとそれも悩ましいってのがまたアレなところでありまして。
 ……うーん、さすがにもういいかなぁ……年内ぐらいは続けるかなぁ……。
2012/10/29 (Mon)
▼久しぶりに髪切りに。
 切ってくうちに、鏡の中で自分がみるみる若返ってく気がして苦笑。ちょっと今回は伸ばしすぎた、ぜ……。
 これで来週から少し気合入れるんだぜ! と明記して自分にいろいろ云い聞かせてみるなど。
2012/10/28 (Sun)
▼何だか恒例になりつつあるフルブ会が発生。というか、なんとなく集まる会が週に 1 回だの 2 回だの発生するのは今にはじまったことじゃないですが、なんか最近貸切シャッフル会が妙に定期的に行われている、ような……?
 なんか勢いで 2 時間の予定が 3 時間になったりしましたが、5 人で 3 時間はさすがに長すぎた感じで、最後のほうはいろいろとグダグダではありました。
 今回は、なんか妙に勝ち越してしまい、うううむ、と思ったり。といって自分の腕が上がったとも思わんのではありますが……。まぁ、録画見返してると、「ああ、この試合オレ駄目駄目だったじゃん!」って試合で相棒のおかげで勝ちを拾ったりしてる例も多かった感じですんで、偶然の振れ幅の範囲内だったとは思いますが。駄目駄目なのがたぶん見破られて放置され、放置されたことでサクサク刺して行けた感のある試合などもあったのは、こちらは「対戦ゲー慣れ」の度合いが響いたのかなぁ、とか勝手なことも思ったり。
 まぁ次回はもうちょっと極端な結果にならんといいなぁ、ということでひとつ。
2012/10/27 (Sat)
[日々のいとまに]121026 ~Double Driver Disorder~
▼突如、突如 PC が落ちる症状が発生。
 実感としては、「突如、何もしていないのに突如 PC が落ちる症状が発生」ってところで、きっかけについても、ふだんあんましやらんことで、やったときを境にその症状が出始めた、って時期はだいたいわかるものの、そこに問題があったかどうかを検証してもどうにもならず。
 いろいろ試しましたが、どうも、結論としては、「何もしていないのに突如、何もしていないのに突如 PC が落ちる症状が発生」が一番、実相に近かった模様。具体的には、「原因はずっと潜在していたが、最近になって急に発症した。きっかけは結局のところ不明」といったあたり、でしょうか。
 やー、4670 予習したときにさー、Radeon のドライバ更新は古いの完全に消してからやらないといろいろ問題生じるよ、ってのは目撃してて、7750 積むときもそれを忘れてたわけじゃないんですが、とりあえず上書きで更新してみて、動いちゃったので、動くならいいやー、と、気にせず使ってたんだよねー。
 まさかなぁ、積んでから何か月経ってると思ってんだ、ここ数日になって出た症状だぞ、と思いつつ、一生懸命いろいろ関係しそうなモン全部アンインストールして手動でファイルも削除して、最新ドライバを放り込んでみたところ……落ちなくなった……模様……。というか、起動時の待ち時間が体感で 25% がとこ減少したような……?
 ははは、問題なく動いてるように見えても実は見えないところで問題やってた、ということ、か……。
 ちょうどその症状が出始める直前ぐらいに、またいろいろとふだんあまりやらないことをてんこ盛りでやってたのが、あわさってきっかけになった、ってところかなぁ……強いて想像するならば……。
2012/10/26 (Fri)
[日々のいとまに]121025 ~ブラック・ジョーク 1~3 巻~
▼某書店で推されてた中からなんとなーく気になるかなーという感じでとりあえず数冊手に取ってみて、その範囲読了。
 ……うん、期待と全然違ってました。
 や、面白かったかつまんなかったかと云えば、面白かったんですが! が、個人的には、「もったいねーなー」感がなくもな……い……うーん、やっぱオレが間違ってるんでしょうな。オレが「もったいない」と思ってるのって冒頭のテキスト部分程度が活かされてねぇんじゃねコレ? というだけのことであり、そこから期待したものとは全然違うものとして、それ以外の部分がちゃんと面白くなってるからには。
 「場所」が主役の話を期待してたんですよ。
 グランドホテル式、というとちょっとズレるようですが、舞台となってる島、またはもっと狭くホテルでもいいですが、そこであることを軸に、その特殊な設定環境ゆえに発生する事件を手を換え品を換え描いてくれればなぁ、となー。登場人物はもちろん、舞台の主要人物は繰り返し登場するにせよ、人物スポットライトの対象ではなく、それはむしろ回換わりで登場する客たちのほうにより当たる、というような方向性だといいな、と。
 今回読んだ範囲だと、ペイン(1 巻、スパイディーラーの話)、活け造り(1 巻、刑事の話)、ドラッグゲーム(2 巻、ドーピング地下格闘技の話)あたりは、その角度に近い感触で、いい感じでした。んが、キャラクター焦点でとなると……ジョニーかなぁ、「おお!」レベルなのは……。こいつが「うわ、ちょっと一発退場させるにはナイスキャラすぎだぜ?」と思ってたら生き残って「意外とイイ奴」と来たのはおおおわかってんじゃん! と思ったものでした。再登場が直後回ってのはちとあれだと思ったけどなー。もちと間をあけたほうが……とこれはまぁ、私見です。ランオーバーはまぁ、別枠ではありますが、ちょっと出番多すぎの感。根が舞台(島またはそこに根がある集団)にない、外来という立ち位置のキャラがこんだけ出番多いというのはシリーズ構成としてバランスが違うような……。メイン周辺だと、吉良は「舞台焦点の話で、キャラクターとしては焦点寄り」ぐらいだと非常にいい味ですが、キャラ焦点では若干厳しいような。小玉はまぁ機械の神ぐらいの立ち位置でもあるのでいいとして、あかりがなぁ……。まぁ、こんだけ見慣れた設定だと、絵面の好みだけでしか語れなくなってしまうし、その語ることってのが「この見慣れた設定のキャラ群の中でベストはこれ! 元祖はこれ! それ以外はまぁどうでもいいや」にしかならんので、つらいところであります。主要人物に惚れちゃうというのは見慣れないといえば見慣れないのですが、対象が機械の神では、そっち軸であんまし面白くなりそうでもないし……あ、あの家族との絡みが増えたら面白いかもですが、そんな話が今後ありうるだろうか……。
2012/10/25 (Thu)
[日々のいとまに]121024 ~アニメ「新世界より」4 話~
▼うん、やっぱしびれるぜ、図書館。
2012/10/24 (Wed)
[日々のいとまに]121023 ~デストロ 246 1 巻~
▼2461巻ってスゲェな、という感じでどう書こうか迷う、高橋慶太郎「ビストロ 246」1 巻読了。
 いやぁ……以前の登場作ではあんなだったあの伊万里が、なんと今作では一番マトモに見えるというこの有様は何よ。恐れ入ったぜ。
 小学館で「運動苦手そうなメガネ」で、高校生女子で 893 のボスとかなー。これ読む前に字面だけ見たら相棒が日本刀振り回して二挺拳銃と神社の境内で決闘、とかそういう絵面しか浮かばなかっただろうに! 読んじゃった今となっては逆だぜ。(あっちの続きはまだですか!)
 つーことで、前作方面の期待とはまぁ、全然違う角度にはなっておりますが、いったいどんな場所を目指してるのやらこれはこれでスゲェ楽しみなので、今後も期待してゆく方向性でひとつ。
2012/10/23 (Tue)
▼企画は以前から語られてたものの、参加人数が集まるかどうかが微妙なラインだった第 2 回フルブ内輪対戦会が開催されました。
 今回は 4 人 2 時間イベントモードで 42 試合。まぁ、今回は artemis ギャンの日、だったかと思います。vabo のゴトラも、あまり練習期間を経ずに投入されたとは思えない活躍っぷりで、広く「(ずっと一択機だった)フリーダムより怖い」との評価を集めておりました。ほかにもフルバーニアンなども使っており、これもにわかにしては立派な動きだったと思います。やっぱ幅広く使うのはいいよー。で、しばらく離れててまたフリーダムに戻ってみると見違えたりするんじゃないかと。相撲は……まぁ、ちょっと合わなそうというか、やっぱにわかでどうにかなるモンではなかったかなぁという印象ではありましたが。
 ……というか、ファイト SP 効果恐るべし、です。artemis がギャンにこだわったのも、vabo がゴトラにこだわったのも、それが大きな要因だったようで……。まぁ、オレはとりあえず始める気ないけどなー。
2012/10/22 (Mon)
[Life as a Half Drow]SW #1 Battle Branch Trial
▼てことで、4 版新キャンペーン「SW:ヘイノイア」第 1 回セッション、プレイヤーで遊んできましたー。
 事前に語られた感触はいろいろと興味深い世界設定で、そちらもどんな按配になってくるのか楽しみだったんですが、初回の実プレイは戦闘遭遇 3 連発のほぼオンリーでした。うむ、実際の PC の顔ぶれ見たら、まずそれやっとかんと始まらんよねと納得という感じの濃さだったぜ。
 以下、水面下に軽くメモ。フフーフ今回ばかりはホントに軽いぜ。
2012/10/21 (Sun)
▼なにやら法政大でデモとかいう話題がツイッターの TL でにぎわってたわけですが。
 発端は学内で飲酒禁止? そりゃキレるっつーか、まず教授はじめ教員連中が受け入れるわけねーんじゃねこれ? 研究室飲みのない大学なんて聞いたことねぇんですが……世の中にはあるんかのう……?
2012/10/20 (Sat)
[Life as a Half Drow]Vampiric Machine
▼つーことで、次期 4 版キャンペーン用の PC について、ざっくりと大枠ができましたのでメモなど。
 かなりネタっちゃネタなんですが、性能を若干二の次にしても趣味に向けて疾走したため、妙に気合は入ってしまってたり。あっさり死ぬ(滅びる)かもですが、その場合もたぶん 2 号機、3 号機が登場するって方針でひとつ。こんな珍妙なものたくさん作ったヤツがたぶん正気度切れてる予感。
2012/10/19 (Fri)
[日々のいとまに]121018 ~マンガ「新世界より」1 巻~
▼てことで、こちらも手を出してみました。
 以下ネタバレのため水面下。
2012/10/18 (Thu)
[日々のいとまに]121017 ~アニメ「新世界より」3 話~
▼アニメ「新世界より」第 3 話視聴。
 以下、原作ネタバレのため水面下。
2012/10/17 (Wed)
▼難易度国王で再挑戦。引いたのは英国。ちょっと探索したところ、同大陸には他国はエジプトのみ存在するっぽく。
 うわーコワイ! エジプト仕掛けてくるかなぁ? とびびりつつ観測気球的に、比較的国境に近い位置に都市を設置。……あれ? 文句も来ないぞ? エジプト平和主義? だったら今のうちに! と、全力で内政を充実させ、仕掛けられないうちに長弓を揃えて迎撃準備! とがんばってみましたが、結局、近接が長槍までしかいない段階でついに(千年以上前に建てた)都市に文句云われ、それから数ターンで宣戦食らってカノンの火力の前に押し潰されました。まぁ、長弓の射線の見方がわかってなかった(今も結局よくわかりませんが)とか、全滅させられる予想が出たカノンへの長槍突撃が 1 残してしまうことが繰り返し発生したとか、単純に長弓を活用するには防御縦深が不足しすぎてたとか、長槍ってここまで脆かったっけとか、戦術レベルでの問題も多々ありましたが、それ以上に物量に押し潰されたわけで、地続きの隣国があるのにたった 3 都市で内政一直線はやっぱアレじゃのう、というあたりをしみじみ感じた次第。ま、それで勝てると思ったというよりは、やってみたらどうなるじゃろうというお試し意図もあったので、やっぱこうか、というか、もうちょっと早いか遅いかだと思ってたがこのタイミングは痛かったなぁ、とか、そういう納得は得られました。
 で、なんか国王にしてからどうもいまいち流速がよくわからんので、ちょっと練習てか復習とかしてみるか、ということで、今回の最初でセーブしておいたのをロードして再開し、開始後最速で戦士 3、弓 1 を揃えてエジプトに進軍してみたところ、あっさり撃滅に成功し、あらぁー、という気分に。
 あー、うー。うーん……。
 うーん……どうなのかなぁ、これ……。
 セーブロードの結果ではありますが、要するに最初の戦士をどっちの方角に偵察に出すかと隣国との距離と配置の運で決まる運ゲー、ってことなの……?
 なんてか、この先難易度上げても、どの方角に偵察出すか、どのルートで研究進めるか(産出する資源と噛み合うのは馬か鉄か)、隣国はどの文明でどの程度の距離か、といったあたりについて、えいやっと決め打ちして当たりを引けるかどうかの運ゲーがシビアになってくばかりなんじゃないか……とか思えてきてしまったんですが……。
 いや、うーん、たとえば対人とかするなら、ノーハンデでもそれぞれに洗練された進め方をしてくるわけで、それぞれが同じの選ぶか違うの選ぶか、同じの選ぶならどちらの初期立地の生産性が勝ったか、とかの勝負になる、同じようなゲームになるっちゃなるわけで、そこに文句云ったらこのゲームのゲーム性そのものに文句云うのと同じになっちゃう?
 セーブロード云々とも云いましたが、実はこのゲーム、ひとつ大きな不満がありまして、まぁ、マニュアルが日本語で読めないのでマニュアル読んでないってのはありますが、AI のやってることを見ることができないってのがねー。勝負をするプレイであれば、そりゃ見れちゃマズいんですが、「AI はいったいどのように研究を選び、社会制度を選び、生産物を選んでいるんだろう。何であんな早い段階で複数の都市国家と同盟するだけのリソースが溜まるんだろう」というのはずっと疑問でして、ノーハンデの AI がそれをやれてるってことは、オレだってやろうと思えばできるはずなのに、どうやればできるのかわからない、知りたい! と思うんですが、それを見て勉強するプレイってのはできないんだよなー。wiki とか見ても、やっぱオレほど右も左もわかってないプレイヤーにはわかってないことを、わかりきっている前提で書かれてる感じだったりでいまいち参考にならず。
 そういうのみんな、実プレイで手探りで学んで来たんですかねぇ。
 確かに手探りでも、オレぐらいのド入門者でも、じりじりとはいろいろ学べてきてるとは思うんですが……。あーでも、やる夫動画にはすげぇ多くを教えてもらってやっとこの程度だしなぁ……。
 難しいものじゃぜ……。
2012/10/16 (Tue)
[日々のいとまに]121015 ~ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 1~
▼ニンジャスレイヤー ネオサイタマ炎上 1 巻読了。
 えー、以前よりちまちまと忍殺語などを口走ったりしてはおりましたが、実際読んだのは「レイジ・アゲンスト・トーフ」一篇のみでした。まぁ、いずれちゃんと読もう、と思いつつ、じゃあ次はどれよ……とか思ってるうちに、活字版発売の報を知り、じゃあそっち待つべ、となった感じ。
 で、待ってどうだったかといえば。
 まぁ、間違いじゃなかったな、という感じで。
 エピソードはどの順番で読んでもオッケーよ、というようなことを wiki か何かで見たので、そういうものかと思っておりましたが、やっぱこう……順番的な構成も熱いものであるよなぁ、と。
 いい感じで大満足でございました。民にも広くオススメする次第であります。金払うのがアレなら Togetter で読め! そして気が向いたら紙を買え!
 以下、ネタバレなど微妙に水面下に。
2012/10/15 (Mon)
▼難易度皇子で、外交を除く全勝利を達成したので、そろそろ難易度上げっかなー、と、国王で挑戦してみました。今回もランダムで、引いたのはドイツ。
 隣国がまたしてもローマで、おいおいおい……と思ってたらやっぱり迅速に宣戦され、まぁこっちも準備はできてるぜ、ユニークユニット、ツクネ兵団! 前へ! とノリノリで迎撃してみたところ……圧殺されました……ありえん、弱い、弱すぎる、ツクネ!
 や、数で勝負するはずのユニークユニットなのに、国家規模のほうがしょんぼりで数が揃え切れず(というか維持費でカツカツになってしまい)運用し切れなかった、ということではありまして、1 都市失った状態から戦力を再編して反攻に転じ、その都市を取り返したぐらいでそろそろ寝る時間、となり、まぁ、押し返して行くことはできそうだったんですが、「セーブして明日続きやるほど、このゲーム面白いか?」と自問し、あんまし面白くないんじゃね? と自答 1 秒だったため、セーブせずに終了。ドイツはダメだ……というか、ツクネが面白くねぇー! 他文明の同格ユニットと比べて「安いだけ」とか盛り上がらねぇー! パンツァーまで行けば面白いんじゃろうか……でも石油引かなかったら以上だし……。
 難度が上がったのはまぁ、わかりましたが、どの程度のものなのかはこの程度のプレイではわからなかった感触なので、次も国王で、またランダム文明でトライする方針で!
2012/10/14 (Sun)
▼突如としてフルブ会が発生……というか、ちょいと遊ぶだけの小規模な、突発的に遊びに行こう話だったんですが、声かけてみたところ続々と集結して結局総勢 5 人になるという……展開に……スゲェ……。
 練習台 2 台の店でそんだけ回るのは大変ってこともあり、ガラガラのシャッフル台に座ってみたところ、何度か乱入されてみたりも。とはいえ、前回のシャッフル会で慣らしたおかげか、今回は野良のわりにちゃんと勝負になってたんじゃないかなーと思う次第であります。あと、多ライン設定で乱入されると頭来るけど、1 ラインのシャッフル台に座ってるときは不満覚える筋合いじゃねぇしな。
 そしてリリーナが着替えに到達。フフーフ、今作パイロットナビ通じて最初の着替えだぜ。ちょっと……いや、けっこう嬉しいぜ。
 次はハマーン様……来るといいなぁ……。
2012/10/13 (Sat)
▼あんかストパンとタイバニを足したような夢を見てしまったり。
 タイバニのコテツ初期型スーツみたいなの着て普通のサブマシンガンかアサルトライフル持って謎の空飛ぶ敵と空中戦ですよ。あ、ストライカーは履いてなかったんで下半身も普通に(コテツ初期型スーツふうの)着衣でした。
 んで、自分男、相棒も男、ガッカリは、オレが「オジサン」のほうだったことだ……ぐぬぬ……!
2012/10/12 (Fri)
▼モンゴルで科学勝利および制覇勝利および時間勝利。
 まず科学勝利可能な状態を確立(首都に最後の宇宙船のパーツを配置してあとは組み込むだけの状態に)し、おもむろに海外遠征戦力(ステルス数部隊と機械化歩兵数部隊)を編成し、あとは相対的に近くにある国から順にアチョーで攻め込む適当な侵攻戦でほぼ制覇(首都を奪った文明とは進路を妨害しない位置に都市が残ってても講和)、あとは核ミサイル搭載ミサイル巡洋艦やら原爆搭載空母やらの射程にモスクワを収めた状態でセーヴしといてターンを進めて時間勝利を達成、ロードして制覇勝利を達成、という手順。……あれ? 科学勝利の ED は見てないか? まぁ、ED 描写自体は同じだからべつにいいや。
 ってことで、いったいどうやりゃ制覇なんてできるんだこのゲーム? と思ってましたが、やってみたらできたなぁ、というあたりで。むろん、ある程度の低難度(今回は皇子)であってこそだとは思いますが、地続きならケシクで圧倒し、海の向こうはステルスで焼き払えばいいのね。いや、それはアレな云い方ですが、「残り 60 ターン、ここから海を渡って制覇とか……無理か……? でもやってみよう、ダメならダメで、時間勝利に向けたスコア稼ぎにはなるはずだし!」ぐらいの気分で攻め込んだら、かなり早い段階で制覇余裕であることが判明し、モスクワ直撃ではなく周辺都市も叩いて(これは、首都直撃速攻ならば不要でしたが、包囲状態で反攻に耐えつつ時間を稼ぐという意味ではやっておきたかったことでもあります)も 20 ターンぐらい残す勢いだった驚きの表現ぐらいのアレということでひとつ。さすがにタイミング見誤って、外交勝利までは取りに行けなかったですが。大技術者でも国連設置が 1 ターンにならなかったのがな……誤算でな……。
 まぁ、序盤の終わりあたりから中盤にかけてはなかなかにストレスも感じるゲームにはなりました。常時幸福が -10 を割らないように慎重に維持しながらケシクを量産して投入し、維持費で金が尽きないように、各国の警戒の目に耐えつつ幸福資源を安く売り、余分な金も払って研究協定を結び、大陸を手に入れてからは、各地の幸福バランスと金銭収支を維持しながら内政の拡充につとめる……ってまぁ、最初の攻勢終了後の苦労についてはそれこそこのゲームの醍醐味じゃねぇかという気もするんですが、まぁ、あんだけ世界中から敵意を向けられたのは初めてだったので疲れました。
 しかしこれが、戦争の記憶も薄れるころになってくるとなー。各国がころころ掌返すのが笑えてくるというか、ああ、こいつら定見ないんだな、という感覚が強まり、べつにこいつら皆殺しにしても、心を痛める必要全然ねぇじゃん、と納得(うん、ふだんはそれなりに痛むのです。向こうに人がいるわけでもないソロプレイの敵キャラに対してな! あ、ローマとイロコイは別ですが。あいつらは世界に害なす存在なのでさっさと滅ぼすが吉です)し、終盤の攻勢に際しては、なんだかんだと各国がいちゃもんつけてくるのを「お前が云うのか!」と鼻で笑い飛ばしながら踏み潰してゆけるようになったのもまた我ながら苦笑という感じ。
 まぁ、どうやらバランスブレイカーユニットらしいケシクに頼りっぱなしだったとはいえ制覇も時間も達成したということで、そろそろ難易度上げて遊ぼうかなぁと思っております。
 なんかやたら苦手意識のあるパンゲアもたぶんモンゴルならいけるんじゃないかと思いますが、あれはなぁ……対人なら面白いのかもですが、ソロで面白い地形とはあんまし思えないのでなぁ……まぁ、そのうち、ということで……。
2012/10/11 (Thu)
[日々のいとまに]121010 ~アニメ「新世界より」2 話~
▼アニメ「新世界より」第 2 話視聴。アバンは若干苦笑したものの、本編の緊張感はあいかわらずなかなかのものでありました。てかこれ今後も OP ナシなんじゃろうか……。
 まぁしかし、早めにもうちとこう、萌えテイストというか、飴テイストを押し出しておかないときついんじゃないかと思うんだけどにゃー。次回もう図書館な模様だしにゃー。実践描写の前に説明が入ることになるとちょっと……とか思うわけですが、さて。
 ま、原作既読者としては今後とも気にしすぎず期待してゆこうという方向性でひとつ。
2012/10/10 (Wed)
[日々のいとまに]121009 ~501 も公社も基本厚着だよねぇ?~
▼指輪世界さまの「ランジェリーフットボールリーグ/暴力性の幅と厚み」をほけらーっと眺めてみまして。
 なるほど、と、それ自体に対する言及には大いに感心しながら眺めたわけですが、でもさー、日本二次元方面とは明確に指向が違くねぇ? とねぇ、思うわけですよ。や、日本二次元方面もそう幅広く押さえてはいないのでアレなんですが、例示されてるのがですな。「空中戦をパンツでやっていい気になっているわけにはいかない」「なんとかスリンガーガールをフットボールスタジアムの中に実装しているわけですよ」……ってそれは全然違うだろう、と。思う……んですが……。
 てゆか、二次元に限らなくても、日本だったらそれこそ学校の制服めいた服着せて肌露出を抑え込んでやるとこだろこれ……違う? オレだけ? うーん……。
 まぁあれなんですよ、ストパンはまぁ、その部分は特徴的ではありますが、全体としてはすげぇ低露出度でさぁ。そこはけっこう重要な部分だと思います。だって、舞台設定は 1 期、2 期とも夏、なのに、上半身はみんなきっちり上着まで着てる(ああ温暖化前!)厚着だぜ。サーニャ、宮藤、ルッキーニは上着と云えるかどうかは若干微妙ですが、長袖は堅持。「飛行服」でもある以上は厚着のイメージもあってのことではありましょうが、地上でも、起きて活動してるときはだいたい上着までちゃんと着てます。で、地上では脚こそ全面的に非被服(つーてもエイラーニャが例外を体現)ですが、空中戦をやってるときはそれもストライカーに覆われて、見事に肌色面積が極小になってます。むしろ何でお前ら戦闘時に「手袋をしてない」んだ? 誰一人として! とそっちが気になるぐらいだぜ。今ざっくり確認したらハイデマリーだけ手袋装備だったようですが……。六課メンバーが軒並み手袋装備なことを思うと、この点については退化だったと云わざるを得んのじゃろうか……。あ、公式のキャラ紹介を今確認したわけですが、ふだん前線に立たないシャマルが素手なのはともかく、ザフィの扱いが……なんというか……なぁ……。犬の前足に履かせた場合、それは手袋なんだろうか、足袋なんだろうか……という哲学的命題が浮かんでしまったぜ。ポエット!
 ガガガもなー、あれ、みんなランジェリーレベルの薄着前提だったら全然盛り上がってねぇと思うのよ。義体によっては服は男装だったりするのもいますが、基本「普通の女の子に擬態する」意図を感じさせる普段着(厚めというか薄地でも被服面積は広め)または警察特殊部隊の突入時服ぐらいのモン着てるわけでなー。
 ……つまり、日本で戦闘美少女という視角から女子フットボールを企画したら、上述したように、「普通の女の子の」普段着の延長線上を感じさせる服装になるか、でなきゃ完全に男子と同じ被服面積、装甲装備により「男装」ぐらいの味つけを指向したものになるんじゃないかにゃー。
 なんてなー、思った次第でございます。
 んが、後半はなるほどーと唸ることしきりでございました。
 てか、比較の対象が日本のアイドル業界という話になると、「おお、ランジェリーフットボール、たしかにキャッチアップできると熱いかもしれんな」とかな! 思ったりな! いやむしろ JKS48 とかをもっとこう、なんというか極端な方向性に煮詰めていく角度のほうが……?
2012/10/09 (Tue)
▼どうもこの連休は遊びすぎた……という感じになってきたので休息日を 1 日投入。
 ……全力で Civ V を進める 1 日となってしまいました……。
 い、いや、ケシクが楽しすぎて! というか、なんだこれ。正直、他の文明で戦争ゲーやる気にならない楽しさなんですけど!
 そして、薄々思ってたんですが、ローマの喧嘩っ早さは異常じゃまいか……。挨拶代わり、みたいな勢いで各地に非難声明飛ばしまくり、たいていの場合は速攻で宣戦。あんだかなぁ……。これまでローマが地続きだったプレイで、ローマを滅ぼさずに勝ったことないしなぁ……。
 今回もむろん、レギオンの初期攻勢をしのいで、騎兵投入して速攻で殲滅という展開に。
 うーん……レギオンとバリスタが強い時期に戦いたい、ってことなんだろうとは思いますが……なんともな。
 その後はケシクを開発し、近くでじわじわ勢力拡大していたイロコイに積年の恨み(主として別のプレイにおける)を晴らすべく襲いかかり、飛び地の 1 都市を残して制圧し、返す刀で一緒にイロコイに宣戦したオスマンを叩き潰し……たところで大陸にほかの文明がなくなり、さてどうしよう……というのが現状となりました。
 別大陸に、都市置ける隙間があれば、そこを足がかりに仕掛けようと思ったんですが、ぎっちり埋まってて余地なし。上陸戦はやはりケシクといえども厳しいしなぁ……。
 一応科学勝利を狙う方向性で研究に注力してみるかのう。
2012/10/08 (Mon)
▼内輪で初フルブ貸切シャッフル会など遊んできました。
 まず何よりも vabo 氏の幹事としての働きに感服、感謝。なるほど、録画もできる店でってのが、大幅に楽しさに寄与するものであるなぁとしみじみ思ったり。さらに DVD に焼かれたものを再生できる環境まで持ってきてくれてる(二次会で大活躍)あたりの用意のよさにも感動。そして、それだけの準備をしながらカード忘れてきて取りに帰るという画竜点睛の欠きっぷりにも大いに笑わせていただきました。
 6 人 2 時間、イベントモード(全シャッフル)で、プレイ回数はオレの場合 30 試合にのぼり、支払い金額と見比べても大幅に浮いた結果になったのもちょっとびっくり。内輪だとちゃんとお互い殺しに行くので試合時間も無闇と延びたりしなかった、ってところでしょうか。180 秒設定だと、平時眺めてると時間切れギリギリな試合なんかもよく見るんですが、今回はほぼなかった印象でもありました。
 やー、この環境なら、内輪で人数集まって対戦会やるなら貸切一択だなぁ。というか毎試合全員入れ替えというのが素晴らしいです。
 もともと対戦嗜好の弱いメンバーでも、たまに、この程度の時間、この程度のメンバーの入れ替わり頻度、この程度の機体のバラかし方でだと、イイ感じで盛り上がるというのも実感。オレ自身について云えば、2 度使用した機体は僅か、という程度にはいろいろ使ったんじゃなかろうか。
 二次会でも動画を眺めて大盛り上がり。じっくり研究もしたいので、焼きが回るのを楽しみに待つぜ!
2012/10/07 (Sun)
▼いろいろと事態が予定外の、というか予定以上の展開を見せてヘロヘロに。
 ま、まぁ、目的(影の勇者購入)は果たしたのでオッケーです……たぶん……。
 いや、疲れた……。
2012/10/06 (Sat)
[日々のいとまに]121005 ~色彩感覚絶無者の寝言~
▼えー、色、についてはダメダメです。まぁ、要するにセンスがねぇ、という意味で。
 表現に際してもそうですし、表現されたものについて感想を抱き、またそれを言葉にすることに際しても、もう、論外に感性が欠如しております。
 んが、それでもどうも、好き嫌いだけはないでもないらしいのがねぇ……。身の程を知れってなモンな気もするんですが。
 先日、某氏に、ある種の参考にということで「貧乏神が!」の断片動画をいくつかご紹介いただきまして。なんか 10 月になってますが、ようつべでストリーミングで見たわけですが。
 で、まぁ、全然感銘を受けませんでして……。
 ホントに断片だけいくつかですから、作品そのものがどうこう、という話では全然なくて、その断片だけ見て「ニュータイプ音が鳴ったかどうか」というだけなんですが。
 とりあえずその場は「すまんオレには巨乳表現は一切響かんのだ……」と、それ自体は虚偽でもなんでもないことを申し上げておいたんですが、んじゃあ、「貧乳神」のほうまで全然響かなかったのは何なんだってのはなー、あるよねー。いやまぁ、どっちかっつーと巨乳側の紹介に注力された断片の選定であったと思われることと、貧乳表現なら強く響く感性を持ってるわけでもねぇ! ねぇのです!(虚空に向かって力説) ことから、そっちに強く揺れなかったことは不思議ってほど不思議じゃないんですが。んが、なんか、この返事は違ってたような気がしてならなかったのです。
 その氏には、以前も同様に、やはりある種の参考にということでほかにもいくつかの断片動画をご紹介いただいたことがありまして。まぁ、氏がどっちかっつーと巨乳派でいらっしゃることからも、同様の響かなさを感じたものも少なくなかったわけですが、当時にしてからも、同様の違和感――「響かないのはオレに巨乳表現に対する感受性がないからだ」という理解についての違和感――はありました。
 じゃあ何なんじゃろう……と思って数日後。
 えうれか!
 色だ!
 つーか、「新世界より」を見始めたのが契機っつー気はしますが、気づくのにこんだけかかったって時点でオレがそもそも色に関して非常に疎いということが自覚されますな。新世界よりの感想で「空気の色」とか云ってるのにすぐに思い至らないこの鈍さ。
 そうだ色なんだよ。と語り出そうとして、やっぱりそっち方面を適切に語る語彙を全く持ち合わせてないことを痛感するわけですが、頑張って語ってみよう。(そして、ホントにこうして何もわかっていないことについて語ろうとすると、偉大なネットの集合知にアクセスすることも困難で、おそらくアクセスできたなとは思っても理解し消化して使うことはやっぱりできねぇんだな、としみじみ思ったりもします)
 あ、主としてアニメというメディア限定の話です。云うまでもねーとは思いますが。
 なんてかさー、全体の色調ってかさー。あれなんだ、色指定して指定通りに色塗って、その上に「ツヤ消し」かけたみたいな、全体の色調が、好き、らしいぜ、オレは。すげぇ燦々と陽光が降り注いでる感じじゃなく、いつも曇ってそうな感じというか。いや絵面の話じゃなくてさ。たとえば Another の海回とか燦々と太陽照ってたけど全体の色の感じは、もうちょっと温暖化以前っつーか……ギラついてなかった……じゃん……よね……? ああホント、適切な語彙がねぇ! んですが。最近オレが見て気に入った(てゆか気に入ったからずっと見てられた、と云うべき?)全体の色の感じの作として、Another、ヨルムンガンド、まだ始まったばっかだけど新世界より、あたり。ああ、そういえば盲牌はその意味ではかなりラインの向こう側でした。Fate/Zero はこちら側。Tiger & bunny は……向こう側かなぁ? あれはなんだか「同じモノサシを使えない感」が先にあったのでうまく云えんのですが、そう考えてみっと、明らかにジェイク・クリーム組はその中ではかなり「こちら寄り」だった気もします。ジェイクさま、出獄後のあの色配置でなお、こっち側感。ストライクウィッチーズはボーダーライン……かなぁ? でも全体の色の感じではなくそれぞれの色の選び方の段ではこちら寄りだったような気が……軍装ベースなあたりが影響? 逆に、色の選び方には向こう側感もあるものの、全体の感触がこちら寄りだった感なのが、まどかマギカ、とか。
 で、ご紹介いただいたうちの、「貧乏神が!」と「メイドガイ」あたりは、明確に、向こう側、な感触で。
 はい、ひどい説明ですね、我ながら。こんなんで通じるわけねぇー! ……ってことはわかっておりますが、とりあえず並べた作品と、それらについての向こう側こちら側の分類に関しては、そういうモノサシがありそうだなーというあたりはなんとなーく感じていただければ幸いに存じます、というあたりでひとつ、よろしくお願い申し上げたい次第です。
 うん、もうちとしょうもない云い方すれば、「なんか鬱展開を予想させる色の按配が好き」とかそういうアレで済んじゃうのかもしんないけどさ!
2012/10/05 (Fri)
▼そしてー。
 シナリオ執筆のためにしばらく封印していた Civilization V を再開し、全力で廃プレイに陥るなど……。
 今回引いたのはローマだったので、とりあえずレギオンラッシュを試行。最初に遭遇した隣国タイをあっさりと壊滅させたものの、その大陸にはほかに国家がなく……方針を科学勝利に変更して、まぁ……大陸完全に埋めることもないよね……都市多いと運用面倒だし……と隙間も残しつつ内政に注力。
 ……してたらスコアぶっちぎりトップのオスマン帝国がその隙間に次々と都市を建国。
 おいおいおいおい……しかもなんかずいぶん兵力も充実してるので、念のため……ぐらいの気分でカノン砲とライフル兵からなる防衛戦力を並べておいた(金が足らなくてレギオンがそこまでしかアップグレードできなかっただけで、技術的には大幅先行なんですが)らやっぱりアポロ計画始動ぐらいのタイミングで宣戦布告が。
 最初は大砲と歩兵からなる敵に若干苦戦しつつも、都市の防衛力をフル活用してしのいでたら、例によって名誉コンプのおかげで金がザクザク溜まり、こちらも大砲と歩兵、さらには機械化歩兵がゴロゴロ作れる展開に。あんだかなぁ……。
 で、こちらは防衛側有利を駆使しつつとはいえほぼ完封に近い戦術的勝利を続けてるというのに、例によってやたら吹っかけた和平交渉が飛んでくるこの思考は何とかならんモンなんでしょうか……。こっちは戦争続いてるほうが金もザクザク入るし、有利な和平交渉すら受けたくないぐらい笑いが止まらない展開なわけで、受けるかボケ! ってことに、なるよなぁ、当然……。敵の攻勢が止んでしまうと収入が減るわけで、それじゃあとこっちから殴りに行って都市ふたつほど灰にしてみてもまだ、金も資源も都市も根こそぎ寄越せみたいな和平交渉吹っかけてくるとか……あんだそれ、自殺願望? まぁこっちもそっちの本国襲う戦力はとてもじゃないけど揃えられないんだけどさぁ。鉄と馬はたっぷりあるものの石炭も石油もアルミもない地勢でしたが、最後は第三国からアルミ輸入してステルス爆撃機隊まで投入(つーてもまともに作ってたら先に宇宙船ができる流れだったので、だぶつき気味だった金で購入)したりして、噂の無双っぷりも体験。なるほど、対空砲を爆撃機で殴りに行って完勝できるのね……。
 ……とかそんな感じのリハビリプレイでございました。
 なんかなぁ……この、戦争の思考だけはなんとかならんものかと思うんだけどなぁ……。戦闘そのものの思考の限界はともかく(というのは、戦術レベルでプレイヤーがしてやったり感を覚える余地はやっぱり爽快感の重要な一側面だと思うしねー)、和平交渉とかが今のところまったくゲームになってねぇというか……。
 オレがなんかを間違ってるんだと思うんですが、わからん。オレのこの買い方で、日本語マニュアル見る方法とかあるんだろうか……。
 ぐぬぬぬぬ。
 この調子じゃ難易度上げれねぇよなー、とも思うんだよねー。
 どうしたもんかのう……。
 まぁ、気合入れるなら、このバージョンでよりは、GaK(……GnK じゃないのは何故じゃろう?)なるものを投入してからなのかなぁとも思いますが……。
2012/10/04 (Thu)
[日々のいとまに]121003 ~アニメ「新世界より」1 話~
▼よろしい、見よう。
 この絵でいけるんかよ? と、放映前は思ってましたが、しびれました。いいじゃねぇか――少なくとも今のところは。早いとこ例の図書館と遭遇しれー! 展開速いし、すぐかな?
 てことで、今期とりあえず一押しておきます。1 話時点での感触では円盤欲しくなる仕上がりでございました。全体の色調というか、空気の色のつけかたというか、そのあたりが上々。音楽もなかなか――そして 1 枚目の特典に「サントラ 1」がつくという括目情報が! 1 枚目からついて、複数枚ついてくるのなら……よもや Another のようなことにはなるまいよ……。(うん、あんだけ騒いでた Another 5 巻特典のサントラについて何も語ってないことについては何も語らないでおきます……はぁ……)
 てゆか、むしろとりあえず小説再読したい気分に! ……どこに置いたっけかな……。3 冊バラバラに適当に置いてしまった気がするので、探すのも大変じゃぜ……。
2012/10/03 (Wed)
[日々のいとまに]121002 ~6000-ロクセン~
▼小池ノクト「6000-ロクセン」全 4 巻読了。
 うん、これも読んだのはもちょい前ですが、そのうちやるクトゥルフに影響来るんじゃねぇの? と思ったので書かずにいた次第。まぁ、今回とは思わなかったぜ……今次キャンペーンはインスマウスネタとニャル黒幕ネタを自分に禁じてるので、海モノは敷居が高いかなーとねー。結果的には速攻インスマウス系の出ない海モノやっちまいましたが。
 絶賛、とまでは思いませんが、かなり面白かったです。
 以下ネタバレのため水面下。
2012/10/02 (Tue)
* Top * Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。