FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]120715 ~映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」~
▼そして、何故か機会を得たので「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」を視聴したり。
 ……いやぁ、タイミング悪かったかなぁ、と苦笑。背景で共通点があるものとして「永遠の0」を読んだ直後、共通点があるかもしれないような娯楽動画として「ストライクウィッチーズ劇場版」を観た直後とかないわー。ちょっと格が違いすぎてツラいものがありました……。いや、この映画、劇場スクリーンでもレンタル等の円盤でも、自宅 PC での動画配信とかでもない環境で、英語字幕つきで観たので、なにやら原典と違う編集などが入ってたりした可能性もあるんで、あんまし云い切れないところもあるんですがにゃー。てゆか、どちらの軸で観るにしても、あまりにも不親切、というより、正直作りが粗いとしか感じられない疑問点が多くてさぁ。最低限、ざっくりとした戦史は知らなきゃこれそもそも話がさっぱりわかんなくねぇ? 結局(この作品世界では)パールハーバーでの特殊潜航艇の投入は行われなかったという解釈でいいのこれ? とかな。場面から場面へのつながりも強烈に脳内補完を要求されるものだし、たとえば雷装→爆装→雷装とそれに続く展開なども、ある程度(てのはオレ程度のド半端さ加減で)戦史を知ってる身には過剰か不足のどちらかにしか見えず、実に消化不良。ほかの戦闘描写も多かれ少なかれそうだし、非戦闘描写は「特殊潜航艇どうなったのー」と同様に何もかもが放り出され、または唐突に出てくる感じ。ご家庭と汁粉屋ぐらいか、ちゃんと拾おうとしてると思えたの。これらですら多少放り出し気味なのですが。
 とはいえ、いずれも、観たのがもとのとは異なる編集版であったが故という可能性もありますが。てか、そうとでも思わないととても信じられないようなアリサマであるというか……。
 主題と思われる思想面政治面人柄面については、これはメディアの得手不得手の差もあるのでアレですが、やっぱ小説には及ばないし、絵的にはアニメには及ばないし、という感じで。役所広司萌え映画としてはまぁ、なんとか及第点ってところ? てか、今回ふと湧いた妙な感想は、役所広司は次世代の中村主水をやれる候補だったりしねぇ? とかそういうことだったり……どうでもいいな……。
 まぁでも、ちゃんと、マスコミの邪悪さ、は云いすぎにしても、少なくともひどく醜悪ではあるネガティブテイストを描こうとしてるあたりは評価してもいい、のかなぁ……? とかそんなあたりでひとつ。
2012/07/15 (Sun)
* Top *