深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]120731 ~ヘンたて~
▼ふと本屋で気になって手にとってみたりして、青柳碧人「ヘンたて」読了。
 やー、冒頭とかはこれサマー/タイム/トラベラー級来たんじゃね!? とか思ったわけですが、さすがにそこまでじゃなかったぜ。とはいえ、短打ながらクリーンヒットという感触でありました。なんつーか……ハヤカワ味、みたいなのってあるよなぁ、とかそういう風味もしっかりあるというか。so called ライトノベル、ってそんなに数読んでないので偏見コミのような気もしますが、そっち系では往々にして文章はライトでも味付けはこってりという印象を得ることが多いように思うのに対し、いい感じであっさりというか。このバランスが好きなんじゃよー、という大満足なところだった感触で。
 ではどのへんが長打ではなかったかといえば、もっと「建物フォーカスな話」、または「建物フォーカスな登場人物フォーカスな話」だと期待してたら、それらはどっちかっつーと味付け&ミステリ要素(人は死なないけどねー)の大道具小道具どまりで、ちょっと期待してたのとは角度が違ったのかなぁというあたりがひとつ。で、そのへんは読み方の方向性を矯正しつつ読んでったところ、最終的に「これいろいろ投げっぱだったりしね?」という感触が湧いてきたあたりがひとつでした。まぁ、後者は悩ましいところで、そこをこの枚数で描ききっちゃうと、それはもうこってりになっちゃうよねぇ、というところかもしれんなぁとも思うところで、これで正しいのかも。
 ということで、短打、という感想に。短打が続けばあっさり風味を維持しつつ、いずれ走者は本塁まで届き、「このワールドを満喫したぜ」感が得られると思うのよ! だから続きを!
2012/07/31 (Tue)
▼そして日曜は呼ばれて内輪フルブ会に出撃。というか、そっちのメンバーも前日は遊んでたみたいなので、連日はないかなーと思ってたら余裕で召喚来ました。
 今回はハンブラビを使ってみた回という感じでした。ひっそりと 2000 ではけっこう行けそうな部類かもという感触。というか、この安定感&火力ナシ感はデルタ的なアレなのかも……。デルタはべつに悪い機体になったわけじゃないんですが、前作で使いすぎてさすがに飽きたよーという感じで今作ではなんとなく使わなくなっており、オレ的に前作デルタ枠で行けそうかなぁということで。
 GP02 のドムコンボはまぁ……強力ではあるけど、核にせよアシスト弾数にせよ、従来の使い道を削ってまで入れるものかというと悩ましい感触でした。立ち回りでザメルを出し惜しむとか、核の爆発を地上に置いて動くとかはやっぱ重要だからにゃー。単体で(生殴りにはちょっときつい位置などで)着地取りにドムを置いて、そこから殴りに行くとかの選択肢が増えた、というぐらいに落ち着きそう。んが、基本道中を遊んでるこのゲームではありますが、前日のオフで対戦したときの感触を思うと、GP02 はオレが唯一対戦でやれなくもない機体&人間殴りに行ってこそ楽しい機体というような感触も得てしまっており、今後もあんまし出番ないような気がしてきてみたり……。いや、人間だから云々では本来はないんですが、機械専用機体の多数投入などにより、道中で「殴り応えのない敵」が増えすぎた感があるんだよにゃー今作。機械相手でも殴り応えのある敵なら殴りに行って楽しいんですが、なんつーか……前作 B4 みたいな、安いの(機械専用機に限らず)をえんえん倒し続けなきゃならん感の面が増えた……ような……? または、殴り甲斐は文句ないんだけど 3 機な面とか……。3 機以上面はやっぱりストレスフルだぜ……。
 ストフリのメイン特格暴れは……まぁいらんことせずに丁寧に立ち回る機体だよなこれ、という感じでした。
 今回はまぁそんな感触で。
 そして、ルート踏破の GP チャレンジがけっこう面倒っぽいということに気づいてみたりも……。最終面まで着いた時点で満足しがちだからな……。
2012/07/30 (Mon)
[日々のいとまに]120729 ~準惑星の神話生物~
▼直前までどうしたものか非常に迷ったのですが、結局、「ガンダムVS.ファイト」のオフに参加してきました。
 全力で飛び入り状態になってしまいましたが、いつも応援やランキングのリストだけでお名前を拝見してた方々とお会いし、お話できて、とても楽しかったです。とくに、何度か名前で会話させていただいた方ともお会いしてご挨拶できたのは幸いでした。
 いろいろと有意義な情報も拾わせてもらい、そろそろやるコトなくなってきてんじゃねーのこのゲームと思ってたゲームに新しくイケそうな要素も見出せましたので、今後ともよろしくお願い申し上げますです。
2012/07/29 (Sun)
▼なにやらロベルトと平賀*に(てかたぶんその上に)依頼されて何かの調査に出かけたものの宿が満杯で部屋が取れず、じゃあ居酒屋で飲み明かせばいいじゃん、と提案してふたりを連れ出そうとする夢を見て目覚めたり。
 こんな夢を見たのは岡和田さんがラテン語を何度振っても失敗してた印象が強すぎるせいであると確信するので早く続きを! てかいつかは成功するんだろうな……。
 あ、リンク先は 1 ページ目最後の写真がプリチーすぎて鼻水出ました。梶田! 上! 上! ゴンチョーン!(←アイデアロール失敗)
 新版の噂もいろいろ聞こえてきており、個人的には全面導入はちょっと手強そうかなと思わなくもない言及もあるようには見えますが、クトゥルフぐらい手に馴染んだルールなら部分的に持ち込むとかも容易だと思うので、とても楽しみであります。「ごり押し」とか「コネクション」とかかなーり気になります。戦闘は……どうなんだろうなぁ。実際のルールテキスト読んでみないとなんとも云えなそうな感じかも。

* 「バチカン奇跡調査官」シリーズの主役ふたり。うなぎ食えなかった恨みが平賀の名前を連想させたという要素もあったかもしれんのう。
2012/07/28 (Sat)
▼いつものようにスタバに豆を買いに行きまして。
 で、何やらアイスコーヒーブレンドの試供品をくれるというので貰ってきたわけですが。
 普段アイスコーヒー淹れるって文化がねーんだよなー。つまり、アイスコーヒーを調製するメソッドが確立してないわけで……。
 もちろんホットでもお楽しみいただけますという話ではあったんですが、せっかくなのでアイスにしたいところではあり……。
 どうしたもんかと悩ましいところだったり。
 や、がんばって量を計算して淹れて冷蔵庫で冷やせばいいだけの話ではあるんだけどねー。ポットとかアイスティー用にフル回転中なので、容れ物が足りないとかなんとか、そういう細かい手間がちょっとばかりあるだけで……。
2012/07/27 (Fri)
[日々のいとまに]120726 ~音ゲーというもののピンとこなさ~
▼最近、フルブを遊んでるゲーセンは、珍しくもフルブと至近に太鼓の達人やらドラムマニアやらが置かれてるという配置になっておりまして、待ち時間などにほけーっとそれらのデモを眺めたり、遊んでいる人がいれば見るともなしに見たりもしておりまして、ちょっとばかり興味を惹かれてみたりもしたりしなかったりするわけですが。
 まぁ、やっぱ、ないなぁ、と。
 それなりに知ってる曲とかも、デモで流れたり人のプレイで流れたりするわけですよ。ところが、その譜面(てか、ああいうの慣れてないので譜面はろくに読めない(キーボードマニアのときに「五線譜だったら遊ぶのに」とか口走った記憶あり)のですが、デモや人のプレイを見てれば理解できるってことで)がねぇ……。ないわ、と。
 何でそこでそれ叩くの? 何でそこでそれ叩かないの? 何でそこで連打!? なんてな……思うことばかりで……。
 で、思った。オレがこういうものに求めるというか、もしあったらやってみたいものって、「歌のかわりにそれらの楽器のパートを演奏するカラオケ」なんだなぁ……と……。それらの楽器ったって、たとえばギターフリークスで実際に弦張ったコントローラー置けるわけねぇし、可能っぽいのってドラムもの、太鼓もの、キーボードものぐらいだとは思いますが。
 で、太鼓なりドラムなりを、「カラオケでそのパートを演奏する」的に考えるとだ。
 なんてかさ、ゲームらしいゲームっぽい、変化性みたいなもの、全力で否定するとこからはじまるから、ないのかなぁ、と思ったり。これらって、まずはきっちりパターン繰り返して演奏することが基本、だよねぇ? 変化が入るべきところには入るけど、きっちりリズムをキープしてなきゃはじまらんわな? そのキープ部分をオケに任せてしまって、自分はそれを「やってる気分になる」という、歌部分についても音量控えめながら音が鳴ってるカラオケで歌って「歌ってる気分になる」と同様に、ドラム叩いて楽しむ、とか、そういうことを、オレはやりたいんじゃないかなぁと思うんですが、それって A メロの 8 小節ほぼ同じパターンを叩いて 8 小節めの最後にちょっと忙しく変化が入り、A メロ 2 周回目でちょっと変化したほぼ同じパターンを叩いてまた 16 小節目の最後に忙しく……といったことの繰り返しになり、見た目「ゲームらしいゲームっぽさ」とかなりかけ離れたものに……なる、わな……。
 それはゲームにはならない、というか、ゲームとして売るものにはならない、ってことなんかなぁ……。
2012/07/26 (Thu)
[日々のいとまに]120725 ~ビックリパーソンの伝説~
▼なんか PEPSI NEX がこんなんやるらしい、というので何軒か回って 2 匹ほど確保してきてみたり。あ、もちろん TRPG 用に使えるんじゃねぇかなーという意図です。
 本命はドラキー、ゴーレム、おにこんぼうあたりだったんですが、発見できたのはこの中ではおにこんぼうのみ。まぁゴーレムは内輪で手に入れる奴がきっといるだろうと思い込むことにし、とりあえずおにこんぼうと、あとは現場で呼び声が聞こえてしまった抹茶コロネをひっつかんでレジへ殺到してみたり。
 まんまの台座だと若干 1 インチ用にはデカいですが、台座変更か、大型用としてイケそうな感触であり、なかなか満足な仕上がりでございました。つーかおにこんぼうがイカす。たぶん、わしのこのテの筋肉太り型アウトサイダー造形に対する脆弱性はきっとドラクエ II のアークデーモンあたりから来てるに違いないのですが、直系だよねーこいつ。抹茶コロネはとてもイカしますが、まぁ、実用性は微妙かなぁ。こんなん DnD で見たことねぇ……気がする……。
 で、デキには満足(おにこんぼうの、絵からすると「舌」だと思われる部分が別のナニカに見えてしまう気がする点のみちょびっとだけ減点ですがほかは満点かな)したので、どうせならほかにも気になるのも欲しいっちゃ欲しいかなー、と、まぁ、正直、思ったわけではありました。スライム系(とくに水滴型の)はその気になればいろいろな形で手に入るので置くとして、モーモンも妙にかわええし、使いどころが難しい(てゆか大型で巨人種別って感じのミニチュアはサイクロプスも含めて妙にたくさん出してしまったので)とはいえギガンテスのカッコよさは鉄板だよねー。次はどこの店を当たってみようかなぁ……などと思いながらペプシのほうの栓を開けて。
 甘!
 いやぁ。
 なんだこれ。
 普段あんまコーラとかあんまし飲まないのではありますが、それでも皆無ってわけではないわけで……コーラってこんなにべったり甘い飲みモンだっけ?
 やっぱ「ZERO」ってところが問題なんでしょうかねぇ……。
 うーん……でも、これフィギャー部分だけでリバティで 200 円とか云われたら即決するレベルだよねぇ……となれば、150 円でフィギャーだけ買ったと思っても決して高い買物では……な……いやいやいやいや!
 そんな! チョコ捨てるような! 真似は! しねぇ!
 うん、今回買った分についてはしねぇ、けど、あと 1 本でもけっこう満腹しちゃうと思うので、これ以上買うのはやめとけってことかなぁこれ……。
 砂糖入り(というかこのべったり甘味料抜き)だったら喜んで飲めそうですが、それはそれで大量に飲むのはアレそうだしなー。
 うまくいかないものですな……。
2012/07/25 (Wed)
[日々のいとまに]120724 ~軍靴のバルツァー 3 巻~
▼中島三千恒「軍靴のバルツァー」3 巻読了。
 うむ、盛り上がってきた!
 やー主役の、出会う人々を片っ端から手懐けていくカリスマの高さに笑いしか出ねぇ! という感じになってきてたんですが、ついに行き過ぎて「人格を切り離し」た「理」で選べない岐路に放り込まれるという有様に熱量急上昇でありました。そりゃ「くそッ、まいったな」としか云えないわな……。
 ますます先が楽しみになってきたぜ。まぁ、ろくなことにならなそうというか、確実にろくでもないことになるんだろうとは思われますが、それがまたいいんだよ! という感じで。
 あとは、プロ市民(って違うか?)のみなさまが怖すぎでございました。やることはそりゃあ必要とありゃやるでしょうが、専用の道具とか持ち込んでるのがヤバいだろ……。
2012/07/24 (Tue)
▼今週の~フルブ会~。
 ……いや、先週は妙に民が集まっていたらしいのに参加できなかったので、なんか悔しかったこともあって、ちと全力全開で行ってしまったぜ。
 ずっと Z 一択だった vabo 先生は前回あたりからフリーダムを使いはじめてた模様で、トータルではちゃくちゃくと進歩している形跡が感じられましたが、相変わらず基本操作が落ち着いてないのが気になったところ。基本ができてないと伸び代が限定されてしまうことは、根がアスリートな vabo 先生におかれましては重々承知でいらっしゃると思うので、是非基礎練習などを心がけてみてもらいたいなぁなどと思ったり。
 したわけですが。
 ……もしかして、vabo 先生は右下のブーストゲージの意味をご存じなかったりする? なんかときどきそんな気がする動作をしてた気がするのですが……。今見てみたら公式のインストラクションにはろくな情報が載っておらず、ほかをあんま調べずに遊んでたら理解できねぇんじゃねぇの、という気がしてきたじゃよ? で、ほかの情報源って、たとえば「キャンセル」のような、ずっとゲーマーやってた人間には自明だけど、そうでない人間には理解不能な用語とかを説明なしでガンガン使ってるんで、単にそういう情報源を紹介して放り投げるのも申し訳ないところだったりするんだよねぇ。
 「ブーストゲージがゼロになったら一定時間硬直」としか書かれてないですが、実際には「ブーストゲージがゼロになったら回復するまであらゆる動作が大幅に制限される(移動系の操作はほぼ一切無効になると思ってよい)うえに一定時間の硬直が追加」だと思っといたほうがいいわけですが。で、いつ回復するのかというと、基本的には「着地したときのみ」です。なので、こまめな着地が重要。
 以上はとてーも基礎的かつ部分的な説明に過ぎませんが、ここまでも公式のインストラクション(ってことは台に貼ってあるのも同じだよね?)じゃ正直何も云ってねぇ同然なんだもんよ~。ってことで一応。
 ……てか「硬直」が何を意味するのかさえゲーマー用語としてのそれと一般用語としてのそれは一致しない(わかった上でなら同じ意味だと納得できるんだけどねー)わけでさぁ。気をつけねぇとなぁ、と思ってても使っちゃうんだよねー。
 落ち着いて練習するとこから始めてれば自分で試しつつわかってゆくこともできることではあるはずなんですが、当初から、誘った我々がついつい、せっかく一緒にやるんだから眠いチュートリアルとかじゃなくちゃんとしたコースで遊ぼうぜと云ってしまって、そうした機会を奪ってしまった、とか、そもそも最近このシリーズ練習台とかろくに存在しねぇじゃん、といった問題もあり、なかなか厳しいよねぇ、実際には。
 最近行ってる店はそれなりにすいてることも多いので、なんでしたら、チュートリアルルート(えーと、「トレーニングバトルコース」ですな、名前は)かなんかで、ホントに基礎動作の確認と練習だけをしてみるなんてものよろしいんじゃないかと思いますです。
 以下は自分のことについてー。
2012/07/23 (Mon)
[Life as a Half Drow]Poison the Well
▼てことで、4 版キャンペーン「クイーン・サーガ」第二部スタート回、遊んできましたー。
 早い段階でリハビリ的なものも兼ねた戦闘が入り、「今回はこれで戦闘は最後かなぁ。もしかしたらもう 1 回あるけど」的なことを云われ、その後がシティーアドベンチャーになったので、ほほうそういう感じか……と思って遊んでたら、終盤で 2 戦闘! はちょっと仰天でございました。てか、終わってから思い出してみると、もしかしたらあるかもについては必ずしも「1 回」とは云ってなかったか……?
 以下、簡単に水面下に。
2012/07/22 (Sun)
▼そして、急激な気候の変化などに関係してるのかしてないのかわからないのではありますが、謎の頭痛に苛まれながらセッションに出撃など。
 いや、謎つーか普通に持病的偏頭痛感なんですが、日数的にちと今回長引きすぎなような……? ……もしかして、頭痛を主訴的なものとする風邪だったりするんだろうか……ほかの症状は全然ねぇのですが。
2012/07/21 (Sat)
▼いや、このまま秋になるんなら大歓迎ですが、そうでないなら正直半端に下がりすぎだろう気温……。
2012/07/20 (Fri)
▼てことで、手作業でこんな地図を描いてる阿呆はおそらくほかにいねぇと思うというか、こんなん自動化する方法ぜってーあるんじゃねーのと思うんですが、思い立ってやっちまったのでせっかくだから置いとくー。
 とりあえず自分が便利そうな土地を探すのに使うだけのつもりで作ったものです。鯖ごとに違うかどうかは知りませんが、アミストルのシュバの異界境界線付近地図でございます。純手作業なので間違いなどは当然いくらでもあろうかと思います。また、C については日々変動してるはずですが、いちいち最新に修正するつもりもねーです。
 ……こうして図にしてしまうと、己のアホさ加減に改めて愕然とするぜ……。
 ブツはデカいので、覚悟のうえこちらからドゾー。
2012/07/19 (Thu)
▼突如として MATT 先生に呼び出され秋葉でカレー食ってきたり。
 会うの自体がやたらと久々なうえに、もしかしてサシで飲みとか初に近くねぇ? という感じで、やたら喋りまくってしまい、気がついたら 4 時間飲んでるという有様でヘロヘロに……。あんま時間ないって云ってた気もするんだけど大丈夫だったでしょうか。
 まぁ、楽しかったのでよし、ということにしとこうか!
 カレーもなかなかでしたし、また時間のあるときにでも、ゆったり再挑戦とかしたいところでございました。
2012/07/18 (Wed)
▼そしてまた。
 加湿器が欲しくなる夏がきた……。
 んまぁ、昨年はリモコンが行方不明だったのが、今年は使用可能なので、設定温度とオフタイマーの活用で就寝時に部屋を冷やしつつしばらく快適な温度を維持はできるのが救いってところで……夜中に目覚めることもありますが、その場合もオフタイマーで対応可能。うむ、文明。
2012/07/17 (Tue)
▼てことで、いろいろあって若干出遅れましたが、ROGM Season 2、開始いたしましたー。ご興味がおありの方は、ご連絡いただければサーバーと所属国をお教えいたします~。
 ……いろいろ仕様変わっててよくわからんのが面倒じゃぜ……。
2012/07/16 (Mon)
[日々のいとまに]120715 ~映画「聯合艦隊司令長官 山本五十六 -太平洋戦争70年目の真実-」~
▼そして、何故か機会を得たので「聯合艦隊司令長官 山本五十六 ―太平洋戦争70年目の真実―」を視聴したり。
 ……いやぁ、タイミング悪かったかなぁ、と苦笑。背景で共通点があるものとして「永遠の0」を読んだ直後、共通点があるかもしれないような娯楽動画として「ストライクウィッチーズ劇場版」を観た直後とかないわー。ちょっと格が違いすぎてツラいものがありました……。いや、この映画、劇場スクリーンでもレンタル等の円盤でも、自宅 PC での動画配信とかでもない環境で、英語字幕つきで観たので、なにやら原典と違う編集などが入ってたりした可能性もあるんで、あんまし云い切れないところもあるんですがにゃー。てゆか、どちらの軸で観るにしても、あまりにも不親切、というより、正直作りが粗いとしか感じられない疑問点が多くてさぁ。最低限、ざっくりとした戦史は知らなきゃこれそもそも話がさっぱりわかんなくねぇ? 結局(この作品世界では)パールハーバーでの特殊潜航艇の投入は行われなかったという解釈でいいのこれ? とかな。場面から場面へのつながりも強烈に脳内補完を要求されるものだし、たとえば雷装→爆装→雷装とそれに続く展開なども、ある程度(てのはオレ程度のド半端さ加減で)戦史を知ってる身には過剰か不足のどちらかにしか見えず、実に消化不良。ほかの戦闘描写も多かれ少なかれそうだし、非戦闘描写は「特殊潜航艇どうなったのー」と同様に何もかもが放り出され、または唐突に出てくる感じ。ご家庭と汁粉屋ぐらいか、ちゃんと拾おうとしてると思えたの。これらですら多少放り出し気味なのですが。
 とはいえ、いずれも、観たのがもとのとは異なる編集版であったが故という可能性もありますが。てか、そうとでも思わないととても信じられないようなアリサマであるというか……。
 主題と思われる思想面政治面人柄面については、これはメディアの得手不得手の差もあるのでアレですが、やっぱ小説には及ばないし、絵的にはアニメには及ばないし、という感じで。役所広司萌え映画としてはまぁ、なんとか及第点ってところ? てか、今回ふと湧いた妙な感想は、役所広司は次世代の中村主水をやれる候補だったりしねぇ? とかそういうことだったり……どうでもいいな……。
 まぁでも、ちゃんと、マスコミの邪悪さ、は云いすぎにしても、少なくともひどく醜悪ではあるネガティブテイストを描こうとしてるあたりは評価してもいい、のかなぁ……? とかそんなあたりでひとつ。
2012/07/15 (Sun)
[日々のいとまに]120714 ~永遠の0~
▼百田尚樹「永遠の0」読了。
 ちょっと以前に薦められ、ほほう、そいつは面白そうだ、いずれ読もう、と思ってたブツだったわけですが、「今だ!」という感じになったので買ってきて読むことに。
 ……まぁ、坂井三郎の名前が見えるたびに坂本少佐が脳裏に浮かんでくる(竹井醇子もな)など時期的にアレな事態も発生したりしましたが、噂に違わぬ素晴らしさで勢いよく読了してしまいました。もったいねぇ、とは云うまい、今回は。
 具体的な感想は避けます。まぁ、そのへんがやっぱり、語りづらいんだよ、純ノンフィクションであれ、準ノンフィクションであれ、地続きすぎる昔の話ってのはさ……。
 んがしかし、薦められただけのことはあった! そして薦めるに足る名著であると確信します。機会があれば――というか「今だ!」と思われたときに是非! たぶん当分は本屋から消えはしないと思うので。
2012/07/14 (Sat)
[日々のいとまに]120713 ~還りたい空がある~
▼さんざっぱら悩んだんですが、やはり行くことにしよう……てことで、「ストライクウィッチーズ劇場版」観てきたー。
 いやまぁ、事情はいろいろなんですが、最大なのはやっぱあれでしょう。一応観ときたい、とは思う→といって後日レンタルなり購入なりで円盤でってのも面倒だよなぁ、そこまでの情熱でもないし……→だったら劇場行ったほうが気軽じゃね? とかそういう。
 で、観てどうだったかといえばな……さっすがの仕上がりでございました。むしろ欲しくなったぐらいだよ。何がすげぇって背景が! 背景が! いやもちろん背景そのものじゃなくて、この背景の中で動くんだ、という部分ですが。TV シリーズが基本海上空戦だったことになるほどと納得する陸地上空戦背景クォリティが! 「太平洋戦争以外の比較的最近の軍モノ味を探す」な流れで手を出したブツであり、ヨーロッパの海の上空が戦場でも話としてはもちろん満足したと思ってたんですが、絵的には海上空の戦闘ばっかでは物足りなさもあったのであるなぁ……と、今回陸地上空戦を堪能してしみじみ思ったりもしたのでした。てゆか、例によってこんだけ背景が美麗だと思うぜ。この背景の中を自分が操作する自機で動き回りたい! と! あ、ベルセルクではそこまででもなかったなというか、あっちはむしろその背景の中で軍隊動かして戦争してぇーというか、「この背景の中で集団戦の MMO ゲーやりてぇ!」とかそういう方向性ではあったので、そのあたりはやっぱ作品での描かれ方に引っ張られはするんでしょう。Another なり空の境界第 6 部なりを見れば「ここ歩きてぇ!」と思い、ベルセルクでは戦争してぇと思い、SW なら……そりゃ飛びたいよね! 問題は、何で(てゆか、どんなカメラアングルで)飛ぶか、だが……。……例のカメラアングルはさすがにもう慣れた、というか、慣れてない時点で観てたとしたら、さすがにうへぇと思ったんじゃないかなぁ、という勢いではありました。まぁ、この件はあまりオレ的に感受性がないところなので深入りはしないでおくぜー。
 以下、ネタバレもアリで軽く水面下に。
2012/07/13 (Fri)
[日々のいとまに]120712 ~日本橋物語 9 桜追い人~
▼森真沙子「桜追い人 日本橋物語 9」読了。
 まぁ、今回の第 9 部がとくに頭抜けてたというわけでもないんですが、ずっと楽しみに追っております。てかねー、主役中心の話もいつも安定の仕上がりなんですが、主役がほとんど(あるいはまるで)登場しない、周辺人物が中心になる回が今巻はとくに熱かったんじゃまいか。画家の話と相撲の話。相撲の話で、助けられた力士に、その力士の出身地産の酒を贈るってのがカッコよくてしびれました。趣味人とはこうありたいものだな……難しいけどな……。
2012/07/12 (Thu)
[日々のいとまに]120711 ~盲牌最終回~
▼つーことで、盲牌最終回視聴。
 やー最終回は期待以上でありました。つーか、アニメ用としてはまぁこっちのノリだろうねぇ。原作味が頭に焼き付いてると、電子戦とかがまず全然別のイメージで湧いてきますが。
 そして、前半部終了アイキャッチ入るとこの劇伴の重ね方はさすがにしびれたぜ。こゆーのは大好物でございましてなー。ガンダムX の 17 話 B パート前半の長尺の劇伴とかすげぇ火力だったなぁとか思い出すわけでございますよ。ってゆっか、ほっとんど唯一、X で劇伴が強く印象に残ってる場面でございました。
 んで……続編来るんかねぇ……? まぁ、オレ的には絶賛までは行かないまでもイイ感じではあったシリーズだったので、それはそれで嬉しいとは思うんですが、このままだとどんどん原作から離れてくってか、原作ルートに戻すの大変そうじゃのう……とも思うところだったり。
2012/07/11 (Wed)
[日々のいとまに]120710 ~軍靴のバルツァー~
▼以前から面白いっぽいという情報は得てましたし、「比較的最近の軍モノ味」への欲求はまだおさまってないわけで、気になってはいたんですが、なんとなーくキッカケがなかった感じだった、中島三千恒「軍靴のバルツァー」……なんとなく「今!」て感じで手を出して既刊読了。と思ったらどうやら 3 巻がちょうど出るとか出ないとかのタイミングらしいので云い直し。1~2 巻読了。
 1 巻読み終わって、何でもっと早く手を出してなかったんだぁー! と叫びたくなり、2 巻読み終わって、おおお今まで手ェ出さなくてよかったぜ! と叫びたくなる面白さでありました。
 いや、2 巻ラストの引きが厳しくてな。3 巻が出てるだか出るだかというタイミングだと知ってたおかげでなんとか耐えられた感というか。
 いや素晴らしい。軍モノであると同時にけっこうな政治味も効いててたまらんです。なんか職業煽動者っぽいマスコミ風連中とかもなぁ……怖ぇ怖ぇ。
 巻末の「暮らしのワンポイント」も上々というか、ドイツメシって美味そうかつ頑張れば美味く作れそうってところがずるいよねー。フランスメシとかだとたぶん美味そうでもなかなか作れそうな気はしなそうだったりするよなぁと思うと。まぁ、オレ的にはパンやワインはフランス系を合わせたくなるのがアレですが。
 そんな感じで 3 巻も早いとこ手に入れるぜー。
2012/07/10 (Tue)
▼ぼけーっと情報眺めててしょうもないことに気づいたりしたわけですが。
 GOTHICMADE って長岡成貢なのね!
 ……いや、そんなに多くの仕事を知っているわけでもないので、想像もつきがたくはあるんですが。
 ふぇー、そうなのか……となんとなく思った、ってとこでひとつ。
2012/07/09 (Mon)
▼そして、映画観た後は結局朝までコースだよ!
 前半はちゃんと映画や最近遊んだゲームとかの話題だったんですが、後半は何故かスキー/スノボ旅行の話題に埋め尽くされてたような……?
 まぁ、よくわからん展開でしたが、楽しかったのでよしとしよう。あと、豪雨の中を帰らずに済んだわけだし。
2012/07/08 (Sun)
[日々のいとまに]120707 ~ドルドレイ攻略~
▼TRPG 仲間と共謀して、映画「ベルセルク 黄金時代篇 II ドルドレイ攻略」鑑賞など行って参りました~。
 いやー、ちょっと感服してしまいました。今回すごかったんじゃね? 前回も相当なモンだと思いましたが、前回引っかかってた部分がかなりのところまでイイ感じになってたような……。3DCG 系の動きがねぇ。前回ちょっとアレに思われた日常芝居の部分がよくなってた(または日常芝居は CG 使用を抑えたなどもありうるかも?)のと、やっぱり強みとしての集団戦でみんなが個別に動いてる感とか、舞踏会のみんなが個別に動いてる感とかについては本格的に素晴らしいなぁという感触で。
 てかねー、あんだけ見事に動かれると説得力がありすぎてな……「ああ、フルブレードって片手で振れるんだな……」とかそういう、何か間違った理解が得られてしまったような気もしたり。
 音楽面もより印象的になったように思われましたというか、雪中の決闘の後、グリフィスがあれな方向に突っ走る場面、あんだけの尺と描写出力を投じたことがそもそも仰天でしたが、それを支える劇伴がまたすさまじく……。さっすが鷺巣、胃が痛くなるようなチェロは絶品じゃぜい、などとしびれたりしたのでした。
 で、エンドロールの曲ももう……容赦のねぇキリキリ感でなぁ……。
 満喫仕った。次も楽しみです!
 唯一納得いかんのは、ジュドーがあいかわらず活躍の場面あんまし見れてないってとこですが。まぁ今回は戦闘以外ではけっこう出番あったし、次回で重要な役割があるような気もするので、我慢しとく方向性で。
 ……あと、ファルネーゼさまが本編で一瞬映った気がしたんですが、見間違い……? じゃないよね……?
2012/07/07 (Sat)
▼フィルター掃除は済ませたもののとりあえず運転再開を見送っていた冷房の、使用を開始など。
 とりあえず 28℃まで下がれば充分に「涼しい!」というぐらいであり、その程度の使用ですんで、まぁ、2 年目でもあることだし、節電はしてる範疇としてもらってもよろしいんじゃないかと想像するんですがどうですかね。
 なお去年は 30℃まで下げるという使い方でございました。どんだけ暑いんだ、マイ部屋ルーム……。
2012/07/06 (Fri)
▼コーヒーミルを買ってきて、ちょっと前に入手したものの、挽けなくて放置だったハワイコナ・エクストラファンシーをいれてみたりなど。
 てゆかですね、コーヒーミルってずいぶんと高いのな! 1,000 円未満ぐらいで単純単機能なヤツを調達してこようと思ったら皆無……。いろいろ考えた結果、そう多用するものでもないし……放置での破損確率がより低いだろうと期待して手動の安いのを購入しました。電動の安いヤツってやっぱなんか速攻問題起こりそうという怖さがあってな……。
 まぁまだよい挽き具合とか豆量とかがわからんのですが、けっこうな量があるので使い切るまでにはいいセンが見つかると期待しつつ飲んでみることにします。
 ……うん、Another BD 4 巻も来たことだしな。
2012/07/05 (Thu)
▼そくほう:冷蔵庫死亡の予感。
 つーかたぶんデッド。
 ……ああ、なんかもう、いろいろ壊れまくりだな……ここんとこ。あ、電子レンジが物故割れた件についてはここには書かなかった気もしますが……。あれ、洗濯機の件もだっけ? PC(のグラボのファン)については書いたよな……?
2012/07/04 (Wed)
[日々のいとまに]120703 ~羆嵐~
▼吉村昭「羆嵐」読了。
 いやぁ……怖ェ怖ェ……。というか、wikipedia にやたら詳しい記述があるので、大雑把な事態の推移は知ってたんですが、そちらの記述が「被害者視点の怖さ」であり、納得しやすいというか、理解しやすいというか、そういう感覚ではありました。んが、小説のほうになると、そちらについてはむしろ詳述されていないのに対し、討伐隊でやってきた連中が恐怖に染まってくさまが細やかに描かれててそっちが怖ぇのなんの。いや、その武装じゃそりゃ怖いわな……などと云われてみれば納得してしまったり。1 発撃ったら次弾に時間がかかるってのは、よほどの自信がある射手でもなければ、撃つ側にとっちゃあ想像するだに恐ろしいことですよ。そして、そんな武器すらない時代に前人未到の地を切り拓いて行った人々に対する畏怖も新たにしてみたりも。冒険者すげぇー(違) ……いや、「NATO弾では倒せないとわかった」とかもあるので、対羆戦素人が武装だけ整ってもダメなのかもしれませんが、「怖さ」対策にはなるんじゃないかなぁとかな……。
 そして医者が無駄にカッケェ、とかそういう感想でございました。
 人間と自然の云々とかについては、まぁ、何も思わないわけでもねーですが、書かねーでおきますです。
 グレーテルの腹痛にかけて、覚えてらっしゃい! とかそんな感じでひとつ!
2012/07/03 (Tue)
▼まぁ 3 次会が朝までコースかつ朝まで酒飲んでた(最近はたいてい途中からソフトドリンクにするんだけどねー)わけで、日曜が行動不能になるのは想定してましたが、この月曜のヘロヘロっぷりはどうなのか。さすがに二日酔い感とか酒のダメージ感は皆無ですが、あれだ、やっぱここんとこの精神的疲労がけっこうなものだったということか……。
 いやー、やっぱクトゥルフのキャンペーン立ち上げるのって POW 使うよねー。まぁ、回復可能な消費だとは思いますが、回復には(単なる MP 消費よりも)時間かかるってとこかにゃー。
 で、3 次会やら帰りの電車やらで vabo 氏にはいろいろとクトゥルフ入門について好き放題語り、ちゃんとまとめてどっかで紹介するよー、とか云ったように思うのですが。
 帰って思い出した。クトゥルフより先にまず銀英伝読め! 基礎教養!
2012/07/02 (Mon)
* Top * Next