深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]120430 ~Fate/Zero 16 話~
▼しびれた。
 てゆか、なんですか、このシリーズで初めて心の針が「欲しい」側に揺れたぜ……。
 切嗣がさー、云うこともやることも、「角度」としてはすげぇまともで素直でわかりやすいのに、「程度」があそこまで行ってしまうとヒく、というか、そういう感じでたまらんわ。先日、連中的には大ハッピーエンドな感じで退場なされたキャスター陣が、云うこともやることも「角度」としてはヒくアレなのに、「程度」があそこまで行ってしまうともう喝采するしかない感じだったのと好対照、ってところでしょうか。
 てか、ランサー自害後の狙撃で、一発でエルメロイを死なせてあげないことに意味はあったんじゃろうか……とかちょっと思ったり。
 しかしまぁ、まどかのときはさぁ、「ああ、まどかの願いはおそらくこういうもので、こういう願いが通るルールだな」ってのがすっきり見えて、近いところで当たった(で、オレ程度の至近弾は多くの人が当てたんじゃないかと)わけですが、今回はちょっと驚きです。聖杯戦争のルール(つまりそのウィッシュ 1 発でどこまでやれるのか)を知らないんでなぁ。ほかの連中の願いの規模と見比べたり、「すでに何度も行われたらしい」(←これについては、知ってる人は云いたいことはたぶんたくさんあると思うがな!)ということを考えると、そこまで決定的な力があるとはとてもとても思えなくなってしまうという陥穽が……あったな……という感じで。
 なぁ、打ち上げたロケットは何本目だ?
 とかそんなことを口走ってみておくー。
2012/04/30 (Mon)
[Life as a Half Drow]Dragons Slayers 5 ~英雄・伝説~ Session #07: LONELY SOLDIER
▼4 版 Essentials キャンペーン「Dragons Slayers ~英雄・伝説~」第 7 回セッション DM で遊んできましたー。
 今回は Essentials の英雄本の和訳が出て最初のセッションということで、クラスコンペンディウムの扱いとかどうしたものか悩んだりもしたんですが、結果的には、今回の参加者は「全員が Forgotten Kingdoms のクラス」というスゲェ事態になったので、これはとりあえず保留の方向性で。
 展開としては……ええと、DnD はけっこう容赦なくマスターが PC をやっつけに(トドメを刺す、という意味での「殺す」まではそうそうしないとはいえ)行くゲームだ、という認識は広くもたれているところではないかと思うわけですが、そうである以上はマスターとしても、「勝てそうになってしまった場合」にどうするかをちゃんと考えなきゃならんよなぁ、というようなこともしみじみ感じた回であったなぁ、とかそういう感じで。
 いや、やっつけに行くって云っても、そうそう避けがたい全滅ってことにはならないとも思うんだよねー、そういうバランスだって認識はプレイヤー側にもあるので、「勝てねぇ」と思ったら逃げるなりの落としどころを考えはじめるわけですから。
 今回どうなったか、などについては水面下に。
 あ、時間管理については今回はかなりうまく回ったなぁと思っております。7 時間 5 プレイヤーで 4 戦闘遭遇。てことは、7 プレイヤーだと 3 戦闘遭遇でもちょっと多いぐらい、になりかねない、わけか……。少なくとも、「3 戦闘遭遇で少ないから余裕だね!」などと考えるわけにはいかない、ということで……。
2012/04/29 (Sun)
[日々のいとまに]120428 ~Another BD 2 巻~
▼Another BD 2 巻到着!
 ……今 PC で BD 観れないんですけど……このタイミングでか……。
 まぁ、PS3 で観ればいいんだけどねーまだそこまで暑い季節でもないし。
 しかし本命は 3 巻すなわち 5、6 話なのです! そしてそっから先は全話何度も観たい感じなのです! が! 3、4 話はまだそこまでではない(つっても、このまま積みっぱってことはないと思うよー)かなぁ……?
 あ、冊子のインタビューとかでは、アカザーがデレすぎた、などともありましたが、オレ的にはあれはあれでよかったんじゃないかにゃーと思うところです。以下、シリーズネタバレにつき水面下。
2012/04/28 (Sat)
[日々のいとまに]120427 ~限定的復活~
▼てことでー。
 オススメいただいたあたりを中心にいろいろ予習して再出撃。
 値段と消費電力あたりを中心に見比べて、結局ちょいと奮発して 7750 投入ということにしてみました。ヘヴィーな 3D ゲーなんて何も動かさないのにね!
 お店の人にも聞いてみたんですが、前のカードのこと話したら「おお、懐かしい!」というリアクションで、修理とかって可能っすかねーとの問いにはやっぱり、買っちゃったほうがいいんじゃねぇの、という感じだったので、ま、即決。いや、マザーとの立体構造面での相性が心配になって、べつの店の中古売り場にあったほぼ同型マザーをためつすがめつ観察していけそうだ、となるまでずいぶん迷ったりもしましたが。
 で、ブツは PCIe 3.0 と書かれてるモノ。ですが、お店の人によると、「実際 3.0 サポートとか現状ねぇんじゃね?」ぐらいのモンで、互換性は問題なさそうとのこと。予習時に発見したちょっと昔の記事まんまのことを云われたわけですが、今でもそうだってことなんじゃろうか。
 今回は 2 スロットファンで、刺して(問題なく刺さりました)動かしてみたところ、あまりの静かさに愕然。こ、こう静かすぎると、不調になっても気づかないんじゃね? 快調なときはわざわざカタリストで温度確認とかしないし……などと妙な怯え方もしてしまったり。
 その後は、概ね問題なく快適な環境を回復、と思ったんですが、BD が再生できねぇというかそもそも認識されねぇ(ドライブは認識されてて DVD とかは普通に再生できる)という事態が……。
 ……まぁ、とりあえず、ドライバとかの全とっかえ、とかは後日に先送りすることにします。とりあえず PS3 でも観れるわけではあるし……な……。
 今日はもう疲れたぜ……。
2012/04/27 (Fri)
[日々のいとまに]120426 ~エクストラ・ファンシィ~
▼ついに何度起動してもファンの音が聞こえなく……。
 はぁ……ダメかぁ……。いい買い物だったと思ってたんだがなぁ……。ま、期間としては充分使ったと云えばまぁ云えるとは思いますが、残念だ……。
 てことで、軽く偵察に出かけてみたわけですが……よし、何ひとつわからない! というか、数字と性能がどう関わってるのかがさっぱりわからない! てゆか、1000の桁が増えてるし、安いヤツでも充分なのかなぁ……と思って見渡すとベンチマークのグラフがあったりして、安いのだと今使ってる4670に全然及ばねぇのばっかりとか……ぐはぁ……手ごわい世界じゃぜ……。新たに金払う以上は、しょぼくなるとかはさすがに許せないし……
 規格もイマイチわからんので、うちのマザーで刺さるかどうかわからんし……。
 てことで、予習するべくすごすごと帰宅し、現在サブのノートで調査中……なんですが……よし、やっぱりよくわからない!
 ああもう、とりあえず PS3 で Another の BD 1 巻でも眺めて落ち着くしかないな!
 まったく、1日休んだだけでこのザマか!(錯乱中)
2012/04/26 (Thu)
[日々のいとまに]120424 ~マフィアの世界~
▼「「マフィアの世界」完全バイブル」読了。
 いやぁ、ヘンな感触の本でございました。まぁ……完全バイブルというよりは、入口、という感じですが、それはまぁこの枚数でこれだけ広範にカバーする以上はそれぞれに深入りしようはないかな、ってところで。
 で、そんな中では、全般に、その土地その時期における表権力との関連や対比に力が入ってたかなぁ? という印象。というか、聞いたことのある組織であれば、その「裏側にいる連中の表側の行為」であるところの悪事についてはまずいろいろと情報が豊富に入ってくるところなので、それ以外のふだん相対的に目にしにくい部分、「裏側にいる連中の裏側」すなわち「表側につながってるところ」が新鮮な感じで印象に残った、ってな感じでしょうか。
 いやぁ……ローフルって面倒だなぁ、とかそういう感じで。
 だからってなかったら困るというか、「必要だ」ってことがまた面倒なんだよねぇ……。
2012/04/24 (Tue)
[日々のいとまに]120423 ~Fate/Zero 15 話~
▼ってか、エクスキャリバー抜くときの劇伴はあの主題でなければならんと法律で決まってるんだろうか……(川井憲次版を発掘しながら。原曲は知らねーです)
 てゆかさぁ、やっぱこれサントラ単体売りは何らかの形で行われなければ犯罪だと思うんだけどどうなんですかね。
 そして続けて盲牌を観はじめて、アバンに悶絶する(同志クゼ的な意味で)なんてなことが今季は毎週の行事になりそうな予感が。
2012/04/23 (Mon)
▼てことで、まるで治った気がしない体調をなんとかするべく昨夜は飲み会に出撃など。
 ……な、何を云ってるのかわからねーと思うが……。
 てかねー、静養、と称して寝込んでるとですね、考えてみるとロクなモン食ってねぇわけですよ。3 食が乾麺+ツナ缶、乾麺+インスタントのパスタソース(ミはけっこう入ってるヤツだよー一応)、カロリーメイト+チーズ、とか、その、なんだ。病人が回復しようって食事じゃねぇってことだけは確かって感じだよなぁ。食欲もなんもないので、とりあえず服薬のために腹に何か入れる、ついでにタンパク質は補給する、とかそんな思考でこういう事態に。
 これではいかーん! ということで、友人連中が飲みに集まるってのに強襲しかけてみた次第。あ、飲み会とはいってもそういう事情なんで酒は 1 滴も飲んでねーです。串焼きの美味い店ってことで、本命は肝臓とか! さらにこの季節でも鍋可ってことで鍋モウドになり、カプサイシンとか野菜とかも摂取。うむ、治るための食事はこうでなくてはな!
 で、帰宅後は力強く爆眠。本日はかなりマシな感じになった、かな?
 一応、自分の箸で大皿や鍋には触れないようにした(なので、鍋用未使用レンゲでサラダ取ったりしてた次第)んですが、もし誰か伝染ってたらごめんねー。
2012/04/22 (Sun)
[日々のいとまに]120421 ~コンディ・オレンジ~
▼状況、オレンジ! 繰り返す。状況、オレンジ!
 うお~~~ヤバイヨ~~~!
2012/04/21 (Sat)
[日々のいとまに]120420 ~ヨルムンガンド 11 巻~
▼高橋慶太郎「ヨルムンガンド」11 巻読了。
 いやあの、ですね……昨日、10 巻まで読了段階を前提としたアニメのほうの感想を書いた翌日に最新刊発見とか、さすがに笑ったよ。お笑いになった。だってそうだろう以下略。
 てことで、またアニメがシリーズ全話欲しい作品が増えてしまったのかもしれん……とかそんなことを口走ってみるー。
 そしてまた大戦略がやりたい気分が……ぐぬぬ……。
 以下、ネタバレのため水面下に。
2012/04/20 (Fri)
[日々のいとまに]120419 ~ヨルムンガンド アニメ 2 話~
▼てことで 2 話チェキ。
 うむ、ほぼ満足! ああ、あれがフフーフの音声表現か! キャスパーが云うとどんな調子になんのか楽しみだな! などとも思いつつ、とりあえずはミルドさんのアホさに大喜びでございました。まぁ……ってこれは原作ネタバレなので水面下に、かな?
 ネタバレでない感想としては岩崎琢の音楽もイイ感じになってきたかな、という感触。まぁまだ今のところはサントラ購入決定! とかそういうところまでは来てねぇのではありますが。
 よし、ショコラーデがちょう楽しみだぜ
2012/04/19 (Thu)
[日々のいとまに]120418 ~to the begining~
▼ニコに来たので Fate/Zero 14 話視聴。
 内容についてはまぁ、期待通りまたは期待以上、ってことで、「期待していたセンと違うモノ」は来なかったので順当に納得。まぁあの引きでは、いきなりセンを外して来ようもないところではあると思うので、そっちはあるとしたら今後でしょうか。
 で、問題は OP でございまして。
 オレは梶浦由記ファンですから、2 期 OP が Kalafina ってのはそりゃあ期待してたっちゃ期待してました。んが、それはそれとしてひっそりと Oath Sign も大好きだったんでにゃー。どんな感じなんかにゃー、と、そういうのもちょっとあったりしたりしなかったりもしたというのもないではないという感じのアレではあったりもしまして。しましたわけですが。
 杞憂であった。
 素晴らしいじゃねぇか、後期 OP も。
 てことで速攻購入~。なんか PV つき版が何種類もあって一瞬迷いましたが、「1 曲の PV のために、DVD を入れ替えたりとかして、何度も観るってことありうる?」と考えると……自ずと答えは明らかな気がしたので通常版に決定~。
 サントラもいずれ……出てくれると信じてるぜ……単独で、というか、空の境界のときみたいな再編版でこのさい文句云わないので!
2012/04/18 (Wed)
▼そくほう:かぜひいた。
 というわけで軽く寝込み中の模様。うむ、軽く、であれば大丈夫……大丈夫!
2012/04/17 (Tue)
[日々のいとまに]120416 ~ファンシィ・ホラー~
▼その日、いつものように PC のメインスイッチを押したとき、私は奇妙な違和感に襲われた。
 最初は「あれ? 起動しない?」とさえ思ったほどの違和感。
 静かすぎる。
 私のメイン PC にはひとつ、残念な特徴がある。いつごろからか、グラフィックカードのファンがひどい騒音を立てるのである。先日、電源交換のために箱を開けたときに、ちょちょいとファン部分の掃除なども試みたのだが、ほとんど改善されず、クーラー取り外して掃除、などというマネをするほどの技術的自信もなかったので、そのままにしてあった。
 その音が聞こえない。
 ……うるさくなったのもある日突然だったのだから、ある日突然静かになるということも、まぁ、なくはないのかもしれない。だが――。
 このグラフィックカードのドライバと一緒に放り込んだソフトの中には、いろいろと設定をいじるためのものもあり、搭載当初はいろいろいじってみたりもしていたのだが、私の目では少々設定変えたところで「変化がわからん」あるいは「変化してるのはなんとかわかるけど、どっちがいいのかわからん」レベルだったので、それ以来起動していなかった。とりあえず起動するところまでは静かすぎるままに到達し、さてこれ本当に大丈夫なのだろうか? と首をかしげたときに、それのことを思い出した。そのソフトには、ファンコントローラーと温度表示がついている。
 起動してみた。
 温度は 50℃前後、Activity は 0%、Fan Speed は 12%。
 ……そんなにはっきりと覚えているわけではないが、おかしな数字ではない、ように思われる。
 だが、12% とはいえ、ファンが回っているのに、こうまで静かなものだろうか?
 私は 3D ゲーを起動してみることにした。
 最初は変化はよくわからなかった。しかし、実際にゲームで絵的な負荷のかかりそうな操作をいくつか行ってみると、急激に温度表示が変化しはじめた。
 恐ろしい勢いで上がっていく。
 それにつれて、ファンスピードも上がっていく。表示は上がっているのに、音はまったく変化しない。
 ファンスピードが 100% になってからも温度は上がり続け、セ氏 3 ケタが見えてきたところで、恐ろしくなって 3D ゲーを落とした。
 Activity は下がった。ファンスピードは 100% のまま。温度は――まだ上がっている!
 ……3 ケタになったところで、私は Windows を終了することにした。
 数度、再起動を試みた。電源を切ってから数分置いて起動してみる、ということも試した。静かなままだった。表示のファンスピードは 100%。温度は……下がる気配もない。
 少し考え、私はケースを開けてみることにした。
 背面の、延びたパスタのように絡み合ったケーブルを抜き、埋設、ともいえるような状態で設置してある場所から取り出す。
 箱を開け、電源ケーブルだけ再接続し、スイッチを入れる。
 予想した通り、グラフィックカードのファンは微動だにしていなかった。
 嘆息。
 やはり、ファン死、ということか。
 3 年、酷使してきた。それが寿命として長いのか短いのかはよくわからないが、ずっと世話になってきたことは間違いない。知識のブランクという意味では、3 年は長すぎるぐらいに長い。
 とりあえず、負荷をかけなければ、無茶な温度になるまでに、それなりに動かしていられる時間はある。その時間で知識をアップデートするのが正解だろうか。もう一度、それだけのために埋設しなおし、接続しなおして。
 どうせその手間をかけるのであれば、足掻けることは足掻いておいたほうがいいだろう。
 私は、グラボを取り外し、ファンをしげしげと眺め、ファンにつながっている細いケーブルの差し込みを確認して、もう一度、それを取りつけた。
 電源スイッチを押してみる。
 騒々しい音とともに、ファンが回りはじめた。
 ひとり苦笑して、私は再度電源を落とした。原因が何かはわからないが、とりあえず、これで、しばらくは延命できるかもしれない。
 取り外し、せっかくだから、ファンを軽く掃除することにした。
 前回よりは多少念入りにファンを掃除して、また取りつけ、スイッチを押す。
 ファンは、今度は回らなかった。
 回りはじめたところでそれでよしとして、掃除はせずに再埋設するべきだったのだろうか。
 未練がましく、私はファンを軽く手で触れてみた。回転をうながすように。
 騒々しい音を立てて、ファンは回りはじめた。
 問題がどこなのかはわからない。ファンの電源ケーブルがへたっているのか、ファンが(回転部の劣化などで)回りにくくなり、触れてやったら動いたということなのか。
 とりあえず動きはした。だが、再度埋設し、再度ケーブルをつないだ後で、また動かなくなったら――毎回取り出してファンを触ってやるなどということは、とてもできない。できるわけがない。
 私は数度、電源を落とし、また入れる、ということを繰り返した。その間、ファンが回らないということは一度もなかった。
 箱を閉じ、同じことを繰り返す。回っている。設置場所に埋設し、同じことを繰り返す。回る。ケーブルをつなぎなおし、電源を入れる。
 回った。
 これからも回ってくれるかどうか、それはわからない。
 このファンの騒々しさにはいつも悩まされていたのだが、ファンの不調に気づかずに石を焼いてしまうという事態に陥らずに済んだのは、そのおかげだった。怪我の功名、というのはこういうことか。
 しかし、焼かずに済んだからには、当分は使い続けたいのだが、また動かなくなることがあったら、今度はちゃんと直したいところである。この不調はどう直せばいいのだろうか。買った店があったら、持って行って相談することができるのだろうか。
 というか、これで当分は問題なく動いてくれるのであればいいが、明日にもまた動かなくなる、などということになったらどうするべきなのか。
 修理が可能だとして、どの程度のコストがかかるものなのだろうか。
 グラフィックカードを更新する、ということもむろん考えないではないのだが、電力消費抑え目で、そんなに悪くはない程度、というのをまた探すというのも気の重い話である。
 悩みながら、私はその PC で、これを書いている。
 当分は――できることならば、このグラフィックカードの性能に限界を感じ、不調好調と無関係に更新したくなるときがいつか来るとして、そのときまで、無事に動き続けてくれることを願いながら。
2012/04/16 (Mon)
[日々のいとまに]120415 ~ヨルムンガンド アニメ 1 話~
▼放映はじまたよー、との報告を受けてヨルムンガンド 1 話などチェキータ。
 いやぁおでれーた。1 話に原作 2 エピソード分が入ってんじゃん! 速い速い! そのぶん、と云っていいのかどうかはわかりませんが、原作のシリアスなんだかダラケてるんだか微妙なあの空気がちょっと抑え気味、だった、かな? という気はしないではないですが、熱量はまぁ、期待できそうかな、というあたりで。てかココとバルメがあんなに怖くない声だとはちょっと驚きだぜ。
 OP でマイフェイヴァリットのショコラーデの姿も確認できましたので、そのへん登場も楽しみな感じで。てか次回ですでにマイ 2 番目のミルドさん登場ですか! 早! うむ、期待。
2012/04/15 (Sun)
[日々のいとまに]120414 ~S杯問答~
▼「SHOOT BOXING2012~Road to S-cup~act.2」観戦してきましたー。
 つーか今回はいつにも増して見逃せないカード揃いだったような……。で、それが金曜に行われるとか。恐れ入るぜ……。
 試合については書き出すと際限なくなりそうというか、今回はとくに、観戦後に語ることは語り尽くしてしまった気もしないでもないのですが、まぁ、一行ずつという感じで。水面下に。
2012/04/14 (Sat)
[日々のいとまに]120413 ~バイロケーション~
▼法条遥「バイロケーション」読了。
 先日の時点では「読み中」でした。まぁ、あんましねー、死ぬほど面白いものだと「読み中」にならないわけです、オレは。止まらなくなってアホみたいな勢いで読んでしまうので。まぁ、ちょっとばかし古めの翻訳作品とかだと止められない面白さでも息継ぎしつつになっちゃうことなんかもないわけではないですが。
 というわけで、先日の時点では、「死ぬほど面白い作品」ではなかった、のではありました。
 ところがこれが序盤 4 割ほどを過ぎた時点で化けたというか、急激に面白くなりやがってな! そのへんから後は逆にまるで止まれずに一気読み状態になっちまった次第。これはなかなかスゲェのじゃあるまいか。
 というわけで、終わってみればこれはもう先日のナイトメアハンターから連想するに相応しいものであったのかどうかは微妙という感じになったのではありますが、オススメ度は大幅に跳ね上がった感じ。
 以下、ネタバレな感想を水面下に。
2012/04/13 (Fri)
▼なにやらフリップマットで「Urban Tavern」なんてのが出てる模様。
 おおう、酒場戦闘用地形ですか! どうですかマスター、バルダーズゲート入城からフル活用とかそういう感じで!
 ……まぁ、あれなんだけどねー、組み合わせ型タイルとフリップマットはそれぞれ長所短所があると思いますが、酒場みたいなのはむしろタイル向きなんじゃないかなーなどと思ったりもしないわけではないのではありますが。
 でもやっぱ欲しいよなー。欲しいけど……使える場面が限られすぎかなぁ……?
2012/04/12 (Thu)
[日々のいとまに]120411 ~コソボ勉強そのいち~
▼というわけで、出遅れと云われれば出遅れもいいところですし、古い本を読んでるわけでもあるので出遅れて得てる情報が古い情報に過ぎないのでもあるわけではありますが、ま、ここ(の水面下)で書いたとおり、フィクションを見るかのごとき視線で見よう、というようなアレですので、今から一年戦争について調べるようなものだと思えばべつにおかしい話じゃないよね! とかそういうようなアレで、コソボ方面について数冊チェキなど。
 てか、とりあえず本屋で探す→それっぽいものが見当たらない→amazon で検索→ひっかかったタイトルを覚えておいて改めて本屋で探す→なんとか 2 冊だけ発見、で読んだその 2 冊が 2 冊ともけっこう古いということは、実際んところオレがとくに不勉強というわけでもなくて、日本語圏でその後ろくに考えられていないことだってことなのでは……なんてなことも思うんだよねぇ……。
 で、見つけて読んだ 2 冊というのは以下でありました。
 宮嶋茂樹「不肖・宮嶋 空爆されたらサヨウナラ」と木村元彦「終わらぬ「民族浄化」セルビア・モンテネグロ」
 べつに選んだわけではなく、覚えてたタイトルで置いてあったのを掴んだだけ。
 なんですが。
 まぁ、こたえるわ。
 どっちも現地に踏み込んで自分で歩いて自分で見聞きしたことで構成されてることもあり、他人事他人事、と自分に云い聞かせて、云い聞かせることがまぁできる程度には遠いっちゃ遠い土地の話なのに、云い聞かせてないと耐え難いようなずっしり感が。
 今さらっちゃそれこそ今さらな感想だとは思いますが、先の大戦の日本と米国にせよ、一年戦争の連邦とジオンにせよ、そりゃそうなるまでの経緯はいろいろあるし、はじまった後のいろいろだって洒落にならんことだらけではありますが、「殴り合った」同士で起こったアレやコレではある、ってことは、ヘンな云い方ではありますが、救いというか、だからまだ納得できるというか、そういう面があるんじゃねぇのかなぁと。
 単にセルビア系とアルバニア系が殴り合って、それがどんだけ凄惨な有様を呈そうが、そうなるまでの経緯やはじまったあとのいろいろがどうあろうが、それだけなら、まぁね、殴り合いだし、という線はまだしも引けたかもなぁと思うわけですよ。
 そうじゃねぇからなぁ。
 殴り合ってたら、第三者の米帝が子分引き連れて飛んできた、って話だもんなぁ。
 で、その後は、喧嘩両成敗が徹底されるならまだしも(ってのは他人事としてならそれならまだしも納得かなって次元の話であって、自分の身に降ってきてもそう云えるかどうかといえば、そりゃ悩ましいでしょうが)米帝と子分が殴りあいの片方を贔屓してる(とその反対側からは見える)状況が降ってきた、と。
 うん、こんだけ遠ければノンフィクションから入っても大丈夫かなと思ったけど、ちょっと厳しいものがあったのかもです……。
 戦争が「殴り合い」ではなく「他人の殴り合いを上からブッ叩きに行く」ものになった時代に即した 00 とかを先に学ぶべきだったか!
2012/04/11 (Wed)
[日々のいとまに]120410 ~ムライ中将死す~
▼「酒を飲む楽しみの半分は禁酒令を破ることにあるのでね」
 その魂の安らかならんことを……。
2012/04/10 (Tue)
[日々のいとまに]120409 ~2 件ほどご紹介~
▼つーことで、土曜日ナイトメアハンターを遊びつつ連想してた小説作品を 2 点ほど、関係者にご紹介申し上げたい次第。
 まずは角川ホラーで「バイロケーション」
 今読み中なんですが、こいつのおかげで、超常能力/現象にしても、まず瞬間移動ではなく複数同時存在の仮説のほうが先に湧いてきた次第です。
 次に牧野修「トクソウ事件ファイル」の 2 冊、「破滅の箱」および「再生の箱」(リンク先はうちの感想です)
 こちらは警察署の吹き溜まりみたいなところが主役のホラー寄り事件簿として、実はケイゾクより先に連想したものでありました。オススメです。
2012/04/09 (Mon)
[Life as a Half Drow]Not Bilocation
▼ナイトメアハンター(系の新作オリジナルルール by BOSS)第 4 回セッション遊んできましたー。
 以前の 3 回は 3 部作的に連続した話になってたんですが、次は 1 回完結を予定、ということを事前に聞いておりましたので、そう期待しつつ、また、時計を見比べ、「ネタ数的に、今回は今回でキリってことは、もうひとひねりはないだろう」というような読みをしてたら……「夢内決戦は次回送りってことでよろしく」と表明されて鼻水フイてみたり。それならもうひとひねりはアリですよねー!
 今回は、ルール製作者にして動くルールブックとしてセッション中のルール的な裁定も担当している BOSS が体調不良により急遽欠席となったため、決戦の運用等に混乱を生じうる、というのもあった、のかな?
 てことで、軽く水面下に。
2012/04/08 (Sun)
[日々のいとまに]120407 ~兵馬の旗 3 巻~
▼かわぐちかいじ新作「兵馬の旗」3 巻読了。
 いやぁ……この時代の人々のやり方を全面的に是と云いたいかといえば、そりゃあねぇ、いろいろとその中ではいろいろありますが。
 とにかく手段として是であれ非であれ、この悪夢のような綱渡りをしのぎ切ってとにもかくにも独立を維持したってのはホント感服するしかねぇよなぁ、としみじみ思う、のはやっぱり年表ではなく描写で見られればこそ、でしょうか。
 しびれるぜ。
 つーことで、やっぱりこれは買い続け、読み続ける方針に決定っ。
 ってまぁ、タイトルがこれってことは、「その中でのいろいろ」が焦点のシリーズってことにはなるのかもしれないけどねー。ロシアにも糸がつながってるってところを恃んでおこう、ってなセンでひとつ。
2012/04/07 (Sat)
[日々のいとまに]120406 ~北朝鮮 金王朝の真実~
▼萩原遼「北朝鮮 金王朝の真実」読了。
 正日死去以来、大量に出版されてる北朝鮮本は読む気なかった、というか、興味はあるけど出すぎで、ってことは玉石混淆だろうし、どれ読んでいいやら、という感じで手を出してなかったんですが、某福島香織師がツイッターで言及されてて、ちょいと興味が湧いてきたので手に取ってみた次第。
 いやぁ……なんだ、やっぱり、状況証拠を積み上げるしかない対象についての考察ってのは、陰謀観的な感触がどうしてもしてしまうものだなぁ、ということは思ってしまうところではありましたが、実に興味深いものでございました。てか、正邪、というのは違うかもしれませんが、強いて云えばそういう軸か、と思われる視点の持ち方が、「利害関係者である第三者である日本人」としてというよりも、北朝鮮人民に近づこうとしている感じ? なのが好感触、なのかなぁ。むしろフラット寄りに見てる感じで。
 入口の新書としては充分な手応えだったかな、というところでありました。また著書(あるいは訳書)見つけたら、値段次第で考えよう、ってところで。
2012/04/06 (Fri)
[日々のいとまに]120405 ~風車の恐怖~
潜在能力高い風力発電、FITの条件次第で普及へ
 ……うーん、まったく触れられてない気がするのが、例の風車の音と影の猛烈なストレスのあたりなんですが、どうなんでしょう。とりあえず、自分の部屋の中までいつも回る風車の影が落ちてるとかは耐え難いにしても、農作業中に農地に影が回ってる、なら、それはそれで耐えられないことはないってか、慣れればそれはそれで風流かもしれんなぁという気もしないではないし……。
 遠くの景色(ってのは回る影が直撃しない程度の距離ってことね)として思うなら、風車のある風景ってのはそれはそれで魅力的な気もしますし、台風大国で地震大国であることなども考慮しつつペイするという計算になるんなら、推進はアリなんじゃねぇの、とかそんな感じでひとつ。
2012/04/05 (Thu)
▼昨夜はすげぇ風と雨でございました。
 てかまぁ、どっちかならなぁ……とか思ったりもしたんですが、風速 25m って実はけっこう本気でヤバい威力なのね……。つーか、そうなると、例の「風速 40 メートル」(東京湾で)ってどんだけレアなイベントだったんだ……なんてなことも考えてしまったり。
 あとはあれですな、例の「京都の映像」は早送りなしでじっくり眺めてみたい! とかやっぱり思ったものではありました。よく撮れてたよなぁ……。
2012/04/04 (Wed)
[日々のいとまに]120403 ~もちろん、むほうもののかいぞくから~
▼盲牌 12 話まで視聴。
 以下、ちょっとネタバレのため水面下に。
2012/04/03 (Tue)
[日々のいとまに]120402 ~丘陵を寄越せ!~
▼さて、何もネタを思いつかなかったので昨夜は意図的に無更新にしてみたわけですが、世間はそれなりには眺めてみてたりもしたのではありました。ま、あくまでも、それなりに。
 まぁやっぱり感服したのは Google Map のアレではありました。
 いやぁ、スゲェスゲェ、これうまいこと参照すれば、ツクールで地球を舞台にした RPG とか余裕で作れんじゃね!? とかなー、思うよねー。思ったんだけどねー。
 ふと気づいたのです。なんかこれ……足りないものがあるような……? と。てか、まさに、自分が昔ツクールで作ってたドラクエ風(というかそのくらいの縮尺の)フィールドマップに足りなかったものが、まさにこれにおいても足りていない、ような……?
 足りないもの……そう、このマップには丘陵がないッ!
 かつて、XP のデフォ収録地形をちょちょいといじってフィールドマップ用タイルを作ったときにもやっぱり丘陵がなくて、こんな感じの色合いのマップになったんだよ!
 今回のこのグーグルの企画を思うに、丘陵のタイルが使えなかったってことはまぁ、ないと思うので、にも関わらず丘陵がないマップができてきたってことはつまり……グーグル本家の所有してるデータを直接参照しても、グーグルマップから丘陵を含む地図を生成することはできなかった、ということ、なのか……。
 いやー、四月バカ企画でここまでやっちゃうってのはマジスゲェという思いには変わりはないのですが、参照すれば容易に地球を舞台の RPG が作れるぜぇーというほど都合よくはいかなかったぜ、という結論に達してしまったことでも、また、あったのでした。モフン。
 来年はでも、是非、大戦略マップでよろしく頼みたいところだぜ! 丘陵もアリアリで! シクヨロ!
2012/04/02 (Mon)
* Top *