FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]110816 ~海に消えた神々~
▼さて、ココんトコ、小説の読む方向性がやたらと偏っておりました……。
 ま、まるで外れがないのでこれはこれでいいんじゃねぇのって気もしないではないのですが、さすがに偏り過ぎかなぁというか、ちょっとばかし最近の時代が舞台な話も読みたいかなぁという気分にもなったりし……本屋でちょっと網野著作なども買い足すついでにほげーっと探してたら発見したのをゲッソ&読了。
 今野敏「海に消えた神々」読了。
 ……今野敏は、飽きたわけじゃないんですが、ちょっと、次どれに手ぇ出したモンか、ってのが悩ましくなってて、しばらく離れておりました。
 で、復帰第一作がこれか……という感じ? かなぁ?
 海底遺跡ネタとかは、話としては好きなので、そのつながりで思わず手が出た、という感じでしたが、読み始めてちょっとで、ちょっと、うわ、とか思ったりもしたりも……。
 いやー、そんな真顔でムー大陸とか語られても困るって!
 ファンタジーてか現代ファンタジーならそれは全然大好物ですけど! これってファンタジーってわけじゃないよねぇ!?
 ……などとビクビクしつつ読み進め……ええと、これ云ったらネタバレになる? ならないよねぇ? ちゃんと、そういうのはフレーバーにとどまった、まともな推理小説でございました。フー。いやービビったビビった。ヒロインがちょっと「心理学 105 」とかそういう感じでしたが、まぁ、そこぐらい。
 あとは、紙面の配分のフリーダムさにもちょっと驚愕でしたが、しっかりまとまってるのでよしということで。なんでそんな、ダイビングライセンス取得の描写に気合が入りまくってるの! てかオレ自身、最近、体験ダイビングをやったおかげで、そのあたりは妙に描写が肌に感じられた感じで、なかなか面白かったです。
 ……てか、やっぱこれ、これに先立つ事件の話があるんだよね……? そっちも気になってきた感じ。まぁ……あんま超古代文明とか真顔で語られるのはカンベンじゃあるんですが……この作品ぐらいのフレーバーなら上々、ということでひとつ……。
 ってかさー、全然関係ない話になっちゃうけど、ナン・マドールのダンジョンにもぐるとかそういうゲームとかないのかなぁ? そういうヴィジュアルを作る技術はとっくに完成されてると思うんで、まぁダンジョンはともかく、そういうソフトはどっかにはあるんだろうと想像するんですが、あんま踏み込んだことのない分野のソフト探すのって難しいんだよねー。てか、それっぽいのがたとえば DVD とかであっても、クソ高ェどうすんだこれ! って感じだったりするし……。
 いや、うん、まぁ、全然関係ない話なのでこんくらいにしといたるわ!
2011/08/16 (Tue)
* Top *