FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]110627 ~日本のまつろわぬ民~
▼で、昨日言及した 2 冊のうちのもう 1 冊はこちら。水澤龍樹「日本のまつろわぬ民」読了。
 えーと。
 ……たぶん、最も当初の渉猟目的に直球で合致する 1 冊でありました。
 が……むしろ期待通りすぎて食い足りねぇ! とか思ってしまったあたり……我ながらもうアレすぎてアレじゃよ……。
 あるいは、食い足りないというよりも、えーと……なんか「きれいにまとまりすぎてる」って感じてしまったのかなぁ、とも思うわけですが。そう思うと、赤松著作はもちろん、網野著作もきれいに輪が閉じてるにはほど遠い感じなわけで、ヘンな云い方ですが、その「そうきれいに書ききれるもんじゃねぇよ。ましてや記録を充分に残しちゃいねぇ連中の話だぜ?」ってなところに「リアリティ」を感じたのに対し、ちょっときれいにまとまりすぎてウソ臭ぇ、とかそういうふうに何だか感じてしまったのかも……。
 といっても、断言調ではなくて、解釈の仕方としてこういうのはどうよ、という形になってるわけなので、こんな云い様は不当なのはわかってるんだけどさー。
 もし本気でそういうキャンペーンを作るとかになったら、今回の渉猟中ではたぶんワンオヴ一番直球で使える参考書だという感じでした。
 しかしまぁ、あれだな、1,800 円とか、最初に探してたら値段でのけぞってそうなとこですが、文庫で 1,000 円超えが基本なのを買い漁りはじめてしまうとなんか全然余裕な気がしてきちまってます……ううむ。
2011/06/27 (Mon)
* Top *