深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]110428 ~祝 RRS 復活~
▼例の震災で建物がアレなことになり、長期休業中だった我らが Role and Roll Station が、本日をもってついに復活ッ!
 ……つーことで、まぁ初日は混むだろうしどうすっかなーとか思ってたんですが、内輪でもうひとり「今日行く」ってヤツが出現したので、んじゃまぁ行くか、ということでトツゲキして参りました。
 うん…… Enconters などでお会いした方々などともお会いできまして、「来るの 1 時間遅いよ! もうちょっと早く来ればそこの席で 3DA とかやってたから強制参加させたのに!」などと、なにやら相当に素敵なコトになってたらしいという情報なども入ってきたりしまして、なんつーか……ああ、ホントに復活したんだなぁ、と、行く前に思ってたよりもしみじみと感じてしまったり。
 ……そして勢いで! 10% 割引にも乗せられ! バスバスと散財! ギャー! そろそろ PS3 のゲーム欲しいとかそういう次元じゃないようなアレが!
 うへへへへ。
 まぁ、すぐに使えそうかっつーとそうでもないサプリ 2 冊なんですけどねー。んが、4 版でキャンペーン本格的に始めるからにはッ! 是非必要と思われる「次元界の書」とかついにゲッソ! つーかデモノミコン(完売してた。スゲェ)が本格的に面白そうなんで、でもやっぱ予備知識として 4 版の次元界方面の基礎は知っときたいよなぁ、ってんで買ったというアレでもありますが。
 ええ、今後ともいろいろお世話になると思います。ますますのご発展をお祈り申し上げ、再起動のお祝いの言葉とさせていただきます。
2011/04/28 (Thu)
[日々のいとまに]110427 ~密林の脅威~
▼ちょっと、さすがにそろそろ本気で PS3 を純 BD 再生機ではなくゲーム機として活用したいなぁという強い衝動が(何度目だという感じですが)わいてきたので、ちょちょいと下調べなどして秋葉に出撃したりアマゾンを検索したりしたわけですが。
 いやぁ、恐れ入りました。
 たとえば、BD 買おうってトキ――DVD もたぶんそうですが――には、もう、価格的に相当の頻度でアマゾンが最強っぺれぇということは、消失経験から学んでいたわけですが、モノはゲームソフトとかだぞ?
 まぁ、ちょっとばかし店舗のほうが高いとかならまぁそんなモンかなぁ、欲しいと思って即手に入れられるメリットも思えば納得とか思えるわけですが、ちょっとその…… 1 割近い価格差とか……ねぇ? どうなんでしょうか。
 1 割「近い」、ってことは、ポイント還元 10% の店なら、ポイント分を割引というふうに思えばまぁ、アマゾンよりちょいとばかしは安いわけではあります。ありますが、ポイントってのは割引そのものじゃないわけだしさ。
 悩みに悩んで、ふらふらとポイント分で安くなる店でレジに並ぶべきかどうか本気で考えて、はたと実際に支払う金額を思って――立ち止まってしまったわけですが……。
 参ったねこりゃ。
 どうしたもんか。
 てか、是非超絶遊ぶぜゴルァというゲームなら全然余裕で払うぜという額ではあったんですが……あれだ、PS2 のホリスティックがつながらないことによる初期投資の増大とかがもうあれでしてなぁ。安いのでもいいかなと思ってたんですが、実機を触ってみたらボタン的に「ありえない」有様であることが判明……ってのはやっぱり実店舗で触ればこそ、なんですけど……。
 敷居が高いなぁ、PS3 でゲームを遊ぶってのは……。
 ……で、そんなことを悩みながら PS3 のゲームの棚を眺めてたら隣で同じように眺めてたお客さんに声かけられまして。
「最近このゲームが面白かったとか、オススメとかあります?」
「あ……いえ、実は PS3 買ったものの、BD 再生機状態になってまして……やっぱりそろそろゲームも欲しいなぁと思って眺めてるわけなんですよ」
「そうなんですか。ゲームとかあんましやらないんですか?」
 ……答えに詰まったオレを許してくれ……。
 いえ、やりますとも、そりゃもうやりますとも。TRPG やるし、ゲーセンで遊ぶし、自作が趣味だし。
 ……って答えて意味がある場面でもねぇよなこれ。
 「PS3 のゲームを探している現在の心情」を正直に答えておきました。
「いやぁ、あんまし長いのはちょっと重たいかなぁと」
 やれやれ。
 いや、わかってるんだ、とりあえず確実に面白いであろうものは。
 キャサリン。
 うん、絶対面白いと思うんだけどねー。
 なんかこう、「それでも」と思ってまうオレいるが。
 ……「2 本目」だったらもうちっとさくっと買ってたんじゃないかなぁとか思ったりもしますが。
 なんか、「PS3 で一本だけゲーム持っててそれがキャサリン」ってなんか悪夢っぽい何かがつきまとって見えちゃう気がしね? だってホラ、ゲームをやろうと思って PS3 起動すると毎回悪夢だぜ? それはどうなのか、とか。
 ってか、BD を観たいと思ったときに、専用機やドライブではなく PS3 を選んだのは! 今ぐらいには本命ゲームが出てるはずだったからなんだよ!
 ICO の PS3 版が。
 どないなっとるんやオイ!
2011/04/27 (Wed)
[日々のいとまに]110426 ~コジカは正義の味方じゃない 1 巻~
▼小原愼司「コジカは正義の味方じゃない」1 巻読了。
 どんな按配になるんじゃろう……と手探りな感じで読み始めまして。
 佐々木平太郎(って名前が出るのはまだ先)の登場シーン(正確には素顔登場シーン)で鼻水フイて、そして確信。こいつは……ヒットだ……!
 いやぁなんですな、オレが小原愼司にひっかかったのは菫画報だったわけですが、あれのテイストを思い出すというか、爆笑ってのではないんですが、ちまちまと可笑しいのがファランクスシフトで来る感じ。これは素晴らしい。今後も期待大!
 以下ネタバレのため水面下。
2011/04/26 (Tue)
[日々のいとまに]110425 ~テルマエ・ロマエ III~
▼テルマエ・ロマエ III 巻読了。
 今巻は各エピソードが長め、かな? つーか、やっぱ「ローマ人の物語」この時代に追いついておくべきだったかなぁ、などとも思ったり。
 というか、追いついたらまた I 巻から読み返そうそうしよう。
 今巻のクリーンヒットは温泉街編の最後のページでございました。「ネ申です!」じゃねぇよゲラゲラゲラゲラ!
2011/04/25 (Mon)
[日々のいとまに]110424 ~両鈴木、そして……~
▼「SHOOT BOXING 2011 act.2」観戦してまいりました。
 時期もあって、ギリギリまでカードが決まらなかった試合とか、土壇場で変更になったなどもありましたが、今回も最初っから最後まで熱戦の連続でありました。スゲェ。
 以下、ちらほらと。
2011/04/24 (Sun)
[日々のいとまに]110423 ~危険派と安全派~
▼……なんて分け方がなー。
 なんか違うだろ、と。思わん?
 オレはたとえば感染症がらみではいつもいっつも危険派っちゃ危険派です。だよね? アレはヤバいコレはヤバい、と危険危険云ってるわけですよ。「発展途上国でライブバードマーケットとかわざわざ行かないほうがいいよー」ぐらいはまぁ、云うわな。
 で、まぁ、一応専門家の尻尾ぐらいなアレではあるので、問われたりするわけですよ。そういうときは答えるわけですよ。
 「タイ(とか)産の鶏肉食ったらヤバい?」「余裕です。食おうぜ」
 「生ガキ食ったらヤバい?」「3 個までなら統計上平気*です。食おうぜ」
 「豚肉食ったらヤバい?」「余裕です。食おうぜ。あ、でも火は通そう」
 「N95 備蓄したほうがいい!?」「……いらんわ。てかあれ着けてると苦しいよ?」
 ……ここだけ見られるとオレって安全派?
 まぁ、今なんかもそうで、要するに「極端な行動をわざわざ取るな」というコトしか、個人としては、ないんじゃないかなぁと思うんだよねぇ。
 そりゃわざわざライブバードマーケットに行くのはやめとけよ、とは思います。でも、鶏肉食うのを怖がってもしょうがないだろ、とも思います。
 「現時点で、少なくとも我々のいるこのあたりは「平時」」なので「普通に危険で普通に安全」……て、そんだけのことだと思うんだけどにゃー。
 なお、オレが問われるようなことについて明らかに我々個人個人が意識して意味があり、現在騒がれてる事象についても、我々個人個人が意識して意味がありそうな気がするオススメ事項がひとつだけございます。
 「手を洗え。よく洗え。ちゃんと洗え」
 以上ッ!

* これはプロの人に聞いた話なんだけど、聞いた場所が実際に生ガキ食おうという飲みの席でだったので、どの程度まで本気な話かは知らんです。
2011/04/23 (Sat)
[日々のいとまに]110422 ~トライアヌス~
▼と、とりあえず、そろそろこのシリーズばっかたて続けに読むのも疲れてきました……。
 ということで、少し休んで他の文庫モノも読もうかなぁと思いつつある今日このごろ。
 テルマエ・ロマエの時代まで追い着いておきたいという気分もないではないんですが。
 ……ってかトライアヌス帝ねぇ……。まぁ、塩野七生の筆だから、ってのはあるんでしょうが、この人いったいどこが凄いのかわかんないです……。というか、凄いのは確かなんだけど、ティベリウスやクラウディウスやドミティアヌスあたりに比して「特に」素晴らしいかと云われるとなぁ……なんてな。塩野史観に毒されてる?
 まぁ、筆者にしても、こんだけすでに評価の高い人物なら「いまさら自分が絶賛しなくても」的な何かがあったのかもしれんなぁ……などと思ってしまったり。ま、史料がないってのは大きいのはわかりますが。
 つーか、トライアヌス編を読んでて思ったのが「おい、ネロって実は凄かったんじゃね?」ということだったのが我ながらアレじゃった。
2011/04/22 (Fri)
[日々のいとまに]110421 ~ユーゾッタサル並~っ~
▼そして思い出してクリスとかユーゾッタとかが天位を受けるあたりとか読み返して鼻水出ました。
 まったくもう!
 ……さっさと再開しねーかなー。
 というか、まさにこの場面だったんだよねー、顔の傷跡は残してくれの話題で最初に思い出したのは。(オレの HP(ヒットポイント)そのものについての無駄口はこちら
 つーか、私信じみますが、とりあえず BOSS! FSS 出てるトコ全部読め! あーまぁ悪くない刊行ペースだからリブート待ってもいいから! とまた云っておくぜ! 云わずにはおれんぜ!
 (……てか、リブートが連載再掲載形式ってことは、例の湿地の大戦争もフルレングスでやるんでしょうかね? それは……すげぇ楽しみなことのひとつだぜ!)
2011/04/21 (Thu)
[日々のいとまに]110420 ~The Five Star Stories Reboot 2~
▼永野護「ファイブスター物語 リブート(2)」読了。
 まぁ、1 ももちろん以前に読了済ではありますが、今巻はなー、なんとなーく懐かしさがとくに強く感じたので書いてみる次第。
 てか、1 は新装版が出て、そこで一度記憶を新たにしており、カステポー突入後ぐらいは何度も何度も読み返していて記憶がそうそう古びもしてないのに対し、ちょうどこのコーラス編あたりが懐かしさの特異点になってたのかも。
 てか、コーラス編までは、FSS 開始時に「こういうマンガになるんだろうなー」と想像していたものと「かけ離れてはいない」感触だったのが、カステポー突入してからもすぬごい勢いで「かけ離れた」んでなぁ。サイキ(ダイバー)の登場、ドラゴンの登場、MH に乗ってない状態での騎士の戦闘の多発とかが、記号的に挙げるならば、ですが。
 といっても、発刊当時(連載当時も含めて)はさんざん読み返してたことは、読み返していくうちにその明らかさを新たに感じるものでありましたが。
 んでまぁ……感想となると全力でネタバレ、それもこの巻からすれば未来のネタバレを含むものにならざるを得んわけでして……水面下へゴー。
2011/04/20 (Wed)
[日々のいとまに]110419 ~狼の生態学~
「狼と安心料」はなかなか面白かったですが、どうも、嘘つきどもと同じ間違いを犯してる気が。
 問題は、「来るかどうか」が嘘だったということではなく「来る狼はどんなものか」が間違ってたってことであって、その点が嘘の域にすら至っておらず、あいつら何も知らなかったってことなんだよなぁ。「何も知らない人」が云うことをまともに聞くというのはあまりにも不誠実な行動だべさ?
 云ってることが「来るか来ないか」のレベルではなく嘘だったので、まともに取り合うわけにいかなくなってしまったんだよなぁ……。
 狼がどれほどの脅威であるか、という「程度の見積もり」については、チェルノブイリあたりにいた狼の脅威度を思えばそれほどの嘘だったかというとそれほどの嘘ではなかったとはいえ、その脅威度を算出するための狼のデータについては嘘か間違いが満載で、だったおかげで、福島あたりにはその脅威度の狼がそもそも存在し得ないということも理解できてなかったか、あるいは故意に隠して「来るのはチェルノブイリ級の狼だぞ」と叫んでたので、これまたまともに取り合うわけにはいかなかったわけでして……。
 で、実際来てみたら、狼の脅威がどうこうというよりも、「おおう、福島にいる程度の狼だったら完封できる装備があったのに、津波で装備が壊れちまったどうしよう」という状態になっておるわけではありまして、この経験には学ぶべきことはひと山あるでしょうが、だからといって嘘つきが云ってた「狼というものについての嘘」が嘘でなくなるわけでもないし。つーか、「まぁ来たし対処も遅れてるけどこの程度で済んでるとは、確かにたいした狼じゃなかったんだな」と……いうにはちょっとヘヴィすぎるのではありますが、まぁチェルノブイリ狼じゃなかったことも事実でしょう。レベルで表記すると一緒とか無茶な話もありますが。
 つーか、今回以前にしても今ですらそうですが、我々、どちらかというと推進側と見られがちな側の立場は、「まず、反原発に反対である」というところを表明してから「そのうえで原発について語るなら……」とはじめなきゃならん状態を強いられてる(強いてるつもりはないだろうけど、われわれは「脅威の度合いさえ適切に見積もれてればどういう脅威であるかについては嘘でもかまわない」という立場からは全力で距離を置きたいのでなぁ)わけで、んでまぁそのうえで話が進むならいいですが、「反原発である原発に反対の人々」は、お前らに同調しないと云った瞬間に「お前らは推進派であり東電の手先であるか東電に騙されている」とか騒ぎ出す印象が……すいません最後のはオレが云われたことはないのでアレですアレ。嘘。「反原発がくるぞー」的な。先に云っておけば無罪にはならんにせよ軽くはなるだろうウヘヘ。
2011/04/19 (Tue)
[日々のいとまに]110418 ~出崎統死去~
▼So Called 出崎統演出そのもの(というかその中でも最も「濃い」部分)に強い愛着があったかと問われれば実のところそうではないのですが、オレが愛着を持つ多くの表現がその強い影響によって生まれたものだということは確かであります。その魂の安らかならんことを……。
2011/04/18 (Mon)
[日々のいとまに]110416 ~魔法少女リリカルなのは Vivid 3 巻~
▼「魔法少女リリカルなのは Vivid」3 巻読了。
 まぁ、相変わらず砂糖以外の味は入ってない感じではありましたが、風味はちゃくちゃくとイイ方向性になってきたような感触。
 以下ネタバレにつき水面下。
2011/04/16 (Sat)
[日々のいとまに]110415 ~大根乱~
▼そして思い出したように矢野健太郎の「コンフュージョン」とかを引っ張り出して読んで見たりするのでありました。
 「茹でガエル」の話を初めて知ったのはこれだったよなー、とかそんなことも思い出したりしつつ。
2011/04/15 (Fri)
[日々のいとまに]110414 ~「放射能」でなく「放射線」の正体を知ろう~
▼日経ビジネスオンラインにて、伊東乾師による連載「「放射能」でなく「放射線」の正体を知ろう」が開始されてました。
 個人的には教科書読む方がわかりやすいんじゃねぇの? とか読み始めの段階ではちょっと思ったりもしましたが、それはあくまでバケガクの基礎は知ってる上でってことだったんだなぁと読み進むうちに思えてきた次第。正直、自分が大学入ってから学んだコトなんて、どんくらい他の人と共有できてることかなんてわかんねぇもんなぁ。理系の大学 1 年で学ぶコトなんて文系行った人間にわかるわけねぇじゃんか! と云われそうですが、オレ実は高校まで生物以外の理科科目は相当アレな有様だったわけで、オレが大学 1 年目でおおおっと思ってたようなコトなんて実は物理選択してた人とかなら文系でも当然知ってたようなことだったりするんじゃないかとか思ってたりもしたわけでな……。
 つーことで、この連載では「原子って何だっけ?」というところからちゃんと順序を踏んで説明されており、オススメ申し上げる次第です。
 ……ってか、オレがある程度ちゃんと放射化学勉強したのって、1 年目で単位落として慌てたってのが最大の要因だったわけで、どうせ勉強するなら絶対テストに出ないような無駄知識を全力で増やしてやる、と妙なことを心に誓ったからであって、ちゃんと必要なところを押さえてすんなりクリアした人とかは読もうともしなかったであろう教科書のページとかを無駄に気合入れて読んだりしたわけで、この自慢にならなさは我ながら相当なモノでございます。これに比べれば、一時期毎日 RI 室でえんえんと実験してたなんてのは、知識の蓄積機会という意味では誤差だよねー誤差。ふー。
2011/04/14 (Thu)
[日々のいとまに]110413 ~レベル 7~
▼まぁ、最終的なレベル値の判断はどうでもいいってか粛々とやっていただければよろしいかと思いますが、そういうのを政治の綱引きに利用しようとかってのはマジふざけんなボケという話ではありましょう。「この件で」現在の民主を叩くのも、原因を作ったとして過去の自民を叩くのも、どうなのかと。
 ……いやまぁ、1 か月も経って、まだ政治の綱引きを開始しうると思える程度まですら回復できないとは、あの時点では思ってなかったんだけどさ……。
2011/04/13 (Wed)
[日々のいとまに]110412 ~原発供養~
▼原発というか放射科学関連については寝言しか云わないので、ここんとこ敬遠気味になってた内田研をちょい久々にチェキ。
 原発供養
 前半のアマルガム説については読み飛ばせばよかったかなぁという気分。「殲滅」と「血を混ぜる」はかなーり民族浄化的な方向性の事態の両輪を成すわけでして、辺境側の視点を云うなら、「襲来者の血を受け容れることで抱き込みそれにより変わりることは避けられないながらも生き延びる生存戦略」という立場で語るならばともかく、「殺さずに同化する」立場で語るのはおかしいと思うんだよねー。それは殲滅の亜種だと思うんだよにゃー。
 んがそれはそれとして、後半の原発の話は唸るものではありました。
 てか、「鎮まり給えー! さぞかし名のある原発の主と見受けたが、なぜ、そのようにあらぶるのか?」とかそういうアレが目に浮かんでしまった(という発言もかなりアレだという自覚はあるのでほっといてください)
2011/04/12 (Tue)
[日々のいとまに]110411 ~オールバックス 1 位!~
▼昨日ですが、ちょいとオールバックスでまたアケのほうで出撃など。
 ……うん、先日、「ぜんぜんゲーセン行かねぇからナビ設定とかアレだよな」なんてコトを書いたばっかりですが、ちょっとあれは訂正だ。
 週日に行く気になるかどうかって話そのものはまぁ変わらないんですが、ナビ指定はどうやら「指定当日を含めず 7 日」であったようですな。昨日の時点でも契約維持できてました。まぁ、これならモト取った……まで云えるかはアレにせよ、設定した甲斐あったかな、という感じに。
 そして! ケータイのほうで! 我らがオールバックスは上等兵週間 1 位をゲッソった模様です!
 ……まぁ、何の実利もないんだけどね! でも、何の実利もない上位、はどうでもいいですが、何であれ「1 位」は少し別格であろう、ということで喜んでおくぜ! イェー!
2011/04/11 (Mon)
[日々のいとまに]110410 ~抵抗し、義務を果たせ~
▼国政をサボったことはない(ハズ)ですが、地方では投票したことなかった……かな……という感じのオレですが、今度ばかりは必死の反対票を投じてまいりました。
 やれやれ……。
2011/04/10 (Sun)
[日々のいとまに]110409 ~EXVS vs GvG Next?~
▼さて、先週のオールバックス出陣から 1 週間が経ちました。
 あんとき、せっかく一緒に遊ぶんだしー、ということで 7 日間のナビ設定をしたんですが、その後の 6 日間での EXVS プレイ回数、ゼロ。
 ……。
 …………。
 うん、べつに忙しくて行けなかったとかじゃないんだ。なんかこう…… EXVS 遊びたいという情熱が生まれないというか……ちょっと近くを通っても、「行ったとして、やりたいことってあったっけ?」とか思ってしまってな……。
 まぁ、ファイトのほうはけっこう楽しんでますし、それとデータ保持やカスタム通信、たまのナビ設定のコストとして月額料金については払うことに疑問は感じないのではありますが、ちょっと、うーん、と思ってしまうわけではありますよ。
 なんてかさー、最初っから今ぐらいの機体数、ルート数があったら、もっと飽きずに遊べたんじゃないかと思うんだけどねー。なんか、まず飽きるまで遊ぶ→ちびっと追加→速攻飽きるまで遊ぶ→ちびっと追加→速攻以下略、なループになってる感っていうか……。
 最初っから選択肢が多ければ、それぞれフラットに見比べて、これはアレと似てるけどこう違う、からこっちにしようかな、でもやっぱり……的に行き来できるんですが、後から追加になると、印象づけのためと感じてしまう珍妙な性能で敬遠したくなるものだったり、似てたらわざわざ乗り換える気にならなかったりで、どうもなぁ……ってのがなぁ……。
 最初からメッサーラとか赤キュベレイとかいたら絶対面白がって使って、定着できなかったとしてもきっとたまに使う機体にはなってたと思うんですが、いまさら追加されても、ちょっと使ってみる、で、よほど気に入らなければ投げそうな気がしちゃってにゃー。
 そりゃまぁ、たとえば前作だって、半年も経てばそんなにやりたいこと満載じゃなかったんですが、サブででも使いたい機種が多ければ、行けば数ゲームは遊んで目先の違う楽しさがあったわけです。今は結局……目先があんま変わらんので、「あ、使いたい機体は全部先週触ったし、べつに今日はいいかな」という感じでなぁ。
 なんでかな。
 ま、単なる愚痴ってか、どうも、前作とかに比べると今作は合わないのかなぁ、ってところで。といって全然つまんないクソゲーと思うわけじゃないので、それも悩ましいところでして。やれやれ。
 なお、席の埋まり具合は、稼動初期の印象は Next>EXVS、ただ、EXVS はその後も客があんま減らない印象があります。ってことは、世間的には EXVS の引き伸ばし的解禁手法は成功ってことでいいのかなぁ? ただ、前作は「ゼロか埋まってるか」の景色だったのが、今は「6 ラインシャッフルにひとり」とかも多々見られるので、これを埋まってると云ってしまっていいのかどうかは……どうなのか。自分が遊べないって意味では「埋まってる」と同義だけどねー。野試合シャッフルはフルメンツならたまにはアリだけど、サシで戦う機体は持ってないんじゃよ……。
 以下、水面下にちょっとざっと数えて書き出してみるー。数え間違いとかあるかもなのでカンベンな。
2011/04/09 (Sat)
[日々のいとまに]110408 ~ガンダム UC 3 話~
▼今回はもう最初っからアマゾンで購入。
 いやぁ、相変わらず破壊力あるなぁというか……まぁスジは全部知ってるわけで、細かい描写が目配せひとつ単位で「うお、そう伏線敷くか!」という感じに見えるのがまたたまんねぇっす。というか、そういうとこを何度も詳細に見て楽しむものだからこその OVA であるなぁ。もっと素直な密度にして TV シリーズというテもあったろうに……とも毎度思いますが、戦闘とかのクォリティはやはり、こういう手間のかけ方してるからこそだろうしなぁ……悩ましいところです。つーか加速かけるネェルアーガマにデブリがピシピシ当たる描写とか目ェ剥いたぜ。
 まぁしかし、あいかわらずおっさんが主役すぎてたまらん。オットー、ダグザ、アルベルトあたりが今巻はとくに、でしょうか。アルベルトとオットーはここまでずっと素晴らしいですけど。そしてマーサの「イヤな小物」感が期待以上。まぁ、もう少し若作りな印象はあったんですが、あんなところかなぁ?
 そして、さすがにこれ見たらちょっとばかりデルタプラスに乗りたい気持ちにもなったり。ちょっとばかり止まりなのがまぁアレですけどな……。
2011/04/08 (Fri)
[日々のいとまに]110407 ~茎わかめの怪~
▼食料の買出しなどしてたわけですが、レジに並んでてふと見るとだな。
 どちらを向いても茎わかめ。
 どいつもこいつも茎わかめ。
 ……え? 何かブームでも来た? 茎わかめダイエットとか?
 まさかとは思いますが……まさか、アレじゃないよな……?
 いや、もしアレだとしたら、ダイエット以上の頭抱えるしかないアレだと思うんですが……。
 うん、考えすぎだよね、きっと。
2011/04/07 (Thu)
▼先日マップの CD 屋に FICTION II 買いに行ったときのこと。
 何か新譜の棚に SAC のサントラとかが並んでてなぁ。
 何で新譜? と疑問に思いつつ帰宅したわけですが、そういやアレに新宿原発って話があったよなーと思い出して、なんとなーく観たくなり、観てみたところ止まらなくなってシリーズ最後まで見てしまったでござるの巻。
 まったく……オレってほんとバカ……。
 ……新作でも作るんかねぇ? もしそうなら、それはとっても嬉しいなって。
2011/04/06 (Wed)
[日々のいとまに]110405 ~機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル 12 巻~
▼エコール 12 巻読了。
 まさに、「生命散って」というか……なんかもう、この時代を舞台にするとどうやってもこういうアレというか……。
 参りました。スゲェ。このシリーズ始まったとき、ここまで突き詰まってくると予想し得た奴いるんじゃろうか、とか思っちまうようなアレですよ。
 スゲェ。
 ……で、クロスボーンが出たからには、エコールからも参戦しろよ EXVS、と思ったりするよねーやっぱり。てかまだ声優つけてないっぽいからそこんトコでダメなんか? 向いてると思うんだけどなー。ル・シーニュはとくに魅力的なモビルスーツってわけじゃないですが、主役機として充分かつ適切な魅力があると思いますし、ほかにはエリシアのギャプランとアキラのケンプファーでゲーム的個性も充分以上だと思うんだけどにゃー。
 以下、水面下にネタバレ込みの感想などを。
2011/04/05 (Tue)
[日々のいとまに]110404 ~魔法少女リリカルなのはMOVIE1st THE COMICS 2~
▼「魔法少女リリカルなのはMOVIE1st THE COMICS 2」読了。
 ……前巻の時点ですでに「つーかムービーなのかコミックなのか何なのかはっきりしろ」というアレではありましたが、今度は「1 なのか 2 なのか!」というアレが。
 や、書店で見ればロゴのデザインとかで見間違いようはないんですけどねー。こう、文字で書くとな……。
 以下、ネタバレ水面下。
2011/04/04 (Mon)
[日々のいとまに]110403 ~出撃! オールバックス~
▼突発的に先日一緒にスキーとか行ったメンツ(ん? 記録書いてないっけ? まぁ、気にすんな!)などと飲みなど。いや、その話題ってワケじゃないんですが、たまたまそんなメンツで集合になったので。
 とりあえずゲセンでちょっと EXVS など。
 ……オールバックスの命名はずいぶん前ですが、この組み合わせは見るたびにヘンな笑いが出てきますな! というか、Wao が最近 1000 で使ってるのがヅダで、オレは以前から 1000 はベルガ・ギロスなわけで……なんか、こいつらも髪型がアレ寄りなんだよなー。
 サザビーと GP02 で C6-EX に突入するに至っては、スタート前画面に登場するパイロットが 0093 シャア、ガトー、東方不敗であり……この髪型の揃い踏みっぷりにさらにヘンな笑いが漏れる始末でございました。
 で、その後に DISK と Wao がスモーと百式で出撃するというこれまた見た目的にアレな事態が発生。
 まったく……!
 飲みは飲みで相変わらずでございました! (つーか、語られた悪企みはとりあえず今はまだ秘ということで!)
2011/04/03 (Sun)
[日々のいとまに]110402 ~クラウディウス~
▼そして、塩野七生「ローマ人の物語」文庫19冊目「悪名高き皇帝たち[三]」まで読了。
 ……って一冊ごとに感想書くようなアレでもないのであはるんですが、今巻は妙に笑える記述が多めだったのでつい……ということでひとつ。あまりにアホらしいっちゃアホらしい感想なんで水面下に。
2011/04/02 (Sat)
▼一応、ネタなど仕込もうかなぁなどとも考えはしたんですが、やっぱ最近はあれで、練る気分になれなかったので、今年はネタとかナシの方向性で。

 問:以上の文章に含まれる嘘をすべて挙げよ。いえ、やっぱ挙げなくていいです。
2011/04/01 (Fri)
* Top *