FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Dungeon by Sword
▼ソードワールド 2.0 キャンペーン第二回遊んできましたー。
 キャンペーン名がないのでややこしいですが、前回が「挑戦! 魔剣が呼ぶ迷宮」収載の「洞窟の蛮族と失われた魔剣」で、今回は同じ本の後半に載ってるシナリオ「魔剣が眠る迷宮」でした。タイトルはあとから聞きましたが。
 参加者は以下の通り。
 ハントリー・ゾーン(ハンゾー)(Musha):エルフのフェンサー/レンジャー、だったかな? B テーブル前衛の回避性能でパーティーの前線に安心感を提供。
 ブルース(BOSS):ドワーフのマジテクシューター。パーティーの火力中心。
 シエリア・ジャーニー(DISK):ナイトメアのグラップラー。相変わらず、どマルチ。
 ファニーメイ・ベアスターンズ(わたし):雌伏の 3rd ソーサラー。あとひとつで! いろいろ化ける! といいつつボス格のキルマークいただいたりもしましたが。
 ドワーフプリースト/ファイターのヴォルグ(artemis)は今回欠席。すなわち今回はプリーストなしパーティーでした。
 まぁなんとかなるでしょ、とか思ってしまうあたり、前回が比較的安定だったので速攻でナメ気味でありました。ヒール弾もあるし、レンジャーのおかげでポーションの効果はそれなりにあるしねー。
 まずは導入、というか、幕間劇。マスターオリジナルとのこと。
 PC たちは町中で何者かに見られていることに気づきます。ナニゴトかと思って観察者を探すと、町からこそこそと去ってゆく、フードを目深に下ろした二体の人型生物。追っていってみると、町を出たところで連中は正体をあらわしました。
 なんとゴブリンとボガード。
 秒で撃退しましたが、そこにやってきたのは、毎回いろいろネタを持ってきてくれる情報屋のマイケル。
「お、このボガードはまだ息があるな。どうだい? 殺さずに尋問してみたら?」
 おほ。すげぇストレートなヒキだな。
 気にせず殺そうとするシエリア、尋問に賛成するブルースとハンゾー、「どーでもいいや」な気分のファニーメイ。
 まぁ、シナリオ的にはここは情報源なんだろうニャーということで、尋問を開始してみますが、口を割る気配なし。
マイケル「どうだい? ここはひとつ、尋問はオレに任せてみないか? 何か吐いたらすぐ連絡するからよ」
ブルース「まぁ、そういうことなら任せてみるか」
 この場面、尋問というかまぁ実質拷問みたいなモンを想定してたような気がしたりしなかったりするわけですが、プレイヤー側の「尋問します」だか「拷問します」だかの宣言は「あれは具体性というか描写の盛り上がりを欠くのでいまいちなぁ」というマスターのコメントと、それに対するブルースの「そういうのは以前にそのあたりの描写に無駄にこだわるプレイヤーと遭遇したことがあったりして、深入りしないのが吉という経験則がある」という意見があったりして、なかなか興味深かったです。
 わたしはといえば、これは(あまりにもプレイヤー視点すぎるし)現場や二次会では云わなかったのですが、「捕獲した敵の情報を信じて騙されなかったことがない」というプレイヤー経験則から、尋問拷問の類は極力避けようとしてたりします。ま、ディテクトソウツ系の手段があれば別ですが。実際、あっさり自白されたらそれはそれで怪しいし、相当追い詰めて自白を得たとして、そいつのその後の処遇をどうするか考えた場合、あんまし気分のいいことにはならなそうでなぁ。
 わたしが判断を任されたら、「すまん、お前が正直に自白しても助けてやることはできん。だから、せめて苦しませず、仲間を裏切らせることもせずに殺してやる」ぐらいのところになっちまいそう(脳内イメージ:魔覇流を殺そうとするラハ・ファーン。誰にもわからんだろう! ゲラゲラ)です。あんましよくないスタイルだとは思うんだけど、捕虜から得た偽情報(や、嘘ではないまでも意図的に偏らせた情報)で窮地に陥るのはもう飽きた。
 で、「戦わずに交渉した」とかの場合の情報は比較的アテにできると思ってるというか、「どちらが「より」得をするかには差があるとしても、双方の利益がプラスになる」ような話し合いを成立させ得るときであれば、それなりに信頼してる気がします。自分が情報を吐く立場になった場合を想像すると、わたし(プレイヤー)だったらどういう場合にどういう吐き方をするか、と想像し、それに対応してるだけで、ま、単純というか、幼稚と云わば云えって感じの思考経路ではありますが。つーか、「味方を売れば助かるかもしれない」という「敵に対する信頼」がないんだな、要するに。「どうせ助かりゃしないんだから、せいぜい偽情報でもつかませてから死んどくか」ってなノリ。そして他人もそうだろうと思ってしまうという。(まぁさんざん偽情報に踊らされたのは実際のプレイ経験ですけど)
 人対人の戦争闘争じゃないんでなぁ。それも、単なる異種族の闘争な世界ならまだしも、「人族対蛮族」というかなり不倶戴天な対立関係(って認識は正しくないのかな? すいませんちゃんとわかってません)で、「屈すれば助けてもらえる」というふうに敵を信頼する(そして敵がそういうふうにこちらを信頼しているであろうと考える)ことはできないなぁ、わたしは。今のところは。
 もし敵が愚かさ故にそう思ってしまうということだとしたら、そういう愚かさにつけ込んで、聞くこと聞いたら殺す、というのは、少なくとも名誉(家を買うのに必要なもの)ある行動だとは思えないし、それじゃあ殺さずにその情報に免じて生かしておいてやろう、なんてことは、味方陣営に対して害を与える利敵行為の一種だと感じてしまってそれはそれでアレだし。
 融通きかんね。
 ま、そんなようなコトを主張するわけじゃなく、黙ってるだけなんで見逃してやってください。
 この時点ではわかりませんでしたが、この導入は実際には今回の次の回(同日セッションでしたが、別セッション扱い)の伏線で、今回の市販シナリオの導入ではなかったというのが結論。
 以下は市販シナリオのネタバレなため水面下へ。
2008/08/31 (Sun)
* Top *