FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
▼グインサーガ外伝「鏡の国の戦士」読了。
 びびった。つーか、いったい何だってそんなコトになっちゃったうえにさらにそんなコトまで!? ってな驚愕の新事実(っても正伝の現在から見ればはるか未来のことだけどさー)が続々。
 で、びびったんですが。
 話の内容はなぁ……なんつーか、「お前らまだ飽きないのか」みたいなアレで……ウウム……。
 ふたつめのエピソの「空の色」たちとのやりとりとか、「とっさにひっつかんで持ってきた酒瓶が大活躍」あたりは、オオウ、「「幻想」文学!」というカンジで好感触だったりしましたが、それも結局女王と王女と王子が出てきたあたりでいつものアレってな展開になってしまい台無し。やれやれ。
 つーか、とりあえずびびる驚愕の新事実を提示する以上のいかなる意味合いがこの本にあったのかがサッパリでございます。単独の読み物としては「いつもの」なわけで。
 しかし、ツンデレだのヤンデレだのという言葉が登場する以前から猛威を振るっていたあの猛悪ヒロインのシルヴィア殿下の前途はどうも果てしなく暗そうであり、全米が泣いた次第。
2007/07/21 (Sat)
* Top *