深度 、急速潜行~
めも
 いや、めもっつーレベルじゃないっつーかむちゃくちゃ興味深いのですが、なんか口出しする隙間がないカンジなので、黙って紹介っちゅーことで。
 井上仮様にて発見。

コレ見て、なんかマルドゥック・スクランブルの導入みたいだにゃーとか思ったオレだった。

▼こいつは気分の問題なんでうまく云えないんですが、この件はなんとなく、「教師は国歌斉唱に際しては内心反対であっても起立して歌ったフリぐらいはしとくべきだ」とふだんこのテの話のときに感じるのとは違う印象を受けるんだよにゃー。
 その他の面では相容れないと感じる部分がほとんどない集団において、その集団がその点に関してはなんかちょっと気に入らない行動をするときに、ヒラ構成員としては、わざわざそれに対して異を唱える必要はオレは感じないし、そうまでして異を唱えるほどに反感があるならさっさとその集団の一員であることをやめちまうべきだと思うわけで、それはつまり「起立して歌うフリぐらいしとけよ、大人気ねぇ」というふだんの印象につながるわけですが、自分が「率先して」それをやれと云われるのは全然違うコトな気がするんだけどねぇ。
 だいたい、たかだか学校行事の国歌斉唱ぐらい、ピアノ教師、じゃなかった音楽教師のスキルに頼らなくたってラジカセで伴奏つけてやりゃすむ程度のモノじゃんか。その上で、その他大勢の教師の列に加わった該当教師は、少なくとも起立して歌ってるフリぐらいはすべきだと思いますし、それすらしなかったとしたらそりゃおかしいぞ、と思うわけですが。
 うん、まるでスジは通ってないのだがな。
 気分だ、気分。
 ……あれかな、公務員みたいなのは、「率先して足並みを乱す権利」を持たないが、「率先して足並みを揃えさせる義務」を持つわけでもない、とか、そういうあたりでどうですか、程度に思ってる、ってとこでしょうかね。
 あと、音楽教師てか芸術科目の教師は、いつもこのテの問題を起こす社会科教師みたいなものとは別の人種であると考えるべきだろう、とも思うし。
 芸術家が「全体の奉仕者」なんかになれるとも思えんし、「全体の奉仕者」なんぞに芸術ができるとも思えんのでな。(たまたま全体と同じ側に立っていたために全体のほうが利用するのは勝手ですが)
 国歌の伴奏程度のことなら、社会科教師だろうが校長だろうができるだろうがよ。
 オレだってできるわ。
 その程度のことを、特殊技能者にわざわざやらせるんじゃねぇ。
 ……いや、オレが過去に出会った学校音楽教師という生物が、どいつもこいつも、ほかの(芸術家ではない)まっとうな教師どもとは別の人種っつーか「こいつは、音楽以外の部分はかなりやばいんじゃないだろうか」と思うような連中ばっかだったってだけのことかもしれませんが。
 そういう連中が教師として相応しいのかどうかは知りませんが、教師としてふさわしいような連中に音楽なんかが教えられるかどうかもまた謎だし(そりゃ、皆無じゃないでしょうけどね)
 まぁ、音楽の授業中は、音楽室のピアノでえんえんと適当なゲームミュージックとか弾いて遊んでたオレも充分にアナーキックですがね。

▼今週の週アスの 171 ページ、ガンダム無双に関する本記事と切込隊長コラムのコメントを見比べるとなかなかステキです。
2007/02/28 (Wed)
これさ、タミフルの服用と異常行動のあいだに相関がないというデータじたいはたぶんウソじゃあないとは思いますが、それは「タミフルを飲めば異常行動をしない」という意味ではないわけでしょう。飲もうが飲むまいが異常行動の頻度に変化がないので、タミフルのせいじゃない、と云ってるだけでしょう。ということは、「タミフル服用の有無にかかわらずインフルエンザで異常行動をする可能性がある」ということになるんじゃまいか?
 厚労省側にタミフルの服用とは無関係だという線を覆すつもりがないのであれば、つまり無関係であるという確信があるのであればなおさら、タミフル使用に対してというよりも、とくに若年のインフルエンザ一般に対して、異常行動が生じる可能性を指摘し注意を喚起するべき場面なんじゃないでしょうかね。
 事故死した子どもの家族らで作る「薬害タミフル脳症被害者の会」は、「因果関係がはっきりしてからでは遅すぎる」と、厚労省の対応を批判している。
 というのはロジックはともかく提言は正しい。因果関係がないのだとして、それがはっきりしたとしても、やっぱり(インフルエンザによる異常行動の可能性に対する)注意は喚起されるべきであり、そうであるなら因果関係があろうがなかろうが、そんなこととは関係なく、さっさときちんと周知すべきでありましょう。
 少なくとも、タミフルの服用によって異常行動が抑制されない、あるいは、されたとしても異常行動で死ぬヤツが無視できない数出る程度の不完全な抑制にすぎないことはもう明らかっぽいわけですから。
 逆に、(若年患者に)タミフルを一切使わなかった場合、フェイタルになる頻度ってどのくらいだったっけか? 今回の異常行動死がタミフルに由来していると仮定しても、そのトータルの頻度がタミフルを使わなかった場合のリスクよりも充分に小さいのであれば、「処方して、きちんと監視する」という結論にならざるを得んと思うのですが。タミフルに罪がなかった場合と同様に。
 っつーか、別の場所にもっと実況的写実的な記事もありまして、そっちはマジでキツかった……。タミフルのせいであろうとなかろうと、対応すべき事態だよなぁ、これ、明らかに、しみじみと。

すげぇ
 あまりの朝日ボロクソっぷりに職場で爆笑しそうになりましたが。
 いや、まぁ、阿呆だというのは同感ですが。

梶浦由記の新譜をグルグルと聴いております。
 いやぁ、梶浦由記は好きだし、北斗の拳もまぁ嫌いじゃないし、でもこのふたつを混ぜるってのはどうなのよ!? いったいどうなってしまうのか!? とか思ってたけど杞憂でございました。っつーか要するに梶浦由記でした。で、問題なく「北斗の拳のサントラ」と云われて納得できるブツでした。劇場用を意識して、フルオケっぽい壮大っぽい作りが比較的多かったのか? 梶浦由記以外の何者でもなくありながら、ちゃんと北斗ぽいっつーか、後から思えばもともと世界観も近いのかにゃーとも思うのですが、だからといって Noir の世界観(音楽的な、ね)をママ持ってきても通じないだろうし、フムン?
 ん? 映像? 知らんよ? 一片たりとも。ま、よくあることだ。
 とりあえず印象としては、「at last...」あたりは「殺伐とした世紀末に殴りメイドのエリノアが!?」みたいな勢いでステッキーというかひどい感想だなコレ。
 で、「lightseekers」が salva nos で大笑い。終わり方が salva nos でもう一段大笑いで椅子から転げ落ちそうになってみたり、「光の行方」が静かめの挿入歌かと思ったら途中から全速力で salva nos になって大爆笑。すげぇ。
 いや、笑ってますが同時に大盛り上がりで。なんせ「fiction」収録の「salva nos」聴いたトキに思ったことが、「今すぐ Noir の劇場版作れ! そしてクライマックスでこれ流せ! したら画面無関係に絶賛する!」とかそういう勢いだったわけで、その勢いが半分ぐらい再燃してくるようなブツでありました。半分ぐらいだったのは、ちと最高潮に達するには尺が短かったからでなぁ。こういうのは、ふだんは小刻みにつかってても最終回でフルコに近い勢いでえいやっと投げ込んで(まぁ実は第一回でも同然のコトやってたりしますが)うひょおーと燃え上がるような類のブツでして、Noir のソルダ本拠地襲撃時の salva nos(これイントロが重なるトコからしてヤバいのじゃよ。そして銃使いふたり相手に、ボディアーマー+両手剣で天井から降ってくるマレンヌ*1 がカッコよすぎてヤバい)、MADLAX のヤンマーニ(マーガレットが「例の」構え*2 からフライデーに一発、一瞬途切れて、ヤンマーニ中間部をしょって物質界で教会の戸口に立つ MADLAX、ってなぁ)、舞乙の MATERIALISE(中間部、静か目のとこで、これが実現する日が来ようとは思ってもいなかった、「ハルカとシズルの背中合わせ」とかスゲェ。これだ、これでなくてはな)とか、そういうのなわけですよ。まぁ長いシリーズってわけでもないから、そういう積み重ねはあれですが、尺はもちっとたっぷり使ってくれりゃあ劇場まで観に行く動機になったのになぁ……と思うとちともったいなくも思ったり。って、今度のは劇場公開するのかどうかとか知りませんけど。
 っつーか、アニメ全体としてみると、どうも胡散臭さが強くてなぁ。同梱されてたそっちのほうの公告に載ってたキャストが、「ケンシロウ、ラオウ、ユリア」まではいいとして、その次が「ジャギ」ってのはいったい何なのか意味がわからんのですが。いや、ジャギ嫌いじゃないけどさ。でもたとえばサントラのほうを見れば、「Toki」の名のつく曲が一曲(というのは本筋での重要さ(さらに梶浦由記も気に入ってるらしい)から見れば軽すぎなので、出番が少ないんでしょうが)、「SHEW」の名のつく曲が 4 曲、「THOUZER」の名のつく曲が 3 曲で、「SHIN」が 2 曲。ジャギの名のつく曲は一曲もねぇ……ということを考えると……どうも裏に政治的な臭いが感じられてしまってアレな気分になるんだよにゃー。
 いや、まぁ、そのアレな気分はオレのほうに問題があるわけですが、わざわざ金払って観るほどの魅力は……。
 サントラで満足しちゃったしな。

*1 つーかボルヌだったかマレンヌだったかすっかり忘れたっつーより当初からわかってませんが、今確認のために検索してみたらボルヌ&マレンヌ&アルテナ(&たまにクロエ)のエロ SS が続出でげんなり。お前ら……。いや、べつに作るのは勝手だが、どっちが剣使いかっつー重要な情報を検索からマスクするんじゃねぇー!
*2 最終回の使われ方からみるに、あれは「被害をそらす」の呪文の動作要素なんじゃないかね?
2007/02/27 (Tue)
はぁ!?
 今の心境を喩えるなら、あれだ。「参ったな。うちの生きた航路図が死んだ航路図になってしまった。これからうっかり森へハイキングにも行けんぞ」とか、そういう。
 ううむ……参ったな、実際……。
 ここのかわりはないからなぁ……。Wiki 系に垢箔が貼られる騒ぎも続いており、古参の静的情報サイトの重要性は高かったんですが……。
 ううむ……参ったな……。
2007/02/26 (Mon)
▼そしてすごい勢いでゲーム作りパッションが後退。
 うむ、オレらしい。
 つーか、素直にウィザードリィ作るかなぁ。入力すべきデータのひとつひとつの使いどころ使い方、どうしてそうしなければならないかが(ほぼ)全部見えて納得したので、今となっては自分の作ったゲームのデータ作るのもウィザードリィのデータ作るのも感覚的に変わらんカンジになってしまいましたし。
 問題は、ウィザードリィだと知人の誰にもやらせられないって点ではありますが……。
 知人以外にやらせるようなモノを作る気もないのでなぁ。

▼チャールズ・ダーウィン「種の起源」上巻読了。
 疲れた。
 っつーか、読み始めたトキには「メンデル以前の遺伝学」とか口走ってましたが、これはあれだ。「ダーウィン以前の進化論」だ。つーかその境目になった著作なんだから当たり前ですが。
 まぁ、面白かったかというと正直アレっつー気もしますが、挫折もせずに(しそうにもならずに)読み切れたということはそれなりに面白かったのかなぁ。
 そうか、創造説なんてものが幅を利かせてた時代だったのであるなぁ……。
 そして、現在も信じてる人が満載だというのを思い出して慄然と。
 しびれるぜ、まったく。
 ダーウィニズム自体も、オレのような混沌的多神教徒から見ると、一神教的な根っこに基づいているっていうか、まぁ、現代の西洋文明由来科学というものがもともとそうだっつー話もありますが。
 あとは、人間を中心とした動物に関してはそれなりに(あくまでそれなりにですが)専門的にも学んでるとオレですが、植物についてはサッパリなので、植物の例が多いと疲れます。フゥ。
 とりあえず下巻もがんばって読むとしよう。
2007/02/26 (Mon)
[Life as a Half Drow]Druid in Wilderness
▼あなたの PC がドルイドだったと思ってください。
 で、しばらくダンジョンアタック続きだったキャンペーンに、ふいに屋外ミッションが降ってきたと思ってください。
 どう思うよ?
「おおおお心優しいマスターがオレ(の PC)に大活躍の舞台をッッ! よろしい、本懐である!」
 だよなぁ。
 つーことで、レベル 9(ウィザード 1、ドルイド 8)になった PC で屋外ミッションをやってきました。
 森の中で遭遇したのは種別「巨人」一体と種別「人型生物」20 体からなる敵集団。
 楽しそうに大量のユニットを広いタイルに並べはじめる DM!
DRR「うわははははプラントグロウスっ!!」
DM「ナニソレ」
DRR「えーとこれこれこーゆー呪文」
DM「……」
 無言で、並べたばかりのユニットを回収しはじめる DM!
DRR「ってオイ!」
DM「ハイハイドルイド最強最強」
DRR「ここから楽しい楽しい一方的虐殺の幕開けだったのにー!!」
 ……まぁ虐殺もどうかと思うがな。
 んまぁ、おおむねそんなカンジでした。今回のラスト戦闘では若干立ち回りを間違ってピンチに陥ったりもしましたが、ま、結果的には誰も死なずに突破したのでよしということで。というか、魔法戦士とわたしのドルイドが一発圏に陥ってたんですが、プレイヤーがけっこう平気な顔してた(リアルはったり)らしく、DM はいいとこまで追い込んでたという実感はなかった模様。
 んまー、フルプレート着込んだオーガごときに二度殴られて二度とも命中するとは思わなかったですが! ちと甘く見すぎたか。でも AC 28 に +18 なら半分は避けるつもりだったんだがにゃー。こりゃまずいってんで眼前で変形して逃亡。ていうか「変形」って云ったら「ゼータガンダムかよ!!」とか笑われましたが。個人的にはアッシマーのほうが近い気分ですけど。
 で、気づいたんですが、化身時発動を取ってない(統率力が許可されてなければ 9 レベルめでワイルドフィート取って化身せずに飛行する予定だったため)とシェイプは厳しいかと思ってましたが、先にいろいろ仕込んでから変形するぶんには問題ないんですな。メイジアーマーが残るかどうかは DM の裁定待ちですが、シールドは残るし、DEX が下がる(ダイアバットになって DEX が下がるのはどういう DEX だ? って話もありますが)とはいえ外皮が上がるので AC 的にはそれなりに。飛行機動性は完璧――と思ったら 3.5 版で良好になった? あるいは記憶違い? まぁ、それでもまぁ充分。火力は先に発動しておいたコールライトニングとプロデュースフレイム(プロフ)で通常時と同等。まぁクリコが撃てないので切り札がないことになりますが、相手が複数の場合は時間かけてライトニングとプロフで削るほうが小回りが利くかも。つーかここはひとつイーグルに変形して対地攻撃型ストライクイーグルでどうですかね。フレイムブレイドもつけておけばソードストライクイーグルだー! そして黒いコウモリになればストライクノワールということで。飛行機動性完璧(しつこい)でマワール!
 まぁ次回はまた地下らしいので、完封呪文はさすがに使えなそうですが、まぁ、あれは一度やれば充分っつーか満足です。次の機会があったらまた別のネタを仕込む方向性で。
 腹心は、予定通り、アラインウェポンとインスピレーショナルブーストかけた歌で地味に活躍しました。
 今回はなんか DM が家庭の事情で遅刻したのと、腹心持ちが腹心の詰めに時間を使ったのとで多少短かったので、まぁ、こんな具合で。
2007/02/25 (Sun)
▼ゲーム作りがかなり形になってきました。
 どんくらいかというと、えーと、あとはデータが出揃えば完成ってカンジ?
 ……ようするにツクールとか使ってれば「スタート地点」だったハズのところに到達したわけですな。
 で、とたんに気合が減速中。ホンモノの阿呆だな、こいつは。
 いや、まったく馴染みのない計算式を使ってるツクールの殴り合いシステムや、馴染みのある計算式を使ってるハズなのに重要なデータがかなり隠されてるウィザードリィエディタなんかと違って、馴染み深い計算式で組んだ分だけ自分のゲームシステムは使いやすいという意味で作りやすいハズですが、ってか作りやすいんですが、しかし。
 初期に組んだ部分にいろいろ不便な点があることが判明しつつあるので、ちと直してみるかなぁ。
 つーか、変数の定義がいろいろ甘かったというか。全部配列にして、全体で使うヤツとそのサブルーチンで使うヤツを厳密に切り分けるべきだった……。つーか、そんな次元のコトを今さらグダグダ考えてるようなド素人なわけですが。
2007/02/23 (Fri)
ここの日記がとても面白いです。とりあえず過去をひたすらさかのぼり中。
 淡々さまにて発見。
 なんとなく「クラス」とか「オブジェクト」なるものがわかってきたかもしれないカンジ。なるほど、他人を信用しないこと、か。で、この「他人」には「未来の自分を含む」ってのがとてもよくわかったというか。ううむ、使えるモンなら使えるといいかもなぁ、それは。
 ……深入りして学ぼうという気には今のところならないですが……。
2007/02/22 (Thu)
▼やばい。
 ゲーム作りが楽しすぎてピンチです! どうしてくれよう。
 いやまぁ、作ってるのはロクなモンでもなくて、えーと、active BASIC を使ってとてもしょぼいモノをちまちまと作ってるわけですが。
 いやホント、何の役にも立たないスキルを磨いてるなぁ……としみじみ。AB はそれじたいはかなり使いでのありそうなブツですが、N88 互換で作ってもどうにもならんだろ……。
 ちなみに画面写真はこんなカンジだったりします。
 ……うん……ホント、ロクでもないな……。
2007/02/21 (Wed)
んー……これねぇ。
 まず「ガンダム世界」というのがどの時代を指すかは大問題ですが、一年戦争だとすると、これ、異なる解釈が多すぎて厳しいよなぁ……と、今回狗のほうを見て思ったわけですが。つまり、ファーストガンダムの画面だけ見てると、連邦側にモビルスーツが出てくるのはジャブローが最初なわけでして、オデッサ戦もベルファスト戦もレビルという大物のお膝元で行われた戦いにもかかわらず、ホワイトベース隊以外のモビルスーツなんて一機も画面に映ってねぇのですよ。(あれ? だよな?) っつーことは、そりゃあ「一年戦争時、しかも前半におけるザクという存在はさらに微妙なものじゃないかと思われる。なにしろ、敵にMSがないのだからな。(中略)だから、歩兵vsMSの戦いは存在した。というか、連邦軍側からしてみれば、そうするしかなかったはずなんだよ」っつーことになりますわな。それで連邦側が地球上でザクを一機でも撃破できてたのかどうかはファーストの段階では不明ですが、たとえばオデッサ戦で勝ってる以上は、「MS なしで MS ザクを撃破できた」か「MS なしで敵の MS ザクを撃破する必要なく勝てた」かどっちかっつーことにならざるを得ないわけですな。つまり MS 微妙。まぁ、ジオンはもともと数が足りてないので、飽和攻撃されると以上っつー話はありますが、それだとそれで充分「MSなんかほっとけ、このゲームは歩兵の勝負だ」になり得てしまう(MS が撃破できなくても、「撃破する必要がない」可能性がある。こっちの歩兵が数万人殺されても、補給してる間に敵拠点の歩兵をこっちの歩兵で皆殺しじゃー!)んだよにゃー。
 つーか、ファーストガンダムがああいう物語として成立し得るのは、開戦当初に全人口の半分が死んじまったような世界で、いかに物量で勝る連邦といえども「歩兵一個小隊とMS一機の交換なら歩兵側の「負け」」……とまではいかないにせよ、勝ちとは云い切れないぐらいに双方人間が足りなくなっちまってる(ように見えてる)からなんじゃないでしょうかね。ということは、やられたらコンティニューあるいは再ログインのできる対戦型ネトゲーには向かない……ってか、「戦争型ネトゲーというもの自体がまずい」とオレは思ってる*わけですけど。
 しかし、どの解釈においても、そもそも最初のモビルスーツであるザクの陸戦は「宇宙生まれの宇宙用兵器をむりやり地上に持ってきて運用してみますた!」的なブツであるということはコンセンサスなんじゃないでしょうかね? 違う? いや、オレもガノタとしちゃあつくづく薄いなぁ、と、こういう話をしてると思うのですが。ここすっとばすと「兵器としての MS」っつー話はそもそも成立しねぇべさ。開戦前のジオンには地球上の領土はなかったはずなんだし、最初に地球にザクを降ろした時点で、ジオン側には本当の意味での重力下でのモビルスーツの運用メソッドはカケラもなかったハズだべさ? 連邦側にはそもそもモビルスーツの概念じたいがなかったはずだし。何もかもが試作段階みたいなモンだからな。
 宇宙における MS の立ち位置は、戦車でも戦闘機でもなく「歩兵」であったはずでありましょう。そして、歩兵がなんであんなブ厚い装甲を着なければならなかったかは宇宙であること自体で説明可能でしょう。気密を維持して運動性を得るにはブクブクのノーマルスーツではアレだし、うすっぺらいモノ(劇中のパイロットスーツのような)で長時間宇宙にいたら、太陽その他からブンブン飛んでくる危険な線(あれ、これってミノフスキー粒子で止まらないのかな?)にやられちまうし、腕や足のない飛行機型のモノでは小回りがきかないし、ボールはそりゃ理想的だけど、いくら宇宙に慣れてるジオンの民といえどもオールドタイプにとってはヒトガタをしてるほうが直観的に振り回しやすいし……そうだ、巨大ロボットを作ろう! ってそういうのでどうだ? 「わかった、お前はガンダムがわかってない」って云われて終わりそうですな。イエッヒー! ガノタ卒業だぜィエ!
 まぁともかく宇宙では生身の歩兵がふらふら泳いでるわけにいかない理由は山ほどあるので、そこに「生身じゃない、巨大な」歩兵をふらふら泳がせてみようというのはわかりやすいんじゃないでしょうか。
 で、劇中ではジオンはビーム兵器の小型化になかなか成功せず、連邦も何故か地球上では(宇宙に比べると)あんましビーム砲を撃ってない(ガンダムとガンキャノンを除く)のですが、ともかく宇宙ではジオンも連邦も艦載砲ではバカスカとメガ粒子砲を撃ちあってる。で、一部の小説とかでの描写だと、このメガ粒子がちょいとビームの光束からはずれてふよふよ降ってきたりする(ってことが有り得るんだろうかね?)と、その一粒で人間とか余裕で蒸発しちゃうのよねー。となりゃあ宇宙でビーム砲をバカスカ撃ち合ってる中に、「ちょっとふよふよ粒子が降ってきたぐらいじゃあ死なない」歩兵を投入するならそれが巨大ロボットになるのはまぁわかる話なんじゃないでしょうか。
 で、話を地上に戻すとだ。
 一年戦争の段階では、地球上でまともなモビルスーツ戦がどれだけ行われた(つーか行われるだけの MS 戦力が双方にある状態がどれだけあった)かが作品によってバラバラだけど、とにかく地上では旧来の生歩兵戦車航空機その他による戦闘の記憶は充分に新鮮であり、また敵味方がビーム砲をバカスカ撃ち合うような事態が発生していないことから、歩兵が歩いてることは「時代的にギリギリ許される」ということになり得るのかなぁ?
 しかし、根本的に、MS 技術力の格差(ジオン>>>>連邦)と物量の格差(ジオン<<<<連邦)があれほど極端な状態で総力戦的な戦争をやってしまった一年戦争、のとくに地上戦ってのは、対照であるべき対戦ゲームを作るにはまるで向かない設定だと思うんだけどねぇ。ソロモン以降の宇宙戦ならともかく。より以降の戦争では基本的に地上で総力戦的な戦争が行われた例がなく(V まで行くと巨大なバイクが走り回ってて、これはこれで別の考察が必要になりそうですが)お互いに「一個小隊もなくしたら全滅同然だよ!」的な方向に移行し、かつ、双方がビームをバカスカ撃ち合うことにより戦場を歩兵が歩けなくなり、ゲーム的には有り得る方向にシフトするのかもしれませんが、売れなそう。「地上を生身で歩いている時間に比例して突然死の可能性が!」ってなぁ。
 個人的にはゲームにして一番面白い戦力(というかワンプレイヤーあたりの戦闘性能)拮抗具合になるのは逆襲のシャアあたりだと思うのですが、これは地上戦がないし。
 つーか、ガンダムじたい、「地球の重力から離れて人の革新を迎えようではないか」的なブツなのにゲームがどいつもこいつも陸戦をかなり重視してるのがプアですな。
 ガンダムが今に至るまでネタとして生き続けている点で我々はガンダムに魂を引かれた愚かな人間たちですが、そのガンダムの中でもさらに地上に縛りつけられているという意味ではまったく救いようのない話で。これでは人に革新を求めるなど絶望的だな。
 ……まぁ、なんもない、あるいは岩塊がちらばってる程度の宇宙で何ステージも戦っても景色に飽きるってのはあるけどさ。いや、それに飽きないのがニュータイプ?

* だいたい後半半分ぐらい。前半は TRPG の話とかしてます。後半もまぁ、「戦争ゲームならいいじゃん」とか云っちゃってまして論旨がずれますが、同じネタで書き直すのも面倒なので適当に汲んでくれるとありがたい。
2007/02/20 (Tue)
▼INT>AGI 支援が 95 になりますた!
ぺぺれぺっぺぺー
 久々にれべらぷ SS 撮影してみたり。
 ……なったからには行くしかないだろ! ということで突入任務。

瞬殺
 とりあえず死亡

ちくちく
 アサシン連れ出して筍の里を視察

 ……まぁ、一匹も倒せずに撤退になりましたが!
 うーん……やっぱふたりで狩りになる場所じゃないわなぁ……とわかりきったことを再確認して撤退。

 その他、うちのアサシンと公平が通るプリが珍しく入ってたので、ガンナーも一緒にニフル谷へ試しに行ってみたり。

DA出ないとしょぼいぜぇー! 出ても塩がないとやっぱりしょぼいけど!
 案外狩れるモンだなぁとか。

 つーことで本日は珍しく SS 中心の構成で。たまにはな。
2007/02/18 (Sun)
[Life as a Half Drow]Tiny Cleric Project II
▼さて、初めて腹心が許可されそうなのでいろいろと勉強し直してたり。
 見れば見るほどマズいっつー気もしてきますなコレ。最初っから想定してメインのほうを組んでればなぁ……。
 まぁ、レギュレーションを見ていきますと、まず種族制限は(使用許可本の中では)なし。ということは、コア三冊、武器装備、大全 4 冊、種族本から選択可。フムン。能力値的には、
 Q. 腹心のポイントバイは何ポイント?
 A. これについては好きにデザインしていいよ。

 とのことなので、オール 18、プラスマイナス種族修正にする一択ですので考える余地がなくなりました。
 初期財産は DMG の NPC 指針。予想外の大盤振る舞いだ。
 くそう、このレギュならホント、最初から想定して組んでたら(CHA 振ってたら)なぁ。現在レベル 9 ですが、腹心がレベル 8 とレベル 5 じゃ大違いですよ。
 有利不利をギャースカ云うつもりもないですが、腹心は(経験値については他 PC を圧迫しませんが)金銭的な収入の一部を持ってく――正確には PC 1/2 人分の金銭報酬を要求する――わけなので、これがPC レベル -1 か -4 かは大変な違いです。レベル 8 の腹心に半額の報酬を支払うことにはたぶん誰も反対しないでしょうが、レベル 5 だとなぁ……戦場に立ってるだけで死にそうだし……。レベルで割り算(1/2 x 5/8)して、だいたい三割ぐらいの報酬ということならまぁ、なんとか受け容れられそうか? 腹心本人が納得すれば(納得する、と DM が云ってくれれば)ですが。
 レベル 9 バードのラスク・クラインに付き従う熱狂的な八八戦士(レベル 8 INT 8)キラ・ヨシカゲとかいうそういう狂的なブツであれば、報酬なんて欲しがらなくてちょうどいいぐらいじゃないかという気がしますが、逆にそういうブツならたかだか半額の報酬でついてきてくれるなら大歓迎っつー面も。ううむ。ってか腹心の人数には制限がないとのこと(!)なので、これにさらにアスラン・ヴァシュタールとかまでつけちゃったりするとそれだけで大変なことになりかねないような気も……。
 わたしの PC についてくるようなキャラクターが報酬を降りるとも思えないしなぁ。しかも、これで貰って使い道があるならともかく、それも(あんまし)なさそうというのも微妙。
 現在考えてるのはクレリックなので、今はパーティー資金から拠出しているキュア系ワンド代金とかはこの腹心の経費から払うことに方針変更、とかにすれば、結果的にそのキャラの懐に入るのは三割強ぐらいに落ち着く(だろう)ことになって納得してもらえたりもするかも?
 ……というのは、まぁ、運用の問題ですか。構築に移ろう。
 おさらいとして、クレリックが必要な理由は以下の二点。アラインウェポンをスペルリストに持つこと、レッサー以外のレストレーションをスペルリストに持つこと。ところが、このうちアラインウェポンについては、「ブレスウェポンのオイルがポーションリストにある」ということに、昨夜になって気づきまして、ということは、これ使ってもらったほうが早いし強力なのではないかという気が。
 つーことで、レストレーションですが、これは戦闘終了後にキャストする呪文であり、しかも常時必要になりそうなわけでもないので、スクロールで充分って気も。ということは、クレリックをちょいと混ぜた他クラスという選択肢も出てくるわけではあります。
 ……ってことは、「4 人パーティーの中核となるにはひっじょーにアレだけど、完成されたパーティーに加わると恐ろしいコトになりがちなクラス」であるバードが強力な選択肢に。うまい具合に小型種族のノームのフェイヴァードなので、ノームベースで作る方向性で。
 Forest Gnome (MM) Clr 1/Brd 4
 Str: 8-2, Dex: 12, Con: 14+2, Int: 10, Wis: 16, Cha: 16(32 PTS)
 ……ん? オール 18 じゃないのかって? いや、あれはさすがに冗談だ……。
 今回の DM は「バード知識」でなければわからないようなコトに関しては恐らく「まだそんなん考えてねぇよ!」と即答されますので、バード知識はばっさり忘れる方向性で。つーかいっそ PHB II の代替構成でもいいかも。まぁスキルポイントは欲しいので INT にマイナス修正はつかないように。あとサブキャラということでディプロ勝負もしない方向性で。っつーか、超小型のノームバードがディプロはさすがにどうかと思うし。相手しだい(つまり相手も小人さん)ではアリかもですが。ファーストレベルはバードでスキルポイントを稼ぎ、レベル 5 時点で全部振ったとして Use Magic Device はランク +8、Cha +3 として +11……うーんやっぱ Use Magic Device で別のスペルリストを読むってのは厳しいですな。
 平時の主な役割はインスピレーションつき呪歌で主要な全戦闘の攻撃ロールとダメージに +2 を常時供給すること。歌は消え残れば最初の 1 ラウンド歌うだけで、あとは隠れてしまっても 10 ラウンド効果が持続するので、もうこれだけで存在意義があると思われます。有事ってか保険呪文が必要になったらスクロールを読む、と。
 平時は HHH の脇にくっつけた(ひっかけた?)台というか椅子に座っており、戦闘開始時後は歌唱開始だけしてその椅子ごと HHH に仕舞われる。屋外移動時にはイーグル(小型クリーチャー)にシェイプした主に乗って移動する。
 いろいろと小技が効きそうで実に楽しそうですな。とりあえず、効果対象のサイズや重量が「絶対値で」決まっている呪文をかたっぱしからさらってみないと。メイジハンドで自分のためのタワーシールドを動かせるかなぁ? 超小型用の重量が見つからないんですが……。
 HHH への避難をもうちょっと自立して手早く行えればいろいろ安全なんだけどにゃー。
2007/02/17 (Sat)
▼地鶏の風評被害が回避できたのが東国原知事の手柄だとは思いませんが、「(前略)宮崎の名物が地鶏とは全く知らなかった」というあたり、災いを転じて福と為したことは評価されるべきかもしれませんな。
 つーかオレ自身、宮崎の名物が地鶏だなんて意識したこともなかったのが、この鳥フル騒ぎで知るようになった、って実感はありますし。まぁオレの場合は知事は関係ないけど。
 で、牡蠣があいかわらず敬遠され系(らしい)のは、やっぱり「牡蠣はあたるモン」という認識がそもそもあったからであって、風評被害がどうこうというのは二次的な要因に過ぎないのだろうなぁと思ったり。

▼すげぇ、よくここまで適当なコトばかり書けるもんだ……。
 んーまぁ、薬学生ったって、研究室配属までは素人みたいなモンだし、薬剤師になってからも、感染症をきちんと学んだわけでもなければ、素人に毛が生えた程度のモンだったりもしますが。
 でも、毛の生えた素人は、少なくとも、自分が知らないことについてウソ八百を書き飛ばしたりはしないわな。
 っていうか素人だってしねぇぞ。
 ま、トンデモの類だな。
2007/02/15 (Thu)
▼またぞろ Active BASIC なんぞをいじってみてたり。
 んま、以前作ったランダムトレジャージェネレータのバグ取りと拡張を考えてちまちま触ってたんですが、どうもそのうち書くコト自体が楽しくなってきてしまったメンヘル。
 病気だな。
 うん、もっとまともに世間で使える言語を勉強しろよ、と自分でも思うんだけどねぇ。
 どっかのカルチャースクールかなんかで「オブジェクト指向の基礎」とか学べば、あの謎の言葉「クラス」とかも理解できて、触れるようになるのかもしれないけど……。
 ってかそんなカルチャースクールとかあるのかどうか知りませんけど!
 ネット上では定義とか概要とかは見れますが、説明自体が(おそらくは正確さを指向するがゆえに)数々の専門用語によっているためにサッパリでございますよ。
 自分の専門分野で自分が説明者になることを考えると、対面口頭で説明するときならばともかく、文字として説明しようとするときには正確さを指向しがちなので、やっぱ対面口頭で習うのが早道かなぁと。
2007/02/14 (Wed)
[Life as a Half Drow]Tiny Cleric Project
▼先日(実はアップしたのは今日ですが)の続き。
 当初 9~12 レベルで完了と云われていたこのキャンペーン、どうやら方針変更により 16 レベルぐらいまで続くという話に。
 うおう。
 そいつはいろいろと予定が変わるぜ。
 いや、ドルイドはドルイドでいじりようもないのですが、このパーティ、クレリックがおらんのですよ。で、これで通す覚悟だったんですが、そこまで続くとなると、ちとクレリックなしではもたんぞ。
 ということで、「統率力」が許可されていることもあり、真剣にクレリックを考えてみたり。
 まず、当初は、専業支援者がいないことによる瞬間回復力の不足が問題視されてたのですが、CHA が 8、現在 9 レベルのわたしのドルイドが持てる腹心のレベルは 5。これでは瞬間回復力ったってドルイドに及ばず、しかも回復のために奔走するような形で戦場に立っていて生き残れるとは思えません。しかし、以下のふたつの理由から、クレリック(のスペルリスト)がパーティーにないことは問題です。
1) アラインウェポンがない。どうも今回のキャンペーンはイーヴルアウトサイダー(ってかデヴィル)が敵としてバリバリ出てくるらしく、これはけっこうマズい。ホーリー武器を前衛人数分作る金はない、というか払えない。
2) レッサー以外のレストレーションがない。
 これらの点は、とにかくクレリックのスペルリストさえあれば、キャスターレベルはそこそこでもなんとかなります。ひとつの手段は PC の誰かひとりがクレリックを 1 レベルマルチすることですが、これにはわたしのドルイドは不適です。(エルフなのでウィザード以外をマルチすると経験値が厳しいことになる) ということで、わたしが取れる手段はやはり腹心をつけることになります。
 腹心を戦場に立たせず、かつ冒険には同伴し、必要に応じてアラインウェポンとレストレーションをキャストする。
 ってことは、小型人型生物にリデュースパーソンをパーマネンス(金を払う)して「持ち歩く」のが最適解? っていうか、これ読んだ印象が強すぎて、「腹心はポケットに入れとくもの」という間違った先入観が。超小型にさらにリデュースをかけたいのはやまやまだったんですが、残念ながら使用可能ルール内に超小型の人型生物は見当たらず、小型→超小型のセンで。
 自分が避ける必要はとくにないので DEX は不要、Con は高いほうがいい、バードマルチも視野ということで、種族は普通のノームのセンで。またしてもハーフリングはいらない子。フェイヴァードがローグなのにローグ性能が微妙ってのはどうなのか。ステは 32 Points Buy で 8-2, 12,16+2,12,16,12 あたりでしょうか。腹心に 32 Points は高すぎ、ということになれば、8-2, 12, 14+2, 12, 16, 12 で 28 Points、8-2, 10,14+2, 12, 16, 11 で 25 ってところで。4 th で CHA 振るべか。バード取らないなら CHA と INT は下げれますが、とりあえずここは保留。つーか、実際、8, 8, 8, 8, 18, 8 でもいいんじゃないかという説もありますが。
 運用は、ドルイドの装備する鞄か、専用の「鞍」のようなものに搭載して移動し、戦闘等に際しては鞄か HHH あたりに避難。HHH 内での生物の生存可能時間は不明ですが、ホールディングバッグに準拠すれば 10 分は生存できるはずであり、そんだけあれば戦闘は終わるでしょう。あるいは単純に鉄か鉛の「巣箱」をかついで歩き、その中でトータルカバーを得てもいいかもしれませんが、戦闘中の激しい動きに振り回されると酔いそうなので、素直に異次元に避難してもらう方針で。レストレーションは 3 ラウンド呪文ということもあり戦闘後の使用になるでしょうが、アラインウェポンはそうはいかないので、こちらの使い方が難しいところ。なんとか飛行手段をつけて、隣の PC の武器のところまで触りに行けるようにしたいですが、これはドメイン次第なのかなぁ。腹心は属性については主と一緒が推奨ですが、信仰については記載がないようなので、CN で最狂神格ファラングーンというテは有り得、となればフライがドメインスペルで手に入るはず。ドルイドの腹心という部分を重視してオバドハイにした場合は風ドメインのエアウォークで対応というところでしょうか。別案としては、ウィザードかソーサラーのマルチにして、ファミリアに運ばせるテが。ファミリアポケットの呪文はファミリアの絶対サイズを規定していますが、主人のサイズを規定していないので、超小型キャスターのファミリアポケットに超小型のファミリアは問題なく入れます。まじで!? っつーかこれはどっかで問題にならなかったんだろうかね? もちろん微小(極小?)のファミリアを搭載できるならそれはそれで問題なし。バードマルチを考えたのは、べつにクレリックのキャスターレベルを最優先で伸ばす必要がない点と、戦闘中に歌えると、少ない投資で存在意義がアップするかなぁ(当然追加の呪歌回数は取ります)という点を考慮したからですが、これはまぁ削っても平気だし。いや、ノームのフェイヴァードがバードだからというのもあるので、ウィザードかソーサラーにするなら種族は再考になりますが。でもバードのスペルリストもあればそれはそれで便利だよな、きっと。
 つーことで、今のところは、ノームの Clr 4 / Bdr 1、金を払ってリデュースのパーマネンシーをつける、というセンで。Clr 5 で開始もアリかもです。てか素直に Clr 伸ばして、普段からオヴフェイスなりの支援もこなせるようにするべきか?
 キャンペーン開始時のレギュから統率力が許可されてれば、もっと統率力を前提として作り込めたんだけどねぇ。ま、そこはクレリックなしパーティーとか口走った自分らの責任でもあるということで。いやでも最初から許可なら、メインをクレリックにして腹心をドルイドというテもあったしなぁ。統率者はファミリアや相棒を持つと腹心が弱まりますが、腹心にはいくらつけても問題ない(さすがに腹心に腹心はつけれないけど)わけだし。
2007/02/13 (Tue)
[Life as a Half Drow]Defective Paladin
▼プレイヤーをやってきました。ここんトコ続いてるドルイド/ウィザードです。今回はDru 7 / Wiz 1 からのスタート。
 このキャンペーンでドルイドを構築するさいに、みっつほど、絞ってあった方針がありました。そのうちふたつを今回破る形になってしまって、それが残念だったりもしましたが、まぁ、あの状況ではしょうがねぇよなぁ。ひとつは「ネチャライを駆使しないこと」 これは、第一に、魔法に完全耐性の相手に対しては火力がなかったのでネチャライに頼る以外考えつかなかったこと、第二に、偵察ユニットが必要になったこと、以上の二点から。ふたつめは「スパイクスブランブルズに頼らないこと」 これはなぁ……。あんだけスケルトンが続けばもう使うしかないんじゃないでしょうかね。自分ではなく魔法戦士のグレートクラブを強化してみたり。みっつめは「相棒を戦闘で駆使しないこと」で、これは単に洞窟内にダイアバットを持ってくるのが運用面で大変すぎるという理由からまだ破戒せずにすんでますが。
 で、スパイクスについては上述の魔法戦士のレポに任せるとして。
 今回、個人的に一番盛り上がったのは、ゴルゴン戦でありました。
 超大型のスケルトン 4 体を処理してリソースを使い切ったところで、まだ行っていない部屋の様子を確認しとこう、ということで、扉の前で聞き耳したところ、「なんか中から動物がいるらしき物音が」聞こえてきまして。で、とりあえず動物なら「ヤバかったら扉閉めて逃げ出す、がアリでしょ」ということで、「中を確認したら速攻でオープン・クローズで閉じる」準備をして扉をオウペン。中には牛のような姿の謎のクリーチャーが二体。陽光棒の「薄暗い範囲」ということで視認判定を要求され、魔法戦士(名前はパロマ)は視認に成功するものの、ウィザード(名前はラディン)は失敗。(わたしのドルイド(名前はアヴィアン)はエルフなのでもともと見えてる範囲) とりあえず魔法戦士が知識を振ったところ、ギリギリ成功で「ゴルゴンだ! 石化能力あり! に、逃げろー! クローズ!」ってなことに。どうでもいいけど、このパーティーの PC の名前どうなんですかね。ひとりは「パロマ不完全燃焼事件」から時事ネタでつけてる名前で、ひとりは「ラディン」ってまんまだし。マスターには「ラムズフェルドにしろ!」とか謎の圧力をかけられてるし!
 名前の件はともかく。
 石化があるということはわかったものの、それがどんな手段なのかが不明だとなかなか仕掛けづらいわけです。とりあえずばっちり視認してるのにセーヴを振らされてないということから凝視ではないということはわかりますが、直接打撃? それともブレス? ってかプレイヤーがブレスだってわかってるからこその悩みかもしれませんが、とにかくこのまま仕掛けるのはリスクが大きすぎだと思われます。ストーン・トゥ・フレッシュは 6 レベル呪文で、現在 7 レベルのラディンにはちと遠すぎです。スクロールで持ち歩くぐらいでは、何人が喰らうかわからない状況ではとてもヤバすぎ。
 で、ついつい作戦会議好きな性格が頭をもたげてしまったのでありました。
「まず一晩、レオムンズセキュアシェルターで休息の後、スピーク・ウィズ・アニマルネチャライでダイアバット召喚、「ちとその場で待ってろ」と指示の後、チェイン・オヴ・アイズをかけて、扉を開けて突入させ、待機してるウィザード(ラディンかパロマ)のクローズで扉を閉じ、ダイアバットの視界で偵察」
 ……ネチャライって使い捨てにしてもいいんだよね?
 目的は、石化の手段の確認と、部屋の様子(他に出口がないか)の確認。ただ、突入直後にブレス喰らって石化して落下したとのマスターのお言葉をいただき、後者は確認できず。
「OK、とりあえずブレスであることはわかった。で、ブレスだけど、喰らったカンジからしてウィンドウォールで止まりそう?」
「止まるだろうねぇ」
「ならブレス対策はよし。入口でウィンドウォール張って待ち構え、あとは呪文火力で削り切るセンで。……で、問題は蹂躙なんだけどさぁ」
 この蹂躙もプレイヤー知識ですが、このままいくと知らないまま戦闘に突入せざるを得ず、蹂躙でウィンドウォールのこちら側にぬけられると面倒なことになります。
 ここでラディンがひとこと。
「俺、視認失敗してるんだけど、やっぱ知識判定はムリだよなぁ」
 マスター応えて曰く、
「いや、ゴルゴンってことは聞いてるんだし、いいんじゃね?」
 うおい。
 ラディンはばっちり高い達成値を叩き出し、石化がブレスであること、蹂躙があること等を報告。
「し、知っているのかラィデン!? つーかむしろ先に云え!」
 貴重なリソースを投じて呼び出したダイアバットを何だと思ってるんです!?
 んまぁそんなカンジで状況が確認できたので、道中で倒したストーンゴーレムの残骸を運んできて扉の手前に積み上げ障害物とし、突進を不可能にする作戦を立案、実行。したところ、なんとそのゴーレムの残骸から、奥へ進むのに必要と思われる鍵がボロっと。わはは、ゴーレムの残骸調べてなかったよ! 通路に立ちふさがっていたので、他の役目があるとは思いもよらなかったのでありました。
 戦闘は、「まずスピーク・ウィズ・アニマルネチャライでイーグル隊を召喚、指示を与えた後、前衛二人に順にレッサーヴィゴー(気休め)をかけて、ウィンドウォールをキャスト、オウペン、あとは予定通り」とまたしても作戦会議を行ってみましたが、気休めの囮として突入させたイーグルはあっさり無視され、ラディンが飛ばした魔法陣グリグリ(グリースグリッターダスト)がキレイに決まり、ゴルゴン隊は戸口までたどりつくこともなくマキシマイズドファイアボールその他の火力の前に沈黙。
 すーげーえー。
 その後のゲルゴン戦でもグリッターダスト一発でかなり勝負が決まった(魔法戦士パロマのレポ参照)コトもあわせ、あいかわらずグリグリの猛威を見せつけられたセッションでありました。ストーンゴーレム戦はグリグリかけてこかしたところに召喚したアローホークの遠距離接触攻撃を含むタコ殴りだったし、スケレートン隊もグリグリで黙らせてガツンと、だったわけで、これはさすがに完封すぎるんじゃまいか。まぁ、コンストラクトやアンデッドは対応策持ってないのもわかりますが、デヴィルもかかったらあっさりだったりして、うううむ、と唸ってみたり。
 実際、エネルギー耐性/抵抗や呪文抵抗があることを想定して呪文準備するとなると、どうしてもこのあたりが選択肢として有力さを増してくる(グリースは呪文抵抗なし、セーブ通しても範囲内にいる限りは毎ラウンドセーブ要求、グリッターダストは呪文抵抗なし、セーブ成功で以上だけど、失敗してくれれば勝負あり)わけで、ということは逆を云えば、すぐれたエネルギー耐性/抵抗や呪文抵抗を常備しているイーヴルアウトサイダーなんかは、このあたりの呪文に対しては入念に対策を準備してあるほうが普通なんじゃまいか。つーかわたしがマスターなら、グリッターダストが決まった瞬間にその場での戦闘継続を放棄してグレーターテレポートで上空 1 マイルに移動→フライで空中で安定、グリッターダストが切れたら再度グレーターテレポートでもとの戦場に移動なり洞窟の入口に移動して待ち構えるなりの手段を取るところですが、このマスターは少し経験が不足していた(というか、もう数ラウンドはもつだろうから範囲攻撃呪文で削れるだろう、と考えたらしいです、あとから聞いたところによると。このあたり、「まだ 3 ラウンドはもつだろう、と思ったモンスターは、次の手番の前に殺される」という現実は体で学ぶしかない、ってことですな。プレイヤーは相手が手強ければ手強いほどリソースを惜しみなく突っ込む(今回はレイスストライクがそのひとつ)わけですので。という経験から敷衍して、道中の、あまり強そうではないモンスターでリソースを出し惜しみさせつつ削り、結果的にはリソースを注ぎ込まなければ勝てないという形に追い込んでおいて、出直そうとした帰り道に本命が待ち構える、というわたしの好むパターンが構築されるわけですが。でもこれも最近はワード・オヴ・リコールで逃げられたりしてしょんぼりですが)
 まぁ、もし今回わたしがマスターならどうやってたか、ってのはおいといて。
 なんかこのふたつはちょっと破壊的に強力だし、プレイヤー側からすれば、「これが効きすぎるってのはわかるけど、それ以外は一切効かないんだからこれ使うしかないじゃん」ってことになるのはまったくもって当然なわけなので、マスター側はなんか対応策を考えておかなきゃならんところだろうとは思います。
 どうしたもんですかねぇ。
 イーヴルアウトサイダーは通常、クラスレベルによる強化を推奨されているわけではないので、強大化してもなかなか手段の幅は広がらないんだよにゃー。
 実は、わたし自身、「クラスレベルによる強化」を推奨されていないモンスにクラスレベルをつけて強化する方針がよくわかってなかったりするわけでして、内輪向けに「通常クラスレベルをつけて強化することを推奨されていないモンスターにクラスレベルをつけて強化する場合のガイドライン」でも作るかねぇ。
 キャスターのクラスレベルがつく、ってことは、そのまま、そのクラスのスペルリストが降ってくる、ということであり、スクロール持たせとくだけで対応の幅が広がるわけですから。
 3 版時代の「イーヴルアウトサイダーは誰もヘースト持ってないので話にならん」という苦い経験は、活かしていかなければ。
 今回のエントリのタイトルは二次会の飲み会で出た話題から。ラディンのプレイヤーは、これまでファイター/テンプラー/プレイナーチャンプ、パラディン、パラディンとやってきたプレイヤーだったのです。で、今回の CN ウィザードのプレイがあまりにもそれまでとかけはなれていたことから出てきたネタが「実は欠陥パラディン。パがパーっと消えて、ラ~ディンさ! キミのパーティーの一番後ろ、一番後ろ~」
 やれやれ。
 いや、単にわたしはこの歌が大好きなんだよなーってだけですけど。
 地元の民でカラオケ行って歌ったりしても誰も知らないっぽいのが、今回のメンバーからはさくっと出てきたのでちょっと嬉しかったぜ、ってことでひとつ。
 おまけ。パーマニアの指定席
2007/02/12 (Mon)
▼ちょっと昨日のの続きみたいなそうでもないような。
 えっとですね。とりあえず「子供が欲しいか否か」というのとは切り離してだ。「キミ健全」と云われるのと「キミ不健全」と云われるのと、どっちがいい?
 オレなら、「オマエ不健全だよなー」と云われれば「うっせ、ほっとけ」とか苦笑いして返して気にもしないでしょうが、「オマエって健全なヤツだよな」とか云われたら、「なんだ、おい、そりゃいったいどういう意味だ?」とか、口には出さないまでも、思っちゃうでしょうな。(いや、諏訪あたりに云われたら「そりゃオマエよりはな」と思うだけですけど)
 これは、んまぁ、オレのメンタリティが中学二年生の頃からあまり変わってないせいもなくはないでしょうが、世間的に「ちょい不健全オヤジ」などという言葉が受け容れられているあたり、そう大衆的思考とズレてはいないんじゃないでしょうかね。
 つまり、「健全」てのは、褒めてるように見えてバカにしてる言葉なんじゃないのか?
 とすると、「子供が欲しいという思考は健全」という発言は、「ふーん、子供欲しいんだー。キミらって健全だねー」とか薄ら笑いを浮かべて云われてるような気分になり、「バカにするんじゃねぇ! やっぱ子供なんて作らねぇ!」という反発を招くことが予想されるからそれは少子化対策としてはネガティブな発言だ、とかそういうセンからの批判が可能だったりする?
 あるいは、もっとストレートに受け取っても、「子供が欲しいと思うことは、不適切な思想の持ち主*(であることは直前の発言で判明した)が健全と思うような思考、つまり、不適切な考え方らしいぞ」という方向に働いて少子化対策を妨げるからよろしくない、とかそういう批判が可能なのか? クソ野郎にほめられても嬉しくねぇぞ、むしろ不愉快だ、とかそういう?
 ま、あれだ。「自分は健全である」と認めてもらいたがっちゃう人に対しては「ああ、健全なヤツだよ、オマエは」とか申し上げておくしかないのかなぁ。薄ら笑いを浮かべながら。

* あれが実際に不適切であったかどうかには触れません。そういう前提に立った場合、という話です。

▼職場で笑い死にそうになった>めきモリ米国版
 好き好き大好きっ様にて発見。
 しかし、好き好き様で参考として挙げられてるピニャータも相当スゴそうですな。アマゾンのレビューで五つ星をつけてる人の文中に「だんだん、遊ぶのがなんだかイヤになってきます」なんて出てきたトキには「は?」とか思ったけど、なるほど、というカンジに。で、ラスト一行で笑死。なんだこりゃ。
2007/02/09 (Fri)
ヘイマン事務局長補代行って。
 オレ内イメージは瞬時に「ヘイッ! ヘイッ!」に固定されてしまいましたとさ!

「子どもが2人以上いなければ不健全なのか」
 あのさ、「少子化対策、という立場から見るならば」まさにその通りなんじゃないでしょうかね?
 「少子化はよくないこと。でも子供を作らないのは「よくないこと」ではない」なんて、そんなことがあるかい。ふたりの大人から二人以上の子供が生まれなければ若年人口が減るのは、そりゃ当たり前のことでしょうが。
 「子供を作らないことを正当化しながら少子化を阻止しろ」と云うのは「子供を産む大人が、産まない大人の分も、もっともっと産んで産んで産みまくれ」と云ってるの完全に同じわけでして、ええと、それって「産む機械」という云い方に比べてどうなんだ? オレにはわからん。
 つうか、少子化を阻止すべき、というコンセンサスはそもそもあるのかなぁ? ないのだったら、反発者は「少子化はぜんぜんオッケー! 個人の選択の自由を侵してまで阻止するなどと考えるのはけしからん」という云い方をすべきなのであって、健全だの不健全だのという言葉遊びは時間と税金のムダだぜ?
 実際どうなんすかね。少子化は阻止しなければならないのかなぁ。
 「かつての『産めよ増やせよ』とお国のために子どもを産んだ考えと同じようだ」(国民新党の亀井久興幹事長)
 同じでしょうとも。
 少子化すなわち日本における若年人口の減少を阻止する、というのは、日本の人口における若年人口の占める比率を増大させよう、ということであり、それが個々のカップルが子供を産んで育てることによってしか成し得ない以上は、「お国(の若年人口の減少阻止)のために子供を産め」ってことでしょう、要するに。その考えがけしからん、というのは「少子化の阻止はけしからん」というのと変わらないでしょう。だったらそう云えよ。「少子化結構! 未来の日本やら我々の老後よりも現在の我々の自由を優先すべきだ」と云えよ。それはそれで(健全かどうかは知らないけど)悪かない考え方だとオレは思うぜ。ただ、そう云うと受け容れられなそうだからって云い方を変えるってのは醜いぞ?
 ああ、もうひとつ、相対的に少子化を阻止する方法はあるかもですけどね。
 老人を殺して殺して殺しまくればよろしい。相対的に子供の比率は増えますな。
 ……で、その考え方は、「ふたりがふたり以上を産むべき」という考え方よりも「健全」ですか?
 それともあれか? もっと SF ちっくに、すべての子供は生身の子宮ではなく、たとえば人工子宮的な「機械」から生まれて、誰が親とも知れないようにまとめて育てられるべきだ、とかそういうテ? なるほど、それもそれで興味深い考え方ですな。研究してやるからライフサイエンス分野の予算をもっともっともっともっと!!!!
2007/02/08 (Thu)
▼商人が 41/30 になりました。
 作り直し前は 42/31 でした。
 なんともな。
 2 垢 2 PC という付加要素もあるとはいえ、これは明らかに時代の違いっつーかもっと絞り込むならメタリンでございますよメタリン。
 あらためて、しみじみと、異様な美味さだ。
 2 垢 2 PC による自前支援は、それをごくごく初期から狩れたという点では決定的な役割を果たしましたが、かくも異様なまでに美味な獲物が存在しなければほとんど意味もなさなかったんじゃないかなぁ、と、そういうカンジで。
 今後サブ垢が切れ、レベルも上がってくるといろいろとダルくなってくるとは思いますが、JOB 43 ぐらいまでなら、まぁ、なんとかいけそうだと思えてきたかなぁ? とりあえずはあと 7 レベル上げて PC 10 まで行けば一気にいろいろ快適になるはずでありますが、さて。
 しかしブチブチ具合もよくわからんなぁ。昨夜は入った直後の三十分ぐらいで二度落とされまして、二度とも「本 PC サブ PC の両方がほぼ同時に」落ちる(ってことは、のべ四回落ちたことに?)という意味不明加減だったんですが、その後は周期的に激ラグは来るものの落ちることはなし。謎い。まぁ、自前支援のために両方近くのマップにいたので、鯖の不具合説が有力かなぁ?
2007/02/08 (Thu)
▼思い立ったら実行するのがオレのインジャスティス(変態)
 ということでさっそく商人が生まれ変わったりしました今日このごろ、いかがお過ごしでしょうか。
 とりあえず、アサシンでラウドの材料を集め、カプラポイントの清算をし、当面使う分の牛乳は DC 購入し……とやってたら零時近くになったので、あとは民には受け渡しだけお願いして 2 垢 2 PC で育成開始しようかナーとか思ってたら、転職 JOB までの促成栽培までしていただきまして、まこと助かりました次第でございます>こちらの民にはベルタまで迎えに来てもいただきまして、助かったぜ。
 で、転職後にサブ垢を払い、しばしスタダ。28/20 まで成長。よし、OC 10 到達。清算役の役割には穴をあけずにすみそうでひと安心といったところです。っつーか、2 垢 2 PC の促成栽培のあまりの快速さに愕然。武装もそれなりに整っていたこともありますが、ビビるぜ。まぁ低レベル時代をコツコツやるのも楽しいものでありますが、今回は急がなければならない理由があるのでなぁ。まぁ操作は激しく手間なので、今後は牛乳暴飲しつつのソロ狩りに移行しようとは思ってますが、しかしここで問題がひとつ。
 狩り性能じたいは、投資しだいでなんとでもなることがわかりましたが、移動がなぁ。手間なんだよなぁ。清算商人は溜まり場にいてこそ役に立つわけですが、狩場へは飛行船を乗り継がなければ行けないのがにゃー。今はサブ垢 ME プリのポタでぶっ飛ばしてるわけですが、これ切れたらどうするかねぇ。さすがにこの補填チケが残ってる間に完成はしないだろうし。
 ま、悩みはそんくらい。あとは台車がないことによる倉庫問題(アサシンが一時的に倉庫になってる)ですが、それはまぁそれということで。
 しかし、倉庫容量が 300 あってもこの埋まりっぷりはどうなのか。つい先日まで 100 でやってたなんて信じられませんなっ。
2007/02/07 (Wed)
▼二倍終了~。
 アサシンは 68 になりました。とか書くとまた銃兵が気合入っちまうかぁ? へへへ。
 まぁ、二倍期間終了で、とりあえずアサシンはしばらく休眠の予定でございます。今同じ狩場で狩っちまうと、なんかこう、落差でげっそりしそうなんでなぁ……。しばらく、こう、感覚をクールダウンしないと、ということで。
 狩場を変えればいいんでしょうが、まだマルクも出てないし、もうしばらくは伊豆にこもる方向性で。
 ということで、というか、そろそろやらねばと思ってたんですが二倍中は支援プリとアサシンに気合を入れようということで先送りにしていた「商人なんとかしよう」計画をそろそろ実行に移すときがきた模様でございます。現在 42/31 で OC DC 露店 1 を揃えた最低限のお抱え商人。しかしあまりの足の遅さとさすがに棚が少なすぎることが苦痛であり、ついでに外見もあまり盛り上がらない(つーか商人は男女ともイマイチ見てて楽しくないんだよにゃー)ということで、そろそろなんとかしなきゃー、と、そういうふうに思えてきたわけであります。とりあえず目標は JOB 40、PC 10 の露店 3。あわよくば JOB 43、露店 6 まで上げて BS になってしまいたいところ。しかしそこには大きな問題が。この商人、何をトチ狂ったか、かなり一極に近い VIT 型なのです!
 ……。
 …………。
 うん、このままあと JOB 12 レベルの育成は猛悪なまでにゲッソリだと思うヨ。いっそ作り直して 43 レベル上げたほうがマシじゃないかと思うぐらいに。
 まぁ、ずっとずっと昔のモブ配置に合わせて組んだのでこんな型なんですが、こりゃ正直ムリだべさ。せめて DEX なり STR なりをもっとちゃんと振った VIT 型ならまだしもねぇ。
 ということで、なんとかならんかといろいろ考えた。
 そのいち。サブ垢の ME プリを 2 垢 2 PC 支援でつけてみる。
 うーん……多少快適といえば快適になるけど、テレポ索敵ができないぶん不便である可能性も否定できない選択肢ですな、これは。
 そのに。サブ垢の商人で狩ってお座り公平。
 これは……ううむ……。サブ垢の商人は AGI>STR 型であり、JOB 40 のお抱え商人として完成しているのでそれなりに快適ではありますが……しかし、永遠にサブ垢のほうが商人としては先を行く状態というのもなんとなくねぇ?
 そのさん。AGI>STR に作り直してサブ垢の ME プリで 2 垢 2 PC 支援。
 おそらくかなり優秀な試案。試算によると同レベル段階での戦闘時間も大幅に短縮される模様。自前で支援をつければ、民に「清算商人がいない不便」を強いる期間もおそらく一日か二日ですむことでありましょう。より極端に STR>AGI というのも考えてみましたが、素直に AGI>STR のほうがよさげ。ASPD って重要だなぁ。
 そのよん。適当に新垢作って、公平牽引用キャラを作成して 2 垢 2 PC お座り。
 ……いや、これはないな……。というか、牽引用キャラを動かす労力と牽引用キャラに入る経験値が全部ムダに。牽引用キャラで一番低レベル段階での稼ぎがよさそうなのはやっぱマジだと思いますが、これはようするにアクティブ狩りになるわけで、となるとお座りは難しいし、ってのも。
 そのご。作り直して、適当に新垢作って公平牽引用以下略。
 これもないよな……。
 そのろく。公平通りそうな狩りキャラを捕獲して公平牽引してもらい、その狩りキャラを ME プリで非公平支援する。
 ……いやいやいやいやいや! それは申し訳ないっていうかアホ。
 うーん……。
 やっぱ素直に「そのさん」でいくべきな気がしてきたぜ。補填チケだけでどこまで育てられるかわかりませんが。うーん、一ヶ月で払ってしまうべきか……。両垢動いてると便利ではあるんだよねー。ある程度育てば支援なしでもいけると思うので、その意味では補填でいいのだが……補填かなぁ……。サブ垢の商人で放置露店して売りたいブツも今はないのでなぁ。
 とりあえず、軽く民に支援をもらって転職まではこなしてしまい、日付変更と同時にサブ垢に補填チケットを投入、その晩のうちに JOB 17 まで上げてしまえば清算役は可能になるぜ! ってまぁ、一時間ていどで JOB 17 はさすがにどうなんだろうと思わなくはないですが、清算はサブ垢の商人でオッケーだしな。
 ステ振りは STR=AGI=DEX で開始し、まず DEX 20、STR 15 ぐらいまで振っておいて AGI に移行。JOB 22 で STR 補正が +2 になりJOB 39 まで固定されるので、ここらでラウドも取って、パワクリとデビルチとピッキで合計 +11。STR 19 まで振って、以下 AGI。
 スキルは所持量 3→ DC 3→ OC 10→ DC 10→ 所持量 5→PC 10→露店 6 ……はちょっとがんばりすぎでしょうか。でもまぁ、当座は露店なくてもそんなに問題ないよな? DC の優先順位は悩ましいですが、消耗品の購入はそれなりに重要命題ということで。適当なところで鑑定も取得。露店 1 の次あたりかなぁ。
 ……やっちまうかな……。
 とか云ってたらそれ以前にとりあえずログインできないんですけど!?
2007/02/06 (Tue)
▼英語のコメントで、しかもああも短文だと、ホントにスパムかどうかの判断が難しくてなかなか消せなかったんですが、編集パスワード(から生成されると思われる文字列。皆様のコメントの編集パスワードがオレに見えてるわけじゃないのでご安心ください)も IP も同じなら同一人物で、かつ、違うハンドルで書いてるわけだよな。あるいは同一集団に属する別人かもしれませんけど。
 つーことで心置きなく削除。
 ってか今後、英語のみの書き込みは消しますので、その旨ご了承ください。
 英語を母語とする方が御覧になって、書き込みを下さるのであれば、日本語のサイトを読めてらっしゃるってコトなわけですから、コメントもカタコトでもいいので日本語で書いてネ、ということで。
2007/02/06 (Tue)
▼「種の起源」(ダーウィン)とか少しずつ読み進めてたり。
 まぁ要するに「獣たちの夜―BLOOD THE LAST VAMPIRE」(押井守)を読んで気になってたネタだったってだけの理由で読み始めたわけなんですが、こらキツいわ。
 なんつーか、「メンデル以前の遺伝学」ってのは「ライト兄弟以前の空戦理論」みたいなモンだなぁ……とかそういう印象で。我々にとって常識であることが(まだ)常識ではない、とか、そんなんが続発。ってことはそれだけ当時においては強力な著作であったんだろうなぁということではありますが、やっぱツラい。
 「獣たちの夜」に通じる、より文系的な角度から見ると、こいつは確かに恐ろしい著作であるなぁ、というのが実感されつつあります。
 こいつは興味深いぜ。
 ……読了するには根性がいりそうですが!
2007/02/05 (Mon)
▼二刀アサシンがちゃくちゃくと育ちつつあったり。
 二倍はさすが威力絶大というか、メインの INT>AGI 支援も 20% 以上増えた模様。週末も結局掃除とか突発飲みとかでそんなにガリガリやってたワケでもないんですが。つないでる時間に対する狩ってる時間はそれでも普段よりは多かったのかねぇ。
 で、サブ垢に補填チケを投入して、こちらはほとんど週末つなぎっぱなしで露店を置き続け、フェンc とミミックc の換金に成功。うほ、10 M ぐらい増えたぜ。ついでに不良在庫化しそうだった s4 バイオリンも 50k ぐらいでまとめて売り切ったので、出したトキに一緒にいた民にはそのうち微妙なボーナスが進呈できるかも。覚えてたらねー。
 さて、この金をどうするか。
 当初は INT>AGI 支援の防具でも完成させるかなぁと思ってたんですが、やはり行くのは谷が多そう、となると、アコセ移動すればそれで足りるわけです。ってことは、完成に必要なのはエインシャントワーム靴なのか? うっへームリムリムリムリ。それには三倍ぐらい足りませんがな。次点はカリツ盾かもですが、これはカード代はともかく盾代が出ない。露店で +6 sサクレ 1.95 M というのを発見してこれもかなり惹かれたんですが、うーん……+4 から +6 にしてどれほどのものか……と考えるとな……。全 +7 を完成と考えるなら、+6 はあまり意義がないのでは……と思えてしまうわけでして、難しいものであります。
 ……おい、どうやら支援は装備面ではほぼ出来上がってると見ていいらしいぞ? ってか、ステ型がほぼ同系統の INT>AGI ME の装備が出来上がってる以上、支援のほうの装備もできてるようなモンなのは当然ですわな。微妙な INT 調整がなってないため、現在 INT 121 とかになっており、強いていえば sイヤリングがあればベターかもとは思いますが、何を刺すかとなるとこれも問題で。いくら値下がってきているらしいとはいえ、まさかハイドイヤリングとか作るのもアホらしいしなぁ。95 になれば INT 121 でヒール量も増えるので、これはこのままですかね。
 となるとだ。
 この資金は二刀アサの装備に突っ込むのが正解ってことになるんじゃまいか。
 まだ 67 レベルとかなので、当面は伊豆で暮らせるとは思いますが、早めに考えて(ついでに準備して)おくにしくはなし、ということで。といっても防具はとりあえず足りてる感じなので(例外は悪魔ヘアバンドですが、これは当面は必須ではないし)武器関連。以下りすとあっぷ。
 マミー刺し。一枚 2M。こ、これは……どうなんだろ……。欲しいっちゃ欲しいけど、調達は最後かなぁ……。
 オットー刺し。一枚 1M 弱。ん? 実はこれ、値段もそこそこお手頃で効果面でもそこそこ優秀なんでは? AGI も DEX もハンパになるのは今後も避けられないことを考えると。いやでもやっぱハンパかなぁ。
 バドン左手。大半が機械産というのが不愉快ではありますな。ただ、これがあればスピで狩れるのかなぁ……パサナをどうするかは置くとして……。
 アナコンダク左手。いや、右手? わからん。欲しいけど値段もさることながら出回ってないのでとりあえず除外。
 ミョグェ左手。うーん……これも値段と出回り量の面から除外。ってかゲフェン以外に使いどころがないような。「安ければ使いたい」ぐらいのモンですな。
 ペコタマ。値段と、どうせ機械産ばっかだろうよって不快感から除外。ただし、長期的にはもちろん視野で。
 ヒドラ。一枚出したら二枚目以降を考えるかも?
 ゴブリン左手。とりあえず本命そのいち。ただ、ミノ以外どこで使うんだ? というのがねぇ。亀島? いつになるんだ?
 キャラメル左手。……いや、ないな。
 スコーピオン左手。うーん……安ければ使いたい系か……。
 若。ギャオス。次点。いや、欲しいっちゃ欲しいけど、九分九厘機械産だろこれ……。使いどころも右手に火ダマ持って対アンデッド以外ない気がするし、除外かなぁ……。
 ミノ右手。本命そのに。これは即決していいブツなんだけど、問題はむしろ過剰グラが手に入るかどうかで……。ってかとりあえず手持ちをさっさと叩いてみるべか?
 以上、りすとあっぷ。
 うーん……過剰グラの調達が最優先事項?
 以下、その他可能性。
 闇服。これは確実に有効ではある。ただしアサ用としては STR 補正が完成してからでないと着れない(完成までは服で調整するため) プリ用としてはメリットがアコセの経験値ボーナスを上回る場面って……あるんかなぁ? といったところで。値段も安いので適当に作ってしまってもいいかも。
 イミュンマフラ。実はさすがに支援プリ用にそろそろ必要かもという気も。FLEE 200 で避けきれない場所ではイミュンのほうがいいんじゃないかっちゅーことで。でも +7 以上は欲しいので……悩ましいところ。あとフェンの移動と換装も必要かなぁ。
 フリルドラマフラ。生体悪魔化まではたぶんそこそこ有効。それ以降はほぼ完全に無意味。
 兄盾。うーん……亀島も結局怖いのがオゾルトの SB だってコト考えるとタラなんだよにゃー。
 ペノ盾。たぶん必要になるけど金が足りない。
 フロームヘール。これも前衛ではないことを考えるとアコセで経験値増やすほうがよさげな気がするわけで。少なくとも値段分の魅力はなし。
 剣魚服。うーん……出したら売るね。WB なんざ隠れれば以上だし。
 アンフロ服。十枚出たら嬉しいなぁ……。現在の狩場を考えると自力一択なので考慮外。
 ライドワード頭。ってかライドワードc。あるいはリボン。必要。今のままでは INT>AGi 支援の狩り装備がクソ似合わないライドワードサクレなのでいやーん。
 ヒルクリ。2M を切ったら考える。でも正直換装の手間を考えると不要っつー気も。INT 型のプリ以外ならともかく、アサシンや剣士にはねぇ。テレクリは手放せないので。
 月光クリップ。ちょっと欲しかったけど、さすがにもういらないかと。
 ヴァイオリーアクセ。ちょう欲しい! カード 1M までなら払う! って、見たことないですけどね!
 以上。
 以下、自分用メモ。アサシン成長予定。
 At 70: STR 70+10、AGI 61、DEX 32。STR を最優先で装備調整。このあたりでイシスにいけるはず。まぁミノグラは必要ですが。
 At 75: STR 70+10、AGI 71、DEX 32。さすがに STR はソロコミ 80 で当座充分かなぁ……という印象に。
 At 80: STR 80+10、AGI 71、DEX 32+8。このあたりから悩ましい。ブレス込み STR 100 は夢ですが、AGI と DEX はどうしたものか……。でも DEX はコミ 45 が限度だよなぁ、振っても。ブレス貰ってコミ 55……うーん……。
 まぁ 80 は恐らく完成域なので、このあたりが限界でしょうか。想定狩場はもちろん谷。あわよくば HiME とツルむ方向性? ロリルリに 73% 命中は見劣りしますが、これは ME で焼いてくれると期待。塩貰って当たりさえすれば威力は充分のはず。ME で焼けないマダについても上々と思われ。
 おまけ。INT>AGI 支援を ME に再構成した場合、ME 8 でも村でのソロ狩りはほぼ成立する。アホらしいっちゃアホらしいけど、これでかなり支援スキルを切り詰めずに支援 ME が可能に! ME 4 セットでガイズを討ち漏らした場合でも HL 一発でほぼ処理可なので現実的といえばいえる予感が!? なおタムランで行く覚悟なら何の問題もなくこの構成で行けるわけで、この構成で鮎 2 をソロ狩場にするテもあるかなぁ。鮎でも 1M 弱は出るはずなので、支援のソロとしては充分でしょう。キリエが 6 に下がるのがどうかというのはなくはないですが、まぁ、ほぼ問題ないっしょ。
 生体仕様を組むかどうかは悩みどころ。ソロはほぼ諦めるとすれば、とりあえずこんな具合? 残ったポイントは SW か IM かキリエに入れるセンで。さて、そこまでしてもペア生体が可能かどうか……。厳しいよなぁ、きっと……。
2007/02/05 (Mon)
▼めも。ってかまぁ懐古。アルシャーク攻略
 懐かしいなぁ。ただまぁ、面白かったといえるかどうかは微妙だったっつーかやっぱコレ系はエメドラがベストではありましたな。
 音楽面はけっこう好きだった気も。曲数がやたら多く、「Call ! 大地」とかの曲名は熱いと思われ。いや、寒いが。曲そのものはボス曲の熱さ(とくにイントロ)が異常。なんですが、サウンドカード版の熱さに比べてサントラ収録のよりよい音源使ってる版がイマイチだった記憶が。そしてラスボスも通常のボス曲だったのが哀しかったり。(これはエメドラも。しかし近い時代ではドラスレ VI 英雄伝説は戦闘曲が一曲しかなかったりもしてあれは哀しかった)
2007/02/02 (Fri)
▼んまーアイドルマスターとかまるきし興味もなんもなかったっつーか今もないんですが、日替わり氏のとこにあった「俺のあずさも10万人近くのファンを獲得しています」なる一文に、うお! とか思ったり。
 十万かぁー。
 キィが三回人間になれるなぁ。
 まぁキィに関しては最萌えキャラはセルゲイで不動ですけど!
2007/02/01 (Thu)
* Top *