FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
▼まぁ休み明けの最初の仕事は山のようなスパムの削除作業なわけですが……。
 正月休みともなると、いくら「短かったナー」という実感でもそれなりの長さはあるわけで、長ければそれだけこのゴミの数も増えるわけで……。
 うん、120 通の削除作業はゲッソリだネ! いや、それでもプライヴェートアドレスに来るのに比べれば全然少ないですが、仕事のほうだと万一仕事関連のメールがまぎれてて、それも削除してしまうとマズいので気ィ使うわけでなぁ。
 ちくちく消してるうちに殺意が芽生えてきたり。
 あのな。
 12 月 30 日のメールだぞ、12 月 30 日。
 私は今年の12月にオーストラリアに移住すると決めました。
 さっさと行けこのボケエエェェェ!!
 つーか、スパマー撲滅(NOT スパム撲滅)ビジネスとか立ち上げるとかどうですかね、ベンチャラーの皆さん。「アナタを悩ませるスパムを分析し、悪質と判断した場合、当社からゴルゴを依頼しスパマーを SATSUGAI いたします」とかそういうの。「アナタに金銭的負担は一切ありません。我々の資金はビル・ゲイツ財団から出ています。彼はマイクロソフトのビジネスの発展に対してこのテのメールの奔流が重大なリスクとなることを理解し、我々に出資してくれました」とかそんな勢いで。
 ってか最大の疑問は、これ、イヤガラセなり営業妨害としてやってるんなら有効だし理解できるんですが、こんなんを商売の宣伝というか公告というか客引きとして行うってのはサッパリだ。12 月 30 日に「今年の12月にオーストラリアに移住してダンナをアリクイに食わせる」なんてメールだぞ? 12 月 30 日にだぞ? んなムチャな話があるかい。どっからどう見ても無差別悪質スパムじゃねぇか。いったいどこのどいつがこんなモンに引っかかり得るっていうんだ?
 ……いやまぁ、ひとつひとつがどうこうっつー話じゃないんですが。問題は質ではなくて量なのであってな。質については例の手話スパムみたいなイカすのもあったりするわけだし。
 くそったれ。
2007/01/05 (Fri)
* Top *