深度 、急速潜行~
▼振り休取得で一日休み。
 つーことで、メインの INT>AGI 支援にアコセを移してちょっとがんばっちゃおっかナ! とか思い立ちまして。ということはつまりサブ PC との 2PC で装備を移さなきゃ! ということになるわけでして、ふと思い立ってサブ PC のセキュリティの更新を試みたところ、いろいろと検出! ギャース!
 ……かくして、ひたすらそっち方面に気合を入れる DAY となり申した。ギャフン。ついでに部屋の掃除をはじめてみたところ、これもこれで気合が入ってしまったり。ううむ。掃除は道具(と洗剤)が勝負だな、結局。やっぱ実験室から実験用のグローブを強奪してくるべきだったかー。あとは消エタの噴霧器でもあれば最強なんだが……。消毒効果と同時に水分を飛ばせるというのが重要で。
 しかし、サブ PC は若干セキュリティが甘い設定になっていたとはいえ、この検出量にはびびりました。ってもワイラスはわずか二件で、たぶんこれは誤検出の類だろう(と思えるぐらいに安全性を確信できる。根拠は秘密だけど)ってなモノではあったんですが、ワイラス以外のスパイの検出っぷりがなぁ。うーん。今後はちょっと考えねば……。
 まぁそれはそれとして。
 結局、メインの支援プリが二倍のあいだにソロで頑張るというのは有り得ないということが実感されましたとさ。ピラ地下ソロとかもうやってらんねーつまらなさです。苦行以外の何物でもないし。二倍期間に ME にして 95 にしてしまい、それから生体仕様の支援に再構築と言うのも考えましたが、内輪短時間とかいう条件で生体でガリガリ狩れるかっつーと、これは無理であるよなぁ、というのも。
 支援が支援として動く場面とか、現在ソロ狩りが苦にならないアサシンにとっては二倍の効果は絶大というのも実感としてあったので、まぁ、そっちのセンで。ってかこれは普段と変わらない行動方針なわけではありますが。
 とりあえずはアサシンのジョブボーナスがくるくる変わる時代を短縮して終わらせ、その後は、さて、どうするか……。ひとつの案は支援を ME にしてしまうという可能性でありますが。もうしみじみと、90 台純支援素プリとか、存在意義がわからなくなってきてるんだよなぁ。まして AGI では。高いレベルでなければ行けない場所って、プリが少々 AGI 振ったぐらいじゃどうせ避けれない&喰らうと死ぬ、なわけで、、それってアスムないヤツは来るなってことだべ。アスムいらない場所ならここまでレベル高い必要ないっつーか、レベル高いと死んだときのダメージがでかすい分へたれるし。そりゃ、レベルと中の人の技量(というか慣れ)の向上で、安定して狩れる場所の安定度は圧倒的に上がってきてますが、それでも、たとえばペアで谷にあと数百時間とか行けるかっつーと……うーん……。現時点で確実に安定してる場所以外となると、素プリ+プレイヤースキル<<(越えられない壁)<<アスム、なわけでな……。っつーか、谷に限らず、今後光るまでに行くような場所ってかなりの範囲で ME のほうが優秀なんじゃ? っつーカンジなんだよにゃー。グロと塩の持続が短くなるのは支援をやる場合に不便なので、そこはキリエを 6 まで削って維持で。キリエの役割が決定的ではなくなりつつある実感はありますし。あとはマニピカが短くなると不便だけど……。例外は、皮肉なことに、「すでにハイプリがいるパーティーにふたりめのプリとして入る場合に行く場所(例:タナトス、アビス)」だったりするのがね……。
 まぁこれはまだまだ考慮の余地ありですが。実際は生体に行けちゃったりするかもしれないわけだし。
 他の可能性としては、商人の作り直しっつーのもあります。VIT 型でこれ以上育てる気が正直皆無なわけであり、こいつも AGI に再構築してしまえば、武器(短剣)も各種揃ってることだし、さっくり転職レベルぐらいまではいけるんじゃまいか。ってか JOB 40 ぐらいなら余裕の予感。んまぁ CR はある程度の VIT が要るという意見もありますが、CR 駆使というのも今のところは考えてないっていうか、OCDC 露店商人として完成(露店 8 棚= JOB 43)すれば充分なのでなぁ。あとは気分的に、グリードが欲しいので、BS に一応なっとくかなーぐらいで。ふむ、装備だけ持って今の状態で狩りに行ってみるテもあるか? それで狩れそうなら作り直す必要すらないということにもなるので……。グリードって JOB レベル前提あるんだっけか?
 ……とまぁ、ダラダラ書きましたが半分は自分用メモっつーことで。
 アサシンが STR+1 料理を食う期間は予定よりも長くなりそうな予感もあるので、もう一山調達すべく材料を集めてみるかなぁ……なんてのも考慮。
2007/01/31 (Wed)
▼ついに AI が本州上陸ですな……。
 やっぱなんかおかしいって気分は拭えないのですが、しかしこういうものなのだろうな……。どっから入ったかサッパリわからん、という。
 とりあえず有望な新兵器のテストは開始されてますが、さて、どうなるか。
2007/01/30 (Tue)
[Life as a Half Drow]His First Magic Missile
▼プレイヤーやってきました。
 今回の PC はドルイド。ウィザード 1 レベル混ぜてメイジアーマーとシールドで AC を稼ぎ、武器はフレイムブレード(以下フレブ)とプロデュースフレイム(以下プロフ)が主力の、平服に徒手空拳の前衛型ドルイドでございます。ワイルドシェイプ能力は全てワイルドフィートに投入する方向性で。今回の開始時点でドルイド 6/ウィザード 1、AC は +4 メイジアーマー、+5 DEX、+3 バークスキン、+1 プロテクションリング、+4 シールドで 27。これに、今回のワイバーンゾンビの大群との戦闘ではキャッツグレイスで DEX ボーナスを 1 上げ(普段は +2 グローブ)、軽業 5 の防御的戦闘で AC 31 を確保し「そっちの攻撃は 20 のみヒットで」ってな状況を作り出し、おおいに楽しんでまいりました。ま、周りからはあんまし楽しそうには見えてなかったらしいですが! いや、重装甲(まぁ見た目は平服)で敵前に立ちふさがり、微妙な火力で敵 HP を削って戦う、ってなんかクラシック時代の戦士を思い出すノリでなー。
 今回の終了時でレベルが上がり、DEX を上げたことで、AC は 28 になりました。次のレベルで能力値アップアイテムが作れるようになるので、DEX +4 のグローブを作り、そろそろグレイターメイジアーマーも(スクロールから)実戦投入すれば概ねこの面は完成ですな。レベル 10 になればバークスキンの効果も上がり、+6 グレイターメイジアーマー、+8 DEX、+4 バークスキン、+1 プロテクションリング、+4 シールドで 33。準前衛としてはまぁ充分なんじゃないでしょうかね。フィートが足りないので攻防一体が使えないのが惜しいですが、防御的戦闘で AC 36。並のドラゴン程度の装甲はあるぞ。平服で。
 火力のほうは、持続延長したクリーピングコールド(以下クリコ)で SR と ST を抜ければようやく人並みってところなので、ちょっと見劣りする部分ではありますが。あ、スパイクスとブランブルズは今回は使わない方向性でおります。あれらはちとアレだ。スタックしないという裁定でもけっこうヤバイいでしょう。うーん、今回はなんかデヴィールが敵役としてバカスカ登場らしいので、銀シックルを少し強化してみるテもあるのかなぁ。STR は低いので結局威力はしょぼしょぼでしょうが、SR を抜けないとクリコもフレブもプロフも効かないわけで、DR を抜ける武器を用意しとくのはアリなのかも。っても、うちのパーティーにはクレリックもパラディンもいない(ってかクレリックなしパーティーって気合入りすぎ。DM が許可してくれれば雇いたいんだけどねー。スクロール読ませるには低レベルでも足りるし)のでアラインウェポンは使えないし、ホーリー武器はちとコスト面で苦しいのではありますが。銀+イヴルアウトサイダーベイン(メイジベインは今回のキャンペーンでは +2 強化相当にするとの裁定が下りそうですってか、正直あれで +1 は有り得んと思う)ぐらいでゴマ化せるのかなぁ。STR +4 のベルトをつけて、+1 銀製ベインシックル持って、レベル 10 段階でメレー +17/+12(妙技を適用)、ダメージは 3d6+2。DR に引っかからなければ、まぁ、悪くはない(もちろん周囲の本職前衛には遠く及びませんが)威力ではありますが、DR/善で止められたら以上。DR/善持ち相手には、素直に電気に変換したプロフなりフレブなりで、試行回数増やして SR 抜けることを期待したほうがマシですかね。プロフなら近づかずに撃てるというのは強いし。威力は 1d6+5 で見劣りしますが、DR で止まるよりはよほどマシだろう。
 ……とまぁ、今後はそんな具合ですが、今回はまだダンジョン探索の「道中」だったので、全然そのへんは出ずじまいで。最初に出てきたのはゼラチンキューブ。これ、DR もなんもなしで、普通に斬って倒せてしまったのに仰天。まぁ、CR 考えれば敵じゃないっちゃ敵じゃないんですが、まさか剣で殴って倒せるとは思わなかった。それから、スペクター。まぁ一匹なら余裕。といいつつも負のレベルを喰らったのでいったん撤退。ケイオスビーストと対決し、ひとりが形質変化を喰らっていったん撤退。そしてクレイゴーレムと対峙。これは、呪文完全耐性に苦戦。DC 26 のキャスターレベルチェックとか通らないので、前衛を癒しながらの長期戦も困難。ここでネチャライ変換が大活躍! のはずだったんですが、必殺アローホークはレベルが足りなくて呼べず、ソックアで頑張ることに。しかし言葉が通じないソックアに「装甲呪文ふたつかけるからちょっと突撃待って!」と伝えることもできず、メイジアーマーだけ乗せて突っ込ませたところ、あっさり殴られて死亡(送還) っつーか、攻撃が当たりませんわ。これも、グリースで転ばせてオーブ呪文でアウトレンジする方針に切り替えたものの、出直しが必要に。というか、傷の回復判定に 6 日とかかかってみたり。それからヴァンパイアスポーンの集団やらワイバーンゾンビの集団やらを少しずつ削り倒して進撃するものの、時間食いすぎっぷりに NPC に苦言を呈されてしまったりもしたのでした。でもしょうがねぇよなぁ。ダンジョンと町の往復に片道 2 日かかってるのはまぁ、ダンジョン近くにベースキャンプ作れるようにしてあれば短縮可能(ウィザードが 4 レベルスペルにアクセスしたので、次からはレオムンドの宿屋が作れるか?)ですが、それ以外は短縮しようがなかったし。クレリックがいれば多少違った部分はあったでしょうが、これもキャスターレベルが違うわけじゃないのでゴーレムからの被弾には対応できなかったし、ターンが可能といっても高 HD のアンデッドはせいぜい少しずつ追い返せるだけだろうし。まぁ、前衛の片方がクリティカル特化なので、アンデッドやコンストラクトは倒すのに時間がかかったというのはなくはないですが。
 で、今回のヤマバは、どの遭遇だったかは忘れましたが、ウィザードが「他に通る呪文もなさそうだし」みたいなカンジでぶっぱなしたマジックミサイル。これに何故か DM が大感激。
オレ、サードのマスター 3 年やってるけど、「初めてマジックミサイル喰らった」よ!!!!
 爆笑。
 いやね。うちのプレイグループでは 5 本のキャンペーンを経験してまして、最初にはじまったのが、わたしが DM の「EoW」と略称されるモノ。これの PC ウィザードが火力特化の Evoker で、マジックミサイルとフレイミングスフィア(3.5 版移行後はスコーチングレイ)とファイアボールはほとんど飽和攻撃の勢いで飛んでたわけです。で、一本は持ち回りでウィザードなし。残り 3 本はいずれも今回の DM によるもので、ひとつは今回の。ひとつが「ELG」と略称されるモノ。ウィザードはわたしで、3 版時代は Evo 切りの Tracer でした。3.5 版に組み換えた後は Evo を残すことにしましたが、移行後のプレイ回数がまだ少なく、マジックミサイルなんぞは使うヒマもありませんでした(他のより高レベルの呪文使うのに忙しくて) で、最後のひとつが、今回のではサムライ/ケンサイをやってるプレイヤーがウィザードをやったモノで、おそらく未完で終了になりそうなモノなのですが、このウィザードが Evo 切り Enchanter なのね。
 そんな理由で、この DM は 3 本ものキャンペーンを遂行したにもかかわらず、今回に至るまで一発のマジックミサイルも喰らったことがなかったのです。すげぇ。つーか、わたしも、今回サムライ/ケンサイをやってるプレイヤーも、EoW での Evoker の印象が強すぎて、「あれとは違うキャラ特性を前面に押し出してゆかねば!」と気合を入れた結果 Evo 切りとかになってたわけでして、それだけ最初のウィザードが偉大だったっつーことではあるんですが、にしても、三年目にして初マジックミサイル被弾とは。
 極端だよなぁ。
 で、わたしも、今回のウィザードも、グリースとグリッターダスト(以下、魔法陣グリグリ)が強力すぎるということを確信しすぎたために、もすぬごい勢いで魔法陣グリグリを使いまくったために、「もう魔法陣グリグリはいやじゃああ!」とか魔法陣グリグリ恐怖症に陥ってらっしゃったりするわけで、申し訳ない限りでございます。といいつつ今後も使いますが。今回のゴーレム戦はグリースとグリッターダストがなかったらかなり詰んでたという話もあるしねぇ。例の Evoker は、3 版時代が Conj 切りだったせいもありますが、このへんまるで使ってこないんだよなぁ。最近少し来るようになりましたが、さすがに Lv 16 とかの時代には以前ほどの猛悪さにはならないわけでして。
 もうひとつ、個人的に盛り上がったのは途中、パーティー分断された状態でヴァンパイアスポーンの集団と対峙した場面。最初は魔法戦士(バーバリアンとかウィザードとかをいろいろ混ぜまくった謎の構成。ちょっと前に書かれた成長計画はこちらに)だけが切り離されてたんですが、わたしのドルイドもシェイプで移動しそちらに合流。本隊はサムライ/ケンサイとウィザードの 2 人で、 2 人ずつにわかれてそれぞれ 5 匹のヴァンパイアスポーンを迎撃という体勢に。本隊を無防備にしすぎという話はありますが、そちらは退路が確保できてるのでまぁ大丈夫だろうと。キャスターマルチを重ねて自己強化呪文で固めた 2 人なら敵中に孤立しても余裕だぜ! とかそんな勢いでおおいに楽しませていただきますた。っていうか、DM やっててもプレイヤーやってても「攻撃しておかないと AC が下がってヤバい!」という事態に陥るのは我ながらどうなのか。お互い、ほぼ 20 かそれに近い出目でなければ喰らわないようにしておいて、クリティカル喰らったら一発ならオルターフォーチュンで防ぐぜ! とかそういう覚悟で戦闘開始。結果的にはなんとかノーダメで倒し切ることに成功。やっぱ 95 % 回避確保は重要だよねー。
 そんなカンジでわたくしはドルイドを満喫してた(初めてシェイプも使ったし)のですが、最初に書いた通り、どうも周囲からはそんなに楽しそうではないように見える模様。うーむ。
 次の 9 レベルでとりあえず欲しかった要素は全部揃う予定だし、次回がとても楽しみでございますよ。
2007/01/29 (Mon)
井上仮さま経由で発見した記事。「遊びの勝ち負け
 ええと、いろいろと思うところはあるんですが、ロジックが組み立てられません。つーか、自分を切り離して語るんならともかく、自分を省みながら語ろうとするとどうやっても迷路っつーカンジで……。
 とりあえず、「自分はゲームの勝敗を受け容れることができる」と自称する人々は、はたしてどちら側なのだろう……と、そういうコトを感じたテキストでありました。と、それだけ感想として述べておく方向性で。
 他のテキストもやたら興味深いというか、ゲラゲラ笑って読み終わってから、ふと「やべぇ、オレも気をつけなきゃマズいかな……」とか思ってしまう類の話が多くてこたえます。フー。

▼突如思い立ってビーフシチューを作ってみたり。
 いやまぁ、思い立ったのはちょっと前だったんですが、思い立ってネットでレシピを検索して「これは美味そうだ。しかもうちの設備で問題なくできる!」と思ったブツが、設備面での要求性はともかく、とにかく時間がかかりそうなブツでして……。で、平日にはこれはムリっしょ、と諦めてたわけです。んが、昨日は休日。RO 内で杜甫歩の人が「今日はシチューの予定」と云ってるのを聞いて思い出しまして。休日なら時間あるじゃん! と急遽決行を決定。調理を敢行しました。ちなみにオレはもともとそんなに料理とかする方じゃないので、ここのステップをこうすると時間短縮できるヨ! とかそういう基礎的なスキルがまったくございません。ので、レシピの通りのバカ正直に時間をかけるしかないわけですね。つーか、これまでに挑戦したのも「時間かかるのはよい、手間はそれほどかけたくない、金もそんなにかけたくない、外食より美味(あるいは、外食だとやたら高価になるようなものを安価)にならなければ作る甲斐がない」とかそういう基準になってるわけでして、今回もその基準には外れてませんでしてよ。あと、電気調理器しかないため、火力密度を上げて短時間に気合を入れるモノよりも、平滑的な火力を長時間かけるモノのほうがやりやすいってのもあります。
 で、時間はかかりましたが、とてもおいしく仕上がりました。大満足でございます。牛肉は 100 g 120 円ぐらいの豪州産を使用しましたのでコスト面でも上々。もちろん(安いけど安いわりには美味しい)ワイン(一部は料理にも使用)を開けて、ついでに買ってきたバタールを切って、突如として優雅な夕食になりましたのことよ。
 ……で、肉が半分残ってるのだが、もう一度料理するのが大変じゃのぅ……。
2007/01/29 (Mon)
▼宮崎の鳥フル事件ですが、コレとかコレとか見ててふと思った。
 これ、どこぞの敵対的国家が本格的な対人インフルエンザ兵器を投入する前段階として試験運用を行った結果という可能性は考えなくて平気なんですかね? 宮崎県だけでふたつの別種の型で発生し、かつ、渡り鳥ではない可能性も高く、養鶏業者も地方行政もそれぞれに手は尽くしていて「これ以上どうディフェンスしてよいかわからない」というぐらいの状態となると、人為的に引き起こされている可能性があるんじゃまいか……と脳裏をかすめたんですが。
 あるいは逆に日本の生物兵器部門(あるんか?)が自国内の管理された範囲で実戦テストを行った、とかそういう可能性は?
 国産鶏のシェアで宮崎と競合関係にあるどこぞの地方の差し金である可能性は?
 いや、さすがに最後のはねぇと思うけどさ!
 ってか上のふたつもないでしょうが、思いついたっつーことでひとつ。

▼下記と同じく HJK から。デジカメの持ち方
 なんか仕事で写真撮ることが増えてきてるので参考にしてみるカンジで。

HJK でめっけた「メルティブラッドぷりてぃコレクション BOX」が突然気になりだしてみたり。
 ワタクシ、基本的には立体ブツに対する情熱というのはほぼ皆無なんですが、不評であるらしい「小さい」ってとこに惹かれるわけですよダンナ。つまり、TRPG 用として。
 んまー現代を舞台として、かつ、ミニチュア並べて戦術戦闘とかそういうゲームをやる予定はまるでないっちゃまるでないわけで、使い道はないっちゃないわけではありますが。ミニチュア並べて遊ぶのは DnD に代表されるファンタジー系であり、現代モノだと厳密な配置にこだわるような戦闘をあんまししないからなぁ。銃火器が主力になりがちだと、配置で角度と距離を計算してガチガチやるよりも、もちっと言葉による表現に重点を置いたほうがやりやすいと感じるので。
 「コンセプトは、とにかくかわいい!」とかも死ぬほどどうでもいいぞゴルァ。いや、それはまぁ、デキの良し悪しという意味ではそうあるのは全然結構なんですが、せっかく「月姫」じゃなく「メルブラ」のタイトルを冠しているんだから、もっとこう、姿勢を戦闘的にだな。アルク、秋葉、翡翠あたりはニュートラルの立ちポーズでいいし、ニュートラルだとイマイチ盛り上がりを欠きそうなカレーあたりは前ダッシュとかどうですか。琥珀なんかは業物抜刀状態とかさ。っつーか箒のない琥珀とか、「メルブラの」琥珀として有り得るのか? 銃手(名前忘れた。なんだっけ?)も銃ナシだし。まぁこいつはもともと銃が見えてない動きのほうが多かった気もしますが、銃あったほうがゲームの駒としては使いやすそうなのににゃー。黒レンはえーとえーと……黒猫一匹でいいんですけどどうでしょうか。いや、さすがに最後のはオレでも有り得んとは思うがな。つーか黒レン(白でもだけど)いらんので 666 とか入れれ。
 ……ということは、フェイトーので似たような企画になればよろしいってことですか?
 つーか、ひとマス 1 インチ以下ていどのゲームボードで取り回しのよい日本製のミニチュアが欲しいよなぁと以前からずっと思ってるんですが、「小ささをハンデとしないデキのよさ」であると認定されているにもかかわらず小さいというだけでかくも評価が下がってしまうという市場の傾向を考えると、これは、どうも、売れそうもない商品を期待しているっつーことになるわけだよねぇ。
 なんともな。
 ってか、もし箒持ちの琥珀とかあったら「急遽フェリシティ戦もう一回やります!」なんてなコトになってただろうよゲハハ、とかプレイグループの民にしかわからんコトを口走っとく方向性で。
2007/01/26 (Fri)
[Life as a Half Drow]Cat, Angel, or Automate
▼毎度、回転翼閣下の話は楽しいのう。なんつーか、着地点はそう違わないような気もするのに経路が全然違うのが。
 エルフやドワーフと云った指輪種族の他にオリジナルの種族を作ろうと考えた場合、アメリカ人はハーフオーク、トロール、ゴライアスといったガタイのあり戦闘に有利なマッチョ種族ばかり考えます。(中略)だが、日本人がまず手を出すのがネコ耳、天使、自動人形。まず美少女キャラとして通用することが必須条件になります。
 うははは。
 うむ、わたしもネコとか天使とか自動人形とかには喜んで食いつきます。ただし、それは美少女とかとは関係ねぇのだよ。とてもシンプルに、まさにそれが「戦闘に有利」だからなんですわ。
 ジパング最新刊を読んだばっかで脳がそんな方向性になってるのでそんな方向性からたとえますと、メリケンがたとえば空戦で有利になろうと思うと、F6F ベゼキラ、じゃなかったヘルキャット*みたいな「小回りはイマイチでも重装甲高出力で押し切るぜ!」なブツに走り、日本人の場合は「当たらなければどうということはない!」ってな方向性に走って零式とか作る、と、そういう文化の違いなんじゃないのかねぇ?
 ネコ! 高 DEX で全部避けるぜ! 天使! つーか羽つき! 空中にいりゃあマッチョの近接武器は当たらねぇぜ! 自動人形! ロケットブースタで高速移動! スニーク無効! どうよ。あ、最後のはちょっと違うか。
 で、ホビットつーかハーフリングについては、DnD サードではヘタすっとエルフのほうがローグに向いてるっちゅー大問題もありまして、それもあって不人気なんじゃないかねぇ。マルチ前提だと結局ヒューマンにならざるを得ないということも多々あるし。これが日本製だとエルフは DEX ではなく INT が上がるルールになってて逆にハーフリングに脚光という可能性もあったかもしれんかもしれんけどさー。でも「捜索」のスキルにランクを振るのは通常ローグで、エルフのみがシークレットドアを「捜索するという宣言なしで」発見し得るという決定的な要素がある限りはローグはエルフが最適(次点でファイター等とマルチして戦闘ローグを作るのに向くヒュメン)っつー状況は変わらんかもなぁ。フェイヴァードクラスがローグではないとはいえ、ローグにとって(エルフのフェイヴァードクラスである)ウィザードとのマルチはやたら強力なのでこれはあまり問題にならんし。
 つまりホビットが生き残るためには、「シークレットドアを自動的に発見できるようになればよろしい」のではないでしょうかね。
 つーかわたしならそれだけでローグはホビットにするぜ。ついでにベースムーブ 40' とかならもう一択ですな。今のままだと、せっかく「小さいので当たらないぜ」なハズなのにエルフも DEX ボーナスもらえるおかげでたいして有利でもないってのが問題だべさ。隠れるのに判定ボーナスがあるとはいっても、ある程度のレベルになれば、結局ローグには自動的にグレイターインヴィジビリティが飛んでくるはずだし。

* これ、名前がネコなのが楽しいですな、この記事的には。あと、速度面では零式よりも上だったのこと。フムン。
2007/01/26 (Fri)
▼つーことで、さっくりとアサシンに転職ー。
 昨日は「暗殺前夜」とかタイトルつけたブツを書きかけてはいたんですが、まぁ、転職すませてしまったのでアプ中止つーことで。
 とりあえず、試運転というか試し斬りということで伊豆 4 にトツゲキ。武装は +5 風ダマに +7 Q サハマイン。
 いやあ。
 すげぇ。
 機械とタゲがかぶっても悠然とドロップ取れる火力なんて初めてだぞオイ。STR 補正が転職後でしょんぼりになってる状態でコレってのもステッキーです。ううむ、なるほど、これが伊豆二刀というものかぁ!
 ……んがまぁしかし、JOB 補正が安定するまで当面はココで上げるでいいとしても、これは、対応武器のない土地に行くときはアレなコトになりそうだにゃあ……とも思うわけでして。あと、主武器の持ち替えが必要ない伊豆はいいとしても、他行くとなると主武器の持ち替えが面倒なのも問題だよなぁ、ってのも。難しいぜ。換装用のカタールを持つべきなのか、装備ウィンドウ開いてクリックに熟達すべきなのか。
 とりあえず、ブーストだけなら不要かもなぁ……と思ってた左手修練ですが、装備のない場所でもとりあえず何かやってる気になるためにも持っとく方向性で。
 で、いろいろ考察しなきゃならんコトが増えたわけですが、正直 wiki とか怖くて見れないですって! 実に面倒だなクソッタレ。(といいつつ RO やらないマシンでは多少見てたりしますが、それですらビビるぜ。被害が広範に拡大するタイプなら各社対応早いだろうけど、ネトゲをピンポイントで狙うのなんてオーファンだから、セキュにはそれなりに気を遣ってるつもりでもアテになるかどうか……やれやれ……)
 しかし、いずれにしても本気で運用するなら中と大のサイズ特化は必要ってことっぽい。けど、そんなモン買えるかっ! というのもあるわけでして、悩む。うーむ、ミノc 四枚かぁ……うーむ……。まぁ、やたらとレベル上がったら考える可能性も皆無ではない程度でひとつ。ボンドも値段は大差なし。ブラッディは多少下がるけどやっぱり余裕とはいかず。FD4 でグリム狩りでもすれば出せないこともないと云える可能性も否定できないか?(←まわりくどいがかなり弱気) ゴブリンc も欲しいですが、費用対効果がどうも想像できず。出しに行くのも楽しいかも。ゴブリン村 MAP は景観も嫌いじゃないし。ま、四枚出すのはムリだろうけどさ。行くなら一枚は出す、二枚程度出せれば御の字ぐらいで。
 あとは、Q ハロウドマインって作っちゃっていいんだよな? 安いから右手も T ハロウドグラ……ってそこまでするほど使うかは疑問な気もしますが、さて。
 水主武器は明らかに必要な気がするので、1M ぐらいでみつけたら買っておくとしよう。
 ステは現在、STR 63、AGI 52、DEX 27 となっております(Base 61) まぁ、シーフ終期のジョブ補正にあわせた数字だったりして現在はハンパですが、以降は以下のような按配で。
 転職当初:AGI を 60 まで振る。途中、JOB 24 あたりのタイミングで DEX 28。AGI 60 到達が Base 66。この時点で FLEE 197。充分じゃね? 以下 73 まで STR を振る。
 STR 72 到達が Base 70。DEX も上げて、STR 72、AGI 60、DEX 29。FLEE 201。上々。
 Base 71 で STR 73、AGI 61、DEX 29。以下 AGI。AGI 71 到達が Base 76。FLEE 218。以下 STR。適当なところで DEX。STR 先行で料理等での補正も視野か。
 Base 80 で STR 80、AGI 71、DEX 32、ついでに INT 2+4。これをもってとりあえずの完成点とする。FLEE 221。充分だろ。
 ただまぁ、ヒールのないキャラで FLEE がどのくらいあれば充分かってのは悩むところではございます。プリで 200 ありゃ余裕! って云ってるのは、あれはヒールとキリエがあるからってのもあるしな。STR 70 止めで AGI に振ってった場合、Base 80 で FLEE 231。ウウム。STR 先行した場合との差の範囲にソロでガリガリ狩りそうなのはとりあえずいませんが、PT なら速度も貰って 233~243 の間に入るものとなると……あんま問題になるのはいないような……?
 やはり STR 先行でいいのかなぁ。
 もうひとつの問題はスキルでございます。ってかグリムの誘惑さえ考えなければ何の問題もないっちゃないんだけどねー。実際問題として、毒系スキルはどんくらいが実用レベルなのかが想像つかないわけでしてウムムム。リアクトなんか使わなそうだと思うんだけどにゃー。クロキンもいくつが実用レベルなのかがにゃー。ってかまぁ、これはできれば高レベルにしときたいところですが。とりあえず 3 は迷わず取ったけど、どこまで上げるべぇか。
2007/01/25 (Thu)
▼おっほー、京セラの新機種ですかっ。
 ……と思ったけどなんかイマイチ惹かれねぇなぁ。
 今の(WX310K)がデザイン的にはかなり完成されてる感があるっつーか、ま、趣味ですけどね。性能面でも 300 正直はかなり苦しいものがあった(具体的にどこがってのは覚えてないんだけど印象としてね)んですが、今のはまるきし不満ないので。画面写真を見たカンジも変化なく、べつにゲームやりたくは全然なく(つーかゲームやるならゲーム機を買うぜ)べつに音楽も聴きたくはなく(iPod なのを買ったばっかだぜ)写真も撮る気はなく(デジカメは古いのだけど PHS のよりゃよほど性能いいのを持ってるぜ)となると、ウウム。どうせ値段下がんないだろうしナー。
 なんて云いつつも、これまでも結局のところ買い換えてたのは性能に不満がどうこうとかではなくて単純に故障したりとかが理由だったわけなので、どうなるかわかりませんが。
 にゃんこについては……かわよいのだが、あっさりへち壊れそうってかモゲそうなのがにゃー。ストラップはちょっと欲しいですが(今はいいのが見つからない(探してもないんだけどさ)ので、人形の取れちゃった、かつては「わちふぃーるど」モノだった、飾り気もなんもないのがついてます)
 HJK にて発見。
2007/01/23 (Tue)
▼んまーさすがにそろそろネタも尽きてきてるだろうし、なんか問題起こして番組終わらせたかった、ってのが正直なとこなんじゃあるまいか、とか思ってみたり。

▼「インテリジェンス/武器なき戦争」読了。
 メシ食いに行くのに読む本がないという事態に陥り、ううむ、まぁこれは興味あったし、これでいっかー……という程度の消極的さで手にした本でしたが、なかなか興味深いブツでした。んが、面白い、んですが……なんせこいつら冒頭に「オレらの云うコト額面通りに受け取るとダマされるよ?」と前置きして始めてるような勢いなんでなぁ……あんまストレートに感想とか書けんわ。
 ただまぁオレは、業としてそういうふうに情報を取り扱ったり、国家とか公的集団を動かす勢いでやったりこそしませんが、個人のレベルではけっこう似たようなコトを考えて動いてたりすることであるなぁ……とか思ったり思わなかったり。
 だから何って? 何でもないですよ、もちろん。

▼「ギミック」7 巻読了。
 これ、いまジャンプ系でいちばん面白いと思うんですがどうか。
 しかし、原作者が「な、なにこのつまんなさ……!」と絶句した例の「ミステリー民俗学者 八雲樹」の人だというのが驚きだよなぁ。まぁギミックの場合、蓬莱学園の奇術部だか狂科研ばりの強引な特殊効果演出で「犯罪のトリック」的な部分をゴマ化せてるのがデカいのかもしれませんけど。
 で、各巻にひとつかふたつという勢いでもすぬごい熱いセリフとかがあったりしてそのへんもシビレるんですが、今回は「公平、英語で「演技する」は「Play」つまり「遊ぶ」っていうんだ」ってのが素晴らしい。それ、全文英語で R. B. がどう説明したのかがサッパリわかりませんが、そこも含めて素敵なセリフだ。Role Playing Game は「役割を「遊ぶ」ゲーム」なんだぜ諸君。演じるなんてのは二の次じゃゲラハハハ。ついでに云うと「ゲーム」は、GOO の英和辞典(三省堂提供「EXCEED 英和辞典」らしい)によると「遊戯, 娯楽; 冗談; 遊び道具; 競技(以下略)」であり、「遊戯」は「競技」よりも上位に位置しています。「ゲーム性」とかしたり顔で口走りがちなボンクラには「辞書を引け」とか云ってやりましょう。つーか素直に「競技性」とか云え*、と思いますが、それだと賛同を得にくいかなぁ。「お前のやってるのはゲームじゃない」と云われたら、とりあえず「え……?」とか思うかもですが、「お前のやっているのは競技じゃない」なんて云われても「はぁ? そりゃそうだよ。お前、競技がやりたいの? やってれば? オレはゲーム(娯楽)をやってるからさ」で終わりですし。
 ……話がそれた。
 この作品はなんつーか是非実写ドラマで見たいですなっ。「現実を超える幻想」を実際に現出させようとしたら途方もない金がかかりそうですが、そこはホラ、「CG じゃない特殊効果の魅力」を表現してる作品ではありますが必要に応じて CG で対応するとかそういうセンで。それでも金はかかるかなぁ……。

* オレがこういう文脈で「競技」という言葉から想像するのは「競技麻雀」だったりしますが。

▼フルバ 22 巻読了。
 おおおー! 急転直下!
 というか、主役直近が急展開になるのはわかってたことですが、周辺の展開も速い速い。しびれるぜ。
 っつーか、そもそも神様は望めば契約解除を行うことができたんでしょうかねぇ? とか、そんなコトが気になってみたりしますがこれは野暮ってもんか。
 初見では、「うおお、この急転直下っぷりでまだもう一冊!?」とか思っちまいましたが、二度目読んでみたら、大急ぎだった分、すっとばしてる部分はかなりある感じでしたので、そのあたりを楽しみにしつつ最終巻を待つ系で。
2007/01/22 (Mon)
▼現在までに判明している知見からすると、現在の日本の食文化において鳥インフルが鶏肉を食うことで感染することは「有り得ません」
 あれ感染するのって、高密度飼育の養鶏場で日常的に作業をする人間が乾燥して舞い上がった糞を吸入してしまったり、日常的に生きた鳥を市場で買ってきて自分でシメて食べてたり、市場でバッサリやった鳥の新鮮な生き血をそのまま飲むようなことを日常的にやってたり、そういう人なんであって、それやってたってまだ世界中で千人も死んでないわけですよ。それ以外で少数、ペットとして鶏を飼ってた御家庭に少数の症例が出てたりしますが、それは助かったんだよな。トルコの事例ですが、病気で出血してるペットの鶏を抱擁してキスした女の子が感染した件。つーか、病気のペットを抱きしめてキスしたらヤベェだろ、鳥であろうとなかろうと。
 つーことで、日本の食文化では鶏肉はまず必ず加熱して食するものでありますので確実に安全であります。鳥インフルウイルスは腸管感染もあるという有力な意見もありますが、基本的には胃酸で死ぬはずなので、よほど大量に摂取(たとえば生き血をガブガブ飲むとか)しない限りは腸まで生きてたどり着くことはありません。
 カキとノロの件がこれと違うのは、カキってのは生(や半生)で食ってこそ美味(とオレは思う)なモノだっつー点でございます。
 まぁペットで飼ってる人は、そのペットが血を流して苦しみはじめたら初めて慌てればよろしいでしょう。国民の大半が裏庭で買ってるような国では大問題ですが、日本では、たとえ発症してもそうした少数の症例であれば充分に快復するでしょうし。
 発症しない程度の暴露ならそれこそ「かえって免疫力がつく」ってことも……いや、それはなんともいえんか。そういう例は報告されてないと思うし。
 つーかそのへんのことがちゃんとわかってる民にとっては値下がりした食材をおいしくいただくチャンスなのではないかとか思っちゃいますが、店頭から除去されてしまってはそうもいかんわな。ウウム。

▼しばらく出張ではずしてた間に医学都市伝説に興味深い記事が続々。
 男は短足が好まれる……って云われてもなぁ……。短いったって、「脚と胴体がほぼ同じ比率」ってそれは充分に足長いんじゃないですかね!? と思うのだがどうか。いや、どっからどこまでが胴でどっからが脚か、という定義によっては変わるのかもしれんけど。つーかイメージ検索してみると、たしかにトム・クルーズはそうべらぼうに脚が長いってわけでもないですな。

▼えー、オレは御幼少のミギリには「子供の科学」とかを読んでた類のしょうもないガキンチョだったわけでございますが、この雑誌でさんざん関連記事を目にして、そしてまるで興味を惹かれなかったカテゴリが「アマチュア無線」だったのですな。いったい何が面白いのコレ? で、それ関連で唯一興味を惹かれた部分が「モールス符号を学ぶらしい」というポイントだったわけです。隔世の感とはこのことか。
 オレはこのテの異言語というか、同言語を別の記述法で記す、という、まぁたとえば RPG のシナリオ書くときにネタに使えば簡易暗号になるかもしれないしならないかもしれないようなブツが好きでなぁ。といいつつ実際に使うのは「カナ入力モードで打つ文字」ぐらいですが、まぁ、実用じゃなくて興味の方向性としてだ。手話とか点字とかがソレ系ですな。より暗号性の低いものとしてはポケベル式入力とか最近のケータイ式入力なんかもあるかもですが、まぁ、そんなの。別の分野で実用してるのは MML ですがまぁそれはそれとして。
 で、それじゃあ「アマチュア無線」なるモノそれ自体の意味って何なの? ということがやっぱりよくわからん。盗聴とかそういう目的に使えたりするんだろうか。てか、それ系のスキルを身につける前の入門的な部分にあたるんだろうか。無線っつーからには要するにコミュニケーション手段であるはずで、それはそれで意味はあると思うし、コメント欄で語られてるような「居酒屋で皿を叩いて暗号通信」みたいなのは燃えるっちゃ燃えるシチュエーション(日本の電車の中で中国人が中国語で何やら会話をしていて、それをたまたま中国語の聞き取れた日本人の乗客が聞いてマッツァオ! なんとテロだか強盗だかの相談じゃありませんか! で警察に駆け込んでことなきを得た、みたいな都市伝説に通じるエピソードが作れそう)ですが、通信兵にせよ気象庁職員にせよ業としてそれをやってる(あるいはやってた)人で、アマチュアじゃないよね。ってか、これは要するに「モールス符号の実用性」という話であってアマチュア無線の話じゃないわな。話がそれた。本文中の「アマチュア無線業界というのは(中略)何となく特殊なライフスタイルにこだわる変わり者が多く、多くは新参者に手厳しい。LinuxなどのFAQページに寄稿する人の初心者に対する、一種独特の横柄さを想像してもらえばいいかも知れない。」みたいなのを見ると、なんかわからなくなるんだよにゃー。
 ええと、コミュニケーションの手段である通信を趣味としてやる人がコミュニケーションにおいてよくわからんヘンクツさを発揮するというのは何かつながらない気がするんですが。趣味においてヘンクツなのはべつに悪いこっちゃねぇし、妙なスキルにプライドを持つのも結構なことです(オレだって多々あるさ)が、その趣味やらスキルが「コミュニケーション」のカテゴリに入ってるってことがよくわからん。そればっかりはヘンクツだったりひねくれ気味のプライドを押し立ててゆくべき分野ではないんじゃないかと思うんだよなぁ。
 同じく医学都市伝説からのこの記事にもある種同じコトを感じるというか、こういうコミュケーション手段の分野においては、「何が優れているか」よりも「何が最大シェアを持っているか」のほうが重要だべさ? 自分がその手段を使うことによっていかに多くの情報を拾えて、かつ、発信できるか、が勝負であって、それ以外は些事っしょ。ひどい話だが*。
 まぁしかし立ち止まって振り返ってみると、こんにち我々が多用しているネットのコミュニケーションとかケータイのメールとか、よりプリミティブには有線のミカカ電話とかでさえ、使うだけの民にはよくわからん技術を大量動員して専門家集団が分業で管理維持運営しているインフラに依存しているわけで、秋葉の部品屋の店先で買えるようなプリミティブな電子回路部品とハンダゴテとヤニ入りハンダと、あとは電池程度の電力があればとりあえず最低限の無線機が組める、みたいなスキルは持っとくと「もしものときに役立つスキル」になるのかもしれないにゃーとか思ったけど、もしものときにはそんな部品がそもそも買えんか。
 つーか、秋葉の、屋台みたいに並んでる部品屋で抵抗やコンデンサをちくちくつまんで買った経験があるぐらいにはオレもそういうガキンチョだったことがあるのだなぁ、とかしみじみ思ったり。
 作ったのは簡単なラジオぐらいですけどね。

* だから、以前はアマチュア音屋は SC-55 か SC-88pro という最大シェアを持つ音源に合わせた打ち込みをしてたわけであって。YAMAHA 閥もけっこう強力ではありまして、SC 系を使ってることで悔しい思いをしたこともないではなかったわけですが。ただし、オフラインでオレが所属していたコミュニティにおいては、もちろん「んまー SC なんぞは子供のオモチャ」という扱いでありましたが、そんなことは知るか。アマチュアが世界中……はともかく日本中に「オレの曲を聴けェェ!」とぶっかますのに、最高の音源と最高の録音環境を使って仕上げたテープをがんばって売り歩くのと、妥協した音源であっても、軽くて日本中が充分に同じといえる再生環境を持っているデータをウェブ上でバラ撒くのとどっちが早いかってのは議論の余地がないべさ。
 まぁこの話には、周知の通り「結局重いデータを平気で置けるサーバと平気で落とせる回線が行き渡ったので、MIDI 音源の最大シェアなんぞ何の意味もござらんようになり申した」というオチがついてはいるわけではありますが、しかしさんざん「げ~む音楽図書館」(リンク先は跡地)やら「ya-su's Park」(現在は名称変更して運営中)やらを渉猟して聴き漁った結果「これぞ」と目をつけた同人音屋の作品は今もおっかけるに値するブツだったりしてる点では途切れた線路じゃないっちゃないのであります。
 ……話を戻すと、ブラウザという、「受け取り見る側の環境」に依存したコンテンツを作るのであれば、最大シェアを持つモノできちんと見られるように作らなければ情報発信の手段として意味ねぇべ、というようなコトも云えるっつーことで、ってことは、今後、ブラウザに依存しない(ブラウザを通さない)ウェブページの表現が主流になるってことが有り得るのだろうか?
 迷走の度合いがひどくなってきたのでこのへんでトンボの尻を切り落とす方向性で。

▼人生は洗濯の連続だ。
 っつーかですね。出張の前後には休日が入ってくれないと、洗濯がおっつかねぇんだよ! マジきつい。
 まぁ問題はうちの御仕着せの洗濯機(イタリア製)にあるわけではあります。
 問題そのいち。容量が小さい。従って多数回の洗濯が必要になる。
 問題そのに。所要時間が長い。本気で長い。ワンサイクル一時間半以上ってなんだ。前住んでた部屋に置かれてたのは四十分弱だったぞ。そのいちとあわせて、これで非常に長時間の洗濯が必要に。
 問題そのさん。消費電力がすごい。ってまぁ、洗濯機分の電気料金を抽出して議論することはできないけど、最初の三十分ぐらいは電子レンジなみの電力を食う(つまり電子レンジなみにブレーカーを落とす)ので、その他の生活行動に支障を生じる。うちはキッチンも電気コンロでエアコンも電気で、給湯以外は電気依存なわけで、ってことはこれはけっこうヘヴィなわけですよ。
 厳しい。
 つーか、いっとき気になって、「オール電化」についてちょっと調べたこともあるんですが、「ブレーカーが予想もしないタイミングで落ちまくったりして困りませんか?」みたいな点に言及されてるとこがまるでないのが不思議なんだよにゃー。最大の問題点だと思うんですがねぇ。
 あと全然関係ないけど、安さに惹かれて買った冷蔵庫(韓国製)はひどいシロモノでした。ちくしょう。デカい家電製品はいくら安いっても捨てるのも大変だったりするわけで、それなりのモノを買うべきですな。
 で、引っ越したいわけですが、コスト面も考えるとやっぱ厳しいんだよねぇ。条件として「室内洗濯機置き場」をはずせばまぁそこそこなんとかなるっちゃなるのではありますが、引っ越したい最大の要因はまさにそこにあるわけでして。普通のちゃんとした洗濯機と乾燥機があると人生はとてもとても快適になりますよ! 以前住んでた部屋に備えつけであったので実感してますよ! 乾燥機能もついてるとよりよいのかどうかは不明(乾燥機は別のほうが使いやすいかも)ですが。
2007/01/18 (Thu)
▼ただいまー。
 ちょいと仕事で長崎に行ってました。(リンク先は無関係デス)
 まぁ、レポートするほどのこともない過密シェデュールでしたが、とりあえず報告まで。
 つーか、最近は国内線の保安検査で「カバンから PC 出せ」と云われるのね。クソ面倒だ……。
2007/01/16 (Tue)
▼仕事でネットの海を疾走していてひっかかった、個人的に興味を引かれたブツたち。
 そのいちー。謎のいろいろあるテキストサイト。KURUKURU'S CATALOG
 中にある「結合通信」の記事のひとつがひっかかったんですが、かなり興味深い連載? 連作? でありました。テーマによってはまるで理解がおっつかなかったりもしましたが。
 最大の問題は「このサイトはいったい何で、いったい何者が書いているのか?」ということが見当たらないことですかね。あるのかもしれんけど見当たらない。いやまぁ、誰が書いてても面白ければ知ったこっちゃないっちゃ知ったこっちゃないんですが、一応「ひとりで書いてるのか、複数で書いてるのか」ぐらいは知りたいのでなぁ。
 そのにー。特殊清掃「戦う男たち」
 ブログのリードはこうです。「自殺・孤独死・事故死・殺人・焼死・溺死・ 飛び込み・・・遺体処置から特殊清掃・撤去まで施行する男たち」
 想像にたがわぬヘヴィさでこたえますが、ふだんはなかなか垣間見ることもないような、しかし実際に、きっとわれわれの生活からそう遠くない場所に存在する事実とそこで働く人々の言葉には興味を惹かれるものであります。なんだこの回りくどい云い方は。
 とりあえずこの二箇所だけでしばらくは毎日の必須テキスト摂取量を満足できるのではないかっつーぐらいの印象でありました。ひー。
2007/01/11 (Thu)
あーとかーらー来ーたーのーにー追ーい越ーさーれー
 まぁ、泣いてないてないので、さぁ歩けってなワケでもないんですが。
 泣けるのは単調な狩りそのものであってな……。つーか、移動のトロさと、常時テレポが不可能な SP が泣けます。回復力については魚が美味なコトが判明したのでなんとかなる感じなわけですが、索敵の利便性は重いんだよにゃー。とくに現在の狩場が葉猫なこともあり、ああいう場所は歩くのが面倒なんだよなぁ。
 で、転職後とりあえず試運転というか二刀の味見ってカンジで狙ってる伊豆 4 階に、追い越してったローグの人とかと一緒に出撃してきたわけですが、まぁさすがに機械帝国ですな。
 あれだな。BOTer 殲滅を謳ってファンドとか作ったらどうですかね。ひと口一万円。BOTer 殲滅できるなら一万円ぐらいまでなら出すぞってネトゲer はけっこういるんじゃないでしょうか。全国で一万人いれば一億です。で、その金でゴルゴ……はさすがに厳しいので、まぁ黒社会系の殺手かなんかを調達します。調査も黒社会系のなんかに依頼。で、「殺人の現場には必ず『クソ BOTer に死の制裁を!』とか書いたメッセージを残すこと」とか条件をつけるわけですな。いくら安い人材を雇ったとしても一億じゃあさすがに 37564 には不足だと思われますが、そこは我々 TRPGer が長年培った例の交渉条件を用いればオッケーです。「目的達成の途中に生じた戦利品はすべて被依頼者に所有権を与える」ってヤツだ。で、実のところ、SATSUGAI されるのが実際に BOTer であるかどうかはこのさい問題ではありません。一万人もの人間が金を払ってその死を希望する BOTer という存在について社会問題化することは充分に可能なはずです。それが本当に大事になる前にすべての管理者が手を打てば我々の仮想世界はもうちっと快適になるかもしれませんが、たぶん、そうはならず、事態の打開のためにはネトゲの違法化、とかそういう方向に進むんじゃないかねぇ。
 ……というのはもちろん全て冗談ですが、一応、念のために以下のことを明記しておきます。オレはこの提案に関する全ての発案者としての権利を放棄しますし、一万円払いません。万が一実行されてもオレは共謀者ではありません。いや、実行されねぇって。つーかこんくらいのことはとっくにさんざん発案されてそうだ。
 ……話がそれた。
 今日のタイトルはあくまでも「アサシンになるぞ計画」であって、上述のアホネタのことではございませんのことよ(当たり前だ)
 つーことで、覚え書き。二刀上体から SC での持ち替えは基本的に左手のみ。カタールから片手武器の SC 叩くと左→右の順。まぁ、どの程度の持ち替えが発生するかはまだ未知数ですが。つーか、行き先を見つつ武器を揃えてくだけでもきっと終わらんし。
 とりあえず、伊豆モノには星なくても当たるし、こもる気もまるでないので、とりあえず右手は星なしの風ダマ、左手は +7 Q サハマインで試運転。ドラインリアは値段はべつに高くないわりに露店での露出が少ない模様なので、そろそろヒマ見て探しとくべきかなぁ。合計予算は 3 M もあればたぶん上々。現稼動垢の現金で充分足りる額。
 タポリンもなんだかアホみたいに安くなってるみたいなので、Q ハロウドマインとかさっさと作ってしまうべきなのか?(これまちgってないよね?)
 つーか、狙うマトがやたら絞られますが、T ハロウドグラでも作ってしまうというテも……いやいやいやいや。んー、右手は持ち替えが面倒ということを考えると、ニフル用にはミノ武器のがいいのかなぁ……って、誰と行くんだニフル! そんなに谷が好きか!? というか好きですが、要点はそこじゃなく妙にタポリンが安いらしいという話がな。マイナウロスはやはり張るけど、イシスとかにも効くしナー。
 他は、ゴブリンも見かけたら確保しておくべきなのかも。
 ってとこですかね。
 まぁ武器を練るとかそういうのは今まで経験のなかった分野なので、ちまちまと積み上げてみたい所存。つーか四年やってて武器に対属性とか対種族とか対サイズとか「考えたこともない」ってのも我ながら相当なモンじゃのぅ。唯一の前衛戦闘キャラはムラマサブレードなんで考える余地ナシだしな。いやまぁ属性剣は一応持ってるけど、カードとかじゃないので。
2007/01/10 (Wed)
[日々のいとまに]Collegiate Wizard VI
V の続き、というか、V のキャラのキャンペーンがまたまたリコンストラクションだとかの話なので、考え直しの要が生じたということで。
 内輪向けの話題なので水面下に。
2007/01/06 (Sat)
▼まぁ休み明けの最初の仕事は山のようなスパムの削除作業なわけですが……。
 正月休みともなると、いくら「短かったナー」という実感でもそれなりの長さはあるわけで、長ければそれだけこのゴミの数も増えるわけで……。
 うん、120 通の削除作業はゲッソリだネ! いや、それでもプライヴェートアドレスに来るのに比べれば全然少ないですが、仕事のほうだと万一仕事関連のメールがまぎれてて、それも削除してしまうとマズいので気ィ使うわけでなぁ。
 ちくちく消してるうちに殺意が芽生えてきたり。
 あのな。
 12 月 30 日のメールだぞ、12 月 30 日。
 私は今年の12月にオーストラリアに移住すると決めました。
 さっさと行けこのボケエエェェェ!!
 つーか、スパマー撲滅(NOT スパム撲滅)ビジネスとか立ち上げるとかどうですかね、ベンチャラーの皆さん。「アナタを悩ませるスパムを分析し、悪質と判断した場合、当社からゴルゴを依頼しスパマーを SATSUGAI いたします」とかそういうの。「アナタに金銭的負担は一切ありません。我々の資金はビル・ゲイツ財団から出ています。彼はマイクロソフトのビジネスの発展に対してこのテのメールの奔流が重大なリスクとなることを理解し、我々に出資してくれました」とかそんな勢いで。
 ってか最大の疑問は、これ、イヤガラセなり営業妨害としてやってるんなら有効だし理解できるんですが、こんなんを商売の宣伝というか公告というか客引きとして行うってのはサッパリだ。12 月 30 日に「今年の12月にオーストラリアに移住してダンナをアリクイに食わせる」なんてメールだぞ? 12 月 30 日にだぞ? んなムチャな話があるかい。どっからどう見ても無差別悪質スパムじゃねぇか。いったいどこのどいつがこんなモンに引っかかり得るっていうんだ?
 ……いやまぁ、ひとつひとつがどうこうっつー話じゃないんですが。問題は質ではなくて量なのであってな。質については例の手話スパムみたいなイカすのもあったりするわけだし。
 くそったれ。
2007/01/05 (Fri)
▼んまーあれですな。朝、電車がガラガラだとなんつーかとても物悲しいような快適なような微妙な気分に。
 はぁ……正月休みが終わってしまった……。
 まぁ、今週はマターリモードだと思いますが、来週明けからが二週間ほどけっこうな地獄っぽいので今から憂鬱だったり。
 ヤレヤレダゼー。
2007/01/04 (Thu)
[日々のいとまに]May The New Year Be A Happy One To You !
▼あけめしておめでとうございます(何度目だ)
 えー、何故か今年は北海道での年越しです。んが、スキー宿なんで食いモンはべつに北海道らしいモンでもなかったり。(美味は美味ですが)
 さすがースキー地だけあって、景色を眺めているだけで脳内に「夢の跡」とか流れはじめる見事な降雪であります。写真バリバリ撮ろうと思ってたんですが、どうやらあまりの寒さにバッテリーが動作不良に陥ったっぽく、ろくに撮れなかったり。残念。
 スキーは久々すぎてダメかと思ったところ、スキル以上に体力の減退が著しく、もすぬごい勢いでへとへとに。
 ……今年の元旦は猛烈な筋肉痛でのスタートになりそうです。
 つーか元旦も半日ぐらい滑る予定なので、これはヘヴィっぽいぜ……。
2007/01/01 (Mon)
* Top *