深度 、急速潜行~
[スポンサー広告]スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- (--)
▼しかしまぁ連日眠いですな。夏休み名目の適当な休暇を取ってあれだけ寝たっつーのに、仕事はじまりゃやっぱり眠いし。
 まぁ休暇中も眠かったですがね。
 何世代か前の先祖に猫がいるに違いない生き物としましては、一日の三分の二ぐらいは寝て過ごすのが正しいような気がするんだがにゃー。なかなか寝てるわけにもいかないもんだにゃー。

▼少し涼しくなってきましたな。よいことだ。
スポンサーサイト
2006/08/31 (Thu)
▼その他いろいろマンガとか読んだり。
 シュヴァリエ 3 巻。そろそろ読み返して頭を整理せんと厳しくなってきたのでコメント留保。というか小説のほうも勢いで買ってしまったので、まずそっち読むべぇか。
 ギミック 5 巻。オレこのマンガ大好きなんですがどうか。
 孔雀王の新作 1 巻。えーと、その、なんだ。昔の絵柄で描いてくれんかなぁ……。あと途中読んでなかった部分が長かったおかげでしょうが話がさっぱりわからん。
 二十面相の娘 7 巻。本命。白髪野郎編からもう少し「日常あるいは平穏な日々」を挟むのかと思ったら、ほとんど間奏を挟まない怒涛の展開に驚嘆。スジ的には次巻まで読まないとちとコメントできないカンジですが。
 そなかじで。

▼夏休み第一弾おわりー。
 結局どこにも行かずに過ごしましたが、まぁ夏だしな。春とか秋とか冬とかならいろいろ動き回りたいところではありますが、夏は知らん。休みは休んどくしかねぇっす。フゥ。
 あとはまぁ微妙に部屋の片づけを。してたら、以前数冊まとめて買ったっきり積んでた本を発掘してしまい、メシ食いに行って一気読みしてしまったり。
 ってことで角川ホラー「夏の滴」読了。
 凄ェ。
 っていうか。面白い、というか、あれだ。「なんじゃこりゃあ!?」系というか。
 素晴らしい壊れっぷりです。
 序盤から中盤にかけての、ブッ壊れたキャラクターたちの安定した日常描写にはじまり、中盤から後半にかけてのもすぬごい盛り上がりと、盛り上がりとともに増してくる切迫感、閉塞感ともいえそうな絶望感とかは本気で面白いんですが、そこから終盤にかけての怒涛の展開がなんつーかもう愕然というか、「おいおいおいおいおいおい」ってかそんな具合でスゲェ。で、本編ラストの落ちにブッ倒れた。んでダメ押しで壊れきったエピローグにギャフン。
 素晴らしい。なんだこれは。作者の正気度が心配になりますが、恐れ入ったぜ。
 トータルでは相当なデキだったと思います。んが、万人にオススメするようなモノかというと微妙な気分、というかまぁ、なんつーかまるでカケラも救いのない話だしなぁ。おなじみの「イヤな心地よさ」ってか「心地よいイヤさ」とも違うブツですし。
 つーことで、千人ぐらいにオススメしておきます。
2006/08/30 (Wed)
▼AGI ME が 93 になりました。
 んーまぁ怒涛の快進撃でありましたが、アコセ導入分の INT 補正変化は早急に解決しとかにゃならん部分だったのでちと気合が入ったっつーことで。
 もともとスタッフとイヤリング装備で INT 105 に調整してたんですが、アコセ導入後はクッキーがグローブ挿しであり、杖をアークにしてもそれだけでは INT が 104 にしかならず、フェンとイヤリングを換装して狩る必要があって、これがなかなかヘヴィだったわけですよ。ME の一段目の MATK 計算ではイヤリングの分が入っておらず、処理が完了する瞬間が読めないし、急いでイヤリングに換装しないと二段目にすら反映されなくなるし。しかも SC が足りなくなって LA が別 SC になり、途中から飛び込んだガイズとかを高確率で撃ち漏らす事態に。
 これがストレスフルだったんで、とにかくこの状態を脱するのが最優先ということで。
 で、93 になりまして、INT を 1 上げて、晴れてフェンとニンブルで換装することが可能に。
 以上より、現在の装備は概ね以下のような按配になりました。
 頭:+4 本サクレ/肩:+5 木琴マフラ/服:+7 ジオセイント/盾:+7 桃バックラ/武器:+7 オットードラプスアーク/靴:+5 アンデッドバスターサンル/右アクセ:クッキーグローブ/左アクセ:ニンブルクリップとフェンクリの換装
 いやあ。
 すげぇなアコセ。
 被弾しはじめてからのもちが以前とは大違いで愕然です。30 % のダメージリダクションと、精錬値も全般に上がってるのがこれほど効くとはねぇ。肩が木琴なぶんだけ世の DEX の方々よりもトータルの防御力は劣りますが、数がよほど増えない限りは(そしてふつうのテレポ狩りではそうそう増えないわけですが)避けれる分だけたぶん被ダメは低く抑えられるわけで、硬い硬い。まぁアンデッドバスター履いてるので、デュラ多数は相変わらず厳しいですが、少数なら(つーか要するに合計 4 匹までなら)デュラハンは詠唱終了までキリエはがれない程度に避けきれるのでむしろ対デュラ性能そのものは勝ってるハズだし。そのぶん詠唱は圧倒的に遅いので回転は上がらないので効率面では負けてるんでしょうが、それはまぁはなっから覚悟の上だ。
 んがまぁ村の魔境っぷりは日に日に増悪してる印象ですな……。
 どいつもこいつも限界トレインってな印象だ。
 ん? 自分はどうなんだって? AGI はそもそも性能的にトレインできませんので! するしない以前の問題だ! いやまぁ、でも一匹だけひきつれて歩き回ってることはそこそこある気もしますが、二匹になったら焼いてるのでカンベンちゅことでひとつ。
2006/08/30 (Wed)
[Life as a Half Drow]First Session
▼プレイヤーで新キャンペーン参加してきますた。
 CN エルフドルイド、11,18,12,13,16,8。2 レベル目でウィザード混ぜて、以降はドルイド一本を予定。1 レベルの Feat では Sudden Extend を取得。3 レベル目では Weapon Finess。今回はレベル 3 に上がって一戦闘試したところで終了。
 いやまぁ、周囲がスゴかった。開始時点でサムライ、バーバリアン、ドルイドという構成だったんですが。
 まずサムライ(槇田文吾郎。字が間違ってたらスマン)はケンサイ志望なんですが、1 レベル目では生存のために「習熟のない」木製ヘビシを使用し、場面に応じて防御的戦闘まで使うという、すさまじい命中率下げ生活を開始。なんとまぁ……。
 その隣でバーバリアン(ブリット・パロマ)は盾の習熟はもちろんあるのに今回もグレイブとグレートクラブで吶喊してる、って、なんかそれは間違ってないかねキミタチ……。
 今回のわたしのドルイドのコンセプトのひとつは「鎧&盾を使わない」だったんですが、1 レベル目はさすがにハイドとヘビシつけてったっつーのに……。
 ダンジョン半分くらいでれべらーぷ(つまりそんだけ脅威度が高い遭遇の連続&人数が少ない)し、2 レベル目からは全員がかなり化けたっつーか、誰も彼もマルチ志願だったので 1 レベル目はホントにハンパだったのね……。サムライはサムライ・ファイターになり盾の習熟をゲット。バーバリアンはバーバリアン・ファイターに。んでワタクシは予定通りウィザード混ぜて、晴れて鎧と盾から脱却。メイジアーマーとシールドと DEX で AC 22 じゃぜい。このレベルならまあまあじゃないでしょうか。4 レベルでバークスキンが入って AC 24。7 レベルでバークスキンが強まって 25。8 レベルで DEX が 20 になって 26。ここぞってところではキャッツグレイスでさらに +2 だぁー! ってまぁ、このあたりのレベルになるととても硬いとはいえなそうな気もしますが。3 レベルでは攻撃判定に DEX が乗るようになったんで、現状殴り合いの安定性ならけっこうなモンになってきたんじゃないかと自負。ってもまぁ呪文が切れたら以上じゃあるけどね。
 キャラは男性予定だったんですが、隣でバーバリアンが「他に女キャラいなければ女キャラやろうと思ってたけど、アンタもそうならオレはダイスで決めるぜ! 奇数なら男!」つって奇数出しやがったので、またしても女キャラに。ってかキャンペーンが動いてる PC がウィザード、ウィンドウォーカー(クレリック系プレステ)、そしてこのドルイドと全部女キャラってどないなっとるんやー。単発で動いたのはヤローが多いんじゃがのう……謎だ……。ってかただの偶然ですがね。
 名前は男性用に考えてたのが使えなくなって、少し考えて「Avian」に決定。ってまんまやな。ってか名前なのかそれは!? って気もしますが、気にするな。バーバリアンなんて「名前はなんか時事ネタで……うーん、ハンカチはさすがになぁ……よしパロマで!」とかいって名前決めてたし。
 プレイの内容はまぁこちらでも見ていただくとして。
 バグベア戦(バグベア 4 + バーバリアンバグベア)はホントにヤバかったデス。
 幅 10' の通路に引きずり込んで戦ったんですが、バグベア隊のダイス目がハンパなく、わたしのドルイドは毎ラウンドのようにワンド振る生活に。で、それで全然おっつかないわけで。
 バグベア 2 が倒れたあたりでバーバリアンが昏倒。隣でサムライに防御的戦闘で維持してもらいつつキュア振って目を覚まさせるも、転倒状態から起きようとすれば AoO でたぶん再度倒れる。仕方なく転がったまま剣を振るも命中判定が厳しい。サムライがバーバリアンバグベアの一撃で昏倒。ええいもうしょうがねぇ! ドルイドは相棒に「かかれ!」と命じつつサムライをキュア。それでも HP は -4 とかで目は覚めず。相棒のイーグルは出目 20 で殴られて一撃死。ただ、この一撃をイーグルが取ったおかげでバーバリアンは生存し、次のアクションで寝転がったままクリティカルを出しバーバリアンバグベアを撃破。次の並バグベアの一撃がクリティカルして死亡。
 っておい。
 傷ついているとはいえバグベア二匹に対峙するは、無傷とはいえ鎧も着てないドルイドひとりですよ!?
 ここでサムライ起こしてもヘタすっとすぐに倒され、もしかしたら死ぬ。
 となりゃあやるしかねぇわなぁ。
 ウィザードレベル取ると同時に書いてあったスクロールからシールドを発動(かけてあったのが切れたので)し、残り 1 ラウンドのシャレイリが残ったクラブで殴りかかってハズレ。反撃で 8 点。ってこっちの HP 13 しかないって! 残り 5 点ってムリムリムリムリ! あわてて 5' ステップでワンドからキュア発動。こういうトキ、盾持ってないと持ち替えがラクでいいですな。まぁさすがに AC 22 はそう簡単には抜かれず、シャレイリの切れたクラブは捨てて、サドゥンエクステンドしたプロデュースフレイムで殴って傷ついた一方を撃破、残った一発でもう一匹を多少削り、あとは最後の武器シミター(命中判定プラマイゼロ)を振り回して殴り合い、なんとか撃墜。
 全員が全滅を覚悟した決戦でありました……。
 いやぁシビレたシビレた。なんかおいしいトコ取っちゃった気分で申し訳なかったですが。
 まぁあれですな。HP の激烈な低さにさえ目をつぶれば殴り合いが安定するってことはわかっちゃいましたが、このマスター、命中判定のナチュラル 20 がシャレにならん頻度なんでなぁ。
 そんなこんなで多少なりとも資金も手に入り、装備の拡充や相棒についてもちと考えてみる時期に。
 シールドのワンドは最優先で買おうと思ってましたが、メモライズからも使うことを考えると、フルチャージワンド買うのはコスト的にどうなのかというのは少々疑問になってきてたり。盾も武器も持たない系ならスクロールの取り出しはさほど大変ではないはずなので、毎度スクロールを書いてもいいのかも。経験値コストはかかりますが、スクロール書いて使えば一発あたりのコストはワンドよりも安いし。
 となるとかわりにあがってくる候補はやはりまずプロテクションリングでしょうか。まぁ当面は +1 で +2 以上なんてずっと後だろうと思えばさっさと買ってしまってよろしいでしょうし。リングについてはもう一方を何にするかは悩みどころ。どうせ高いリングが買えるほどの金は期待できんし、やはりフェザーフォーリングかサステナンスなのかなぁ。メシはちゃんと食うほうがドルイドらしいとは思いますが。リングをやめるなら、がんばって最速でエクステンドロッドを買うか。クリーピングコォールド!
 相棒は悩ましい。つーかイーグルではさすがに話にならん。というかウルフなら話になるのかというと正直それも厳しいっつーか何よりもあれだ。いちいち相棒のアクションまで操作するのが面倒すぎじゃい!
 ということで、戦闘には使わない方針でホークとかアウルとかでせいぜい偵察要員にするほうがいいんじゃろうか……。アウルはムーブサイレントリーが高いので偵察要員には向いてるのかも。
 んがしかしドルイド+フクロウ=マビノギな連想が働いてしまうのはアレですな。
 どっちかっつーとナウシカなんだよ、方向性は! いやそれも違うんだけど、どっちかっつーとだ。バックグラウンド試案の「森の中の崩れかけた寺院」はナウシカがチククに出会った場所をイメージしてたワケだしさ。っていうか今ググったら「チクク」は「首里・那覇方言」でフクロウの意だそうですよ!? アウルしかないのか!?
 ナウシカが搭載する動物の相棒といえばやはりキツネリスっぽいものなのかなぁとか思ってたんですがびっくりだ。(注:チククは動物ではありません)
 ……まてよ? アウルにメイジアーマーとシールドとバークスキン乗せれば AC 27 じゃぜい?
 ……芸で「飛び回って AoO を稼げ!」とか仕込めないかなー(ありません)
 もうひとつ考えうる野望としては、わたしが DM やってるキャンペーンのウィザードのファミリアのホークの名前が「アンドリュー」であることを考えるとだ。
 自分のファミリアと相棒は両方ホークにして「ルナマリア」と「メイリン」と命名……。
 すいませんすいません種デスなんて一話をほけーっと眺めてた程度にしか観てませんゲームの知識だけですヒー。
 いやでも戦死したイーグルの名前が「エールストライクイーグル」だったなんて……ッ……云えない……ッ!
2006/08/29 (Tue)
▼夏休み第一弾、第一日。
 OK。半日寝た。
 いやまぁ、体力的にはそろそろ休まんとヤバい感触ではあったので、半日寝たこと自体はいいんですが。問題は、その後だ。
 半日寝ちゃうとそっから何もする気が起きないんだよにゃー。
 結局一日ほとんど寝てたような結果になりがちで、そっちのが問題つーか。
 とりあえず部屋の片付けの続きをするか……(いったいいつから休止してたのかは考えない方向性で)
2006/08/28 (Mon)
▼オレの専門からは大きくズレるんですが、一応。
 化けの皮がはがれる「メタボリックシンドローム」
 日経メディカルオンラインのブログで発見。たぶん日経メディカルのほう(記事タイトルは「メタボリックシンドロームはねつ造か?(上)(下)」)は会員限定ページなのでリンクはしないでおきます。
2006/08/25 (Fri)
▼さて、とりあえずだいたいの感触はつかんだのでダーラダーラと考えたり考えなかったりしているウィッザードリィのシナリオエディタですが、けっこうバグ満載の模様で、今のところレスポンスもまるで間に合っていない印象で、さて、どうなるか……。
 個人的には PC の攻撃回数の基準を正確に知りたいところ。あと経験値テーブル。ってか、これらをはじめとする、各地の攻略サイトや攻略本で流通はしてるんだろうけどオフィシャルに提示されていないデータがどれもこれもマスクのままシナリオ書けといわれてもツラいっちゅーねん。PC をいきなり強くする手段もテストプレイも(今のところは)存在しないためバランシングがかなりバクチだしなぁ。オレの場合、ウィザードリィ自体が 1 と 5 しかまともにはやってないかわりに、DnD がほとんど本能に焼きついてるから、それなりにはやれるとは思いますが……。
 今のところオフィシャルの掲示板に出てないモノでバグと思われるのは、「カナダ方面からのクレームが怖い」と思われる呪文名がシナリオエディタでのモンスター設定時に表示されること。モンスター設定してて、「レベル 1 のアーケインスペルを使用可能」にしてみたところ、「カティノ」とか平然と表示されて、むしろ違和感なくて流してしまったんですが、よく考えたらこれ違うだろ。なお、それで作ったシナリオを実際にプレイすると「スリープ」だっけ? ええと、最近のカナダに配慮した呪文名が出ます。参照してる呪文名の設定ファイル(dat.dat)が違うわけやね。
 オフィシャルの掲示板に載ってるなかで同感なのは「モンスター画像一覧の絵が小さすぎます。実寸で見たいです」あたり。過去作品全部やってて、しかも相当にモンスの絵面までくっきり記憶してる人でもないとこれわからんだろうよ。並んでる順番もなんか無秩序な感じで使いたい絵を探し出すのが大変。で、自分でざっと見てリストファイル作ってしまいましたが、これ全員が同じ作業やってるんだろうなぁと思うとアホらしい手間ですな。
 あとマップエディタにはかなり挙動のおかしな部分が多い模様。まぁ、現場の対応としては「チップ直接配置」でほとんどはゴマ化せてるのでなんとかなるっちゃなんとかなりますが、しかし、思ったより対応遅いなぁ。エディタが出るまで夏休みをオアズケにしてて、今休んでる、で、職場復帰し次第すばやく対応、とかならいいんですが、この反応のニブさが続くと厳しいぞ。
 最初期の対応がしっかりしてれば、その後はかなりほっといても回転するであろう、と、そういう種類の企画でしょうからね、シナリオエディタなんてのは。最初の対応がキモじゃよ。生物系の実験と同じで(なんつー比喩だ)
2006/08/24 (Thu)
▼まいど味もそっけもない表題でアレですが。
 AGI 支援が 93 になりますた。なんか 50 % 超えたあたりからはソロでもかなり勤勉に(ピラ地下で)狩って、最後は隣人がアビスに行くというのでくっついてって最後の 8 % ほどを一気に稼いで帰投直前にれべらーぷ。DEX が微妙に向上したりしましたがまぁ体感で差があるほどじゃないですな。
 まぁ、もとはといえば月はじめにチケ切れのタイミングを一日読み間違えて、サブ垢に支払い変更する予定だったのが本垢になってしまい、払ってしまったからにはちょっと気合入れるっぺーか、てな気分になったのが微妙な勤勉さの出発点だったわけですが、これはこれでいろいろと試せたのかも、と終わってみたら思えてきたりも。
 支払い変更の動機は「アコセットが揃ったのでサブ垢の AGI ME で活用しよう」なのですが、揃ったからには支援機でも使ってみたところこれはこれで有効と判明。アコセの特定種別 EXP +5 % とアンデッドバスター靴の +10 % って累積してるんだよねぇ? ということは、マトがアンデッドのみのピラ地下ではかなり大幅な効率アップになってたハズなわけで。累積でなく重複(より優れたほうのみ有効。この場合はアンデッドバスターのみ有効)だとしてもそれなり。で、アンデッドバスターによる被ダメ増悪はアコセの被ダメ軽減で吸収できるわけで、もともと +4 でそろえてた装備がアコセにするさいに軒並み +7 級になったこともあわせてリスクはほとんど増えてない印象。クマ盾が持てなくなったこととプパマタを外したことによりアクラウスには少々不利になってたはずですが、そんなん喰らわなければどうということはないので問題なし。いやあ、避けるって偉大だなぁ(といいつつ、一度 DEX 型がピラ地下に遊びに来たトキにはさすがに詠唱速度のあまりの違いに愕然としたのではありますが)
 で、マトは A マミのみといいつつもそれでは本気で飽きるので、A マミと戦ってる間にタゲられた蟲と箱はちゃんと倒す(飛行索敵中はさすがに無視)方針で狩ってたんですが、やっぱりどっちも倒さないプリは多い印象が。ということはたぶん不味いといわれる蟲もそれなりに美味しくなってたんじゃないかと思うわけです。これらは HL 狩りになるわけですが、たぶん地味にクッキーアクセが効いてたんじゃないかなぁとも。アコセすげぇ。有効だ! たぶん!
 ミミックはさすがに、少々共闘が入ったところで不味いことに変わりはないわけですが、まぁ、無視はすまいと思って倒してたら最後のほうであちらさま(誰?)も応えてくれたようで、カードドロップ! イェア! これどうしたもんかねぇ。ニンブルのかわりにこれ着けて狩ったとして、どの程度落ちるモンなんだろうか……素直に売るべきかなぁ。当面は死蔵しつつ様子を見ますかねぇ。
 その他、金銭面では、さすがに収集品はお話にならんものの、A マミがボコボコ指輪を落とすのでそれなりにはなったかも。あとはエル原が思ったよりもドロップ率高い感触で、A マミとミミックからボコボコ出ました。
 んでまぁ倉庫にいちいち行くのも面倒だし、パーティーでは必ずしもアコセとは限らないので、換装用の装備も持った状態で出かけて、重量が 50% を超えたら帰還、というような方針で狩って、重量 300 程度増える間に経験値が 5~6 % 増えるってなペースで狩り、ちょうど重量超えてワンセット目が終わって倉庫に立ち寄ってる間にアビス行きの話が聞こえたのでこれに乗らせていただきレベラープ。
 アビスではちょっと異様な景色を見たりもしましたが……まぁそれはそれでよいか……。いやぁ、はじめてハイドラ養殖見たよ……。
 で、あと十日ほどチケは残ってますが、0% からまた勤勉に狩る根性もないのでさっさとサブ垢に支払い。92 AGI ME にアコセを移してちらっと試行。
 装備がいろいろ変わったことにより手が不安定になった(INT 調整が合ってないため、クッキーグローブを固定してイヤリングとフェンクリで換装)ことなどから最初の挑戦では死亡したりもしましたが、まぁさすがに村特化といわれるだけあっていいわなぁ、アコセ。死亡は、予約テレポが潰されてなければ余裕だった場面なんですが、現在はフェン解除して詠唱を止めて貰ってからテレポらねばならず、ここでアクセを二種での換装にした(つまりフェンをはずす SC がふだんと違う)ことによる操作ミスが発生。詠唱完了してしまい、しょうがねぇ、ハエ叩こう、と思ったところで、今度はずっとピラ地下で狩ってたときに覚えた動作をしたところハエの位置も変わっており、ハエ使えずディレイ中に死亡。ダメモトで敵叩いてればオートヒールで生存した可能性もあったかなぁ……。
 とりあえず 1 レベル上げて INT を調整するまでは本格的にはいけなさそう(SC がひとつつぶれて LA が SC から外れてるのもたぶん影響する)ですが、それはそれでレベラプ後に変化を実感する楽しみが増えたっつーふうに考えておくとしよう……。
 プパとリジッドを外したことによる HP 低下はアコセのダメ軽減で吸収できてる印象。ソヒー靴をアンデッドバスターに履き替えた(って村で平然とアンデッドバスター履けるのも AGI ならではならかもなぁ)分の SP 消費はまだ未知数。激しく減ってる気もしますが、SP 消費軽減もついてるので、相殺してる可能性もあるわけで、体感で減りが激しいのは詠唱速度上昇にともなう回転数の向上に起因してるのかも。
 服がロンコからセイントになったことで重量が 60 軽減された、ということは青石の所持数を 30 増やせるので、150 搭載で全部拾って狩れるようになるかなぁ……。以前は 150 持つとかなりハエを捨てざるを得なかったんですが。まぁ、そんなに気力のほうがもつかどうかも疑問ですが。
 次は時給をはかってみるか……。
 操作が安定させられないので、時給もアテになるかどうかは疑問ですが。
 そして、なんか突然、隣人が内輪になりました! うちのギルド初の転生じゃぜい。ギルメンから最初の転生者が、でなく転生者がギルメンに加わっただけなのがアレですが、ギルメンから最初の転生者もたぶん近いうち(来年中ぐらい?)には出ると思われますので期待!
2006/08/24 (Thu)
▼連ザ II でいろいろ解禁されたそうです。ま、まだ見てないんだけどさ。
 とりあえず動かしてみたいのはやはり M1 アストレイってのは当然としてだ。
 界隈は「ストライクノワール」だかの話題でもちっきりですよ。
 はぁ、「ストライクノワール」ですか。
 あのね。オレは当初、種にはまったく興味なかったんだけど、「ストライクガンダム」という名前にはちょっと感心したもんじゃったよ。
 まぁ、競走馬ストライクイーグルという偉大な先達があってこそかなぁとも思いますが、「ガンダムのバリエーション」としての「○○ガンダム」や「ガンダム○○」にはいくらでもそりゃまだネタはあるでしょうが、主役機、すなわち「その設定の中で他のバリエーションガンダムに対してスタンダードとなる」ガンダムの名前としてはコレかなり最強だと思ったわけよ。(「ガンダム」と呼ばなくていいなら「おヒゲのホワイトドール」に勝る主役ガンダムの名称はないと思いますが(でもディアナさまは「ガンダムにはお髭がありますか? ありません!」とのたまっておるので、あれはガンダムではないのかも))
 ビクトリー以来じゃないかね。
 んがしかし「ストライクノワール」はどうなんだ。「ヤークトミラージュ」みたいなキメラ感が漂ってきてなんとももにょもにょするんですが。
 ってまぁ考えてみりゃルージュもそうかもしれませんが、「Rouge」は手元の英和辞典に載ってる「英語」だけど「Noir」は載ってないからなぁ。ま、英語を母語とするわけでも得意なわけでもないオレがこのふたつを差別するのもマヌケな話なんで、両方「なんかアレ」とか云っておいたほうがよろしいんじゃないかと思いますが。あとはまぁ「Rouge」の項に「Rouge et Noir」の用法が載ってるので、作中でルージュを強く意識して「対になるもの」としてつけられた名称であると考えればアリっちゃアリなのか?
 にしてもなんつーかなぁ。ノワールはねぇだろノワールは。
 それならいっそ「Greve Noir」にしとけ。すみませんフランス語わかんねーので機械翻訳で適当に並べました。シュラーゲンシュヴァルツでも許す。ポルコロッソでもいいぞ。もちろんカベルネソーヴィニヨンブランでもいいぞ。ブラン・ブルターク少佐は再提出で。アッシマーがぁぁぁ!
 あるいは、ノワールガンダムならそれはそれでありだと思うんだけどにゃー。
 キャラ名はアリだと思うんじゃよねー、いろんな言語が混じっても。いっそ外見的人種区別とは完全に無関係にいくと、もう人種の壁とかが全部どっかにいっちゃった未来なカンジがして(にもかかわらずスペースノイドだアースノイドだといがみあったりナチュラルだコーディネイターだとアレしてるというあたりの救いのなさ*もアレですが)いいんじゃねぇの? とか思うし、機械の名称だってアリっちゃアリっしょ。つまり「固有名詞」なら。「スモー」とかちょうイカすし、そういう意味では「ムラサメ」や「アカツキ」もアリなんじゃろう。「スモー」のセンスには遠く及ばないけど。「スモー」も「ヒゲ」には遠く及んでないし。
 しかし、機械のバリエーションにつける接頭辞やら接尾辞やらはもうちょっとこう言語に統一性をというかだな。それともあれなんでしょうかね、CE 世界の共通語じゃ「打撃」を意味する普通の動詞(名詞)が「ストライク」で黒を意味する言葉が「ノワール」で赤を意味するのが「ルージュ」なのか? それならルナマリアは「わたしもルージュなのよ!」と云うべきではないのか。いやでも豚の人も「ポルコ」と呼ばれた(よな?)り「ブタ」と呼ばれたりしてた気はするなぁ。ウウム。日本人のカタカナ感覚はややこしいぜ。(もちろんオレ自身もいろいろねじれてますし) あとはまぁガンダム世界じゃ「赤」は「三倍」だったりと「レッド」や「ロッソ」や「ルージュ」ともまた違う意味合いを与えられてる部分があったり重ねてる部分があったりして難しいのう。ザフトの赤服ってのがなんかすげぇエリートな人々だとすれば、連中のリーダーは「テスタロッツァ」なのか? とかそういうもにょもにょ。ちゃんと原作観れば疑問は一発解決なのかもですけどねぇ。つーかテスタロッツァ→赤い頭→赤い彗星はどっかで意識してたのかなぁ。してみるとミラージュタワーにテレポートで襲撃して大暴れした「ブラックスリー」はやはり「黒い三連星」だったのじゃろうか……。
 ……んまぁ、ひっかかる呼称だったのでついつい追跡してしまいましたが、何が云いたかったかというと、「ノワールだったらとりあえず桑島と三石を乗せとけ! 三石はパイロットではおらんけど桑島はおるんだから!」とかその程度の寝言だったり。ついでに BGM が梶浦だとなおよいのですが、梶浦曲になるのは時間切れ間近だったりするのが難しいところじゃのう。さーよならーをうたーってー。
 いやべつに声優が一緒ってだけでどうこう云う気はないけど、少なくともゲームでの喋りを聞いてると明らかに霧香系なわけなので。
 いや、すんません、そろそろ黙りマフ。

* その点、「僕は二年前に月から来ました。けど、月の人と戦います。だけども、地球の人とも戦います。人の命を大事にしない人とは、僕は誰とでも戦います」とか素で口走り、物語の最後まで言葉通りに振舞った(ギンガナムとは敵として対峙した気もするけど)ロランは頭抜けているなぁ、とか、かなりあやふやになりつつある印象だけで適当に口走ってみる。ちゅーか、シリーズ放映当初は 7 話まで見て、8 話を録り逃して諦めちゃったんですが、8 話がものすごいキーでしたな。8 話の後半とか泣ける熱さでたまんないっす。
2006/08/23 (Wed)
▼少しずつ民の出欠や予定クラス等も判明してきました。
 サムライ→ケンサイといってた BOSS 氏(わたしのキャンペーンではクレリックを、OTTO の第一キャンペーンでは射撃型ローグを使用)は微妙に予定変更してパラディン→ケンサイに傾きつつある模様。ううむ、こいつがパラディンやると激しいぞ……。
 バーバリアン/ファイターのクリティカル剣士と云ってた円盤メンはウィザードその他をガリガリ盛り込んだ得体の知れないクリティカル剣士を志向しつつある模様。あいかわらず異様なマルチ具合だ……。
 つーことで、やはりここはディヴァインキャスターで……ってな方向性で固まりつつある今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。わたしは土日をほっとんどひたすらウィザードリィエディタをいじって過ごしてた気がします。アホですね。
 まぁウィザードリィはおいといて。
 方針はドルイド。ホスピタラーは条件厳しいわりにメリットが少ないし、わざわざやることもあんめぇということで中止。とりあえず 3 レベルぐらいまでドルイドで行き、ウィザード 1 レベル挟んで移行はおおおむねドルイド一本で行こうかと画策しております。ドルイドはやっぱ 2 レベル呪文が強烈なので、とりあえず最速でそこまでたどり着いておこう、とかまぁそんな具合で。
 コンセプトは、もう、あれだ。表題ママで。「空へ――」
 ――幼い頃に、森の中で崩れかけていた小さな寺院に迷い込んだことがかれの人生(エルフ生?)を変えた。すでに崇めるものもいなくなった――立ち去ったのか、滅びたのか、それともその信仰が忘れられてしまったのかは定かではないが――エルフの女神の寺院。その半ば崩れた天井には、みごとな天井画が描かれていた。翼のあるエルフの女神につかわされた、鳥たちと背に翼を持つエルフたち。それはかれの心に啓示を与えた。
 空へ! 翼持つ母の楽園たる空へ!
 女神の信仰はしかし、いまやこの地にはその名残りすらも見出すことはかなわなかった。かれがいかに信心を深めたとしても導いてくれる先輩の司祭もいなかった。ならば独力で学ぼうと思っても、その教義を伝える書物もなく、その寺院にふたたび到達することすら、かれにはできなかった。かれには、その女神の名すら知ることはできなかった。
 幼い頃に見た夢のようなものなのか――月日が流れ、そんなふうに思うようにもなった。しかし、かれのまぶたに焼きついた、あの日見た素晴らしい天井画の記憶は決して拭い去られることはなかった。あるいは、記憶のなかで実物以上に美化されていったということはあったかもしれないが。
 ある日、ずっと以前に村を離れた同朋のドルイドが、かれの住むエルフの村を訪れた。
 かれは、そのドルイドに、かつて見た女神のことを問うた。ドルイドは答えた。それははるかな昔にこの地を去った――あるいはこの地においては滅び去った――有翼エルフ「アヴァリエル」たちが崇めた女神エアドリー・フェンヤにほかなるまい、と。女神は翼あるものたちの守護神。翼なきエルフが崇めることを拒絶することこそないが、自ら翼なき者たちに目を向けることはまずあるまい、と。かつて見たものと、そこで感じた啓示がおそらくは幻ではなかったのだろうとの確信を得たことはかれに希望を与えたが、女神が翼なきものに自ら目を向けることはあるまいという観測は同時に落胆をももたらした。翼なきものが捧げる信仰を拒絶することはない、とはいえ、導いてくれる先達もなしに、どうすればその信仰の道を歩みだすことができようか。ドルイドは微笑んだ。翼はある。お前の心に。クレリックとしてその道を歩むことはたしかに困難だ。いまのこの地においてはほとんど不可能と思えるほどに。だが、別の方法がある。お前が望むならばわしがその方法へ導いてやろう。そう云って、かれが見守る前で、ドルイドは一羽の鳥にと姿を変えてみせた(その身に着けていた服やら杖やら鞄やらの諸々はその場で地面に落ちた) これがわしの心の翼だ。お前の心の翼の使い方を、わしがお前に教えてやろう。お前は自らの翼で、女神のしろしめす空にはばたくのだ。
 かれはそのドルイドに弟子入りすることを決めた。両親は別れを惜しんだが、そのドルイドは(変人ではあるが)優れた徳のある人物(エルフ物?)として村では名高くもあったので、その決断に反対はしなかった。
 そうして、かれは村を離れ、ドルイドとしてのキャリアを開始した。駆け出しとはいえ一人前といえる(つまり 1 レベルの)ドルイドとなったかれに、ある日、師は云った。今や、お前は自らの足で自らの道を歩みだすときを迎えた、と。そして、こう言葉を継いだ。そしていつの日か、自らの翼で自らの空へと飛び立つ日が来ることを信じている、と。いつかその日がくることはわかっていた。その日が近いことも。わかりました、と答えるかれに、師はにやりと笑って、もうひとこと、吼えるような声でこう云った。
 それでは弟子よ! 俺は人間(エルフだけど)をやめるぞォォォォオ!!
 ……一頭の狼にと姿を変え、師はかれの前から姿を消し、二度と現れることはなかった……。
 かれはこうして、相棒である一羽の鷲とともに、自らの道に歩みだしたのだった。
 ――つーことでなんかムダに長いですが、過去設定は動機づけのイイワケていどのもので今後に関わる予定もないのでこれはこれっつーことで。要するにエアドリー信者のエルフのドルイドです。飛行に固執するのは毎度おなじみですが、今回は不可視化の方向性はかなりばっさり切り捨てで。
 途中ウィザードを混ぜてメイジアーマーとシールドとフェザーフォールとスクライブスクロールを取得する以外はドルイド一本。もしかしたらアニマルロード(たぶん師匠のクラス)とかビーストマスターとかウォーシェイパーとかを取るかもですが、シェイパードルイドはすでにプレイグループ内に先達がいるので、キャスターレベルを伸ばす方向性を優先したいところではあります。(しかしビーストマスターは相棒が変に強まるので、相棒を強めていくなら 1 レベル混ぜてもいいかもですが)
 プレステはまぁ慮外ではありますが、もし DM が「きみにシーカーオブミスティアイル団からの勧誘が来た」とか云ってきたら取ります! どうよ DM!
 当初の相棒はウルフかヴァイパー安定なのはわかってますが、ここは心の翼ということで敢えてイーグルあたりでいってみる方向性で。アウルはさすがに超小型では厳しいのでなぁ。ゆくゆくはダイアバットにして騎乗することを考えてますが、でかいのがなー。ダンジョンメインになるようだとちと厳しいかも。エアドリーが加護する種族にコウモリは含まれてませんが、まぁ、飛行哺乳類という意味ではアヴァリエルの同類みたいなモンだしアリだろ(ひどいこじつけだ)
 エルフだと男女で体重差が少ないので男性を予定。ただし PC が全員男になりそうなら女性。性別はバラけてるべきだと信じてるので。飛行生物に騎乗することを想定すると体重は大問題なんですが、小型種族でドルイド/ウィザードのマルチが無難にできるのがないのでまぁこれは選択の余地なし。イーグル連れということで名前は今のところローランドとかを考えてますが、エルフらしくはないかなぁ。
 10, 16+2, 14-2, 12, 16, 8。能力値はカツカツ。ベース 2 クラスのみなら 36 PTS とか云われてますが、プレステ取る可能性もあるので 32 PTS で構築。STR が 12 欲しかったなぁ……。
 キャスター型といいつつ 4 と 8 での能力値上昇は DEX に投入予定。12 いくようなら 12 で WIS でもいいかもですが。むろんペリアプトオブウィズダムは装備予定。
 詳細は呪文の勉強をしつつなのでおいおい。
2006/08/21 (Mon)
リアル干将莫邪
 マジ吹いた。
 っつーか「―――刺し穿つ死棘の槍!!!」がサイコーすぎて死ぬ。
 こちらで発見。
2006/08/19 (Sat)
[Life as a Half Drow]Aerdrie Faenya
▼ぶははは。いつのまに言及されてたんですか
 んーむ、汗顔の至り。まぁその後がんばってエアドリー・フェンヤの説明文の抄訳とかフォクルカンリリストに関する一連の調査(Complete Adventurer 収載のプレステージクラスで、1st のバードの再現を志したものみたいです)とかやってるのでカンベンしてやってくらはい。ってか、やっぱ過去ログを切り離してしまうスタイルの日記だとリファが取れなくてこういうのを見落としがちなのがツラいところですな。
 しかしまぁ、抄訳まで作ってさえ、ティカンドのエアドリーと FR(Faiths and Pantheon)のエアドリー・フェンヤが同一と看做してしまっていいかどうか不安だったボンクラにとっては、「「エアドリーって"謎"の女神」も、単に先日述べたAD&Dデミヒューマンの共通神格エアドレ・ファインヤのことにすぎない」と言明している碩学がおられることは心強いことであります。つーかコレ、どっかオフィシャルで書いてある場所があれば、グレイホーク(や他のワールド)のキャンペーンにデミヒューマンクレリックを投入するよい裏づけになるんだがにゃー。ま、今回の新キャンペでは「種族神許可」とのお言葉を頂いてるので、とりあえずは平気ですけど。(つーか種族神の充実を期待して LGG を買ったわたしもどうかしてますけど。MoP でも相当期待してたけどアルヴァンドール居住者のリストに名前が触れられてた程度だったような) しかしドメインが足らんのはガマンするしかないがな……。コアルールに載ってる呪文だけでも使わせてもらえるように頼み込んでみるかねぇ?
 ついでにアヴァリエルも出てくればナー。いや、自分の PC に LA つけて羽生やそうとまではしませんから。単にオルターセルフで空を飛びたい(3.5 版になってオルターセルフで変身できる対象が自分と種別が同じクリーチャー(人間なら人型生物)のみに制限され、3 版でさんざん似姿を利用して飛ばせていただいたハーピーやガーゴイルに化けられなくなった。んだけどアヴァリエルは人型生物であるらしいので、アヴァリエルが存在する世界ならオルターセルフで飛べるはず!)だけで……。
 ところでリンク先の現在いちばん上にある「色々あるんだけどこれを追及するとおなじみビホルダー関連すら到底問題ではないほどさらに桁違いにやばい話にもつれこんでしまうのでさすがにもう続かない」に関してはまさにビホルダー閣下御自らが書かれたナインヘルズの解説が……。
2006/08/19 (Sat)
ウィザードリィ・シナリオエディタ配布開始!
 ちくしょう、こいつを待ってたんだ。
 っつーことで、昨日、単純作業な残業でへろへろになりながら、シナリオエディタ対応のウィザードリィ新作「Five Ordeals」を購入してきますた。ってなんか間違ってる気がしなくもないけど気にするな!
 で、とりあえずインストして登録を試みる。
 「登録されたメールアドレスにメール送ったから、そこに載ってる URL にアクセスして登録を完了してください」
 って、ファアック!
 いったいオレがいつからメールを確認してないか御存知ですか?
 そして、何故メールを確認してないか御存知ですか?
 二ヶ月前からメールサーバーにたまったメールの数、約四千通。
 そのうちスパム等の迷惑メールの比率、まぁ九割ってとこですか。
 ……つまり一日あたり約 60 通のクソメールってなぁ。
 削除しながらさすがに殺意が芽生えましたが……。
 ってか、こんな、ただ単純作業として右から左へ削除されるだけのメールがわざわざ送られてるってことは、それを受け取って商売を成立させてしまう受け手が存在するってことに他ならないわけで、それが想像を絶するというか、世の中には信じがたい行為を行う人間(この場合はこうしたメールにひっかかる人間)が、信じがたいくらいたくさん(商売になるくらいたくさん)存在するってのがもうなんつーか驚異です。いったいどこにいるんだろう。
 RO の戸枝事件でも感じたのは同じことで、「RMT で 1,400 万円稼いだ」ということよりも「少なくとも 1,400 万円分もの買い手が RO 内に存在している」ということのほうに愕然としたものです。明らかに戸枝事件は氷山の一角だったわけで、ってことは、その数倍の買い手が。対戦要素が存在するわけでもなく、競争要素だって見せかけのものにすぎない基本的には純粋な対モンス戦闘ゲーである RO のゲームリソースを購入するのに、数千万、ヘタすりゃ億単位の金が投入されてるというのは想像を絶するとしか申し上げようがないわけで。
 買うヤツはバカだし、そんなバカがそんなにいるという誰も想像しなかったような現実に気づき得た売り手は確かに頭がいいよ、とかそんな気分ですよ。
 あんま大声じゃ云えない話ですが、知人が「ある種のブツを不当にタダで手に入れる手段を紹介した本」を作って売ってそれが商売になってるということ(といってもボロ儲けとはいかないようですが)を知ったときにも、似た種類の衝撃を受けましたが。「何かをタダで手に入れる手段を知るために金を払う」という感覚はわからん。パチンコの必勝法の本が売れるのと同じくらいわからん。競馬の解説なら理解できるんだけどねぇ。あれは裏側に詰まった薀蓄というかアレやコレを本気で学べばたぶん本気で面白い(たぶん馬券なんか買う必要もないくらいに)んだろうということは想像はできるんですが。
 さらに話がそれますが、ウィザードリィって要するに「際限なくひたすらモンスターを狩って経験値を稼ぎレアアイテムを収集するゲーム」の元祖的な存在なわけですよ。にもかかわらず、そのパッケージに「他の RPG と違い、キャラクターがすぐに即死させられる可能性が高いゲームです。一回の攻撃で即死させられてしまうほどの凶悪なモンスターが何体も出現するので、いくらレベル上げをしていても油断ができません」なんてな売り文句が貼られてるのも素敵で。「レベル上げゲー」と「死と失敗の可能性が常につきまとう挑戦し甲斐のあるゲーム」は対立軸ではなく四半世紀前にすでにその両方を持つコンピュータ RPG が存在していたという現実がなんというか。というか、そういうのを知っている人々は普段の「狩り」においても「死と失敗の可能性のある挑戦」を普通にやってしまうので、「安全に時間をかけて大量の雑魚を狩るゲーム」だと思い込んでいる人々とは永遠に議論が噛み合わないのであろうなぁとしみじみ。
 ――で、そんなヨタはともかく。
 ようやくメールを整理し終えて本登録を済ませ、ちょっとエディタいじってみました。
 ちょっといじっただけなのでまだ全然全貌は見えませんが、さすがにプロ仕様(実際にこのエディタを使って製品版のシナリオも作られたらしいです)だけあって、飾り気がなく動作も軽い感触です。いやもう、コレさえあればもうツクールとかいらねぇな。
 素材を自前で投げ込めないのは最終的には不満点になり得ますが、実際、大量の素材を自前で用意するのは個人的に作ることを楽しむユーザーには一番越えられない壁ともなるわけで、用意されてる素材がこれだけ充実してれば充分だろ、ってなモンです。モンスターグラフィックは歴代のが相当に漏れなく含有されてる印象(多すぎて全部見るのすら一苦労なので云い切れませんが)で、「ボクの考えたウィザードリィ」を作るにはまったく不自由しなそうですし。
 まぁ、欲を云えば初代アッポー版とか旧 98 版とかの素朴な味わいのあるあのグラフィック(何の変哲もないガイコツのツラが画面に表示されただけで気合が入るあの感触はどれほどグラフィックが進歩しようとももはや得られるものではないでしょう!)とかも入ってればよりアレ……って、嘘ですもうホント不足ないです。
 まずは得物屋さまのデータでも見ながら小さい迷宮ひとつ作ってみてバランスを肌でつかんでみますかね。DnD 屋なのでかなりの範囲でモンスターデータなんかは「見ただけで強さが想像できる」部分もありますが、やたらと増える攻撃回数とかはやっぱ独特だからなー。
2006/08/19 (Sat)
[Life as a Half Drow]Making New Character
▼《承前
 つーことで、新キャンペーンに向けたキャラ構築合戦が(ごく一部で)開始されております。
 ひとりは、わたしのキャンペーンでクレリックをこなし、他のキャンペーンでは射撃型ローグとモンク/タトゥードを使っているプレイヤーで、今回はどうやらサムライ→ケンサイで固まりつつある模様。うむ、そろそろ王道的な前衛がやりたい時期でありましょう。
 もうひとりは UFO 野郎ですが、わたしのキャンペーンでドマルチ Dervish を、他のキャンペーンでは DeBuffer クレリックとシェイパー型ドルイドをやってます。こちらはクリティカル剣士志望とのこと。こちらも前衛が以下略。
 で、わたしはといえば。
 昨夜はテンペストを用いた二刀をちょっと考えてました。試案そのいちはサムライ 2、ファイター 4 からのテンペスト。大小の二刀とテンペストの異種二刀は相性がよさそうなので。さらにスペシャライゼーションも視野。試案そのにはファイター 6 からのテンペスト。多様なフィートは変則型の戦士には重要です。試案そのさんはレンジャー 6 からのテンペスト。たぶんファイターベースには劣りますが、うちのグループにレンジャーがいまだかつて存在したことがないところに最初の一歩を記すというのには誘惑を感じるということで。
 しかし、だ。
 おそらく今回のプレイヤー人数は 4 人。うち 2 人が純前衛を志願。ということは、アーケインキャスターとディヴァインキャスターとローグのいずれかは確実に欠ける……?
 いや、それはまずいだろ……。
 まぁ、クリ剣士がローグマルチになる可能性はなくはないですが、かれはすでに他でもローグをやってるわけだし、避けたいところじゃないかと勝手に想像。もちろんキャスターマルチもする可能性は大ですが、キャスターは専業必須とまではいわないにせよ、メインに伸ばさないと厳しい。
 となると、残り 2 人でローグとアーケイン、ディヴァインのキャスターを揃えたい。
 ……わたしが純前衛というのはやはりマズそうです。
 ということで、何種類か考案。
 そのいち。ブレイドシンガー。エルフでスワッシュバックラー(SwB)3、ウィザード 6 からの。なお、ウィザード 10 からのブレイドシンガーという提案もありましたが、これは「そのままシングルで充分魔法戦士としてバカ強いのではないか」という大変な疑問が発生する(テンサー変身の活用で)ためリジェクトで。
 自分で「その他作成」を取得し INT, DEX +4 と CON +2 のアイテムは作成する前提で、
 10th Str 12(+1), Dex 20+4(+7), Con 12+2(+2), Int 16+4(+5), Wis 10, Cha 8
 Hp 56.5, Ac 28 (+6 Greater Mage Armor, +4 Shield, +7 Dex, +1 Blade Song Style), Attack +16 (+7 BAB, +7 Dex, +1 Focus, +1 Greater Magic Weapon), Damage 1d6+7 (+1 Str, +5 Int, +1 Greater Magic Weapon), Caster Level 7 (Stone Skin !, Dimension Door !) Save; Fort +7, Ref +13, Will +8
 10 レベル段階では低 HP を除けばそこそこの性能になりそうなんですがどうか。
 そのに。ブレイドシンガーヴァリアント。エルフで SwB 3, Ftr 2, Wiz1 からの。Wiz 1 って。10th で Swb 3 / Ftr 2 / Wiz 1 / BS 4, Caster Level 3 となり、9th で「その他作成」を取得可能。これだと、
 10th: HP 62.5, AC 29 (+4 Mage Armor, +4 Shield, +7 Dex, +4 Blade Song Style), Attack +18 (+9 BAB, +7 Dex, +1 Focus, +1 Masterwork), Damage 1d6+7 (+1 Str, +5 Int), Caster Level 3 Save; Fort +9, Ref +12, Will +7
 こちらは魔法戦士としての自己完結性能では上ですが、いかなる意味においてもアーケインキャスターを名乗れるシロモノではないという点で今回は微妙という印象。
 以上ふたつは、残りひとりがローグとディヴァインキャスターを兼ねてくれるか、残りひとりがディヴァインキャスターでクリ剣士がローグを兼ねた場合の可能性。
 そのさん。ローグウィザード。
 10th 段階で Rog 2, Wiz 8 か Rog 1, Wiz 9。恐らく後者のほうが圧倒的に強いけど、ウィザードとして先を目指すのは別キャラとカブりがちなので回避したいというのも多少。Wiz 5 止め(か 6 止め)で Rog を一気に伸ばすとか、SwB とか Fig とかヘンなのを取ってくとかのがいいのかなぁ。ま、予定通りで上の例と同様に DEX, INT +4, CON +2 の装備が整ってるとすると、
 10th Str 12(+1), Dex 20+4(+7), Con 12+2(+2), Int 16+4(+5), Wis 10, Cha 8
 Wiz8/Rog2, BAB +5, Hp 43.5, Ac 27 (+6 Greater Mage Armor, +4 Shield, +7 Dex), Attack +13 (+5 BAB, +7 Dex, +1 Greater Magic Weapon), Damage 1d8+1 (+1 Str (Mighty Bow)), Caster Level 8 Save; Fort +5, Ref +13(Evasion), Will +6
 近接妙技にするか射撃にするかは未定ですが、戦闘性能では明らかにブレイドシンガー案よりは落ちるものの、仕事も呪文も多くて過程が楽しめそうな印象。前衛は足りてるわけだし。これは、残りひとりがディヴァインキャスターをやってくれた場合の可能性。
 そのよん。Elf Wiz 1, Dru 6 から Hospitalor。いやドルイドホスピタラーとか定義的になんか致命的に間違ってる気はしますが、ルール的に問題が見つからないんだよなぁ。 10th Str 10, Dex 20+4(+7), Con 12+2(+2), Int 12(+1), Wis 16+4(+5), Cha 8
 Wiz1/Dru6/Hos3, BAB +8, Hp 67.5, AC 28 (+4 Mage Armor, +4 Shield, +3 Natural, +7 Dex) Attack +15 over (+8 BAB, +7 Dex, and any) Caster Level 8, Save Fort +10, Ref +10, Will +11
 ドルイドの自己支援呪文とかとの相性が未研究のため近接型か遠隔型かなどは未定。プレステの前提フィートで 2 つを食うので、いずれにせよフィートはひとつしかあかない(近接なら Finess、遠隔なら Mounted Archery 一択?)ですが。つーかムリしてホスピタに行く必要はないといえばないんだけど。
 これは、残りひとりがアーケインキャスターをやってくれた場合の可能性。
 なお、残りひとりがアーケインキャスターもディヴァインキャスターもやらなかった場合はフォクルカンリリスト方面になりそうな予感もしますので民は覚悟を!

*注:このエントリちょっと間違いあるわ。ルール見ずに組んでたのでカンベン系で。能力値アップ系アイテムの前提キャスターレベルとかとかとか!
 ……買えばいいんだけどさ。
2006/08/17 (Thu)
▼んまーコミケも同人誌も関係ねぇよナーってことで、HJK で発見したものの気にもとめてなかった「印刷所のミスで搬入が間に合わなかったサークルが大量発生」事件ですが。
 全然関係ないってわけでもなかったことが昨夜の友人の電話で判明。
 うーむ、世の中、めぐりめぐってつながるセンってのがあるものだなぁとしみじみ。
 なんともな。
2006/08/16 (Wed)
[Life as a Half Drow]Handle Parallel Campaigns
▼うちのプレイグループで現在メインに動いているキャンペーンはわたしが DM をやっているモノです。「EoW」と略称してます。次いで、頻度は低めながらも並行して行っているキャンペーンが一本あり、これは OTTO の手によるもの。えーと「ELG」とでも略しますか。OTTO はそのほかにもう一本キャンペーンを抱えています。ELG や EoW を進めるのは重要なメンバーが足りないのでムリ、という事態が発生したときに行われたもので、つまりこのキャンペーンは「わたしがいないときに」主に行われてたという意味でもありよく知らないのですが、ま、「KB」とでも呼びましょう。これに加えて、最近は頻度が低下していますが DM を持ち回りでやっているものがあります。この持ち回りで DM をやってるのは、わたしと OTTO と、UFO 野郎とサークルリーダーの BOSS です。
 さて、うちのプレイグループには A というメンバーがいます。わたしのキャンペーン EoW では重装壁型戦士(ファイター/クレリック/テンプラー/プレイナーチャンピオン/ディヴァインチャンピオン)を扱い、OTTO の ELG では重装壁型戦士(パラディン)を扱い、OTTO の KB では正確な型は不明ですが重装戦士(ファイター)を扱い、持ち回りでは重装騎乗突撃型戦士(パラディン)を扱っているプレイヤーです。って全員同型かよ! そんなにファイターとかパラディンとかが好きか! とか微笑ましい気分になってしまうプレイヤーなのですが、本人は昔っからアーケインキャスター(メイジ系の呪文使い)プレイヤーとして認知されておりかつ自認もしていたはずの人物です。
 この A は会場からの帰宅経路が途中までわたしと同じなので、よく帰り道に話をしてるんですが、いつも「ホントはキャスターもそろそろやりたいのだけど、時間がなくてこなせそうもないからやらない」とか「複数のキャンペーンが並行してると自分のキャラを把握するのも大変だから絞って欲しい」とかそういう意見を云われるわけです。まぁ、わからないこともないけど、「少なくともセッション外の時間はキャスターは殴り屋よりも負担が少ない」ってのはサードじゃ共通認識になりつつある(セッション中の冒険準備中はキャスターはクソ忙しいけど)わけで、忙しいならむしろキャスターをやれ、とも思うし、キャンペーンの数について云うなら「オレにもプレイヤーをやらせれ!」としみじみ思うわけですが。
 このたび、KB を中止して新たなキャンペーンを起動してみたいという提案が OTTO からなされまして、わたしなどは嬉々として新キャラを練りはじめたわけですが、A などは、「また新キャラか!」と負担ばかり感じてる御様子。
A「複数のキャンペーンが並行するとキャラの把握も話の把握も大変なんじゃよー。新キャラ作るとなると最初の設計が肝心だからメンタルにもヘヴィだし」
DRR「オレは複数のキャンペーン走らせてても話の把握ぐらいはなんとかなるけど? 続けるモチベーションを同等に保つのは困難だけどさ」
A「マスターは自分で話作ってるから把握の面では条件が違うっぺ」
 ……ん? まてよ?
 新キャラ作る場合に最初の設計がキモになるってのは、確かに一面正しいのですよ。かれが好んで(かどうかはともかく)やってるファイターに関して云うならまったく正しい。でも、キャスターは全然違うぞ? ウィザードなんて周囲が装備の値段を計算してる間にざっくりスペルリスト眺めればとりあえず最初ぐらいなんとでもなるし、その後の方針変更も容易だぜ? クレリックはフィート数の少なさという厳しさがあるかわりに呪文の選択の自由度は先の先まで圧倒的に上なのでなんとでもなるし。キャスターはプレイ中は忙しいし頭も使うけど、セッション日以外、つまり「忙しくてダメ」な日々はむしろ何もしなくていいんですが。
 そして、話の把握についてはもうあれだ。卵生生物コロンブスのごときアレだ。
 お前がマスターやれば全部解決じゃん!
 そりゃシナリオ書くのはそれはそれなりに負担にはなります。が、レベル 3 ぐらいまでは余裕だ。モンスターマニュアル眺めて適当に脅威度計算してダンジョンに配置すればそれだけでそれらしくなるし。最初の一回なんて、プレイヤーの提示してくるキャラの予測もつかないんだから、そうそう凝ったストーリーで開始もできないんだしさ。なんなら市販シナリオ使ってもよろしいでしょう。ファイティングファンタジーコンバート系とかさ。ソーサリーはまぁわたしが買い揃えてるのでネタバレっちゃってますけど。
 そのほうがラクだぜ?
 わざわざ負担の多いほう、多いほうを選び続けて「負担だ」とか云うなっつーか。ま、少ない方を選んだからといってどの程度マシかはまた別の問題じゃあありますけど。
 オレはむしろ「同系のキャラ複数持つと把握できないから全部別系統に」ってなカンジで、プレイヤーとしては各キャンペーンに別系統の PC を投入してるぐらいなんで、そのへんがわからねぇんだよなぁ。(ELG では支援型ウィザード、持ち回りでは殴りクレリックを使用)
 ……という意味ではやはり今回の新キャではクレリックはやめとくべきかもなぁ。
 OTTO にメールでいろいろ打診したところ、「FR の神々は神様だけならオッケー」とのお墨付きはいただきましたが。しかし「あれやらんの? フォクルカンリリスト」とか云われてもその、困る。あんな、10 レベルまでは下積みなクラスなんてレベル 1 スタートのキャンペーンで狙えるものかい!
 ……ローグウィザードとかかなぁ。
 「放置プレイ」とか云われなければパラディンとか楽しそうなのだが。
2006/08/16 (Wed)
男性ネットゲーマーが女性を演じる理由
 ま、RO についてもマビノギについてもオレの場合「男キャラはすでに持ってたから」だってのもしょうもない話ですが、「とにかくゲーム内のすべての組み合わせとオプションを試したいという人もいる」の一例ともいえるかもしれませんな。
 んがまぁ笑ったのはやはり「キャラクターの衣装の露出度が高いというのが大きなヒント。それに胸が大きいほど、男性がプレイヤーである可能性が高い」の部分なわけですが。オレが年季の入ったナコルル使いだってコトは置いとくとしても、日本人だとやはりそう単純じゃない気がするんだよにゃー。メリケンの文化的背景の違いを感じさせる部分は他にもあって、たとえば「「トゥームレイダー」以外にヒロインを演じられるビデオゲームが少ないこの業界」とかも興味深いです。日本のゲームの主役は今や半分ぐらいは――ってまぁ半分まではいかないにせよ、相当の比率で女性でしょうから。
 ……でもそうだな、「最初のキャラクター」は同性で作ってる気がするな。あんまし意識してやってるコトでもないんですが。逆に「キャラ選択を行うゲーム」(それこそ格ゲーのような)では最初に女性キャラを使うことも多いような。ううむ。我がことながら謎といえば謎だ。すでに個性が存在するキャラクターに感情移入するためにはそれが自分からかけ離れている(と第一印象として感じられる)ほうがやりやすく、個性がまだないキャラクターに感情移入するためには自分を投影しやすい(同性キャラクターとか)ほうがやりやすい、とかそういう云い方もなんか違うような気もするんだよにゃー。
 フェンリル本スレより。

▼読売新聞の記事にあった言葉。「中国政府は、中日友好を重んじる日本の政治家、人民とともに、両国の平和共存、世代を越えた友好、互恵協力、共同発展に力を尽くす」とした。さらに、「日本各界の有識者が政治的障害を除去し、中日関係を早く正常な発展の軌道に戻すために力を尽くすと信じる」とし、後継首相が靖国参拝を行わないよう暗に求めた。
 すばらしい見識ですな。我々も見習うべきです。
 「日本政府は、中日友好を重んじる中国の政治家、人民とともに、両国の平和共存、世代を越えた友好、互恵協力、共同発展に力を尽くす」とし、さらに、「中国各界の有識者が政治的障害を除去し、中日関係を早く正常な発展の軌道に戻すために力を尽くすと信じる」ってとこで、中国首脳が靖国参拝とかに余計な口出しとかを行わないよう暗に求めて参りましょう。

▼ちと所用があって実家に立ち寄ったのですが。
 「何か食わせれ」とか云ってみたところ、カップラーメンが出ました。カップラーメンかよ!
 で、普段カップラーメンとか食べてないボク様は、慣れない作業で手元が狂ってちょびっと火傷とかしてしまいましたとさ!
 まぁカップヤキソバとかは普段から食べておりますが、背の高いタイプのカップヌードルは本気で激しく久々だったのじゃよー。年単位ぐらいで。
2006/08/15 (Tue)
▼さて、どうやら今月末の、多くの人が不必要だと思っていた出張は取りやめになりそうな流れになってきましたよ?
 と、いうことはだ。
 もしかして新キャラで新キャンペーンに出撃可能ってことかあぁぁぁ!?
 イエッヒー! こいつを待ってたんだ!
 つーことでキャラ試案をネリネリネリネリ。
 なお、現在ひとりが PC の試案をすでに提出済みのようで、サムライ→ケンサイを予定しているとのこと。フムン。となると、いつかやりたいと夢見ていたサムライの「河村主水之助亀有(かわむらもんどのすけかめあり)(仮)」は延期ですなぁ。これが純前衛とのことで、それ以外の役割を考えてみますか。
 そのいち。準前衛としてパラディン。まぁ準といっても迷わず前に立つんですが、一定の範囲でヒーラーもこなすことになろうという意味で準。鎧が重くて(位置的に)最前列というよりは二番手になるだろうという意味で準。パラディンは続けるとゲッソリ感が出そうですが、セッション頻度の低いキャンペーンでテンションを上げやすそうという意味では魅力的です。なお、3 版ではキャスターからのマルチ一択と思ってましたが、3.5 版ではヘースト下でのトゥルーストライク→攻撃が不可能となったため、シングルでいくべきだろうと思いつつある今日このごろ。問題点は、やっぱりパラディンは萎えそうということと、乗騎を用いた戦闘は処理が面倒そうという点。いっそ呪文じゃなくマウントを排した代案パラディンがあればなー。キャライメージはクシャナ殿下の親衛隊のヒゲ騎士みたいなノリを想定。
 そのに。準前衛としてレンジャー。この場合は前に立ちはだかるのは困難な性能になりそうですが、双刀系を揃えて Dervish 方面を目指すことになるのかねぇ。オーバーサイズドトゥーウェポンによる暴れを想定。といいつつオーバーサイズ二刀とレンジャーの双刀条件がうまく重なるかどうかは要検討ですが。これもヒゲと長髪の LoTR っぽい野郎をイメージするかな。
 そのさん。火力キャスター。非火力キャスターはすでに組み上げてあるので、これやるとしたらソーサラーかコンプリートアーケインの新クラスかねぇ? これは、アルテミあたりがまかりまちがってクレリックかなんかで「わぁかっていますね? あのいまいましいヤツらをヤっちゃってください!」っぽいのをやったりでもしたらツルんで「滅殺! 抹殺! 撃滅! 瞬殺!」とかやらかしたい方向性で。ってあれだな、アニメのキャラとか持ってくるのはどうかと思いますが、そのへんは大丈夫。なんせ原作のアニメのほう知らないし!(黙りましょう) アルテミ選手もクレリックは向いてないと思ってるようですが、こういうのならイケると思います。ウヒヒ。
 そのよん。アーチャー。レンジャーベースでファイター混ぜてオーダーを目指すあたりで。途中で素手攻撃強化を取れれば AoO も出せます。問題点は、前に「立ってる」ことが困難なため、人数の少ないパーティーではどうか……というあたりですな。
 そのご。他になり手がいなくて必要そうだったらクレリックも覚悟か……っていうか、この可能性高いよなぁ。まぁ普通の(というと語弊があると思えるぐらい優秀ですが、型としては普通の)クレリックや、前衛壁型クレリック、殴りクレリックはすでにうちのプレイグループに出揃っているので、それ以外で。つっても「ああ、もうダメダメです」とかそういうアレはわたしには向いてなさそうなので、もっと別の……つーかアレのネタなら、かずのこ女みたいな似非平和主義者とかですか。いや、アレは置いといて、まぁ、非人間種族を選ぶことになるかなぁ。どうやらレギュレーションはコア 3 冊とコンプリートシリーズ 4 冊のみになるようですが、ここは頼み込んで「神様の選択肢だけ」FRCS を使わせて欲しいところだにゃー。FR ドメインとかは要らないので。種族神は基本的に世界設定にまたがってる印象があるので、アリっちゃアリだと思うんですがどうか。ってかまぁ要するにエアドリー・フェンヤのクレリックがやってみたいだけですけど。ふつうにエルフで。あくまでダメというのであれば素直に(エルフか、もしかしたらハーフリングあたりで)ファラングンにしますが。つーかどっちが強いかっつったら絶対ファラングンというかファラングンの有利さは異常。
 そのろく。キャスター前衛ってか魔法戦士。スワッシュバックラーかファイターとウィザードをベースにブレイドシンガーを狙うセン。問題点は、やはりブレイドシンガーはシャレにならなく弱いという点。強い弱いは最優先事項じゃないにせよ、ある程度でも前に立つとなると無視もできないポイントなのでなぁ。これは、ある程度高めのレベルで遊ぶような単発やショートキャンペーンがあったら使ってみるということにして温めとくべきかも。
 そのなな。ローグウィザード。エルフで。うちのサークルは最初のキャンペーン(わたしがマスターの)のローグがどちらかというと殴り優先でローグとしての印象が薄いということもあり、ローグに関しては開拓する余地が多く残っていると思われるので。キャスター性能は隠密性と探知性能の向上を目的とし、ローグ業を魔法でサポートするスタイルを志向。問題点は「戦闘能力が皆無になりそう」な点。ううむ。いやまぁそりゃちまちまとスニークとかはできるでしょうが、そのあたりはすでに他の民が開拓し尽くしてる感がなぁ。
 そのはち。ディプロマンサー。いや、あの、すまん……。
 ……まぁ、ヘンなのしか思いつきませんな。実際にはディヴァインキャスター(ヒール/バフ屋)がいないという事態がおおいに想定されるので、クレリックをやらされる可能性が高いとは思いますが、さて。シュゲンジャとかの東洋キャラという提案がマスターから出てはいますが……うーん……東洋クラスならやはりサムライなんだよなぁ。いっそサムライ集めて「続々○匹が斬る!」のセンで……いやいやいやいや。公儀隠密間宮林蔵! いやいやいやいや! んーでも HFO セッションがあるなら全員サムラァイでも……いやいやいやいや!
 次いで比較的ありそうなのがパラディンでしょうか。なんか「もしかしたら 36 ポイント buy もあるかも!?」とかマスターが云ってるのが本気ならもしかしてもしかしたら? えーと、16,12,14,10,14,16 で 38 か。ウウム。CHA 15 で開始というのはまぁアリかもなぁ……。
 他にクレリックのなり手がいる場合は戦力的には明らかにローグウィザードがベターな選択となりましょう。10,16+2,14-2,16,10,10 ぐらいで 32。当然ローグ始動で。
 少人数のプレイヤーのために常駐型のヒーラー NPC を DM が用意してくれる可能性もなくはありません。というか、クレリックの PC がいないとそのキャンペーンのセッションは行えないというのは現実なわけでして、人数が足りない日程で遊ぶためのキャンペーンではクレリックを NPC にするというのは有り得る選択でしょう。この場合、クレリックはヒーラー以上の仕事はしてくれないとは思いますけど……。っていうか、この点を考慮すると、わたしがクレリックになるというのは運営上マズめではあるんだよなぁ。
 いてもいなくても「比較的」問題がない、としたらやはりローグウィザード系か、あるいはアーチャーでしょうか。16,18,12,10,10,10 で 36……うへ。16,16,14,10,10,10 ってさすがにそれはどうか。レンジャーとファイターのマルチを考えるとエルフにはできないんだよなぁ。レンジャーかファイターがフェイヴァードになる代案エルフっていたっけか? いたらそれも視野かも。
 クレリックの構成試案も一応。10,10+2,14-2,10,16,16 で 32。10,10+2,14-2,10,18,12 で 32。10,12+2,14-2,10,16,14 で 30。33 くれれば 10,12+2,14-2,10,17,14 はアリかも。んーでもやっぱクレリックは FR でやりたいよなぁ。FR の何が魅力的って、やっぱまず何よりも神様なので。それに次いでプレステ。呪文はまぁ魅力的だがちょっと極端な性能が少なからず見受けられる印象もあるので……。
2006/08/15 (Tue)
▼ドムソロで A ルートクリア。
 ……ってなんか次元低いっすね。んなこたぁ気にしないっちゃ気にしないわけですが、なんか FC2 Blog の連ザスレはイマイチ伸びがよくないらしく、オレみたいなへたっぴぃのトコにもけっこう来客があるのでなんとなく申し訳ない気分に。へたっぴぃな上に対戦はまったく視野に入れてません。内輪との対戦ならやりたいけど、その場合はもっと低コストでお互いバカスカ墜ちながら遊びたいなぁとか思う次第。
 ようやくクセのある地上ブーストとピカチュウの使い方がちょびっとわかってきた印象。基本は歩いて避ける機体だけど、片方こかしてもう片方に突進、とか、ヤバい位置取りからの脱出とかはやはりブーストダッシュを使いこなさにゃならん模様なので、今後は切り返しとかも修練を積むかなぁとか思ってみたり。ピカチュウはまぁ、慣れだろうなぁ。リロード時間の見切りと、50% で覚醒してリロードしつつ頻回に投入してゆくとかも考えてくべきか。その場合、現在一択で使ってるパワー覚醒だと立ち回り中にガンガン使うのは弱点(速度低下)もあって微妙なので、他の覚醒も考えなきゃか。
 んまぁ、このシリーズの対機械戦闘は昔っからあれだ。ルートごとの出現順序と条件覚えて、大物二機に追い回されたり、敵が三機になったりするのを最小限に抑えつつの時間との戦いっつー印象があるわけで、単に、A ルートの出現順序を把握して倒す順番をなんとなく覚えてきたってのがクリアにつながったっつー気もしますが。
 で、まぁドムはよろしい。
 ドムばっかでは組む相棒も飽きるんじゃねぇか(ってまぁ相棒が機体を試行錯誤する場合はこっちだけでも安定しとくほうがいいんでしょうが)というのと、あとはコストが合わない場合の対応ということで、他の機体もちょびっと触ってみたり。
 まず 500 オーバー。一応スタンダートっぽいということでフリーダムを触ってみて、まぁさすがにそれなりに安定する性能だなぁとは思ったわけですが、なんか乱入されまして。オレが行ってる店は、たぶん地元民以外にはあまり知られてないってことでしょうが、4 台 4 ラインでだいたいみんなソロや二人で機械相手に練習してるような店です。なので安心してこんな機体ではじめてみたのに、そんなトキに限って対戦で入られるんだもんにゃー。敵は高くて普段から剣抜いてるっぽい機体。デスかな? で、ほぼ完全に何もできずに完封されてみたり。いやーもう。零式でグリフォンに負けた野明みたいな気分じゃよ。「好きでこんなのに乗ってるわけじゃないぞっ!」とかそんな具合で。まぁ、台もあいてたのでそのまま悠然と別のラインにコイン投入。ドムなら勝てた……ともさすがに思えないので。完封されることはないとは思いますが、勝ち切れるとまでは、な……。火力ないしなぁ……。ってか勝ってもしょうがないし。
 まぁ実際問題としてフリーダムは動かしててつまんなかったので、さっさと負けてよかったかも知れないですが、しかし高コスト帯で唯一なんとかなりそうだったフリーダムがあのザマではもう高コストとか考える気がこれで失せました。終了~。
 次、420。相棒が 280 を選ぶことが妙に多いのでこのコストも少し見ておきたいところではある……あるんですが……。
 ロクなのがいねぇ!
 強いていえばコレなのか? と紫ウィンダムを投入してみるも、メイン射撃のあまりの弾数の少なさにゲッソリ。論外。むしろコスト合わないの覚悟でドムでも使ったほうがマシかもしれん、ってなぐらいの勢いよ。で、他はどうにも惹かれるものがないっつーかやれそうなのがないので現状放置してたり。うーん……やれるとしたら緑ザクですかねぇ……。ハイザックはひそかに好きな機体だったので、ミサイルでも搭載してれば喜んで使うところですが、手榴弾だけっぽいんだよにゃー。
 次、280。まぁ、270 にステッキーなのがいたので、無理して 280 を使うべき場面ってのもなさそうという意味ではこのコスト帯は無視してもいいのかも。一応ムラサメは使ってみたものの、やはりアストレイに比べて見劣りしすぎなのがなぁ。比べなければいいんでしょうが、ついつい比べてしまうので。悪くはないけど、270 の本命様に比べるとやはり厳しいので、ムリして使うのはやめとく方向性で。
 そして 270。機体選択眺めてる段階ではロクなのいねぇー、とか思ってたわけですが、ちょっと調べたらヤバそうなのがおりました。で使ってみた。
 つええええ! ありえねぇ! これキマリでしょ!
 アッシュ
 つーか思いっきり「連ジ・エゥティタをやってた人にとっては1番使いやすい機体だろうと思う」とか書かれてるし。うはは、ゴメンねぇ! 古い時代(宇宙世紀)の地球人でさぁ!
 使いやすいって点でもイケてますが、それ以上に動かして面白いんだにゃー、クセのある機体(ドムもだけど)は。アホみたいに優秀なステップと、冗談みたいに短いブーストゲージが素敵。マシンガンが弾切れてる間のゴマ化し方とかも楽しい。何このステキ機体。相棒が 280 でももうかまわずコレで行くべきなのかもっつー気もしてきましたよ。相棒が 450 でもコレってのもアリかも。
 ……問題点としては……何だって、選んだ二機が二機とも「飛べない」機体なんだ、っつー点ですか……。
 その他では、まだ試してないですが相棒しだいではディンがそこそこイケそうかも。
 450 では他に何種か試しましたが、フォースとルージュは「普通でつまんねー」で、セイバーは「クセが面白くなくて&変形射撃が使いづらすぎ(Z のギャプランとまではいわないけど、ガブスレイなりハンブラビ程度の使い勝手は欲しいわけよ)てつまんねー」で、グフは……微妙に合わないかなぁ……ってな按配。まぁ強いていえばグフで、ドムでは組みづらいのが相棒だった場合に……ってとこで。
2006/08/14 (Mon)
▼すげぇイカす物体を発見>モンスター図鑑
 つーか、権利的にヤバいかもしれない気もしなくもないので、早めに回収しとくべきかも?

▼そしてブライト大佐の逝去を知る……。
 敬礼!

▼やはり平日の飲みは少しセーブするべきですな……。

▼はやて×ブレード 5 巻読了。
 相変わらず面白すぎて死ぬ。まぁ、会長戦はさすがにここで会長が敗れるわけにも手の内をバラすわけにもいかないわけで、若干食い足りない部分がありましたが、これまでろくにキャラ描写のなかった紅愛が少し描かれてて、今後出番がちゃんとあるならこれはこれで面白いキャラになるかも、という予感は上々。
 綾那の旧刃友は隻眼だと思ったんだけど違ったかぁ。
 まぁとにかく現在一番面白いマンガのひとつです。素晴らしいぞ林家ぱー!

▼グインサーガ最新刊「豹頭王の挑戦」読了。
 ぶはははは。面白すぎる。
 ってか、冒頭、謎傭兵の長広舌がはじまったトキにはどうなることかと思いましたが、本題が始まってからは、グインサーガでは久しくなかった「面白さ」でありました。つまり、「笑える方向」の。
 ってか、レイストリンもやってたしなぁ。こういうのは一度はやるコトってことなのかも。そして、「思えばあれが最後の平和な日々だった」的な怒涛の展開に突入……しなそうなのが微妙なんですがね、グインサーガは……。
2006/08/11 (Fri)
ココすげぇー!!
 08 と 0083 のセリフでござんす。
 個人的には種が欲しいんだがね。目的は単に連ザの元ネタ探しですが。

▼ガガガ 7 巻読了。
 面白くなってきてやがる。
 ペトラとサンドロのフラテロは明らかに他のフラテロとは異質として当初から描かれておりましたが、ここへきて「他のフラテロとは異質でありガガガとしては例外的な動き方をするが故に世間一般的には比較的スタンダードなストーリーテリングになる」という不思議な事態が発生していて興味深いというかなんというか。で、フラテロ設定のおかげで、世間一般的には比較的スタンダードな物語の描き方としては異質さが際立ってるというか。
 もともとガガガは担当官が物語の軸で、義体連中は装備品というか、ま、要するに「人形」として描かれておりました(その人形にもちゃんと自我らしきものがあるという点が風情であり「心地よいイヤさ」なわけですが)が、ジャンジョゼ兄弟の過去がらみやヒルシャーの内面により強く焦点を絞ってゆく過程で、自立的に事態を広範な視点から見ようとするペトラという「人形ではなく物語牽引者としての自律人格を持つキャラクターたる」義体が相対的に出てくるというのが面白い。で、今巻の段階ではジャンジョゼ(とくにジャン)が「復讐装置」という物語構造上の「人形」に追いやられてゆくのにかわって読者視点を引き受けるのが義体であるところのペトラになってきてて……まぁ、比較的普通(スタンダード)な構造になってきているともいえばいえるのかもしれませんけど。
 そして序盤の画面構成上の主役であり続けたエッタとリコがどんどんすみっこに追いやられていってるのもまた趣があってよろしいですな。そして、物語の軸がシフトしてゆくのに応じて、キャラ自体が変化しているわけではないトリエラの立ち位置(キャラ集団(主として義体集団だが担当官も含む)の関係のなかで果たす役割)が変わってくというのもトリエラ派(といっても義体の中では、ですが)なオレとしても興味深いところであります。(なお義体に限らなければヒルシャー萌えなのですが、ヒルシャーはあいかわらずいいポジションだよなぁ。ってかヒルシャーとトリエラはセットっちゃセットだし)
 フム、となると、当面は当初この作品の主旋律だった「心地よいイヤさ」よりも、より「血沸き肉踊る」系の盛り上がりになるんだろうか……。
 とか思ってるといきなりイヤな方向に突き進んでくれたりするんじゃないかという期待も大いにありますけど。
2006/08/08 (Tue)
▼ギョワー!!
 ココから行ける蟲の写真がヤバすぎる!
 と、リンクの張り方を間接にしてる時点でヤバさわかってください……。
 平気な人だけドゾー。

▼グインサーガ最新刊「豹頭王の挑戦」買ってきたー。
 でですね。
 カラー口絵が……これにしか見えなくなってしまいました!
 ギャース。

ねこがだれている
 素晴らしすぎる! 87 とか有り得ないんですが。
 HJK より。

▼「サーラの冒険」最終巻読了。
 いやぁ。
 まぁ話の軸については、これで最後ならこう終わるしかねぇだろ、ってなラストではありましたが、大したものだ。軸以外では想定外に熱いブツも出現してたり(おもに悪役の描写だな)で上々。中盤のラブコメはネタがわかってみると確かに爆笑するしかないアレですな。ラストの突入にかけてはほっとんど「ROD(TV)!?」ってな勢いで燃える。
 しかしヒロイン強すぎだ。殴り合いが強いだけじゃなくその他の性能も優秀すぎ。いったい LA いくつだよ!
 話の展開については、ちと、あれだ。キャラクターの抵抗判定の成否があまりにも話の都合に沿いすぎで苦笑してしまったのは、その前日に DM なんてやってたからでしょうな。すげぇよなぁ、毒を注入すれば効き、魔法をかければ効き、コカトリスがつっつけば石になる! なぁんて都合のいい! そんなんうちのキャンペーンのパーティーだったら全部セーブ通されて終わるっちゅーねん! そりゃパーティーひとりぐらいには効くかもしれない(ナチュラル 1 とかで)けどクレリックが瞬時に回復して終わり! 「毒? ヒーローズフィーストで完全耐性」とかもう最近は常時だし!(そのかわり、クレリックのイラストがちょっとふっくらと描き直されて「ヒーローズフィーストの食いすぎで太った」とか書かれてたのは笑いましたが)
 しかし前巻までの経緯を知ってる連中ならともかく、初対面相手にたかだか羽が生えてるぐらいで魔獣だなんだと(一般人ならともかく)冒険者が騒ぐ世界観ってのは意味不明ではありますな。しかも、もともと仲間に人外が複数いる(今回登場しただけで半蛇と半魚)わけだしさぁ
 まぁしかし、完結かぁ。
 主役とヒロインはまぁもう満腹(むしろどんな子供が生まれるかのほうに興味があるな。バカ性能なハーフフィーンドが誕生するんじゃろうか……)だけど、悪役部隊の「その後」は面白そうだけどなぁ。「闇の王子」と「泥棒猫」のラブストーリーとかないかねぇ? だってホラ、趣味似てるしさ! 「あたし……死ぬの……?」なヤツについてはまぁそうそう王道をはずさないでしょうけど。
 あと、ちらほら眺めたスレとかではフレイヤの件を放置して英雄とかどうよ? とかいう発言が見受けられましたが、そんなの英雄になった後で「ヴェスターラントを忘れたか!」とか云わせれば終わりです。イエー。
2006/08/07 (Mon)
▼二週連続で DM やってきました……つーか疲れるちゅーねん……。シナリオは前回の段階でできてたとはいえなぁ。まぁ、このキャンペーンはちゃんと回数こなしてちゃんと終わらせたいのではありますが、やっぱシナリオ書きがないとはいえ、早くとも隔週ぐらいにしてやっていただきたァい……。
 今回は前回の続きの石化神殿と、城の遺跡の一角を踏破。石化神殿(石化モンス満載の神殿)は、前回バシリスクで大変なメにあっていただいた場所なので、今回は対策ばっちり。すなわち全員ブラインドサイト(Magic of Fearun)で擬似視覚を装備して突入! となりまして、大詰めに DC 31 の石化ブレスを搭載したゴルゴンを配置しておいた DM としては「うははは甘いッ!」ってな具合に――だったんだがなぁ。さすがに石化解除呪文の準備も怠りなく、対峙した瞬間こそビビっていただいたものの、突破されてしまったのでありました。残念。いや、今回はメンバーがひとり仕事の都合で途中参加だったため、最初の突入部隊が壊滅→救援に潜入、ってな展開もアリかなぁと思ってたんですが。
 さすがに DC 31 は容易には耐えられず、ブレス一発ごとに数人が石化する勢いではあったんですが、ブレスも毎ラウンド吐けるわけではなく、クレリックが残ってれば次のラウンドに解除されてしまうわけで、石化の場合は死亡と違ってレベル低下などのペナルティもつかないわけで、となるとクレリックを固められるかどうかが勝負だったんですが、最初のラウンドはラックドメインで強引に通され、その次だか次の次だかで固めはしたものの、そのときには支援呪文も投射ずみで、バーサーカーの大暴れとウィザードのマキシマイズドスコーチングレイで撃沈。ま、よく頑張ったぞ、ゴーゴン。CR 的に使いどころを逸してしまい、どっかで出したい出したいと思ってたのが(思いっきり強大化して出しましたが)使えたのでオッケーということで。そしてパーティーはファイター/プレイナーチャンプ用に用意したシールド「The Aegis」を手に入れたのでした! ――当人は石になってましたが!
 で、ウィザードは解除呪文の数がなく、バーサーカーがクレリックの石を荷物としてかついだのを連れてホームタウンに飛ぶことに。(ファイターは神殿のかたすみに注意深く隠して)
「テレポート」
「オッケー失敗確率振っといて」
「98」
「って待て! いくらホームタウンが慣れ親しんだ場所だからといってもそれはズレるぞ!?」
 海の上空に出現するウィザード、と、石化した仲間をかついだバーバリアン! ってどうすんだよ! 沈むぞ!?
 いやまぁ……これがあるから気がぬけねぇよなぁ、無印テレポートは……。ふだんの往復はクレリック(この時点では 14 th)がグレイターテレポートで行っているので問題ないんですが、ウィザードが 13 th にアコライト・オブ・ザ・スキンを入れており、現在 13 th であり、ということは 7 レベル呪文にアクセスできない、ってことで無印になってるわけです。「だから 13 まではウィザード伸ばせと」「いやどっちみちグレイターテレポートとか取らないから!」……さいですか……。
 なお、一応、かなり完封で突破できるであろう手段も、DM 的には、あるかなぁと思ってました。アンチマジックフィールド展開して殴り合いすれば余裕じゃね? ゴルゴン、石化は脅威にせよ、殴り合いであのパーティーの前衛を追い詰められるほどの破壊力はないし。まぁ、ウィザードがアンチマジックフィールドなんか取るタイプじゃないこともわかってましたけど!
 そして、石化神殿の経験値でついにクレリックが 15 th に! うちらじゃ前人未到の 8 th Cleric Spell ですよ!? クラシックじゃクレリックは 7 th までしかないので!
 うへー。
 もはや、敵なし、だろ、これは。
 その後は仕事が終わってやってきたローグをピックアップして再突入。城の一角を踏破。久々の「いわゆる」ダンジョンハックで、まぁ要するに「扉がある」「聞き耳、捜索」「反応なし」「突入」とかまぁ、そんなの。ローグといいつつも Dervish をメインに伸ばしてることもあり、捜索性能がいまいちだったおかげで準備した罠がことごとく発動してなんとも素敵な事態に。みつけたトレジャーチェストは魔法の罠でいずこへともなく消え失せるし、シークレットドアを探したらかわりに壁に刻まれた「シンボル・オヴ・インサニティ」を発動させるしで、久々の「ダンジョンらしいダンジョン」を満喫。そのエリアのボスは、「せっかくルールブックに出てるんだし」ということでエンジェル(プラネター)二匹を戦ってみていただき、恐らくはどっかのエリアへ侵入するキーアイテムとなるであろう謎のロウソクをゲット。
 で、意気揚々と引き揚げてきた一行の前に、三体のグラブレズゥが立ちふさがる!
クレリック「ってもう呪文残ってねぇぞ! ワードオブリコールで撤退だ!」
ウィザード「じゃその前に敵に云っておこう。「中にいくつか宝箱があるけど、触ると消えちゃうから触るなよ!」」
他の全員「ちょwwwwww 云うなよwwwwww」
デーモン「そうか、それはいいことを聞いた」
 ということで、開けられずに残してきたチェストは次回挑戦までにデーモンの皆様に持ってかれてることが決定。
 そしてさらにふたりが 15 th になったのかな? パーティーの過半が 15 レベル到達という恐ろしい事態に至り、もうどんなシナリオ作ればらしくなるのか想像もつきませんが次回へ続く!
2006/08/07 (Mon)
▼そして SLS で核攻撃も防げるという恐るべき情報ががが!
 なんじゃそりゃー!

▼職場で調べモノをしていて流れ着いたサイトから流れ着いた場所
 べつに新しくもなんともないですが笑った。

すげぇ
 不適切な発言だと重々承知で申し上げます。二度も核攻撃を喰らって 90 まで生きてるということにしみじみと感服。
 本筋についてはコメントしない方向性で。
2006/08/04 (Fri)
▼ちょびっと連ザの新作をギャラリー。
 まぁ人が減るまではろくに遊ぶ気もないし、見物だけで終わるつもりだったんですが、案外人が少なかったのと、あるモノを見てしまったために気が変わって少しだけ遊んでみることにしてみたり。
 あるモノ、つまり――ドムがいる!
 つーかオレは連ジの第一作からドム乗りなんじゃよー。いや、デスにドムが登場したらしいことは知ってはおりましたが、実際に動いてるの見るまでは「どうせドムの形をした、ドムと名のついたナニカにすぎないんだろうさ」とか思ってたわけさ。
 ちゃんとドムでした。これだ! これでなくてはな!
 前作からの変更点はもちろん多々ありまして、バズでマトが転ぶようになったのはデカい。まぁ敵として出てくる場合はバズのクロスとかかなり精神的にダメージがあった(動けない時間が長い、とかそういう意味で)わけですが、自分で撃つ場合はやっぱ転んでくれたほうが動きやすいよなぁ。サブ射撃にバルカンぽいものがあるのも地味にありがたい。バズ撃ち尽くして「あと一発なのに!」ってな、実はけっこうよくある状況に対応できるのが。あいかわらず火力は弱めなので、そういう状態で落としておけるかリロードを待たねばならないかは時間の面で大きいのじゃよー。つーか連ザは前作もだけど基本的に時間との戦いだよなぁ。あ、オレは対人はまったく視野にないので。
 格闘はシステム変更にともない、ステップからニュートラル格闘が安定して出せるのはよろしいのですが、かつての重要なダメージ源であったジャンプ即格闘みたいなのがないのはちょっとストレスではあります。ってか、つい体が勝手にな、操作してしまうのだよ、近距離で歩いて射撃避けたらブースト→格闘、ってな。てか、UC には多くの機体で強力だった回避即ジャンプ格闘という操作が CE ではかなり封印になってる感もあり、これは矯正せねばなぁと。
 で、以前は操作的には基本、実戦では横槍を喰らわないタイミングが難しいので入ると嬉しかったピカチュウコンボ(ジャンプ格闘→ピカチュウ(サブ射撃)→格闘三段)みたいなのも封印になりそうなわけですが、ピカチュウ自体は存在する模様。使いどころがわからんなぁ……とか思って帰って調べてみたら、なんとビーム阻止装置だとのこと。ギャース! 知ってればでかいののゲロなんぞにやられなかったものを! ってか SLS*1 ですか!
 各種格闘の使い方はたぶん要研究。あと、ドム乗りの宿命ともいえる空中戦のゴマ化し方ですな。
 ゲーム全般の印象としては……んーまぁ CE に入ってからの愛機であった M1 アストレイが行方不明なため、操作感での比較は困難。一応事前にちょびっとだけ調べて同傾向っぽいとされていたムラサメも使ってみましたが、M1 がコストに対してやっぱり異様に強力だったということを再確認するにとどまりました。相変わらず原作を知らないので敵機とかもよくわからんし。いやでも核のインパクトは強烈じゃったよ。あとは、金色がなんだかしょぼい。同じ金色でも Z で百式と対峙したときのインパクトはないですな。「当てれる気がしねぇ!」って気がしねぇ。あと実弾マシンガン装備機が少ないのでバズ屋には暮らしやすい世界かも。
 それから、第二作で宙域が入らなかったのは予想外でした。ま、苦手ではあるんですが、「ガンダム感」に優れた演出だったと思うんだがにゃー。
 キャラ選択も悩ましいところ。前作のソロでは自キャラによってルートが決まったため、「好みのルート」の選択としてキャラ選択をしてたのですが、今回はどうも基本ルートはそうではない模様(ただし、自キャラとの対決はなさそう*2 なので、そのへんで差は出るのかな?)なので、さて、どうしたものか。やっぱりキャラまるで知らないしなー。シャアいたっけか? いたらシャアもいいかも……あー、かずのこ女もおるな……とか思ってたらなんか一匹発見。「ババ」とかいうのが! しかも「婆」なのにオッサンですか! どないなっとるんやー! で、ちょっと調べてみたところ……「馬場」っすか!? 馬場かよ! それとも馬場*3 !? ハイパイエイトフォーメーション!*4
 こいつしかいねぇ!
 とか思いつつもどんなキャラがいるのかナーとか眺めてたら時間切れでなんか知らないのに決定しちまいましたが。
 そして作戦説明でエビ登場。
「ナントカ基地で敵部隊がうんたらかんたら……」
「そんなことよりあのエビにつっこめよ!!!」
 ――ゲームは 6 面あたりでデストロイされて終了。くっそードムの火力じゃだめかー。ゲロ自体は SLS で防げるかもしれんけど……。

*1 実のところどういうものかよくわからんけど、エルガイムに出てきた兵器。ビームキャンセル装置みたいなもの? バッシュのバスターランチャーを消して主役を救出した、あの一回しか使われてないんじゃなかろうか。まさか Star Light Shower じゃないと思うけどなぁ。
*2 あんだけクローンがボコボコ作れるらしい世界なら普通にありそうな気がしますが。
*3 んーなんかリンク張っときゃ説明不要なサイトが見つからなかったので仕方なくちょいと追記。我々の内輪では「スーパーヅガン」とか「ぎゅわんぶらあ自己中心派」とかに登場したことで有名。実在する雀士ですが、マンガのキャラクターがやはり印象的なのではないでしょうか。
*4 バビィによると、配牌である一色の牌が 8 枚あること。清一(ちんいつ)のゴーサイン的なものらしいです。
2006/08/03 (Thu)
こたえるテキストですな。
 まだ残っている希望なのか、それとも消えつつある希望なのか。

仲間はたくさんいるな……。

鳥インフルエンザでバドミントンがピンチ
 悪いが笑った。

▼「世界中の戦争の原因はユダヤ人にある。君はユダヤ人か
 んまぁ、最近の状況を見てるとそう云いたくなる気持ちはわかる。まして酔っ払って判断力の減退した状態ではなぁ。わかる。わかるが。
 むしろこう申し上げたいところですな。「世界中の戦争の原因は一神教にある。君は一神教徒か」
 なお一神教には某将軍様を崇めるアレをも含めたいと思ってしまうところですな、日本としては……。いやまぁ、アレと一緒にしては啓典の民に申し訳ないという気もしますが、アレもアレで戦争の原因になってる感があるわけだしなぁ。

▼けっこう本気でシャレんなんなく背筋の寒い実話ってものがあるものですな。
 「脳死:米国・カナダで判定の3人、日本帰国後に意識回復
 助かった例が存在することは、「実は復活し得たのに見捨てられた例が存在するであろう」という連想に簡単につながりますし……。
 ま、きちんと対処すれば復活し得るけど現実的にはきちんと対処できずに死ぬ、という事態はどこにいたって有り得るわけで、それはもう覚悟するしかないですが、火葬場で覚醒して棺桶の内側を引っ掻くような事態に陥ることだけはマジカンベンしていただきたいからなぁ……。
2006/08/02 (Wed)
▼一昨日のことでありますが、まぁ完成ちゅーても頭が +4、ほかアコセットに含まれない肩と靴は +4 ではありますが、+7 桃盾も入手しまして一応揃った模様であります。イエアー。
 いやまぁ実はちょっと意識してました。戸枝事件の余波で何らかの仕様変更が来て相場が荒れるようなことがあるんじゃないか、とかね。で、一応メンテ前に、と。(といっても戸枝事件直後のメンテはすでに過ぎてますが)
 変化の兆しもないですが! まぁ、今さら RMT やら機械やら仕様やらに多少の変動が出たところで相場はほとんど動じないぐらいに「安定」しちまったってことでしょうかねぇ。以前は BOT 対策があったらしい、という風評だけでいくつかのブツが急騰したりということがままありましたが、今や量の多寡はともかく実際に機械が処置され、目で見てわかるぐらいに機械の量が減ってるような時期であっても相場揺れは少ないし、揺れてもすぐに戻っている印象です。一応クリミだけは例外かもしれんけど。
 それはとりあえずおいといて、まずは会計報告。
 頭。+4 本サクレ。サークレットは安く出てたのを杜甫帆の人に押さえてもらったもの。自前のエルで叩いて、内輪で出して 1.2 M ぐらいの相場計算で買い取った本カードを挿して完成。サクレ代 1 M、精錬手数料 80 k、カード代は約 1 M、ドンブリで 2.08 M。カードはいくらで買ったか忘れました。相場計算より安いのは、「自分も分け前を貰う」計算なため。
 右手。+7 オットドラプスアーク。杖は 30 k で 3 本買って叩いたもの。+7 は 2 本できたけど、片方 +8 狙って折れたため、残った +7 を使用。オットは 800 k、ドラプスは隣人が 250 k で売ってくれたもの。いや、自力で出しに行ってたんだが、安めで売ってくれるというので甘えてしまいますた。杖代 90 k、オリは自前で、精錬手数料が +7 三本として 525 k。ってけっこう精錬手数料かかってるな。カード代が 1.05 M。しめて 1.665 M。
 左手。+7 桃バックラ。+7 バックラ 13 M にカード 150 k をぶっさし。13.15 M。
 服。+7 ジオセイント。11 M。
 アクセ。クッキーグローブ。カードは自力を試みたところ、なんか 30 分もたたずに出まして! グローブ 200 k で完成。いや、このクッキーが出てしまったのが、揃えるに至る原動力だったような気がしますな。てか、狙ったカードがさっくり出たのはずっと昔、伊豆でタラc 出して以来だ。伊豆にタラがいたのっていつよ!?
 以上、現金約 28 M を投入して完成ー。ってすげぇー、こんな金額を装備に投入したの初めてじゃよー! おかげで残金が雀の涙っすよ!
 作ったからには、これ活用して稼がんとな……。つーわけで次の払いは ME 垢でほぼキマリの模様です。
 次なる目標は……やっぱ +7 木琴か +7 ソヒー靴あたりかねぇ?
 そして、「それ以外」の新キャラの可能性などすでにすっきりさっぱり意識から消え去ってしまったわけですが。
 つーか、80 弱あたりの内輪での公平 PT で遊ぶこと以外ではもはや出番なさそうなんだよにゃー。70 ぐらいまでなら何作っても育てられるような気もしますが、それじゃ何ならやる気になるかというと……。
 素直に殴りプリとかかねぇ? さもなきゃ騎士か。
 ウウウム。

 ……とか思ってたらチケ切れを一日計算違いしてた……。
 次も本垢じゃよ……。
2006/08/02 (Wed)
こりゃ、このままじゃおさまらんぞ……。
 つーかイスラエルは滅びたほうがいいのではないかという気すらしてきますな、そろそろ……。
 ちゅーより滅びたがってるような、というか……。
 イスラエルを滅ぼしたい勢力がイスラエルの中にいて、不必要に戦火を拡大して「国際社会」に牙を剥いているのだろうかね……。

▼やばい、ここのユグがぷりちーすぎる。
 いや、文章は正気度減りますが、イラストがな。

▼健康診断の結果きたー。
 「要経過観察」が一項目あってびびる。
 読んでみたら体脂肪が低すぎですってよ! ついでに中性脂肪の検査値も基準値を下回ってましてよ!
 いや、ホント不気味ですな。本気で食生活不健康なんだけどなぁ。それでこの状態ってことは、食生活が健康的になりでもしたら干からびてしまうんじゃないかねぇ?
 食ったモンがまるきし吸収されてないとでもいうのか、という気がしてきますヨ……。

右フックでやっつける

▼で、いろいろ読んだー。
 しおんの王、最新刊。いやもう。べらぼうに面白いですな。将棋なんてルールしか知らないけど。裏側で進行しているというか、過去のあれこれがいろいろと現在に影を投げかけてる部分の進展の熱さが。
 しかし、ついにメガネはタートルネックすら着なくなりましたか! いくらなんでもそれはどうなんですか!?
 緑の王、最新刊。さすがにあの仮説が当たりになるとしたら度が過ぎると思うのだがどうか。
 ジパング最新刊。やはり再萌えは如月ですが、立石もよいキャラだ。ってそういう読み方かよ!? いや、週刊モノは枚数あたりの進行が遅いのでなかなかストーリーに対するコメントはしづらくてなぁ……。
 ガンダム 13 巻。「慣れていくのね」どころじゃねぇぞセイラさん。とっくに殺して殺して殺しまくってるんじゃないか? いや、白兵戦、とくに夜戦を描く筆力は相変わらずものすげぇなぁ、というのが一番の印象ですが。
 トライガンマキシ 12 巻。どう収拾する気なんだろう……。話は盛り上がってるんだけど、なんか最近とみにキャラとキャラの見分けがつきにくくなってきて難解であります。ううむ。
 ヘルシング 8 巻。
 あ、あ、あ、アンデルセエェェェェエエエン!!
 以上!
 つーか、ホントに当人だったんじゃのぅ、ヴラド。あと、箱の中の猫は何をやってらっしゃるのかがちと気がかりでありますな。
 とかまぁそなかじで。

▼うーん……防げる事故だと思うんだが、なんでかなくならないんだよなぁ。
 監視員が見ている前で、頭から吸水口に吸い込まれたという
 ってその監視員もたまらんだろうねぇ……。
 女性監視員が、吸水口のそばに立って口頭で注意を呼びかけながら、営業を続けていた
 この監視員が同じ人だとして、さて、その営業方針について判断を下したのは誰だったのか……。
 何にせよ、誰にとってもむごい話じゃ……。

▼で、夜中暑くて明け方に目が覚める、と。
 どないなっとるんやー。いや、目が覚めちゃって、というか暑すぎてその後ロクに眠れなかったのは明らかにオレの体調のほうの問題だけどさ……。
 で、うちを出れば世の中は妙に涼しいし。疲れる天気だ……。
 おかげでか何か知らんけどひどい頭痛ですよ。
2006/08/01 (Tue)
* Top *
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。