FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
▼アリエル・シャロンが生きていたら!
 とかそんな気分になってきたなぁ。
 ってまぁ死んだわけじゃない(よね?)けどさ。

▼今日のアホスパムー。
 あ、「アホ」は褒め言葉ですぜ? 「思わず読んじゃった」ブツなわけですから。
「私のアゴの筋肉は常にビルドアップされ、鍛えられています」
   ~1976年5月18日 MSGでのアリ戦の記者会見
 ビッグ・マウスで世界のスーパースターとなったアリとも、猪木は互角以上に渡り合った。ニ ューヨークでの調印式には羽織袴姿で登場し、アリが来日したときには松葉杖をプレゼントして いる。
 ニューヨークでの記者会見では、アリの「ペリカン野郎」という挑発もあり、アゴに関する質問があったが、この言葉で軽く切り返した。
 一時はアゴの長さを悩んで病院で検査を受けたこともあるというが、「卍固めを掛けると同時 に俺のアゴが相手の肩に突き刺さる」「アゴを引くと手が掛からず、スリーパーが決まらない」 「すぐに顔を覚えてもらえる」とアゴの利点も語っている。最初は自分の短所でもあったアゴを、アントニオ猪木は自分の長所とし、そして見事に克服した。しかしそこまでたどり着くには長い年月と努力があったに違いない。

 今回は最後に一文、ソレ系のテキストが入ってて興ざめではありましたが、その部分は割愛。ソレ系の文字列入れてコメントスパムとかが増えられても困るしな。
2006/07/20 (Thu)
▼そいつは壁際で密着からクリーンヒットしたしゃがみ弱攻撃みたいなモンだぞ?
 どこまでつなげるか、上まで持ってけるか、一気に倒し切れるか、この先のコンボの組み立てに注目ということで。
2006/07/20 (Thu)
* Top *