FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
こいつまだ総裁だったのか?
 何故まだ総裁なんだ?

▼なぁんて中国をちょっと評価してみたらこれか
 もうちょっと……もうちょっと、こう、なんとか……。

▼北の味噌についてはふと思ったんですが、「国際社会への重大な挑戦」なんてな大層なシロモンじゃなく「食い詰めて刑務所で養ってもらうために犯罪をやらかしてみる」みたいなそういうアレなんじゃないかなぁ……という気もちらほらと。
 ……まさか、この味噌発射でいろいろとほっとけば火がついたかもしれない問題の芽を吹き飛ばしてもらった日米などの人々の利害が裏で糸を引いた、とまでは思いたくないがなぁ……。
 北が本格的に孤立することは、日中韓にとっては距離を縮めるチャンスになったりするかねぇ?
 個人的には、どうせ仲良くするなら中国と仲良くして半島の火種を牽制するのがいいような気がしますけど。いや、これは暴走しすぎだな。
 「今回の成功的なミサイル発射は、自衛的国防力の強化のため、我々の軍隊が通常行っている軍事訓練の一環だ」というなら、われわれは日本海で中国と組んで「通常の」合同演習でもやらかすべきではないのかっ!
 ……いやまぁ冗談です。冗談ですとも。

アニメ版ゲド戦記の原案はシュナの旅、っておい
 知らなかったです。知らなかったですが!
 それすげぇわかるわ。
 毎度広報に出てる妙に拒絶的(っていうか?)な表情のテルーのツラは、あれは明らかにあれだもんな、テアの「銃を売ればあなたも狩られてしまう」のトコのママイキだもんな。となりゃあそりゃゴーダカズンドってわけにはいかんかぁ。……にしてもなぁ……。
 シュナの旅のほうも大好きな作品なわけで(もけもけ姫もかなり近いイメージってかあれはあれでママイキなんですが。ヤックルとか、タタラ場に至るまでのアシタカの旅路の背景のインパクトとか、「かつてあった(在る)価値観から(結果的に)収奪する」テーマとか)ゲドも読んだのは最近ですが大好きになってしまった作品なわけで、どっちに対しても失礼なんじゃまいか、という気がしてしまいますがどうか。
 シュナの旅はなぁー。あれはヤバい。萌えすぎですよ。もう素直にシュナとテアに。あと、オレが「グール」(食屍鬼)という言葉をはじめて知った作品だったりしますが、グールも萌え。
 劇場版ゲドについては、あの主題歌、まぁあれがテルーの(ドラゴンランス読者としてはどうしてもレイストリンを連想してしまう、特徴的なかすれた声で喋る)声だというのはどうなのか? と思わずにはいられないにせよ、一度聞いたらインパクトがあって、これはさすがと云うしかないですな。曲、声、歌、どれもが。
2006/07/06 (Thu)
▼んー実を云うとあれでして。
 昨夜、予約テレポの仕様変更に関していろいろグチを書いてみたりしたのを、まぁあんま意味もない気がしたのでボツらせたわけですが。
 そこにちらっと書いたわけさ。「追加マップもどうせ転生前は門前払いみたいなモンなんだろうしブドウも酸っぱいに決まってるさ! ウワアァァァン」ってな。
 つーことで、アビスにいってみた。
 クソ面白かった。
 いやまぁ、面白いだけで稼ぎがイイかどうかはアレっていうか、金(収集品)はションボリもいいところでしたが。
 で、廃プリ誘って行ったおかげでアスムがあったってのがまぁ前提としてあるわけですが。
 スリリングで忙しくて、そして何より「RO で初めての本格的な対ドラゴン戦」ですよ! テコンだかいう絶望的に「ファンタジーらしくない」ブツと同時にこんだけティピカルなファンタジーモンスターが、しかもきちんと「いわゆるドラゴン」の形で出てきたというタイミングには恐れ入るというかなんというか。んーテコンドーは観戦するのは楽しい(テコンドーチャンプ時代のピア・ゲネットの動きとか面白いし美しいしカッケェし相当なモンでした)けど、そのままではこのテのファンタジー用のキャラじゃねぇよなぁ。このテのファンタジーで足技使いを入れるなら、手には武器や盾を持ち、同時に肉体武器での攻撃も可能という形でなければならんと思うんですが、とにかくそれはもういいわ。ドラゴンじゃよドラゴン。ドラゴンのクセにドロップがしょぼいドラゴン! 最下層には金貨の山があるのに持って帰れないドラゴン! でもやっぱ見た目とかはちゃんとドラゴン! うぃーあーざどらごんすれいやーですよー。
 満喫。
 転生スキルのアスム貰った未転生というアンバランスな編成でちょうどいいバランスってのも微妙っちゃ微妙かもですが、今回は楽しかったのでよし。一階のペノメナ池あたりで激湧きにぶつかり壊滅しかかって立て直しとかもできたのでよし。予約テレポつぶれてるおかげでかなりあのときはヒヤヒヤしましたが。っていうか、立て直しのために飛び回ってる途中でいくつも激しいハウスを目撃してビビりましたが。
 アスムつきという特殊条件下ですが、一階がいちばんキツくて、三階がいちばんヌルかったという印象。ただし、アサシン二名と支援ハイプリ、支援 AGI プリという構成、つまり回避型が過半で多数の弱敵に弱いわりに少数の強敵には対応しやすく、範囲攻撃がないパーティーだったので、「個々はさほど強くなくても数が多い」一階がキツかったともいえるかも。んーでもデビのディレイの長さを考えると、未転生部隊だけで行くにしても数が少ない下層部のほうがやりやすいかな?
 ま、稼ぐという意味では美味とはとてもいえない気もしますが、冒険はスリリングで楽しくなきゃあな!
 ついでにドラゴン退治なんてのは採算がどうこうとかそういうアレじゃないってことで!
 ……うーん、でも、仕掛ける段階では赤字覚悟でも、首尾よく倒せればリターンもガッポリってのがドラゴンな気もしますが、ま、それはそれか。
 入口の条件もキツすぎずヌルすぎず意味不明でもなくなんだかそれなりに意味はありそうってな設定で、システム的にもちょっと(RO では見たことのなかったタイプという意味で)新鮮で上々。ってか、四人中三人てか、初めて行った全員が「口に入れた」のはどうなんだ、うちの民! どいつもこいつも! ってかオレももちろん一員ですが!!
 あと、プリーストの新クエストスキルは使いモノになりませんが、とりあえずクエストだけはやっとくべし。話的に。
2006/07/06 (Thu)
* Top *