FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
どうする、どうなるアイフル

▼ちょっと調べ物をしていて、国内における「国産アーサー王もの*1」に関する言及が Fate 勢力に席巻されつつあることを実感。うーむ。いや、是とか非とかそういう話じゃないんだけど。
 オレにとっちゃあ「ネバーランドのリンゴ」なんだけどねぇ。
 んでもネバーランドに登場する「カレードウルフ」がエクスキャリバーの原型とされてるって話はつい最近まで知らなかったオレですが!(ネバーランドで言及されてた可能性はあり、その場合は忘れてたということで)
 つーかエクスカリバーといえばやはりナイトの集団を順番に倒して手に入れるアイテム*2 だけど、ゲームブックでは登場しないんだよにゃー。

*1 魔界水滸伝とか妖神グルメを「国産クトゥルフもの」と呼ぶようなノリで。
*2 バビリムの物語はたぶんアーサー王伝説より古い時代だと思われるので、アーサー王が湖で手に入れる*3 魔剣エクスキャリバーはその昔、悪魔ドルアーガを討つのに用いられたものが回り回ってアルビオン*4 に渡ったものだったりすると熱いかねぇ? とか思ってしまう、無闇といろいろつなげたがる中二病。さらにつなげると、アーサー王の父ペンドラゴンは以前、後にロシアで怪僧と呼ばれるラスプーチン*5 やアナキン・ジョニーウォーカー*6、エルフのレゴラス*7 等とつるんで冒険をしていたことがある。
*3 マーリンが与えるという話もあるらしい。マーリンという名のドルイドは確かゲームブック版のドルアーガに登場してたような気がするがちょっと記憶に自信がない。
*4 ヘラクレスが斃した巨人だそうで。強襲揚陸艦アルビオンはペガサス級で、ペガサスといえば……やめよう、さすがに遠すぎだ。
*5 同一人物なのか同名の子孫なのか等は不明である。
*6 ルーク・ジョニーウォーカーて知ってる?
*7 指輪物語での冒険よりも前か後かなどは不明。もっとも、あの「LOTR」におけるバカげた戦闘能力はここに挙げた冒険の記録ではみられないため、以前であると考えるのが妥当であろう。

▼ついでに頭痛が。
 うーん……関係あるのかなぁ? ないのかなぁ?
 ふだんの偏頭痛ではないようなので、無関係ではないでしょうが、薬の副作用なのか薬で抑えきれていない症状なのかは謎。
 まったく無関係の不調である可能性? うーん……薄いと思うが……。

▼ついにポララミンの服用を開始。
 抗ヒ剤です。とこの季節に云うと花粉症っぽいかねぇ? いや、花粉はそろそろ終わり(少なくとも今から薬ってのは薄い)か? オレは(有難いことに)花粉症はないんですが、埃にやられるので、大規模な部屋の掃除とかには対策が必須なのじゃよー。
 まぁ、コレ系を全種類試したわけじゃないですが、こいつは強力です。抗ヒはたぶん体質によってですが、同系統の薬でもよく効くのとか効かないのとか眠いのとかそうでもないのとかいろいろありますが、オレはポララミンに非常に感受性なようです。作用も副作用も。
 つまり、くしゃみ鼻水はかなり抑制されるが猛烈に眠い。
 ってことで、眠気に耐えながら TV と使用していないディスプレイをベランダに出してしまいました。まぁ……解決を先延ばしにしただけともいいますが……。とくに後者はなぁ。前者はもしかして次に TV 買うときに引き取ってもらうという可能性があるにせよ、ディスプレイはなぁ……ただの先延ばしだよなぁ……。
 参るぜ。
 ま、これについては一念発起してちゃんと廃棄するにしても部屋が片付いてからにするのが正解でしょうが(言い訳)
 これにより多少面積が得られ、先日用意したタイムテーブルとは少々違う展開になってきました。
 まず、プリンタの設置予定地を TV が死蔵されていた場所に変更。とするとその上の厚み 20 cm ほどの空間が死ぬから、下に、起動予定はないが捨てる気もかなり皆無な、骨董的な気分で維持している PC 9821 を設置(移動ずみ)で、この骨董 PC の跡地に小型の本棚を建設。この本棚に DnD 関連ルールブックをまとめて投入。
 ……いろいろと行きあたりばったりですが、完璧な計画なんて立てたりしようものなら「計画ができた時点で満足しちゃう」っていうか、あとの作業が全部ホントに作業、義務、ゲンナリになるので、計画は荒っぽいぐらいのほうがよいのですよ。
 まぁ、たぶんね。
 ってことはもうプリンタが買えるのか……。まぁ、せっかくあいたスペースですから作業空間に使おうと思うのですぐには埋めないつもりですが。
 ケーブルの取り回しがちょっと面倒なことになりそうではありますけど。
 しかし眠いな。
 起きられたのは僥倖であったが、起き続けるのがなかなか骨だ……。
2006/04/14 (Fri)
* Top *