FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
▼てか今日 Fenrir 板落ちっぱなし?

▼まぁ、正直、喫煙者の健康も非喫煙者の健康もたいして興味はなくて、要するに、帰宅して自分の服や髪がヤニ臭くなってるととてもイヤな気分になるからヤだなぁ、ってだけのことなんですけど。

淡々さまで発見したこちら
 二点。
 ひとつ。我々、非喫煙者の「美味い空気という好物」を喫する権利はあんたらの「煙草を吸う権利」より軽くも重くもない。
 ふたつ。喫煙者、非喫煙者が一緒に飲食店に入る場合などに禁煙席が選択されても文句や愚痴や不満を云うな。「吸ってくる」つって席を立つのは構わんから。
 とりあえず、このくらいは云わせていただきたァい。
 喫煙者がいると禁煙席を選びづらくなるってのは、けっこう軽くないモンじゃぜい?
 つーか、けっこう例外ないと思うのだが、喫煙者って「自分の健康を害する行為」としての喫煙をはいろいろ正当化したり自己弁護したりするけど、「他人の健康と QOL を害する行為」としての喫煙に関しては口を噤むのはずるいんじゃないかい? まぁ正当化のしようもないとは思うけど。
 ってことで、タバコの箱に「当人の」健康に関する警告を一定以上の面積で掲載しろなんてのは正直、「強硬な嫌煙者」であるオレとしてはあんまし賛成できないわけですよ。むしろ「あなたの大切な人の健康を損なう恐れがあります。さらに、他人と同じ空間で喫煙した場合、居合わせた人が、あなたを「自分に危害を加える人」であると認識する可能性があります」とか書いとけ、と。
 どうかねぇ?

▼とか云ってたらこんな場所が!
 イエアー! 毎日チェキだぜ!
 あと例のヤンマーニで名を馳せた「FictionJunction YUUKA」名義でアルバムができちゃうとのことで、これも確保らねば。ヤンマーニも収載じゃぜい。種ガン関連はここまでノー眼中だったので、この機にこれらもチェキで。

ついに中国で確定症例
 まぁ界隈じゃずいぶん前からかなりの「確からしさ」で想定されてた事態だと思いますが、結論として出るとやっぱ衝撃あるなぁということで。
 じっさいに鳥フルが人間に来るのはいつか、来たとして現在報告されている少数の症例にみられるような強烈な毒性を維持して来るのか、などはまだまったく未知数ですが、さて、どうなるか……。

▼前作じゃ 3 話でした。
 今回はえーと 7 話かぁ。ずいぶんゆっくりだよなぁ。26 話できちんと仕上げる自信があるということか?
 つーわけで舞乙が急激に盛り上がってきた模様。
「これだ、これでなくてはな」
 序盤の盛り上がらなさで撤退した民も身近にいるので惜しいっちゃ惜しいですが、まぁ、遅まきにでも盛り上がるのはいいことだ、としておこう。
 序盤からきっちり「今回いくぜ?」とネタを積み上げて、B パートできっちり回収。こういうのは遅くても五話ぐらいまでに……。
 いやまぁこの年(歳じゃなく)になって深夜に変身バンクのあるアニメを観るコトになろうとは思いませんでしたが、ようやく本領発揮の「今回の salva nos*1」 とりあえず久々に怪物登場で盛り上がり、最初の突進を回避、BGM の音量上げて二撃目にアーティファクトの謎パワーで反撃、ぶっとばした効果音でゴマ化してイントロにつなぐ、うおおおこのイントロは salva nos の正当な後継だぞ! イントロ終わって Vocal は off のまま salva nos 一周目。契約、認証、「はい、マスター」ここはいつか「Yes My Lord !*2」とか云って欲しいネタだな。「マテリアライズ!」で Vocal on。当て身投げから突進、飛び蹴り、ここで後ろで盛り上がるマシロの服がなかなかの布度。反撃食らってふっとばされ、両手両足で床ひっかいて踏み止まる演出も上々。マシロがへち倒れてゲームルールの回想に入るとこでまた BGM が中間部と思われる静かめのパートに。わかってるじゃねぇか、salva nos の使い方。エレメント・エクスパンション→ボルト・フロム・ザ・ブルー(青のインプルス?)の溜めで二度目の展開部に入った BGM はなんだかワルキューレ(ワグナーのな)っぽく。
 満喫。
 んまぁ、個人的にはアリカの変身バンクと ELEMENT EXPANSION の召喚バンクは好みじゃないですが、これは許容範囲っつーことにしとこう。
 この勢いでガンガン梶浦音楽を前面に押し立ててくれればけっこうなシリーズになり得そうで、よかったよかった。
 とかいいつつ前作の 3 話とかつい観直してしまって、「うーむやっぱり前作には及んでないか……」と思ったりもしてしまったわけですが。やはり前作のビジュアル面で重要な位置を占めていたのはミコトのフルブレードひきずってグルグルだよなぁ。あれに対抗できるインパクトのアクションが出てこないと前作は超えられないんじゃなかろうか。
 「今回の salva nos」も盛り上がりが足りないとは思いますが、これはサビを出し惜しみしてると見て間違いないでしょう。サントラが楽しみじゃ。
 
*1 毎回こう書くのもどうかと思うんですが、サントラが出るまでタイトルわかんないのでまぁ許せ。あと正式タイトルわかっても「舞HiME」系列のタイトルだといまいち曲名として弱いんだよなぁ。
*2 クバルカン騎士ミューズのファティマ《シズ》の名セリフ。乙HiME の立ち位置はちょっとファティマっぽい。ファティマといえばオージェ戦の《京》が熱量最高なんじゃが、あのノリまではさすがになぁ……。最初に設定知ったトキは夭かと思ったけど、主がピンチになると理不尽に強まる夭とは並べられんなぁ。
2005/11/18 (Fri)
* Top *