深度 、急速潜行~
▼遅くなりましたが、ランダムトレジャージェネレーター紹介してくださった方々、ありがとうございます。実はまだ自分では一度も実際のシナリオ作成には使用してなかったりするんですが。
 使ってみてくださった方々、お役に立てていれば幸いです。
 わたしは……次回セッションもプレイヤーで参加の予定っ。ショーンダカル様、御加護をっ!
2005/10/28 (Fri)
[Life as a Half Drow]NPC の名前
▼ベルスポ様のこちらの記事から。
 いやあ。吹いた。
 その人たちの名前は、要するにアルファベット順だったのです。
 ギャアー。
 よし、ここで告白しよう。
 わたしが今仕切ってるキャンペーンの NPC の名前はアルファベット順でつけられています。っても、「Eで始まる名前……Eではじまる名前……よしエイドリアン(Adrian)にしよう」とかそういう勢いなので全然厳密でもなんでもないっていうか、名前を考え出すときの指針にしてるだけなんですが。
 最初に登場した「死体で登場する」NPC の名前がアボーン(アボーン)の A からはじまって……ブロッグ(BLOG?)、クロード、デュラン、エイドリアン、フリンザーIII世……とかそんな具合です。
 同じように、NPC 名にある種の法則性を持たせようという試みは以前、現代日本を舞台にしたクトゥルフの呼び声のキャンペーンでもやったことがあります。あのときは、「特に重要な役割を占めるわけでない* NPC の苗字は駅名から、下の名前は手元にある学会会員名簿から適当にピックアップ」ってな法則でした。
 まぁそんなような自分縛りをもうけた理由は簡単で、そりゃ 10 年もマスター主体で TRPG 遊んでりゃあ、脊髄が考え出してくれる名前は尽きるし、かなりの偏った傾向がそこに生じることも容易に想像できます。で、少なくとも頭文字ぐらいは偏らないようにアルファベット順でいこう、とかそういうふうに自己縛りを課してみたわけです。
 しかしながら、この努力はどうやら空回りに終わったっぽいのは、参加者のミナサマは御存知の通り。
 なんかレギュラーで継続登場してる NPC はみんな頭文字が「ア」だよ!
 何故に!?
 アラセナ、アレイナ、アローン、アーギオン……。
 いや、アーギオンは「Urgeon」で U のとこでつけた名前なんですけど。
 なお、現在このアルファベット順 NPC ネーミングはすでに 26 のアルファベットを四周だか五周だかしています。まぁ名乗る予定のない敵役とかにも名前つけてるので増えてるわけではりますが、毎回 Q とか X とかを考えるのはマジカンベン系だったり……。

* DnD のほうのキャンペーンでも一部重要キャラには別の法則を乗せた名前をつけてる場合もあります。もうバレてると思うので書きますが、医薬品の名前です。「アラセナ」とか「メブロン」とか「エレース」とか「ダーゼン」とかがそれ系。アラセナ・エレースはファーストネームも苗字も医薬品つーわけですな。
2005/10/25 (Tue)
▼一般論です。オレは FE が嫌いで、FE に興味がないので、FE がどんなものになるかについては読み取ろうとしてないし語るつもりもないので、そういう意味では猛烈に見当違いかもしれん。
 という前置きをしといて。
 誰が他人より不利なキャラクターで対人戦闘に臨みたがるだろうか。
 オレが。
 というか、他人より有利なキャラクターで対人戦闘に臨みたがるヤツがオレには信じられないんですが。
 何やったって「キャラ勝ち」云われるじゃんか。
 むしろ、「誰が自分より不利なキャラクターに挑まれたがるだろうか」というのであれば(視点が逆なだけで同じ現象なんだけどさ)理解できますが。
 くそったれの右渡め。なんだってカイを最強に調整なんてふざけたマネしやがったんだ。おかげでもうカイ使えないじゃないか!(いや、ギルティの話するつもりもないんだが)

▼ぎゃああー! 靴がぶっ壊れた!
 ……うーむ、明日にでも買いに行くかなぁ……。
 靴ぶっ壊れるのはいつものことっていうか壊れるまで履くのでしょうがないんだけどさぁ。今回は壊れ方がいつもと違って仰天。
 底も抜けてねぇのに……(ふだんは底が抜けるらしい)
2005/10/25 (Tue)
▼「怨霊侍」3 巻読了。
 OK。正直に云って、これつまんなかったんですよ。なんでこんなんが続いてんだ? さっさと次回作に御期待だろ? とか思ってたわけですよ。
 二巻までは。
 んが、三巻に入って、二巻から引っ張ってたエピソードが終わった後あたりから少しずつ盛り返しはじめてる印象に。三巻ラストで一気に「おおう、やっぱ邪悪との契約ってのはこうじゃなくっちゃな」とか盛り上がったところに!
 あとがきで打ち切り報告が!
 おい。
 終わらせるのが遅すぎ、あるいは早すぎだぞ。
 んまぁ、この作者の今の作風っていうか絵面の面での作風はどうも気に食わんっつーか孔雀王前半~中盤のあの味わいにはもう戻れんだろうなぁ惜しい、とは思いますが、三巻終盤の勢いならまだまだイケると思いますんで、起死回生に期待であります。
2005/10/22 (Sat)
[Life as a Half Drow]ランダムトレジャージェネレータ
▼皆さん、「自分でシナリオを作るタイプのマスター」な皆さん。
 シナリオを書くとき、どんな手順で書かれますか?
 シナリオを「考えるとき」ではなく、あくまでも「書くとき」の話です。
 たとえば DnD の基本的なダンジョンハックシナリオの場合。わたしは最初に導入を書きます。それからダンジョンのマップを書きます。それから、そのマップでイベントが発生する箇所に番号を振りながら、シナリオノートにその番号に応じたイベントを書き込んでゆきます。イベントが戦闘の場合は、モンスター名と数を書き込み、宝物が手に入る場所では、「遭遇レベル○○の宝*1」と書き込んで、それぞれ実際のモンスターデータや宝物の詳細を書く場所は空白をあけておきます。そうしてまずはイベントを最後まで書き上げてから、次はモンスターのデータを書き込んでゆきます。ルールブックを開いてそのままプレイするようなモンスターの場合は、書き込むのはせいぜい HP ぐらいです。マスターが自分で強化してやらなければならないようなモンスター(DnD ではあらゆるモンスターを強化するためのルールがあります。そうしたモンスター強化ルールがないシステムでも、敵対 NPC などの場合にはデータは自分で決めなければならないでしょう)のデータを考えて*2書き込んでゆきます。これは手間のかかる、しかし楽しい作業です。楽しいがためによけいに手間をかけてしまうとも云えるかもしれません。とくにそのシナリオのラスト戦闘用の敵データなどには気合が入ります。
 さて、そこまで終わるともう気分的にはシナリオは出来上がったような気分になります。
 そして思い出すのです。

 そうだ、まだ宝物の決定が残ってるじゃないか。

 ゲンナリです。マスター的に楽しいシナリオ作成作業はもう終わってます。財宝なんてものは、(もちろん、それ自体がシナリオのキーになっている場合は別ですが、ダンジョンの横道に巣食った本筋とあまり関係のないモンスターがためこんでいた財宝などの場合はとくに)マスターにとってはまったく面白くもなんともない要素です。それを手に入れたプレイヤーたちがその分配や使い道について喧々諤々やっているのを想像しても全然楽しい気分になれません。
 さっさと片付けて寝よう。
 が、これが結構面倒だったりします。とくに最近は遭遇レベルが 12 とか 13 とかが普通に「道中」で手に入ったりするのです。貨幣の決定はすぐです。特殊なアイテム(魔法のアイテムとか)の決定は、手間はかかりますが、これはマスターの立場でもそれなりに楽しい作業です。問題は宝石と芸術品です。
 宝石の例だと、まず、パーセンテージロールでどの程度の価値のある宝石が出たかをおおざっぱに決めます。しかる後に、2d4 や 4d4 をロールして正確な宝石の価値を決定します。
 4 面ダイスというやつは、見た目は美しいですが、これをロールするのはなかなか手が疲れる作業だ、ということは、経験者にはよくおわかりのことでしょう。
 それに、わたしはある理由*3により大量の 4 面ダイスを所有していますが、普通の DnD プレイヤーの方はそんなに 4 面をたくさん持ってらっしゃらないのではないでしょうか。
 宝石ひとつあたりにそれだけの手間がかかる作業を、遭遇レベルが上がってくると、平気で「10 コ」とか「20 コ」とかの宝石について行うハメになるのです。そんなのがダンジョン内に三箇所も四箇所もあったとしたら!
 うおおおお! やっていられるかー! オレは寝たいんだー!!
 だいたい、こんな繰り返しのルーチンワーク、コンピュータプログラムなら一発じゃねぇか!! 誰か作ってねぇのかよ!

 残念ながら、作ってる方は見当たりませんでした。
 たぶん、ランダムダンジョンジェネレーターとかにはその機能も含まれてるんだと思いますが、単体ではないですし。

 ないなら作れ。

 というわけで作りました。

 ランダムトレジャージェネレーター by DRR

 言語は Active BASICを使用させていただきました。
 見た目は味もそっけもないベーシックのテキスト画面なプログラムです。
 DL して、解凍して、ダブルクリックすれば起動します。使い方? まぁ起動すれば一発でわかるでしょう。
 これで遭遇レベル 1 から 20 までの遭遇についてはランダムトレジャー生成の手間を大幅に削減できるはずです。
 特殊なアイテムの決定は手作業でやっていただくことになります。この機能の搭載することは(手間はかかりますが)容易なことです。が、以下の三つの点から今回は搭載を見合わせました。

1) 特殊アイテムはキャンペーン運用に影響が大きいのでマスターが恣意を働かせたいことが多いのではないか→需要が薄いのではないか。
2) ウェブ上で公開するプレイエイドは「ルールブックがないと使い物にならない」ようなものであるべきだ。従って、何でもかんでも放り込めばいいというものではないだろう。
3) FRCS や武器装備ガイドなどの「追加アイテム表」とかを考えると、DMG 限定のものや、逆に FRCS や武器装備ガイドを取り込んだモノのどちらかだけを作っても需要が薄いのではないか。

 んまぁ、そもそもこのランダムトレジャージェネレータにしても需要があるかどうかは微妙なセンだとは思いますけどね。

 もしよかったらいちどお試しください。

*1 実際にはメモ書きなので、「トレジャー EL5」とか殴り書きです。
*2 大筋はシナリオを書き始める前に考えておくことが多いですが、実際に数字をやりくりしてルールに合ったデータとして仕上げるのはこの段階です。
*3 昔、クラシック DnD でロングボウのグランドマスターをやったときにダメージ決定ダイスに 4 面を大量に使ったため。
2005/10/20 (Thu)
▼フィレオフィッシュって Fillet of Fish だよなぁ?
 その後続々登場するフィレオ(例:チキンフィレオ)は一体何なんじゃろうかと激しく疑問なのですが、誰か教えてー。
 そして今度はエビフィレオだそうで。
 HJK 様にて発見。

一般人とプログラマの見分け方
 ワロタ。
 っていうか、「リターンキー」自体が一般人には今や謎の存在なのではないかと思われますが。(最近のキーボードは例外なくエンターな模様)
 HJK 様にて発見。

▼お久しぶりです。いやー、いろいろあってな。
 第一に、体調が悪かった。
 第二に、他のでっちあげ作業をしてた。
 とかそんな具合で思いっきり更新をとばしてしまいました。イエイ遺影。
 というわけで、体調のほうはまぁしょうがねぇとして、後者。でっちあげたもの。ふたつほどあります。
 第一は月曜に作ってた、うちのサークルでの持ち回りキャンペーンサポート用のブログです。まぁ完全内向けサイトなのでリンクはしないでおきます。サークルサイトの BBS から飛べますので、関係者の方はドゾー。
 第二は……バカなプログラムを組んでました。これについてはこれからエントリ書きます。昨日の朝思いついて、仕事の合間に無料で手に入る使えそうなプログラム言語を検索して Active BASIC なるものを発見し(オレはそこそこ年季の入った BASIC 野郎なのです。MSX BASIC で基礎を学び、N88 をえんえんとこねまわしてました) 夜自宅で二時間程度で作ったブツ。んやー、GUI を使おうとか一瞬血迷ってそっち方面に手を出してなければもっと短時間でできたと思うんだけどな。
 ま、これについては別エントリということで。
2005/10/20 (Thu)
▼ふと TV 観たら TBS のニュースが「東京医科歯科大学の河岡義裕教授」とか云っててひっくり返った。おいおい、いつのまに河岡先生は医科歯科に行ったんだ?
 そーれーはー東大医科研だっつーの。

▼とりあえず二日目も回線は快適です。
 快適すぎて、明らかにもてあましてる印象が……。
 うーむ、世にニューヨーカーが多い理由がわかったような気がするぞ……。
 昨日までアナログ 56k でウェブブラウジングにすら苦労してたのが、ある日突然光速回線なんかになっちゃったら、あまりの回線の遊びっぷりに「こ、こりゃもったいねー、何かに使わなきゃ!」と思っちゃうってのはなんかとても想像できますよ実際。ってかオレがまさにそう。ひー。いや、ニューヨークには走りませんけど。オレは臆病なんでなぁ。あんな治安の悪いンに手ェ出せませんがな。
 というふうに考えると、とにかく大量に DL すること自体が目的で、その中身など九割は見もしないというヘヴィーなニューヨーカーの気分もちょっとわかるような気がしたりしなかったり。
 はぁ……あいた回線何に使えばいいんだ……?
 使わなくてもいいんですけどね。べつに高い金払ってるわけじゃないし。っていうか月額全部コミで 2,980 円ってプロバイダ代考えればアナログテレホより安いぜよ? それで一日中いつつないでもオッケーってだけで満足しとけという話もありますが。
 しかしなぁ。
 伝統的な日本人なボクは「もったいない」とか思っちゃうんだよナー。
 いやでもとにかくニューヨークはナシの方向性で。

Legato 買ってきました。AT のサントラ。
 で。
 期待してた曲は入ってなかった。
 たぶんその他にも未収録曲はけっこうありそうな予感が。
 うへぇ……。
 がっかりです。
 まぁがんばって自力で全曲揃える努力をするかねぇ……。
2005/10/15 (Sat)
▼とるものもとりあえず測定。
ブロードバンドスピードテスト http://www.bspeedtest.jp/ v2.4.0
測定時刻 2005/10/15 00:24:55
回線種類/線路長/OS 光ファイバ/-/Windows XP
キャリア/ISP/地域 USEN GATE01 マンションVDSLタイプ/-/東京都
サーバ1(さくらインターネット) 55.7Mbps
サーバ2(NTTPC) 6.10Mbps
下り受信速度: 56Mbps(55.7Mbps,7.0MByte/s)
上り送信速度: 40Mbps(40.4Mbps,5.1MByte/s)
コメント: USEN GATE01 マンションVDSLタイプの下り平均速度は12Mbpsなのでかなり速い方です!おめでとうございます。(下位から95-100%tile)

 おおー!
 なんか2ちゃんでの評判がサンザンなのでビクビクだったんですが、やたら速いらしいです。っていうか職場回線より速いぞコレ……。
 まぁ、最初は速いが三ヶ月後を見ていろ……という話もありますが、それはまぁそれで。速度についてはそもそもべつに大して期待してないわけですよ。もとが 56k だしねぇ。要するに安定して常時接続(てかテレホタイム以外の接続)が維持できれば文句ナシ。
 ただ、ブチブチ切れられると困るので、安定性はなんとか確保していただきたいところ。
 さて、どうなるか……。
2005/10/15 (Sat)
たかだか 1,000 万円……

はぁ!?
 ……OK。けっこう重大なニュースなのでコピペするぜ。
 10月18日(火)に予定しておりました、アインブロックアップデートは10月25日(火)に延期させていただくことといたしました。
 いやべつに、全然、一切、困らないっちゃ困らないけど。
 正直呆れるよなぁ……。
 まぁ、「ゲームプレイ時にサーバーとの接続が切断される現象」のほうがカンペキに直ってステルス公平が滅びるという結果が出たら、「妥当な判断であった」と評することはできるでしょうが。その上で機械が一掃されてその状態が維持されればアインが来年になっても絶賛してさしあげられるんだが……。
 さて、どうなるか。

猫が訴えられました
 なんか紹介するタイミングを逸して今まで放置ってましたが。
 序盤は面白かったんだけどねぇ……途中からは微妙なような……。
2005/10/14 (Fri)
▼INT>AGI ME が 80 になりました。
 ……そ、そんな目で見るな……見るなよぅ……。
 まぁ相変わらず村で強引に狩ってますが、周囲の強引さも物凄いのでもう気にしない方針で。誰もかれも物凄い勢いで引きずり回してますがな。こちらは基本的にはあんまし(つっても画面内ぐらいは歩くけどさ)引きずらないかわりに、数が許容量を超えると途中で飛んだりするのがまぁ問題行動といえば問題行動ですが。100 ジェム使い切るまでにだいたい 5 回ぐらいかねぇ、増えすぎて飛ぶのって。
 時給はどうやら 550 k は下らない模様。実際計測してみた一時間では 590 k でしたが、その後 100 使い切るまで狩った 30 分間は換算 550 k/hr ぐらいだったりで、まぁ、前衛のように安定はしないですな。あ、現地到着後から計測開始なので、だいたい一時間半で補給に戻る現状だと、プレイ時間に対する時給はもっと落ちるはず。だいたい移動は片道四分弱でしょうか。ブレス速度かけて出発して、秘境に着く頃にちょうど切れるので。
 たぶん、81 になる前にジョブカンストするので、そしたらアユタヤーに移民して壊れた鎧を集める予定。しかし十字架ヘアバンド装備予定のクルセには動かす予定がないのがコレマタナントモ……。ていうか次にどれかキャラ消して何か作るとしたらこのクルセが第一候補なんじゃが……。
2005/10/13 (Thu)
▼のまネコ問題について Artifact 様でいくつかのエントリが書かれてる模様。(最新がこちら
 ええと、イラク戦争がらみでは右からも左からもそれ以外からもいろいろとみなさんが語ってるわけですが、たとえば、右寄りっぽい意見だと、「米軍の急襲によりイラクはあっさり降伏した。泥沼の地上戦に突入してタイヘンなことになるという反対派の読みははずれていた」と云う人がいて、左寄りっぽい意見だと、「米軍の急襲によりイラクは国家体制としてはあっさり降伏したが、結局国内はおさまらず米軍は引き上げることもできず泥沼の地上戦に突入しておりホラ見ろ云った通りじゃねぇか」なんてコトが云われてたりするわけです。
 すげぇよなぁ。結果が出てても全く正反対の予想が両方当たってしまったコトになってるじゃんかよ。あ、オレは後者寄りの立場です。
 考えてみっと全然関係ないんですが、そんなコトを連想しました。
 つまり、avex なんてのは今まで権利権利とギャースカ騒ぎ立ててて CCCD なんて正気を疑うようなシロモノを投入しようとがんばってた連中なのに、自分の商売になると思ったら黒のはずのフラッシュさえ利用してあまつさえ AA にまで自分の権利を主張するのかよ! という不愉快さがあるんだろうなぁとオレは思っており、一定の範囲で共感してたわけですが、「楽曲を無断使用してフラッシュを作る前例を作らせてもらえたのに、何をでしゃばってるんだろうと思うよ。許されてることに対する甘えがあるというか」(リンク先より引用)というような意見が出てきてちょっと目からウロコっつーか、そうか、avex はゆるくなったという見方もできるわけかぁ、と驚いてみたり。
 やっぱり「自分のトクになるトコだけは許す」(あるいは「自分のトクになることがあるということがわかったから緩めてみようかね」)という気持ち悪さがあるようにオレには思えるんだけどなぁ。
 「グレーゾーンにあったネット上の著作権問題を、版権元が締め付ける方向に行きかねない」(同じくリンク先より)というのもオレ的にはピンとこないわけで、もともと連中は締め付ける方向に突進したいんだけど単に費用対効果なりの問題で「できないからやってないだけ」だと思ってたし、そのやりたがってるワンオブ急先鋒が avex だと思ってた(実際にやれてるという認識になってるのがディ●ニーと任天●?)んだが、これはオレの見方が間違ってたんでしょうか。
 もうひとつ、この問題に対する意見としての気持ち悪さは、「フラッシュを作った人」が、今回のリンク先の議論などでは「2ちゃん側」として扱われてるのに対し、もともとのこの問題に関するオレなんかの印象ではフラッシュ製作者は2ちゃん側からは敵として扱われてたんじゃなかったっけ?(実際、フラッシュ作者氏が週刊誌だかスポーツ新聞だかのインタビューに答えたってな記事には反発が大きかったよねぇ?)という部分にもあります。
 ま、オレにとっては最初っからこれは「感情の問題」であって、法だの権利だのについては「知ったこっちゃねぇ」(言及したくないからしないし、できないからしない)わけですが。
 そのへんについては本来アナーキックであるはずの2ちゃんが妙にアクシオマティックに騒ぐのも奇妙なものであるなぁとも思うわけですが、「2ちゃんねらーという総体」が存在するがごとく語る言葉には、「その「みんな」ってヤツを連れてきてみなよ」的に云い返してやりたくなるわけでもあります。
 とかそんな具合で思いついたコトを書いてみたー。結論は「やっぱりなんだか avex ってカッコ悪いし気持ち悪いよ」とかそのあたりでひとつ。

待ちきれず踏切に進入か JR京浜東北線、女性2人死傷
 これの原因になったと思われる、「ダイヤの乱れ」のほうに直撃されたので、ニュース見たトキはビビりましたが。
 しかしちょっと疑問に思ったのが、ここでいう「約2万7千人に影響した」には、この事件の原因になったような「踏み切りにつかまって動けなくなった人々」とかも含まれるのかニャーとかそいうことだったりして。
 どうなんだろ。どうでもいいっちゃどうでもいいけど。
2005/10/13 (Thu)
[Life as a Half Drow]ちょっと壁を感じてみたり
▼えー、ずいぶん前から、うちのサークルのパスファインダーキャンペーンとして DnD 3 版→3.5 版のキャンペーンを DM として仕切っているわけですが。
 最近ちと疲れ気味というか、行く先を見失いつつあるような気がしてきてたり……なんてコトをちと白状してみます。
 ええとですね。パーティーレベル 8~10 あたりまでは、ヘヴィでしたがこういう感覚はなかったんですよ。プレイヤー側が強まりやれるコトが増えてくにつれてマスター側も出せるネタがどんどん増えてくので、シナリオの仕込みはどんどん大変になりましたが、その分密度も濃かったわけで。
 んがしかし、最近はなんつーか、プレイ中に疎外感のようなモノを感じることが多いっちゅーか、そりゃマスターは孤独なモノではあるんですが、以前に比してな。何でかというと、なんかやたら買い物やアイテム作成折衝(プレイヤー間での)や呪文準備などにかかってる時間が長いような気がするわけです。ひとつには、最近は舞台を外方次元界にしてるせいもあって、毎回異なる下準備が必要になってることが影響してるんだろうナーと思いますが。
 これはもしかしたらマスターやってるわたしだけではなく、いつも準備時間中はほけーっとタバコ吹かしてる印象のあるフレンジードバーサーカー氏もそうなのかも。現在のパーティー構成はまず専業キャスターのクレリックとウィザード、いろいろと仕込み甲斐のあるファイター/クレリック/テンプラー/プレイナーチャンピオン、準備段階の仕込み次第で戦力が激変するニンジャローグクレリックウィザード Dervish といったメンツであり、明らかにひとり準備時間が短いんだよなぁバーサーカー。
 で、じっさい準備したシナリオが実際に投入される割合も大幅低下してる印象で、実はここ最近の準備はそうとう軽くなってたりもします。まぁこっちはランダムエンカウンターで時間を食うような構成をしてるせいではあるんですが。
 まぁそんなカンジでちと気合が入らない気味な今日このごろだったりするわけですよ参加者諸君。フゥ。
 にしてもレベル 11 超えたあたりから急激に「プレイヤー側が準備しなきゃならないコト、プレイヤー側が準備するのにかかる時間」が増えるような印象があることは確かなわけで、そう思うと正直、11 レベルオーバーのレベル帯でのセッションを持ち回りのキャンペーンとしてバリバリ遊ぶってのは現実的じゃないよなぁ……という気もしてくるわけで、となると、10 レベルオーバーあたりからが本領発揮ダッゼー! な PC を構築するというのはどうなんだ? という気もしてきてるわけで……。
 まぁ、ボーダーラインをどこに引くかは単なる主観ですけど。
 あとはあれか、素直にダンジョンもぐりを繰り返してれば回転が落ちることもなかったかもしれませんけど。
 次回セッションは待望の持ち回り始動になりそうな予感はするわけですが、フォクルカンリリストはやめとこうかなぁ……。
 ショーンダカルのクレリック(ウィンドウォーカー狙い)かウィザード(インキャンタトリクス狙い)か、単なるローグバードから他のプレステを考えてみるか……。
 CoAd は全然ちゃんと読んでないので勉強しとかにゃ。
2005/10/13 (Thu)
▼さて、INT>AGI ME ですが、とりあえず一日 100 ジェム消費を目安にダラダラ狩ってます。時間は計ってないですが、だいたい一時間半ぐらい。時間ないトキはすっぱり諦めて座ってる方向性で。
 で、いつのまにか 79/48 になってた INT>AGI ME ですが、ちょうど 0% からのスタートだった(ウンバラドンジョンが有り得ないハウスになってて余計なペナ貰った)ので、戯れに稼ぎを計測してみたり。といいつつ時間は計ってないんですが。
 100 ジェム消費で 29.3%。
 939,404 らしいですよ。
 ってことはあれか? 計測が大幅にズレて二時間やってたと仮定しても時給 470K ですか?
 ……。
 …………。
 少なくともソロでは見たことのない数字だ……。
 すーげーえー。
 こりゃヘタすっとあっというまに本垢の支援プリを抜き去りますぜ?
 PT だと本職支援のほうが圧倒的に楽しいんですが、別垢だと払いが面倒でなぁ……。
 いっそ月額で払ってしまうかにゃーとも思わなくもないんですが……。
 ウウーム。
2005/10/11 (Tue)
△だめだ、調子わりい。頭いてぇ。
 今日はなんだか朝から猛烈に疲れてました。っても、自覚症状としての疲労感は全くなくて、徹夜明けみたいに目の調子が悪かっただけなんだけどさ。
 原因は不明。ウーム。

▼週アスの連載「アクアポリス Q」が最終回を迎えてました。
 これ、週アスで小説が連載されるようになって以来、最高の傑作だったんじゃあるまいか(次点は牧野修かな) むちゃくちゃ面白かったです。いやしかし連載で読んで理解するには重たい食いモノだったとも思いますが。文庫か新書で単行本になったら迷わず買うね!
 そして以前ちらっと「面白そう」とか書いた記憶のある「憑依都市」プロジェクトの一角ということを今日になって知ってビックリ。
 ウウム。
 他の作品もはやいとこ文庫か新書にまとまってくれないかナー。
 まぁとりあえず「カンナ萌え」とか宣言しておいてみます。

▼神様、オタクの神様。
 感謝します。
 いやー、一日あたり 50 通オーバーのスパムを浴び続けてるとホント、メール確認するのもイヤになって(ていうか単に回線が遅くて落としてる時間が惜しいだけだけど)月一ぐらいでしかプライヴェートなメールアドレスはチェキ入れてなかったりするわけですが、九月二十日から昨夜までの間になんと! 意味のあるメール*が! 2通も!
 かかかかかんどー。
 そしてその片方で、以前愛読していて、ある日急に更新されなくなってしまっていた、あるサイトが名前を変えて復活していることを知ったのでした。
 いやあ。
 ハンドル変わってもバッサリ感あふれる切れ味には衰えは見られませんでしたとも。
 まぁ以前ネット上でトラブってハンドルも変えて移転されたということなので、リンク張ったりはしないでおきますが。
 っていうか、事態の深浅はともかくとして、そういう例って少なくないなぁ、とか自分のブックマークを眺めてると思ったりもするわけですけどね……。
 そしてアンチヴァイラス入れたらさらにメール受信が重くなって参ってみたり。どうやら高速回線開通は金曜らしいので、それまでは我慢の日々っ!

* 残りが全部スパムってワケじゃねぇですが。
2005/10/11 (Tue)
[日々のいとまに]ぺけぴー初号機起動!
▼つーことで色々いじって状況復旧しました。
 とりあえず買ってきたものは以下。メモリ 512 MB 2 本、リムーバブルケース(枠コミ)2 セット、HDD 250 GB、OEM XP。
 まず箱を開いてメインドライブ(ME のブートドライブ)を摘出。リムーバブルケースを 2 基セットしてケーブル配線し、メモリをざくざくっとぶっ刺し。合計 1.5 GB メモリ達成であります。んで、とりあえず動くメインドライブをリムーバブルケースにセットしてプライマリマスタのほうに突っ込んで起動。とりあえずこれはあっさり動く予定でした。これで問題なく以前の通りに起動すれば、当座は稼動するシステムを維持しつつゆっくり XP のほうをいじってゆけばいいなぁと。
 まともに起動せず。
 どうやらグラフィックカード(ATI All In Wonder Radeon 7500)のドライバがあかんとか何とか云ってるみたいなんですが、グラフィックカードのドライバを再インストしてもまるで効果なし。
 困った。
 考えられる要因は、とりあえず ME の活用限界を超えた 1.5 GB のメモリか、あるいは起動ドライブを以下のようにいじくったこと。もともとケーブルの取り回しの問題でこのドライブは IDE ケーブルのスレイブ側につないでジャンパ設定で強制的にマスターとして認識させてたんですが、今回リムーバブルにするためにジャンパをケーブルセレクトに変更してケーブルのマスター側で起動させた。って、こんなコトでグラボがまともに動作しなくなるとは思わなかったよ!
 というわけで、必死で XP のセットアップに取り掛かったのでありました。
 250 GB のフォーマットと重い OS のインストにはやたら時間がかかったものの、まぁ滞りなくインスト完了。グラフィックカードのドライバ、滞りなくインスト完了。サウンドカードのドライバ、これが実はちょっと不安だった(だってライブバリューなんて XP に対応してるわけないしさ)んですが、これも問題なくインスト完了。おお、好調じゃないか。で、さらに CD の焼きソフトを入れたりしつつ、作業は順調に進行……。
 さて、いよいよネットに接続だ、という段になってトラブルが発生。
 PCI に刺したモデムカードが動いてない御様子。
 しょうがねぇなぁ、と、発掘しておいたモデムカードのドライバディスク(フロッピー)をドライブに投入……あれ? 読まないぞ?
 おっかしいなぁ……と吐き出させてみるも吐き出しもせず。
 ……あれ? ハコ開けたときにドライブ壊したか?
 取り出したフロッピーをしげしげと観察。
 ……ん? なんか歪んでないか?
 っていうか金属のカバーがへしゃげて妙な折り目がついてますけど!?
 カバーをスライドさせられないし!
 ぎゃあードライバディスクが物理的に潰れてる!!
 いやぁー、このときはさすがにもうダメかと思いましたが!
 ME のほうはグラフィック面がイカレて一見セーフモードみたいな表示になってますが、実際にはちゃんと動いててグラフィックが死んでるだけ……ということはネットに接続も可能。
 こっちで起動してドライバ落としてインストし、ネットに接続も成功しました。リムーバブルケースでなかったらこの作業にも箱開けて配線変えてアレしてコレしてとタイヘンだったでしょうが、リムーバブルケースいきなり大活躍! ということで。
 あとはいつものように RO を古いインストーラでインスト後、フォルダの中に最新のそれをコピーするという手段で RO をインストし、二時過ぎにとりあえず RO 仲間への挨拶にこぎつけることに成功。
 長い戦いだったぜ……。
 そんなカンジで動きだした新マシーンですが、スペックはだいたい以下。
CPU: Celeron 2.6 GHz
メモリ: 256x2, 512x2
グラフィック: ATI All In Wonder Radeon 7500
サウンド: Creative Sound Blaster Live Value
IDE: PM: Seagate 250 GB, PS: Seagate 120 GB(ME Boot Drive), SM: Plextor CDR
OS: Windows XP Home
 近日中に光が来れば一気に快適になる予定です。
 で、まだぜんぜんセッティングは仕上がってませんが、印象としてはまず動画パワーがべらぼうに強まった印象。CPU もグラボも変えてないのにこれということは、メインメモリとそれを認識する OS のパワーなのかねぇ? とりあえずこれまでは再生がモタりまくってた動画がちゃんと動き、驚くべきことに過去に所有したどのマシーンでもまともに動かなかった RUNNERS のデモが快適動作! って何年前のゲームだよ!
 弱点は、他で XP 使ってもいつも思うことですが、Explorer が脆弱すぎてファイルの取り回しに非常にストレスがかかること。とくにマシン組み替えた直後は旧ドライブからの引き上げとかが続発するわけで。なんか別のファイラの導入を考えるべきなんだろうか。
 んでまぁ、当初は新鮮だった画面とかが見慣れたモノにかんじられてくるぐらいにはセッティングが仕上がってきたので、ここから先はマターリと。
 あと大急ぎで入れるのはアンチヴァイラスぐらいですか。回線来る前に仕込んでおかんとな、このへんは。
2005/10/09 (Sun)
[日々のいとまに]どんぶり感情
▼まず最低限。
 HDD 250GB: 10k
 メモリ 1MB: 9k
 Removable Case: 3k
 OS: 10k(ぐらい?)
 合計32k。うあ、すでにけっこうな額に……。
 続いてできれば追加したい装備。
 HDD 250GB: 10k
 Removable Case: 3k
 グラボ: 18k
 あわせて 63k。ぐあ……きつい……。
 さらに数日後に必要になるであろう装備。るーた。10k
 73k
 げー。新品組めるじゃんか……。
 ううむ。
 ううううむ。
 微妙に削減するならメモリの追加を256 二枚にして現行とあわせて 1GB というテもないではないけどなぁ……。

 ……などと悩みつつ出撃!
2005/10/08 (Sat)
▼んでなんだって? ダブルテレポで鯖缶?
 ……。
 …………。
 うーむ、痛いなぁ。いや、できなくなるのはしょうがないですが、「できるけど落とされる」ってのは困る。だって絶対反射的にやるもの。
 困った……。

▼ところで、ここ数日ちょっとワケあってアジア方面を(ネット上で)旅してたんですが。
 やっぱ中国はスゲェわ。
 中国に比べると韓国とか箸にも棒にもかからんやね。
 日本がどうかは、中にいるために評価しようがないんですけど。
 そして、中国がスゲェということをしみじみ実感するとともに、「スゴい国に住むことが幸せかどうかってのは別の問題だよなぁ」ということもしみじみと。
 内訳は書かねぇけどな。

▼聖骸布血盟、上下巻読了。
 とほうもなく恐ろしい話でした。
 何がって、こんなものが受け容れられ、売れてしまうキリスト教社会なんてものが、実際に存在しているのだ、ということが。
 先日の「キャラ作成時限定」はやたらヒステリックな書き方をしましたが、こういう本読むと、後天的に、何かを、たとえ全てを知り尽くし得たとしても、それをバックグラウンドに持って育つということを理解することは永遠にできないのだろうなぁ、としみじみ思うわけですよ。そして、その「生まれ持った者でなければ決して持つことのできない」要素を当たり前に前面に押し出し己のアイデンティティの少なくとも一部をそこに投影するような人々にはある種の恐怖に似た感情さえ覚えてしまう、と。
 つまんない話だったかというとそんなことはなくて、まぁ序盤とオーラスを除いた部分の現代を舞台にした展開はちゃんと面白かったです。この小説は過去(ジーザスの十字架死から十三世紀あたりまで)の物語と現代の捜査活動が交互に描写されるんですが、この過去編のほうはこれはこれでまぁ激しかったわけですが。とくに原始キリスト教の共同体を構築した人々の描写なんかは相当なもので、こりゃ確かに当時の主流多神教の人々は弾圧するよなぁ。怖いもん。破防法適用クラスのデストラクティブ・カルトだぜ、ありゃ。で、そんな描き方をされてるからにはこの小説はそのへんキリスト教を斜めに見た物語なのかと思ってたら、どうもそうでもないらしい。
 うううむ。
 うううううむ……。

▼あさひこむの種特集
 完売必死だから、今から予約を!
 必死っすか。
 なるほど。
 朝日必死なだ、とか云っておけばいいのか、これは。

▼GGXX/ 遊んだー。
 とりあえず、メルティはヌルいゲームだったなぁ……とかしみじみ思いました……。
 ディズィはマジでキツくなってます。足払いにキャンセルかかんないのと話し相手が本体のダメージで消えるってのは痛恨。S 泡と昇竜タイマツじゃああわねぇよ! その他、いろいろと話し相手との連係のタイミングとか重要な部分を忘れてるため、取り戻すのも大変だし、取り戻す努力をするモチベーションが維持できるかどうかもなぁ……。あと HS カラーがちとツラい色に……いやもともとツラめだったんですが、なんとか耐えられるギリギリの色合いが気に入ってたんだけどなー。今のはツラすぎだろ……。
 で、カイも使ってみました。チャージエッジが D になっててビビった他は代わり映えせず。安定だけどまたすぐ飽きそうな予感。しゃがみ HS から JC できるのは悪くないけど、立ち回りではこれまで通り立ち S から JC で足りるし。投げに青キャンかかるのは、狙うもんでもないにせよ、出たらラッキーってところ。
 現在のところこの 2 キャラだけ試しました。あとテスタメントかぁ……悩ましいなぁ……。B ファントムが暴力的な強さになってるらしいという噂もあるけど……。
 新キャラは使用予定ナシ。オーダーソルはどうせ OTTO が使うだろうし、もう一匹は……ちょっとややこしすぎそうだ……。

▼いろいろいっぺんにいくぜ!
 大江戸宅急便の「sepher.jp」(作品紹介ページは直リンできない模様)買ってきたー。
 絶品。
 いやまぁ全部がとはいわん(さすがに一枚目にはところどころ厳しいのがある気はする)けど、三枚目の序盤とかの方向性は大好きなんですが!
 まだそんなに気合入れて聴いてないんですが、RO 遊びながらバックグラウンドに流してても「お?」と音楽に一気に注意を惹きつけられるデキの曲とかがけっこうあります。現時点でのマイベストは三枚目のトラック 4「NEMESIS」かなぁ。
 つーか大江戸はどうやらサークル名で買って大丈夫っぽいという感触がつかめてきました。前回「fII」を買ったときはかなり冒険気分だったんですが、あれも素晴らしかったしなぁ。
 唯一の難点は、一番アクティブに活動してらっしゃるらしき方が、fII のメンバーの中では比較的好みではない方向性をお持ちであるらしいという点ですが。「方向性は好みじゃないのに気に入る」ってのはそれはそれでタダゴトじゃねぇとも云えるんですけど。

▼んで舞-HiME Z 観た~。
 っつーかゼータにしか見えませんが!
 内容についてはコメントできる段階じゃないにゃーっていうか、舞台はあれかな、トライガン的な、ただしあれよりはずっと快適に暮らせてる世界とかそんな具合なのかなぁ?
 基本的にオリジナリティはどこにもないような気はしますが、きちんと作られてるのでちゃんと観てて楽しいというのはエラいなぁと云っていいのかなぁ。絵的なインパクトとしては、前作の「フルブレード引きずってぐるぐる回るミコト」というけっこうビジュアル的に強烈だったモノに対抗できるものではなかった感触ですが、まぁ、これからだろ。
 音楽的には、「今回の salva nos」があんまし salva nos っぽくないナーと。いやまぁ、salva nos っぽいのがまだ出てないだけかもですが。
 OP 曲は前作よりあきらかにデキがイイ印象。ただし BGV は前作のがよかった気はする。今回は OP も買うかも。ED は……音楽的には同列に比較できないようなアレですが、前作のは「素晴らしい」といえるデキだったと思うのに対して今回はまぁ水準かな。BGV は論外ってか普通になってる印象。
 で、ユッグドラシルユニットまだー?

▼昨日は酒喰らってたため一回休み。いや、仕事の飲みですがね……。
 あと一部、誤解や謎を呼んだらしい「よし」ですが、ターゲットの商品は Agnel Type サントラですのでひとつそこんとこシクヨロ。
 ゲームのほうは詩希と砂緒だけクリアしてあとは放置しちゃってますが。っていうか、本命を先に読んでしまうと気力が失せるから、本命と次点は最初と最後に持ってこなきゃいけないんだよな、このテのゲームは。反省。
 音楽的には、えーと、有名どころが揃っててデキもイイんですが、しかし、さすがに古さを感じることは否めないっちゅーかなんというか。
 ちょっと気に入った一曲を耳コピして軽くアレンジして打とうかと思ったんですが、アレンジ考えてるうちにどうやっても「Winter Vacation(White Album)」ママイキなモノになってしまいそうっていうかえーと「もしかしてこの曲の題名って「Summer Vacation」じゃねぇの?」とまで思うようになったヤツが。あれ、タイトル何なのか気になるなぁ。
 楽しみだなー。
2005/10/07 (Fri)
▼あれ? wingogo ってなんかウイルス騒ぎなかったっけ?
 気のせいか?
 てか、その不安さえなければべつに再入手は問題ないんですが……。

▼データはかなり気にして回収してたんで被害は少なかったんですが……。
 いくつかのプログラムが消えてて痛恨な予感が……。
 とりあえず現時点で「午後のこーだ」の沈没が確認されております。ぐあ、これ再入手すんのってかなり困難なんでは……?
 あと真空波動研を失ったのも痛い……。
 はぁ……。
2005/10/05 (Wed)
[Life as a Half Drow]キャラ作成時限定
▼ヘンなコトを書きます。ついでにまるでまとまってません。っていうか話の筋すら通ってないかも。とりあえずキッカケは VNI 様経由で見つけた「美形が『あほやなぁ.』と言ったらいけませんか」ですが、こちらの記事に対する意見とかでも何でもないです。なんとなく思ったコト。
 わたしはアメリカ生まれの千葉→東京育ちです。最初の部分が意味不明ですが、生まれて二ヶ月しかいなかったんで言語的バックグラウンドは完全に日本人です。で、千葉の東京付近で小学校時代を過ごし、中学から東京に住んでます。東京人、というものが存在するんだとすればまぁそれに含まれるといえるんじゃないでしょうか。
 わたしには方言がありません。まぁ、だからといって標準語が正しく喋れてるかどうかは疑問といえば疑問ですが、それはせいぜいが「間違った標準語」であるに過ぎず、「標準語を喋ってるつもりが方言が出ちまったぜハズカシッ!wWw」というものとは全然違います。
 そして、今さら方言を習得することはまぁまず不可能でしょう。関東育ちの友人が関西方面に仕事や進学で行って、久しぶりに会ってみたら妙な関西弁っぽい喋り方をするようになってて頭に疑問符、という場面に何度も遭遇していますが、連中はやはり「関西弁の中で暮らしてると自然にうつる部分もあるけど、がんばって真似しようとしても真似しきれるものではない」と口を揃えます。
 方言というやつは「キャラ作成時に限定して習得可能な地域限定特技」なんです。
 これに対して標準語/共通語というやつはスキルポイントを振れば誰でも後から習得できる言語です。関西人であれどこの地方人であれ、標準語をしゃべるかれらは標準語を完璧にマスターしてるでしょう。それを使うか使わないかという選択において関西人は比較的「関西弁で通す」という選択をすることが多いという印象はありますが、あれは「標準語を喋る能力がないから喋らない」というモノではないはずです。あるいは、標準語はたとえ正しくなくても通用するように人工的に作られた妥協点であるとかいうようなコトを云ってみるとよりよいのかもしれませんが、とりあえずこのへんの定義に関する深入りは回避。
 正直に云おう。
 羨ましいぜ? 関西弁と標準語(かなりよく似てるけど独立した言語)のバイリンガルってことだろ?
 ついでにさらに正直に云おう。
 羨ましいと思ってるだなんて、知られたくないぜ?
 リンクさせていただいた記事の本題に関しては異論も反論も文句もありません。美形が関西弁を喋ってはいかんなどとは思わないし、思うヤツがいたらそいつは阿呆だと思います。
 が。
 セッションに関西弁を喋る関西人が混じってて、それをリプレイに書き直すという場面に遭遇したらたぶんわたしは悩みます。
 関西弁を関西弁のまま、しかしリプレイという「修飾されたプレイレポート」にリファインすることは、わたしにはできません。語られた言葉をそのまんま口述筆記的に文字にする自信すらありません。わたしは関西弁で語られるセリフの内容をたぶんほぼ正確に理解できています。でも、それを関西弁のセリフとして正しく文字に落とせるという自信はまったくありません。
 曲解された関西弁しか知らず,失礼な人間
 関西方面の言葉をまとめて関西弁と言うのもちょっと

 OK。そいつは正しい。まったくもって正しい。
 けどな。
 オレらに「正しく関西弁を理解すること」「関西方面の言葉の差異をただしく理解すること」が不可能だってことは、東京人が喋る似非関西弁がどれほど不様であるかを知ってる関西人が、いちばんよく理解してることじゃないのか?
 東京人が関西弁を憎むのは、羨望と劣等感の裏返しなんじゃないのかなぁ。「お前らは! オレらがどう頑張っても今さら絶対に真似のできないスキルを当たり前に見せつけやがるッ!」とかそんなような。こっちの標準語はあっさり真似されて習得されちまうってのにさ。
 オレらには地域限定特技としての方言という言語スキルはない。お前にはある。そして、それをこっちのフィールドでも臆面もなく使いやがる。
 おい、こっちは大阪に転勤になりゃあ本物の関西人に笑われるようなヘタクソな似非関西弁に染まってやってるんだぞ? ちったぁ察しれ?
 失礼。いや、東京で関西弁を使うな、とか、そんなコトを云うつもりは全くありません。セッションで使うなとも云わないし、自分の発言が勝手に書き換えられてたら不愉快になるのは当然だと思います。
 ただ、あんたらはオレらが持ってないモノを持っている。
 オレらはそれを持ってないだけじゃなく、それに相当する別の何かをすら持っちゃいない。
 そのあたりは御理解いただけるとよろしいんじゃないかなぁ? とか、とりあえずそなかじで。
 なお、わたしは東京人として語ってますが、べつに東京人の意見を代弁してさしあげようなどと大それたことを考えているわけではないです。
 関西人に対するネガティブ感情もないです。
 ただ、アメリカ人(移民国家という意味で、この話題においては東京人と相似する部分がある)が相当がんばって日本文化を勉強しても日本を舞台にした映画を作ればなんだか「アレェ~?」なデキになるという実例をさんざん見せられてしまうと、「アメリカ人が、作品中の舞台がどこであっても英語(米語)で脚本を書いちまう気持ちもちょっとわかるような気がしてくるなぁ」とかなんというか、ゴニョゴニョ。
 ヒー。

▼以下はさらにとりとめのないアレやコレ。
 うちの親父は鹿児島人です。で、時代劇やらのドラマで薩摩の民が登場するたびに「なんだあれは、まるでデタラメだ」と云っておりました。それを見ながら、わたしは子供心に、「ああ、方言を知らないオレは今後いかなる方言が登場する物語をも書くことができない、あるいは書いても本物の当地人の不興を買うことは覚悟しなきゃならんのだな」としみじみ思ったものでした。
 今わたしががんばって関西弁を勉強して関西弁を喋る関西人が登場する物語を書いたとして、それ見た関西人が「あー東京人にしちゃあ頑張ったかもしれんが、そのキャラ神戸人なのに言葉は大阪弁じゃぜい?」とか云うんだろうなーと思ったら「もういい! オレの小説には標準語のセリフしか出さねぇ! 関西人も北海道人も沖縄人も標準語だ!」とかそういう気分にもちょっとなるようなならないようなフゴーフゴー!
 最後にさらに蛇足をもうひとつ。明らかに蛇足だってことはわかってるんだけど、足がないってんで揚げ足取られた蛇はがんばって足を生やさずにはおれないんだよ。それがオレの弱さだってことは理解してるけどな。今回の話題はあくまで「地域限定特技」です。アメリカ合衆国を例に引いたのは、そのためでもあります。アメ公がいつでもどこでも自分がスタンダードだと信じ込んでいる(あるいは、そのように見える)のは、たぶん半分は「そうでないということを認めてしまったら何も残らない」からなんじゃないのかなぁ。何も持ってない者は自分が全てを持ってるかのごとくに虚勢を張り続けるしかない。でも、それが虚勢だってことはとっくに周りにゃバレている、とわたしは思ってましたが、どうもそうでもないのかもしれないのかなぁ?
 さらにさらに蛇足だ! 足がいっぱいあってオトク! 今日になってこんなコトを書こうと思ったのは、今「聖骸布血盟」という小説を読んでて「んあー、生まれたときから宗教的バックグラウンドを持って育った人間の宗教的バックグラウンドってやつは絶対にオレなんかにゃ理解できんな。たとえオレがいずれかの宗教に後天的に全面的に帰依したとしてもそれは別の種類の Piety にしかならんだろう」とかそんなコトを思って、そこから連想したからだったり。
 あと「鬼女の都」(by 菅浩江)の印象もいまだに引きずってます。

▼無関係っちゃ無関係ですが、都会人についてのアレやコレに関するイカすテキストにリンクしといてみる。
2005/10/05 (Wed)
▼あと「AR Forgotten Summer」のポスターがやたらステキだなぁとか思ったわかりやすいオレ。
 ゲームのほうは情報見て一瞬で興味なくしましたが……。
 ん? どんなポスターだって?
 背景用と思われる風景画とでっけぇタイトルロゴだけのやたら白いポスター。
 キャラ絵その他情報まるでなし。
 うううむ。わかりやすいなぁオレ。

▼「夜明け前より瑠璃色な」なんてぇエロゲーがあるんですな。ポスター見かけてひっくり返りましたが。
 ん? 何がって?
 あれだろ? 「空より淡き瑠璃色の」のノリを狙ってるんだろ?
 ウテナの定常時期(最後の怒涛の展開を除いた部分)で一番盛り上がった土谷榴果の回のサブタイ。
 んまぁしかし、ウテナの勝ちだなぁ。
 ゲームのほうの内容は一切知らん。

制服が TRPG を制す
 まこと正鵠。
 つけくわえるならば、「PC もそうだが NPC を作る場合にはよりこのあたりは強く意識しとかなきゃならん。印象の与えにくさは PC の比ではない」ってところでしょうか。
 例によって VNI 様で発見。

よし
 忘れずに買わねば。

▼方針変更!
 ってか ME だと 120 GB クラスより上の HDD が認識できねぇってどういうこっちゃー!
 つーことで、とりあえず旧 HDD の摘出だけする予感。
 その後、もうさすがにしょうがねぇ、XP に換装するさ。で、リムーバブルケースを導入して旧ドライブのデータサルベージを試みたいですが……これは無理だろうな、たぶん。
 出費はリムーバブルケースセット 3,000 円、250GB HDD 11,000 円、OEM OS ……はいくらぐらいだろ? 20,000 円はかかるまい。他のマシン構成はとりあえず変更なしか、メモリ 512 MB 二本追加で 9,000 円。焼きドライブ? ……べつにいらねんじゃね? 合計…… 43k ってとこか……。んまぁ、OS がもちっと安いと期待して 40k 弱でおさまると信じたいッ!
 まぁ、本格的な再構成は高速回線が来てからかな。

▼……しかしどうも CPU はあまり進歩がないっていうか、10,000 円以下のセレロンがほとんど進歩してないような……。
 これならマザーは生かしたままメモリと HDD だけ換装というテもあるのだろうか……。ああ、あと OS も。さすがにそろそろえむいは限界かなぁという印象なので……。
 ……うちのマザーのスペック忘れたので調べなきゃですが……。
 メモリを 2 GB 刺したとして 20,000 えんぐらい。
 HDD は 10,000 円ぐらいのモノを二機投入で 20,000 円ぐらい。
 せっかくだから DVD も焼けるプレク様のドライブが欲しいなぁ…… 20,000 円ありゃ足りるだろ。
 これでろくまんえん。いや、OS 足せばななまんえん。
 ……。
 …………。
 コストパフォーマンスとしては微妙っちゃ微妙か?
 対症療法的にいくなら、ドライブ 10,000 円とプレク様のドライブだけで……いや、このさいドライブだけ買ってお茶を濁らせるか?
 これなら 3 万もあれば足りるし、組み直しても余裕で流用可能。
 うううううむ。
 つーか、とりあえず HDD だけ買ってお茶を濁らせそうな俺ガイル。

▼緊急事態発生!


 PC 死亡!


 おかん。
 昨夜、なんか異音がしてるなぁとは思ってたんですよ。そろそろヤベェかな、どこがイカレたかな、ヒマできたら調べてみなきゃな、とか思ってたんですよ。で、WINDOWS の終了→異音しつつ反応なし→えええええ!?
 リセットボタンぶったたいてみたところ、今度は起動しなくなりました。
 ……。
 …………。
 い、いや、落ち着け。落ち着けオレ。IDE ドライブの検出でプライマリスレイブが None になっている、ということは、恐らく死亡したのはずっと調子の悪かった D ドライブ(サブ HDD ドライブ 40 GB)だ。これはいずれ死ぬだろうと覚悟はしてたわけで、被害は最小限っちゃ最小限でおさまってる。前回はひどかった。電源がつぶれてマザーとグラボとサウンドカードと光学ドライブとキーボードを道連れにしやがったからな。あれに比べれば可愛いもんだ。データのサルベージも少しずつやってたので致命的じゃあない。痛いっちゃ痛いが、肝要の部分はメインドライブに退避済みだ。メインドライブはたぶん感触からみて生きてるはず……生きてるはず……!
 ……あーでも起動しなくなるというのは想定外だよなぁ。
 起動しない→ハコ開けて摘出しなきゃならない→ハコ開けるのは部屋の惨状を考えるとひと苦労である→ひと苦労して開けるからにはいろいろいじりたいじゃん?→ってことはいっそ新しく組むか?
 ……最貧期じゃなくてよかった……。
 ……。
 …………。
 嘆息。
 あと三日もってくれればナー。
 週末が近くてずいぶん気分的にはラクだったと思うんですが……。
 しかし、もう二年ほども中に触ってないわけで、パーツ知識とか皆無に等しいんですが。
 うーん……組むべきか、いっそ安めのメーカー組み機を土台にしていじるべきか……。
 悩む……。
2005/10/04 (Tue)
▼INT>AGI ME が 78/47 になりました~。
 ああ、わかってる。わかってるから。狩りすぎだよな。いや、ME 楽しくてさぁ。
 試してみたらなんか狩れてしまったので、その後もなんとなくニフル村に通ってるわけですよ。なんつーか、HL 覚えたてで畳に行った頃を思い出すようなアレです。稼ぎとスリルの感触が。仕込みテレポ(ダブルテレポっつーの? テレポートの暗転中に次のテレポを入力しとく小技もコミで)で飛びまわって、キューブ以外が二匹見えたらブレスかけて ME 詠唱開始。4 匹の場合はデュラ 2 はムリっぽいので逃走。キューブは概ね 2 匹で 1 匹換算ですが、合計数が 5 を超えたら避けきれないので逃亡、あるいは余裕ありそうならキューブをヒールで減らしてから ME、といった具合で。追加オーダーで 5 匹を超えた場合も逃亡。
 まぁ、あんまし見栄えのいい狩り方じゃないっちゃないですが、即決逃亡はべつに問題を生じないし、追加オーダーで飛ぶハメになる場合も周囲に人がいることはまずなく(あとから別のプリが現われてもこちらの詠唱が終わる前に殲滅完了して飛んでくので)ハウス作るったって 5 匹程度なら普通の完成型 ME には美味なだけだろうしねぇ。それ以上のハウスを作るのはこっちの耐久性からみてそもそも不可能ですし。
 ……今から最終狩場で狩っててこの先どうするつもりやら……。
 村ではとりあえず青 75 コを使い切るまで滞在して狩れてたし、カタコンは正直もうやってられん気分(ハエミミ DL がうざいし)なんだよなぁ。
 まぁ、JOB 完成したらしばらくアユタヤに通って壊れ鎧を集めるつもりではあるんですが。
 ステはとりあえず AGI 71 で止めてちょびっと DEX に振りはじめてみましたが、まぁまだ効果を実感できる段階ではなく。AGI は 4 匹までなら回避できてる時点でもう充分だろうと。というかこれを 5 匹でも回避できるようになるまで挙げるというのはさすがに現実的じゃないので。
 で、スキルですが。
 四点余して迷ってます。キリエ 10 か、サンク 7 まで上げるか。
 4 匹までは問題なく狩れてるということは、青の消費を考えると 8 匹以上が視界内にいて先行展開する状況でなければ、サンクを使うより即飛んだほうがマシということになるわけで。いやまぁ 4 匹まで集めて ME ってるわけじゃないから 8 匹以上は云い過ぎですが。
 かといってキリエ 10 にしたからといって生存性がどれだけ向上するかというのも微妙っちゃ微妙な気も。
 ウウウム。
 マニピ 5 がラクだとは思いますが、今多少マニピ切れ状態で狩ってても SP が尽きるってことはないんだよなぁ……。
 悩ましい。
 ということで、しばらくはスキルポイント余して放置の方向性で。
 ウウウウム。
2005/10/04 (Tue)
[Life as a Half Drow]2 人死亡、1 人朦朧で制圧
▼マスターやってきました。舞台はセレスティアからアストラル経由でリンボへ。んでリンボで大暴れ、と。
 つーか、アウタープレーンを舞台にちょっと冒険してみない? とか云ってリンボへ送り込むあたり、ひどいマスタリングっちゃひどかったかもしれん。
 参加 PC は、フレンジードバーサーカー 11、Ench, Necro 切り Evoker 11、ファラングンのクレリック 12、ファイター/テンプラー/プレイナーチャンピオン 12、ローグベースでクレリックやらウィザードやらニンジャやらが入った Dervish 13 の計 5 名。準備した遭遇は二回分でしたが、アストラルとリンボは移動所要時間がランダムダイスなわけで、ランダムエンカウンターだけでもけっこう時間を食って、時間はギリギリ使い切る勢いになりました。
 準備した遭遇のそのいちは強化したケイオスビーストとの対決。これは、リンボの環境でそれなりに苦労はさせたものの、戦闘としては箸にも棒にもかからずに決着。つーかこのレベルの前衛に Fort ST DC 18 とか明らかに無効だし。
 で、本命はその次、スラード大軍団との対決でありました。デススラード、グレイスラード、グリーンスラードを一匹ずつ、これにブルーとレッドを加えて合計遭遇レベル 17 になるように調整して投入。まぁパーティーレベル 12 に遭遇レベル 17 はちとオーバーキル気味といえばいえるんですが、前回は CR 17 のアストラルドレッドノートが瞬殺された*1 んでなぁ……。装備もけっこう充実してるパーティーだし、スラードと戦うとわかった状態で一泊+ある程度の準備を許可してるのでイケるだろう、と。
 結果はタイトルの通り。
 まず、レッドスラード隊が大半を瞬殺されつつ後退戦を演じ、気合の入ってしまったバーサーカーをひきずりだし、ブルースラード隊で囲んで集中砲火。一度はバーサーカーのバカ火力で包囲を破られ、クレリックがヒールを通して立て直されたものの、グレイスラードが新たに召喚した二体を含む計 3 体のブルースラードで合計 15 発のフルアタックをぶっかまして 1 ラウンド 200 近いダメージを与えてこれを撃沈。3.5 版にコンバートしてからこのバーサーカーはこれで 3 度目の死亡ですが、一度目は「まさか ST 失敗するとは思わなかった」スレイリヴィングによる一撃死、二度目はフレンジー+チャージで AC 下がりきったところにクラーケンがフルパワーアタックの固め撃ちで撃破という形だったのに比べ、小細工なしの打撃戦闘で沈め切ったということでこれは画期的な結果といえるでしょう。
 いや、このバーサーカー、前回のレベルアップの HP 決定ダイスで 4 を振ってヘコんでたので、ダメージ計算が済んで残り HP -17 が判明した時点で「ガッツポーズを決めた」*2 という複数の目撃情報があったりするあたりがなんともアレですが。
 リンボは魔法暴走の特性があり、現住種族のスラードも、けっこうがんばってルールブックをめくったものの、この特性から逃れられるという記述は見当たらなかったため、PC 側もスラード側も強力になってきた呪文や擬似呪文能力を出し惜しみ気味の展開に。といっても叩き合いで消耗戦をやるわけにもいかないので、グレイスラードとデススラードには一発系を使わせることにしました。で、ST 不能のパワーワードとかが平気な顔して搭載されてるわけで……。
 自分で責任取れや! ということで、スラードの魔法暴走チェックは全部プレイヤーに振らせることに。
 まずはグレイスラードのパワーワード・スタン。これでクレリックを狙撃。魔法は奏効し、クレリックは 5 ラウンドのスタン状態に。
 続いてデススラードのフィンガーオブデスでえーと誰を狙ったんだっけ? ウィザードだったかな? これもプレイヤーが振った暴走チェックで呪文は奏効しますが、セーブには成功します。
 次ラウンド、ウィザードが敵集団の半数以上を範囲に収めてファイアーボールをキャスト。この暴走判定で失敗、その後の暴走判定でも「自分に命中」を振ってウィザードはハデに自爆。デススラードは当初、ウィザードを目標にインプロージョンを使用するつもりでしたが、ここで「あのマヌケは後回し!」にして目標を Dervish に変更。Dervish はまだ例の恐るべき移動フルアタックの踊りを発動してませんでしたが、強力な防御スペルで固めて AC はかなりの数値になっており、かつ、ストーンスキンで耐久力も上がっていたため「殴って殺すのは骨」と考えたんだろうということで。
 ここでもプレイヤーに振らせた暴走チェックは「投射成功」 短期戦ならほとんど鉄壁の Dervish の唯一ともいえる弱点である Fort ST を突いた結果、ラックドメインによる振り直しも及ばずこれを沈めることに成功しました。3.5 版キャンペーンになってから一度も死んでなかったレベル的にもトップランナーの Dervish が沈み、クレリックもまだスタンが切れる気配なし、ということでウィザードは撤退を決意。プレイヤーいわく「完全敗走」で今回のセッションは幕となりました。
 いやあ。
 全滅こそさせられなかったものの、ここ数年で初の「プレイヤー側完敗」の結果に……えーと、正直、マスターとしても驚愕しております。
 このキャンペーンのパーティーはかなり役割分担がトガっておりまして、ファイターには防御面での投資を集中させた結果、普通に AC 32 とかになってるのに対し、バーサーカーのほうは「マジックサークルで守った上で AC 16」とかいうほとんど有り得ないシオマネキっぷりです。逆に攻撃面ではバーサーカーが「ダメージ固定値 16+フレイミングバースト+ビシャスで 1d12+3d6、フレンジーでフルアタック 4 発」なんてなシロモノになってるのに対し、ファイターのほうは「固定値 8+1d10」とかなんとかそんなこれまた猛烈なシオマネキ具合。スニークが通る、あるいは移動フルアタックで殴りまくれる大型クリーチャー相手の短期戦では異様な破壊力を発揮する Dervish がいるとはいえ、バーサーカーが倒れると一気に攻撃力が半減するわけです。ウィザードは Evoker だけあって火力は素晴らしいのですが、今回は魔法暴走のある舞台だったこともあって本領は発揮できず、クレリックはこれも強力な攻撃手段はあるもののバーサーカーの維持に奔走していてはそれを投入する暇はなく、バーサーカーが倒れてしまってからでは火力の展開が間に合わないのが実情。
 バーサーカーは「レイジフレンジーで 200 オーバー」の HP を誇り、クレリックがきちんと維持していればそれでもそうそう沈むものではないんですが、フレンジー状態になると後退した敵に持ち前の俊足で追いすがってしまうため、本隊と容易に分断されてしまうというのが、どうやら今回は決定打になったようです。
 ……にしたってレベル 11 にもなって AC 14 とか、それはさすがに前衛としてどうなんだ……。
 Dervish についてはまぁ、ダイス目で死んだとしか云いようがないわけで、お悔やみ申し上げるわけではありますが……。まぁ、Fort ST を突いて一撃死以外の方法で沈められるものでもないという気もするわけで。
 今回は全滅は免れたものの、敗退ということで殺せなかった分の経験値はなし、トレジャーもなし、で復活費用はかかった*3、ということになりどうやらパーティーはジリ貧の御様子。
 そして次回はアヴェルナスへ!
 ……地獄に特攻できる状態なのかどうなのか正直絶妙な気もしますが、次回が実に楽しみです!

*1: そういや前回はプレイレポート書かなかったような……。バーサーカーがアストラルドレッドノートにアンチマジック下から 100 オーバーのダメージとか出してきて仰天でした。
*2: DnD サードでは通常の方法で死から復活した場合、1 レベルを失います。うちのプレイグループではレベルアップしなおした場合は HP も振り直してますので、HP 決定ダイスがしょぼかった場合、「よし、次死のう」とか前衛が平気な顔で云ったりする光景が頻繁に見られます。
*3: Dervish は熟考を重ねた結果、トゥルーリザレクション(上述した復活時のレベルダウンがない)による復活を選択し、「リザレクション代はパーティー全員で割り勘、トゥルーとの差額 15,000 Gp は個人持ち、でも所持金がないからみんなに借金」という形に。
2005/10/03 (Mon)
* Top *