FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[ルエリ6書店横]妄想音楽祭
▼まぁ、なんか昨夜はやたら吼えてしまったので、今日はヌルめに妄想ネタで。

 マビの音楽演奏仕様は確かに過去にない強力なものです。これだけのためにやってきたオレがいまだに居着いてしまっているぐらいには。いやまぁ最近あんまし譜面書いてないんですが。書き込んだ譜面を預けられないのはともかく、白紙の譜面ぐらい銀行に置かせてくれよ……。
 しかし、これだけ強力でもまだまだ足りません! 戦闘なんぞどうでもいいので音楽を! 音楽スキルの充実を!
 というわけで妄想音楽スキル祭~。

・歩行演奏 [Marching Band]
 移動速度はトロくていいし、演奏成功率低下とかがあってもいいので、これ欲しいなぁ。移動速度は一定でも、演奏者の足の動きだけは譜面のテンポ表記に合わせて、とかだと萌えかも。t200 とかだとスゴいコトになる、とか。

・座り演奏 [Street Musician]
 MATT も云ってたけど、座ることによる効果は全部ナシでいいので、絵面だけでも座って演奏したいなぁと。より欲を云うなら、「路上演奏用の帽子」とかを装備してると演奏中に自分の目の前の地面に置くことができて、通行人はそこをクリックして小額(1~10 Gp ぐらい)のオヒネリを投入できる、とかになるとなお嬉しい予感が。
 道歩いてて聴こえてきた曲に、「おおっ、いいねぇ」と思っても、なかなか口に出すのは勇気が要るわけじゃないですか。そこを匿名で御賽銭を投入するということで評価を与えてみる、とかー。できたらいいなーみたいなー。

・演奏制御各種 [Sudden Metamusic]
 えーと、音屋といたしましては、譜面の通りに演奏できることは、これは前提条件でして、演奏の良し悪しというのはもっと別の場所で決定されるモノだと思うわけですよ。そういう意味では今のマビの演奏失敗表現じたいが極めて納得しがたいものではあるんですが、まぁ、置いといて。
 テンポやボリュームは譜面にしか書くことができませんが、実際の演奏では、これらはむしろ譜面に書かれる事柄であるというより演奏者が演奏の段階で気合を入れる部分であります。なので、演奏中に操作を加えることによってテンポの上げ下げやボリュームの上げ下げ(クレッシェンド、ディミヌエンド)、さらにはペダルコントロール(リュートでやるかい!?)やピッチベンドまで!
 すまん、さすがに別のゲームになるな……。
 まぁ、演奏失敗は、どうせなら、音を間違うのではなく、テンポがズレるとか、ボリュームコントロールがちぐはぐになる、などの形で表現してくれるとより「らしく」なったかなぁ、とか思ったり。

・調弦 [Tuning]
 これ、妄想ではありますけど、これだけでも実装できんかね?
 今の演奏成否判定でいいからさぁ。
 楽器ごとに決められた短いフレーズを演奏し、いったん演奏結果を出す。この演奏結果は経験値にはならないが、その直後の本演奏の成否は必ず調弦時の演奏結果に一致する、みたいなー。
 せめてこのくらいできないと、ちょっと、さすがに、やってられないんですが。

 ……まぁ、妄想なのでテキトーに。
 でも演奏系目指してる民ならけっこう同意してくれそうなネタなんじゃねぇかなぁ? とか思ってみたりして。
 ちゅか、せめて、「みんな気づいていないと思うけどミスが多かった」ってのはさぁ、譜面通りには最低限弾けたトキに使ってくれよ……。基本的にミスタッチには誰でも一瞬で気づくぜ? 普通?

 おまけ。あまり戦統系でない生活を綴ったマビ系サイト(BLOG 形式じゃないけど)としては、ココなんてどうですかね。

 さらにおまけ。検証結果。
 音楽系全 D で譜面を書いて、演奏を 100 回試行しましたが、「とてもよい結果」は一度も出ませんでした。現在次の 100 回を試行中。「普通の成功」150 回が埋まるまでやってみますが、たぶん、知識 D の譜面では演奏 D 状態での「とてもよい結果」は出ないんじゃないかなぁ?
2005/03/31 (Thu)
▼んがぁ! オレにフレットノイズを寄越せ!!(←バカ)

▼とても粗い話をします。
 マビのポリ絵とトゥーンレンダリング、だっけ? はカクカク気味ではありますが、FF やらリネやらソレ系のに比べると億倍リアルに思えます。DAoC の話題のときにも云いましたが、あれらも FF やリネやらに比べると圧倒的にリアルです。
 フィクションにおいて、リアリティってのは、現実に単に近づけばいいってモンじゃないと思います。現実をいかにらしく説明するかが勝負なわけです。アニメ絵でもアメコミ絵でもいいですが、要するに最初っからディフォルメされているモノは記号としてその背後を読ませる働きをするのでリアリティに優れていますが、記号ではなく現実の模倣にすぎない方面に走ったリアル系描写はそれ自体が現実に存在するかのごとく感じてしまうため足りない部分が際立って不愉快に感じられリアリティを欠きます。
 たとえばアニメ絵の表情が変わらないこと、派手な崩れ方で表情を表現することは記号として見慣れているので余裕ですが、静止画としてはやたらリアルなバーチャファイターの最新作のキャラとかが無表情になめらかに動くのは壮絶に不気味ですし、マンガ的に崩すとジムキャリーがマスクをかぶったアレみたく不気味です。あの不気味さはあの不気味さでイイ味だったわけではありますが。
 たとえばアニメ絵が、髪型でしか描き分けができてなかったりすること、さらにひどい場合は髪の色でしか描き分けられてないことに我々は見慣れてます。同じ顔したキャラとであっても「おー DOP」とか云って笑って終わりです。しかし、現実に同じ顔をした人が複数いるという状態を我々は知らないので、リアル志向のグラフィックで同じツラしたキャラが登場すると背筋が寒くなります。
 リアルとリアリティについては超先生以来の言葉の定義からはじまる大問題があるわけですが、ここでは粗くこんな具合で云いたいコト云って逃げます。

▼ていうか、演奏で通常成功 480 回とかが要求されるようになると、作曲(わずか 30 Gp)で「t240a64」みたいな譜面を書いて連打して育成ってのが当然にならざるを得ないような気がするというかなんというか。

▼わはは、そいつは確かに Fool For The City だ。
 いや、確かに今の FSS ほうが上手いし安定してるしクォリティは上がってるとは思うんですが、オレはやっぱりこのマンガ大好きだなぁ。
 短いわりに、というか、短い分だけ、というか、全てのシーンが印象的でゲロ燃え。いや、オレが音屋体質だからってのはあるだろうけどさ。
 「父さんよ……」
 「何をやっとるんだ、あいつは」
 「ファンだからさ」
 ギャース! ログナーがカッコよすぎだ! なんとかしろ! ああいや、最初のはログナーじゃないけど。
 勢い余ってフォガットのアルバム買っちゃったりしたっけナー。
 あと、スーパーノヴァの民の日々のバカ生活っぷりが実に幸せでたまらんですな。ええ大人が平日の真昼間(違うか?)に噴水に飛び込んで大暴れとか。
 突然夜中に歩いて帰るとか云い出すラスとか。(その報告を受けたログナーがつぶやくセリフが「何をやっとるんだ、あいつは」)
 うーむ、管理された楽園ではあるが、枠の中にいる限りはあくまで楽園である、という描写の、その楽園っぷりがあまりにハッピーに描かれすぎだったのだろうか……。

▼くそう、マイグレイベント期間短いなぁ。
 一週間ぐらいドーンとやれドーンと! ……っても、マイグレのない鯖もあること考えると、あんまマイグレ対象鯖ばっか楽しい思いをするのも不公平っちゃ不公平ですか……。
 なお、意志表示しときますが、オレは移民はしません。今後もフェンリルで。

▼昨夜の後半のはちと無駄に過激だったので謹んでトルツメしておきますイエイ。
2005/03/31 (Thu)
* Top *