深度 、急速潜行~
[須賀鎮航海日誌]180323 ~司令部多くして艦山に登る~
▼ってことでしばらくがんばってみましたが。
 まるゆはそれ以上は出ず。
 そして大淀が妙にぼこすか落ちる事案が……え、これどうせよと……?
 ……イベントのロスタイムはそんな感じでございました。はー……これで一期ラストイベントも終了か……。
 とりあえず全艦所持にて走破できたのは上々ということで。
 そしてイベントが一段落したからといって、すべてが終わってしまうわけでもないわけですので、資源回復等々、これからもまだ戦いは続くのでございました。
2018/03/23 (Fri)
[須賀鎮航海日誌]180321 ~運貨の如く~
▼もうちょっとだけイベント周回も続けようかなぁ……とは云ってみたものの、さすがに E-7 をこれ以上回ってたら資源がメルトダウン待ったなしという感じであり、んじゃあどこに……?
 ってことで、考えた結果、まるゆ目当てで E-1 に出撃してみる方針に。
 新着の海防艦の稼ぎも兼ねて周回し、クリア前の 2 隻と合わせてとりあえず目標の 5 隻を確保するなど。
 よしよし。燃費もまぁまぁだし、残りの時間も探すぜぇ~まるゆ!
2018/03/21 (Wed)
[須賀鎮航海日誌]180319 ~白皿か黒皿か~
▼そしてさらなる周回の果てに、本命そのに、サラトガ確保!
 こちらはまぁ……半分以上ビジュアル目的という感じではありますが、イベント前の大型建造はひたすらこれのために回してたわけなので、やはり嬉しい成果です。
2018/03/19 (Mon)
[須賀鎮航海日誌]180316 ~Mk7~
▼今度はほどなくとはいかなかったですが!
 本命そのいち、アイオワ確保~。
 よしよし、これで砲がかなり充実するぜー。
 資源の減りは……うん、けっこういい感じで目を覆う的なアレですが! もうひと押し、進んでみよう……!
2018/03/16 (Fri)
[須賀鎮航海日誌]180315 ~38cm 砲改~
▼E7 周回戦開始してほどなくビスマルク確保。
 まぁ本命ではないですが、これはこれで貴重。
 戦力的には、ランニングコスト云々よりも、入る経験値の配分を考えて、ちょっとゲージ削り段階から換えた程度。基地航空隊は、実際には決戦時もそうだったのですが、1 部隊は東海を入れて D に投入したのが安定の秘訣という感じ。これで出撃艦隊の対潜装備を度外視できる(まぁ普通に組んだ瑞鳳が対潜先制もするのですが、これだけだと討ち漏らしはありうるわけで、東海とあわせればほぼ確実に潜水艦を消滅させられるってことで)ので、その他が安定に。D に 2 度出す意味はないので、決戦時は大艇つけてボスに出し、クリア後周回では D と W に投入。でも W はあんま関係なくないか? という気も。でもまぁ、大艇つけてまでボスに投入しても、周回じゃリターンも少ないしなー。
2018/03/15 (Thu)
[須賀鎮航海日誌]180314 ~残ってた山札のいちばん上~
▼ってことで E6 に戻って、うんうん唸りながら周回に耐える戦力とランニングコストを天秤にかけて、こんくらいでどうよ! と、出撃して!
 初回で来たぜタシュケント!
 お、おう……。まぁ、迅速で結構! もう 1 枚上にのってたら、E7 甲に突っ込んでた可能性もあるわけで……この 1 枚違いがよかったのか悪かったのか……。いや、時間と体力と精神衛生と、そのへんについては、迷わず、よかったということで!
2018/03/14 (Wed)
[須賀鎮航海日誌]180313 ~エンガノ岬のようには!~
▼そして E-7 乙、踏破。
 うむ……云うほど楽ではなかったかも、です……。といって、全部煮詰めるところまではいかずに突破できたという意味では、確かに難とも云えなかった、のかなぁ。
 とりあえず、ファーストゲージよりは大変だった、ぜ。ファーストゲージが初手で運に恵まれた分のバイアスはあるかもだけどー。
 資源は減少量で139k、120k、96k、72k。バケツは400ぐらい。まぁ、イベント始まってから大型改造をバリバリやったせいもあるけど、豪快な減りではございました。感覚としては、苦労したというほどではない、とは思うんですが、資源はなー。
2018/03/13 (Tue)
[須賀鎮航海日誌]180312 ~エンガノ岬、海路開拓~
▼E-7 後半戦に向けての各種準備など。
 難度はまぁ……わからん……。結局、最終決戦以外はなんとでもなるっちゃなんとでもなるわけだしなぁ……。
 とはいえ、作業負荷はやはり、軽く済んでいるんだろうなぁとは思います。
2018/03/12 (Mon)
[須賀鎮航海日誌]180311 ~エンガノ岬、波濤を越えて~
▼E-7 ファーストゲージ突破。
 ……いやホントに乙だともすぬごく楽になってる? こっちが真の難所とか云われてるわりに……いや運にも恵まれたってのはあるんでしょうけど、それにしても……。
 ま、まぁ、通過点だ通過点。この先も、難易度がさほどではないってのが本当だとしても、手間はまだかなりあるんだから!
2018/03/11 (Sun)
* Top * Next