FC2ブログ

   深度 、急速潜行~
[Life as a Half Drow]Legolas, Female Elven Archer
▼5 版キャンペーン「Tales of Middle Earth」第 6 回セッション、参加してきましたー!
 今回はまた狭いダンジョンの探索回となりました。
 場所はどっかのドワーフの霊廟で、庄の村長ビルボの依頼で、そっち方面に出かけて帰りの遅い白のガンダルフ、エルフのレゴラス、ドワーフのギムリを迎えに行ってはくれまいか、というもの。
 ……というこの一文だけでいろいろ胡乱なわけですが、最終的な仰天事案の前には些事だった……ぜ……。
 つうことで、「おい、これ、なんか指輪っぽい皮かぶったヤバい話なんじゃね?」というぞわぞわ感が強まって来た今回、メモは水面下に!
 以下、セッションメモは簡単に水面下に。
2020/02/24 (Mon)
[Life as a Half Drow]War of The Shire
▼5 版キャンペーン「Tales of Middle Earth」第 5 回セッション、参加してきましたー!
 今回は! 戦争でした。
 まぁ、いちおうそういうテクスチャではあるものの、規模としてはまぁそこまでではなかった気もしますが、気分はもう戦争とかそういう感じで、ひとつ。
 あの世界の正史にはたぶん(相当するものも)ない戦争とは思われますが、もうそのへんは気にしない方向性で。
 以下、セッションメモは簡単に水面下に。
2020/02/09 (Sun)
[Life as a Half Drow]Wail of the Banshee
▼5 版キャンペーン「Tales of Middle Earth」第 4 回セッション、参加してきましたー!
 4 話目にして例のあの指輪詩が初めて登場してそれっぽくなってきたと同時に、いろいろとあの世界には有り得そうもないものも登場して、いい案配に独自なブツになってきた感じに。
 自分的にはずっと、この PC でやりたかったネタをやれて満足でした。
 以下、セッションメモは簡単に水面下に。
2020/01/19 (Sun)
[Life as a Half Drow]Tales of Middle Earth #3, Target is World Peace
▼5 版キャンペーン「Tales of Middle Earth」第 3 回セッション、参加してきましたー!
 あいかわらず、どの程度指輪っぽいのかそうでもないのか、こちらに判断能力がないのでさっぱりわからない感じのアレですが、新キャンペーンとして最高に楽しいので、とりあえずそこらへんには踏み込まずに行けるとこまで行ってみるぜぇ! な方向性で進んでおります。
 以下、セッションメモは簡単に水面下に。
2019/12/08 (Sun)
[Life as a Half Drow]Tales of Middle Earth #2
▼5 版キャンペーン「Tales of Middle Earth」第 2 回セッション、参加してきましたー!
 タイトルはタイトルですが、今のところさほど指輪感はなく、普通に DnD の新作を遊んでいるという感触で、ところどころに指輪っぽい要素が断片的に提示され、最終的な悪のシンボルとしてのサウロンの目などがところどころに垣間見えるというような感じでした。まぁ、がっつりやられてたんだとしても、指輪ろくにわかってねぇわたしなどでは気づかなかったでしょうが!
 以下、セッションメモは簡単に水面下に。
2019/11/24 (Sun)
[Life as a Half Drow]Lyric of Bard #2
▼ってことでー。マイ PC トリエシンについてざっくりと。
 まーデータってことで、水面下に。
2019/11/04 (Mon)
[Life as a Half Drow]Tales of Middle Earth #1
▼5 版新キャンペーンが、先日 4 版キャンペーンを完結させた OTTO 氏の手で開幕! プレイヤーとして参加してきましたー!
 いやー、すげぇな、気合入ってんな! いや、当初「今度」のマスター予定はわたしだったのですが、予定してた日が台風でキャンセルになり、今回の日付は諸般の事情でちょっとマスターやるのはつらいかな、という日付だったので代打ちを募ったところ OTTO 先生が挙手されまして! そして「やるからには年内のセッション予定は全部もらうぜ?」ということだったので、年内は 5 版プレイヤー連発っつーことですよなにこれ嬉しい怖い。いやちゃんと魂を喰らう墓のマスターもやりたいんだけどね……。
 年明けたら気合入れて再起動するかなぁ。
 まぁそれはそれとして、いろいろメールとかで(このご時世にメール!)事前に PC 組みの相談とかしていたところ、今回の舞台は「指輪戦争時代の中つ国だー!」という報がマスターから飛んできまして。スタジオ騒然。え、指輪物語とかほぼ知らないよ、という民とか、一応ひと通り小説読んだけど 20 年前で、映画観たのも 10 年前だよ、という民とかは、いったいどんだけ気合入った指輪フリークなキャンペーンが降ってくるのかと戦々恐々っつー感じだったのですが、集まって話してみたところ、そこまでそういう意図はない(というかマスターもそこまでのフリークではないっぽい)ということが判明してひと安心など。まぁだいたい DnD でできることの多くはできるよーということで。例のあの戦争の前後(まだ示されておらず)ぐらいの時期が舞台で、あとは各種族のおおざっぱな配置とかもあの世界に準拠で、ついでに外方次元界の構造は通常のグレートホイール等には準拠しないよー、というあたりの事前説明でスタートということになりました。よかったー。あの世界バードいていいのかどうかすらわかんねぇよ、わたしには。
 タイトルは「Tales of Middle Earth」との宣下がありましたが、同名の暗愚蛮怒モジュールとか AoE のあれとかとは無関係っぽいよー(まぁマスターがそれ系のネタをこっそりしのばせてきてもわかんないと思いますが!)ってことで。ひとつ。
 初回の感触としては、みんな気合入っており、楽しくなっていきそうだという手応えを実感しておりますので、今後も楽しみにしていくぜぇー。
 以下水面下。
2019/11/03 (Sun)
[Life as a Half Drow]The Lyric of Bard
▼台風が来ました。
 まぁ、それ自体は結果的にはしのげたわけですが、この直撃により、予定していたわたしの「魂を喰らう墓」セッションが中止となりまして。で、順当に順延という声もあったのですが、ちょっとわたし個人の事情で、次回セッション日はマスターは若干つらいかもー、というのがありまして……。いや、平気かもでもあるのですが……。
 ってことで、かわりを探したところ、先日キャンペーンを完走させたばかりの OTTO 先生から 5 版マスターの名乗りが上がりまして!
 よし、考えるぜ、久しぶりに、PC を!
 なんか 4 版はそういう意味では違ったのよねー。パワー等選択肢がものすごい幅的には限られていて(それぞれの枠の中での選択肢が少ないわけではないんですが)事前にいろいろ広く見渡して考えておきたい、というより、現場でみんなで持ち寄った本を見比べて探す、のほうがしっくり来る、的な……。いや、うまくいえんけど。
 ってことで、5 版はまたちょっと 3.5 版のときに近い感じで事前に考えたくなってくるんじゃよー。あれほどの情報量を相手にするものではないとはいえー。
 まぁ、少しずつ考えていくので、とりあえず水面下に最初の叩き台などを。
2019/10/16 (Wed)
[Life as a Half Drow]Dreaming Next
▼あー、終わっちゃったなーキャンペーン……。
 実際、素晴らしいことです。今も数多くのキャンペーンが立ち上がっていますが、こうして最終回を迎えられるものは滅多にはないわけで。しかも、これまで何度も再起動しては続かなくなってしまっていたエルトリアエターナルパラディンシリーズがこうしてフィナーレを迎えられたことは、まさに感無量という感じで。
 ……なのですが!
 ひとつが終わればひとつが始まらないとね! という感情ももちろんあるわけです。つうか、実際二次会の席でも次の話出てたしな! 次のエルトリアキャンペーンの話とかもな!
 ……なんかエルトリア顔の別キャラで行くのはどうスかね、artemis 先生?
 次はまぁ、順当に 5 版になりそうで、わたしとしてはようやく 5 版プレイヤーができる機会になるかもと心躍っているところでもあるのでした。
 つうかエルトリアの新作は実際ありかもなんだよなー次はバードで行きたいのでっ! それ系ならモチーフも決まってるぜ! TtT のタリエシンな感じで!
 まぁ全然別なテイストで行く場合はまた違った感じにしていくかもですが、バードっつー軸は堅持していきたい感じで。ただバードっても(少なくとも戦闘中は)ヒーラーやる気はないのでなー。そこんとこをどう通していくかは課題かもなー。
2019/09/24 (Tue)
* Top * Next