深度 、急速潜行~
[日々のいとまに]170923 ~釜山行き終電~
▼土曜日が! 赤い! ということは!
 青い日は仕事なオレも休みだってことだっゼェーィエア!
 ……ってことで、こないだダンケルク観たばっかだけど、別の映画を観てきました。レイトで。いや、レイトってのはもう大前提なので、近々観に行くかねぇ、と探したらこれ、けっこう厳しい時間のしかなくてな。ちょっと、休前日でねぇと無理じゃね? となって、カレンダーを眺めたところ、つまりここしかなくね? となって、急いで行った感じで。
 「新感染」観てきました。
 まぁ、例によってついったーの評判から、これはオレ行けるんじゃね? というそういう感触からで。あと、オレ基本的に「ゾンビに感受性、親和性、経験値、等々がまったくない」というのがあってな……。どっかでちゃんと経験しとかんと、というのはずっと思ってて、でもアイアムアヒーローは見そびれちまいまして。で、先日、系統は全然違うんだろうけど韓国映画コクソンを見そびれまして。
 ここで、ゾンビ映画と韓国映画の実績解除! ちゃんとオレに当たりそうだし! とかまぁそんな感じで突入してみた次第。
 結論としては、満足、という感じでございました。
 まぁ、ゾンビ映画についてはそれなりに「知識」だけなら持ってるし、韓国映画については、というか、韓国で釜山への逃走ということが持つ意味等については観てからすぐ感想検索して確認したので、文脈も理解したと思うよー。
 「韓国映画」という視点では、「タイトルが三文字、ズドーンと画面に映っても、意味がさっぱりわからない!」とか「スタッフロールがさっぱりわからない!」とか、そのあたりは強烈に新鮮でした。そのへんにはもちろん字幕つなかいわけで。英語なり、英語でなくてもドイツ語フランス語あたりまでなら、なんとなくタイトルやスタッフロールの雰囲気ぐらいはわかるのにねー。
 あとは、主役の見栄えが完璧すぎて苦笑、という感じで。つうか、「あーこいつら、少なくとも成人男はだいたい全員軍役経験者なんだよねー」なんてなことも思ったところもあったりして。
 ……しかしなんだな、ダンケルクに続いてこれとは、なんか、ある意味で妙に似た系統の映画を続けて観てしまったな……。
 というか、冒頭付近で、主要登場人物がトイレ探して歩き回らされるあたりとかが妙にでじゃぶーだったというか。
 こっちはちゃんと早期に行けてよかったよ、実際!
 というか、ダンケルクはあれは、あんだけ紅茶ガブガブ飲んで膀胱大丈夫なのかよあんたら! というのは実はずっと思ってたのでありました……。
2017/09/23 (Sat)
▼通勤経路に、ちょっと前にできてはいたものの、近隣にすでにけっこう行ってて気に入ってる博多系の店があったのでわざわざ行こうと思わなかった家系のラーメン屋がありまして。
 残念ながら、先日、博多系が滅びてしまったので、まぁ、行ってみるかねぇ、ということで立ち寄ってみたり。
 ……結論としては、「これは、マズい」でございました。いや、不味いわけじゃなくて! 美味い、と感じている、のだとは思うんだけど、それが、「味覚神経を通じて脳に美味いと感じるよう強制してくる」ナニカとして感じられるというか……。
 うーん……また行きたいかと云われると微妙かなぁ。あと 100 円安ければ、あるいは……。いや、あと 100 円安いのが妥当、というのではなく、あと 100 円安ければ追加も乗せる気になれて、その追加を乗せると嬉しいかもな予感がする、とかそういう感じというか?
 まぁ、もともとべつに多くを語るほどのラーメン好きってわけでもないので、こんな感じで。
2017/09/22 (Fri)
▼そして予定通り空戦に突入など。
 ……この仕事は陸戦業だと思ってたんだけどなぁ……。
 まぁ空戦は空戦で結構ですが、陸戦は陸戦でフルにやり続けにゃならんという前提だと、なかなか……。
 どうしたもんかねぇってどうにもならんけどねぇ。分担をモディファイする余地はあるにせよ、どこにも余裕があるわけじゃないしなぁ。
2017/09/21 (Thu)
▼戦場初日は思ったよりもずいぶんと余裕がある流れになってみたり。
 といっても今日が楽ということはなくて、翌日以降のための仕込みに奔走してたわけではありますが。
 やれやれだぜー。
2017/09/20 (Wed)
[日々のいとまに]170918 ~ダンケルク~
▼映画「ダンケルク」観てきました。レイトで。
 例によってついったーで流れてきた噂を見て、これはオレに当たるだろう、と思って行って、当たった、という系でございました。
 次は時系列で見せてくれ!
 以下ネタバレ水面下。
2017/09/18 (Mon)
▼仕事方面の酒席でげっそりなど。
 いやまぁ、得るものはなかったけど、楽しくはあった、んだけどねー。
 食いモンが微妙なんだよなぁ、あの店……。
 酒も微妙なんですが、まぁ微妙な店でも酒は美味いのがひとつぐらいはあるので、それ続けて頼んでればなんとかなるのでまだいい、と……。
2017/09/17 (Sun)
[日々のいとまに]170916 ~インディペンデンス・デイ~
▼そして、「インディペンデンス・デイ」視聴。amazon prime で。
 ええ、観てなかったので!
 気合入れて観る、という意図ではないということで、洋画は吹替でないと難しいかなぁ、と考え、吹替リストをだらーっと眺めてたら、観とこうとは思ってたもののまだ観てなかったこれを発見、よし、今か、ということでスタート。
 ……聞きしに勝るバカ映画でした……。
 うーん……好きかと問われたら、今観て今好きとは云えない、となるし、褒めるか、と問われたら、今観て今褒めるのはちょっと難しい、となるけど、ただ、これより後の時代で、好きだし褒めたい作品の中に、この作品が先鞭をつけた――元祖とまで云うかは知らんけど、直系の祖先として――のであろうなぁ、と思われる要素が息づいていたことであるなぁ、と明白に思い出される要素が満載と感じられるところでもあり、うむ、これは必要な歴史であったのだな、と納得する、とかなんか、そんな感じで。
 いやしかし吹替はラクでいいなぁ。
2017/09/16 (Sat)
[日々のいとまに]170915 ~バチカン奇跡調査官~
▼微妙に涼しくなってきまして。
 ということは、エアコンを切っておける時間ができてくるわけで。
 となると、「明らかに周りに迷惑だよな」って音量にせずとも、スピーカーから鳴らして動画を見ることができる、ということになってきます。
 ついったとかに上がったりしてる短時間のネタ動画とかならヘッドホンかぶって観ればいいんですが、長尺のとなると疲れるんで、スピーカーから鳴らして聴いて観るのが難しい季節は、「うひょおー UC の最新作買ってきたぜ! 気合入れて観るぜ!」とかそういう気合の入る場面を除いてはなかなか観れなくてな。つまり、amazon prime とかせっかく入っててもろくに観てねぇわけでございまして。
 せっかくだから、そのあたりの、ヘッドホンかぶって気合入れて観るぜーってほどではない動画とかを観たりしようかねぇ、と思って、そういえばつい最近最新巻を読んだアレがアニメになってたじゃん、と思い出しまして。
 アニメ「バチカン奇跡調査官」視聴。とりあえずファーストエピソードの部分まで。
 まぁ、「気合は入れない」前提で観てるわけで、原作未読でこのダラダラ視聴だったらそもそも現地登場人物の見分けがつかなかっただろうなーっつぅか、うろ覚えとはいえある程度覚えてればこそどいつにどのくらい着目してればいいのかな程度のことはゆるく踏まえて観てられたので、なんとかなった感じで。
 にしても、まぁ、すっきりまとめられるもんだなぁ、とちょっと感心。このくらいぬるく観てられるなら観続けてもいいかもねー。
 と。
 ……思うところではあるのですが……。
 次がいきなりシリーズの山場、というか関所、という感じのロベルトの例のあのエピソードになるのかなぁと思うと……いったんここで一休みとしたい次第です。
 いやぁ、あれはホント、アレだった……。いや、そのへんひっくるめて必要なエピソードだってのはわかってるんですが!
 うぬぬぬぬ。
2017/09/15 (Fri)
[日々のいとまに]170913 ~二十七頭の象~
▼藤木稟「バチカン奇跡調査官~二十七頭の象~」読了。電書で。
 ……序盤では、乱丁か? とか一瞬思った次第です。どんだけ勝手気ままに場面行き来するんだよ! と!
 大仕掛けの解決は、おおー、という感じではありました。んがまぁ、キャンペーンの重要な転回点みたいな回ではあるものの、この話自体の面白さはそのぶん若干犠牲になってた……のかなぁ……? まぁ、大ネタが面白かったのと、今後への影響に期待! ということで!
 以下、ネタバレにつき水面下に。
2017/09/13 (Wed)
* Top * Next